2011年 03月 24日 ( 1 )

震災後、農業はどうなる?

放射性物質が大気にも、野菜にも、水道にも。
今さらながら原発の怖さを思い知る。

原発の近隣地域の野菜の出荷制限に加え、昨日は福島産野菜に摂取制限の指示が出た。これは仕方ないだろう。これが風評被害に繋がるのか、本当に深刻な状態なのかすら、素人の私には分からない。

ただ…
昨日のニュースでも、収穫を待つばかりのホウレンソウ畑を指し、「これは全部、廃棄になります。まもなく種付けのシーズンだけれど、今年はどうしたらいいのか…」と苦悩の表情を浮かべる農家の方が紹介されていた。どんなにか悔しいだろう、一生懸命育ててきたのに。専業農家なら、生活に与える影響も計り知れない。

こんなとき、私ならどう支援するだろう。
前職(某農業団体)にいたら、どんな方針を打ち出す?
この農家を支援している立場なら、この農業者の気持ちにどう寄り添う?

そして、日本の農業を守るために、どう行動する?
昨年の口蹄疫、そして震災がなければ大きく報道されていたであろう鳥インフルエンザにより、国民が安心して口にできる国産の食材は、どんどん減っているように思う。
結果的にTPPに弾みがつくことになる?国内で広域的な災害が発生した場合、世界にネットワークがあればありがたいよなぁ。
でも、残留農薬などは心配…そんなことを言っていたら、食べるものがいよいよなくなる?

何だか「?」マークがいっぱいの記事になってしまった。
まだまだ、今後の状況を見守る必要がありそうだ。

<追伸>
5号認定、今年度末で終わりのはずだったけれど、結局これまで通りやるみたい(23年度上半期まで)。まぁ、妥当な判断だよね。詳細はこちら
[PR]
by miki_renge | 2011-03-24 06:55 | 社会・経済一般