カテゴリ:仕事場にて( 199 )

お疲れ様、お風呂屋さん

某商店街のお風呂屋さんのお話。
このお風呂屋さん、今月いっぱいでお店をやめる。
長年ご夫婦2人でやってきたが、2人とも70歳を超え、ここ数年、体調も思わしくないとのことで、思い切って田舎に引っ込むのだとか。

で、昨夜はそこのご主人の送別会。
最後に、「お仕事やめられたらしばらくゆっくりして、奥様とご旅行にでも行ってきて下さいね」と声をかけた。
するとご主人、「うん、そうだねぇ。うちの婆さん(=奥様のこと)、ずーっと風呂屋しかやってきてないから、一般的な娯楽って本当に知らないんだよねぇ」とおっしゃった。

確かに、営業時間は午後4時から午前1時、交代で番台に立ち、定休日は月2回だけ。
それ以外も風呂の掃除、釜の管理、保健所・役所との連絡、さらに商店街活動への参加、など休む暇はなかっただろう。

ご主人は、「田舎に行ったら、小さな畑でもやりたいなぁ」とも言っていた。
その夢がかないますように。
本当に、本当に、お疲れ様でした。

来週、もう一回、お風呂に入りに行こう。
[PR]
by miki_renge | 2004-08-25 12:45 | 仕事場にて

商店街の歩行者天国

私が仕事でお付き合いしている商店街は、月に3回、夕方だけ歩行者天国の時間がある。
普段は狭い割に車通りの激しいこの商店街、この「歩行者天国」のときに、ささやかなイベントを行ったり、売り出しをしたりしている。

しかし、最近は車のマナーも大層よろしくない。
ちゃんと「進入禁止」のポールが立っているにも係わらず、それをどかして入ってくる。
しかも、これ見よがしにスピードを上げて。
商店街の皆さんが、「この時間は歩行者天国ですよ」と忠告するのだが、「何だ、そんなのオレには関係ない!」と逆ギレしてくる輩もいる。
商店街のあちこちに、歩行者天国になる日時は案内している。
イベントのときは、商店街のメンバーが道案内をしている。
こちらは、道路の真ん中にテーブルを置いて飲んだり食べたりしている。それなのに無理やり入ってきて、イベント会場やテーブルの前で延々とクラクションを鳴らして・・・全く腹立たしいことこの上ない。その前に、命の心配もしなくてはならないが。

商店街の担当の方が、先日、警察に相談に行った。
すると、警察も、「あそこを歩行者天国にするのは限界ですよ、返上していただけませんか」としつこく言われたらしい。

私は、「ここの歩行者天国は、絶対に手放すべきではないですよ!」と言っている。歩行者天国時の売上やイベントだって、それなりに盛り上がる。この商店街の大きな「ウリ」だ。
一度返上したら、再申請しても認められる可能性は極めて低い。

一日中、一年中通れないわけじゃない。
1ヶ月に3回、しかも夕方のみなのだ。
何とかして、この歩行者天国を守りたいのだが・・・

まずはドライバーのモラルの向上から、だろうか。
[PR]
by miki_renge | 2004-08-23 12:20 | 仕事場にて

社印

たいした話ではないようで、結構重要なことのように思います。社印の管理。

今の職場では、社印は総務で厳重に管理されています。外部文書等に社印が必要なときは、総務担当者がチェックの上、総務で文書に押印します。
私はそれを見て、はじめは、「なんて面倒なことをするんだろう」と思っていました。

なぜなら、以前私が勤務していた職場では、一応総務で管理しているものの、押印は各担当が勝手に(必要に応じて)やっていたからです。
その方が早いので、それが当たり前だと思っていたのだけど・・・

普通は、総務担当が押すものなのかな・・・
前の会社、かなりいい加減だったりして・・・
[PR]
by miki_renge | 2004-06-30 21:40 | 仕事場にて

「商店街の活性化」の意味

昨夜、お手伝いしている商店街の理事会に出席してきた。
夏の商店街イベントの打ち合わせ後、雑談をしながら、一人の理事さんがこうおっしゃった。
「皆、商店街は活性化が必要って言うし、自分も今のままじゃダメだと思うけど、実際どういう状態になったら商店街が活性化したって言えるんだろうね?」

いやはや、ストレートな質問だ。
私は、「たくさんのお店がたくさんのお客で賑わっている状態」なのだと思っている。
とにかく、お客様が来てくれなければ話にならない。
そして、それが売上に結びつくかどうかは、商店街というより、各個店の努力によるものが大きいと思う。

アーケードをつけたり、カラー舗装することも。
お客様にアンケートを取ったりして意向調査をすることも。
イベントを企画することも。
全部、根っこにあるのは同じ。お客様に来てもらうこと。
・・・だと思うんだけどな。

持っている商店街関係の本を全部引っくり返して、「商店街活性化の定義」を探したのだが、なかなか見つからない。私も含めて、イメージだけで使っている言葉かも知れない。もっと具体的に説明できるようにならないといかんなぁ。
まぁ、それぞれの商店街で考えよ、ということもあるんだろうけど。
[PR]
by miki_renge | 2004-06-16 12:17 | 仕事場にて

続・ラジオ体操

以前、私が職場でやっているラジオ体操のことを書いたのですが、最近読んだ「総務部総務課わんだーらんど」という本に「ラジオ体操特集」というページがあり、思わず熟読してしまいました。
サイトもあり・コチラから。

#ちなみに私、前の職場でも今の職場でも、総務の仕事に足を突っ込んでます。この本の初めの方に、「ショムニ」(フジテレビ系でやってたドラマ、原作コミックあり)に対する痛烈な批判=お気楽なOLが会社で好き勝手やってる、が書かれていて思わず、そうそう!と妙に共感。^^; まぁ、フィクションですから。
さて、ラジオ体操。やってる企業って、結構あるんですねぇ。
うちの職場は3時だけど、朝、始業前にやってるところもあるらしい。
そして、その本に紹介されている限りでは、「身体をほぐすために」「血の巡りをよくするために」「どうせやるならしっかりと」という方が多数派を占めているように感じました。^^;
世の中の健康志向を反映する好事例かしら?

その本にも書いてありましたが、ラジオ体操って、昭和天皇即位の大礼の記念行事の一環として制定されたんですってね。
これが昭和3年。でも、背景には大正5年にスタートした逓信省の簡易保険普及という狙いがあったそうです。
興味のある方、「かんぽのホームぺージ」をぜひご覧下さい。こりゃ~トリビアだ。

そういえば、最近の小学生がラジオ体操を知らないっていう話も聞いたことがあるけれど、どうなんでしょう。私の小学生の頃は、夏休み、6時半に叩き起こされてラジオ体操に行き、終わったら判子をもらう、そしてまた寝る(笑)というのが日課でしたが。
あれが日本の夏の風物詩だと思っていたんですけどねぇ。
[PR]
by miki_renge | 2004-05-28 12:30 | 仕事場にて

朝礼

私のパート先では、週に1回、全社員が集合して朝礼が行われる。
社是の唱和、売上成績の発表、社員によるスピーチ等、だいたい10分くらいだろうか。まぁ、どこもそんな感じだろう。週に1回というのが多いのか少ないのか分からないけど。
私もたま~に朝礼に出るのだが、スピーチが面白いのだ。
いつもおっかない顔をして怒鳴ってる偉い人が、実は天体観測が趣味だったり、キャピキャピしている(→死語?)若い女性社員が、政治について語ってしまったり、社員さんの全く違った一面が見られて結構楽しめたりする。準備するほうは大変だろうけど。

うちの会社はいわゆる「商社」、いろいろな人が出入りするし、営業にも当然出かける。話題は多い方がいい。ネタの仕入れ&披露には、スピーチはもってこいだろう。
[PR]
by miki_renge | 2004-05-11 23:48 | 仕事場にて

ガラポン大会の悩み

今日は中小企業診断協会の支会の新人歓迎会だったが、私は朝は保育園の役員会、午後からお付き合いのある商店街のイベントの手伝いに行ってきて参加できなかった。残念。

さて、商店街のイベントは、「ガラポン大会」。一等景品は春らしく「鉢植え」。
「ガラポン」というと、いかにも商店街らしいような気もするが、これがなかなかどうして好評なのである。大人は懐かしんでくれるし、子供は珍しいのか何回でもやりたがる。見ていてほのぼのとしてくる。
このように一見楽しいガラポンだが、景品の出方に偏りがあったりして、商店街の皆さんは毎回頭を悩ませている。あまり大きな声では言えないが、今回は残念賞が途中でなくなりかけ、途中でこっそり残念賞の玉を抜いた。
しかし結局、一等賞が予想以上に残ってしまい、「この花、どうするんだよ~」ということになってしまった。それに、やはりこのようなイベントを行う以上、残念賞より一等賞を持ち帰ってもらって、お客様に喜んでもらいたいものだ。

ガラポンは商店街で一定金額以上の買い物をすると、ガラポン参加券がもらえる仕組み。この参加券が一定程度回収できれば、景品が残ることはないように設定している・・・とは言っても、確率の法則はたまに意地悪をする。
こまめに玉の種類と数を調整すればいいのだろうが、お客さんがズラッと並んでいるとそうもいかない。

でも、秋のイベントはダーツ大会だったんだよねぇ・・・
ダーツはガラポンより確率の法則が通用しないから、もっと大変なんだよねぇ。
お客様は楽しんでくれるから嬉しいんだけど、こんな苦労もあるんだよねぇ。
[PR]
by miki_renge | 2004-04-04 00:07 | 仕事場にて

力づくの営業?

私はパート先では経理の仕事をしているが、お隣には人事担当の方が座っている。
その方の電話はいつもひっきりなしに鳴っている。
相手は・・・大抵、派遣会社の営業さんだ。
「派遣社員要りませんか~」という営業である。
うちの会社は今のところ派遣さんは雇っていない。
事務所には50人くらいいるが、そのうちパートが5人、あとは皆正社員である。それでどうにか仕事は廻っている。客観的に見て、派遣さんにやってもらえるような仕事は質・量ともにない。よって人事担当の方はいつも「うちは必要ないんで」と断っている。

でも相手もしつこいらしい。
「パートの方を派遣にすれば、もっと生産性が上がりますよ」「正社員の方の人件費、重くないですか」「うちの派遣は優秀なスタッフをそろえていて、正社員の方以上のお仕事ができます」とお決まりの?トークで畳み掛けてくるらしい。
最近一番ひどかったのは、「派遣のよさを分かってくれるまで何回でも電話をかけ続けます!」と電話の向こうで叫んでいた営業さん。この絶叫?は隣に座っていた私の耳にも入ってきた。^^;

あと、偽名を使って人事担当に会おうとする営業さん。受付は取引先の名前を出されたら、アポイントなしでも大抵は通す。
これは卑怯なんじゃないか?

人材派遣業は全体で見れば成長分野。
だけどその分競争は激しい。
大変なのは分かるけど・・・こういう節操のない(ように見える)営業はどうかと思うぞ。
自分は熱意と根性で一生懸命やってるつもりかも知れないけど、これって人事担当には一番嫌われるんじゃないかな。

そうそう、現有のスタッフを否定するところから入るのも嫌だな・・・そりゃ、優秀な派遣さんももちろんいるだろうけどさ。
[PR]
by miki_renge | 2004-03-16 23:37 | 仕事場にて

ラジオ体操

私がパートで働いている企業では、全社員が3時になるとラジオ体操をやる。はじめは面倒だったものの、最近は結構いいもんだなぁと思っている。
考えてみると、このような機会がなければ基本的に何時間も連続してPCに向かう生活。いや、疲れたら休憩すればいいのだけど、仕事中は意識しないとなかなかPCから離れることができない。
音楽にあわせて身体を動かしてみると、ラジオ体操というのは実にうまくできているもんだと再認識。一生懸命やれば身体中の筋肉が伸びる。身体をほぐしたあとは脳も活性化するような気もする。
仕事の効率のため、あるいは美容と健康のため、このような体操の機会があることに感謝。
[PR]
by miki_renge | 2004-02-09 21:16 | 仕事場にて