2011年 07月 18日 ( 1 )

本当に必要な情報は届かない

最近、つくづく、「本当に必要な人に、情報がなかなか届かない」と思う。

支援制度や便利なサービス、あるいは自分を守ってくれる法律など、「それを知っていれば、自分が楽になる、前向きになれる」ものが、その当事者に知られていない。
たとえば、有利な融資制度とか、育児をしながら働くための制度とか、特定の病気のときに受けられる助成制度とか…
ワークライフバランスに関するセミナーを開催しても、本当にその情報をお伝えしたいという方は、忙しすぎて受講しに来ない。もどかしさを感じる瞬間である。

広報をもっとすればいいのか?それも一つの方法かも知れない。
けれど、どんなに広報に力を入れたところで、当事者が問題意識を強く持っていなければ、目に入らないのもまた事実。
年金がいい例。「保険料を25年間支払わなければ、老後は1銭ももらえない(←例外はあるけれど)」なんて、政府がどんなに広報したって、若い世代にはイメージしにくい。

受け手の問題もあるのかな。
ネットコミュニケーションの発達により、情報が氾濫し過ぎて、何が本当に自分に必要なのか、仕分けることができない。特に行政から送られるのは網羅的なもの。情報のシャワーに流されるだけになってしまう。

時間的余裕とリテラシー。この格差が広がることを、恐ろしく思う。
自分も振り回されないようにしなくては。
[PR]
by miki_renge | 2011-07-18 07:38 | 情報・IT

高校生と小学生の娘を育てながら働く主婦。中小企業診断士・社会保険労務士。静岡出身、東京在住。SMAPとKAT-TUNを応援中。


by miki_renge

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ご用の方はこちらから

検索

カテゴリ

仕事場にて
雇用・人事
年金・保険
情報・IT
女性と仕事
商品・サービス
資格・勉強
社会・経済一般
家族・育児
サッカー
ジャニーズ
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...