カテゴリ:年金・保険( 38 )

未納者1千万人

1千万人が国民年金未納 検査院「徴収の強化必要」

最近、年金の話ってニュースにならないなぁと思っていたら、こんな記事が出ましたね。
結構多い数ですね・・・

これについては、いろいろな意見があると思う。
記事の通り、まずは徴収すべし、という主張もあろう。以前、保険料を払うお金がない、という人より、(お金があっても)払いたくない、という人の方が多いと聞いたこともある。

一方、「徴収態勢を強化すればいい、ってもんでもない」という意見もあるだろう。
根っこにあるのは年金不信。どうせもらえないんだったら、今のお年寄りのために無駄金払う必要ない、という考え方も分からなくはない。

More
[PR]
by miki_renge | 2004-10-12 12:16 | 年金・保険

年金の経過措置

またやっちゃいましたね社会保険庁。
年金過払いのニュースが出ておりました。

今回問題になったのは「振替加算」。
言ってみれば、年金の配偶者手当みたいなこの制度、「手当」が必要でない人(つまり自分の一人前の年金をいただける人、要は現役時代に働いて、一定の年金保険料を払っていた人)にまで、余計に払っていたということらしい。
ちなみに、振替加算が行われるのは昭和41年4月1日までに生まれたサラリーマンの妻などであり、若い人ほど額は少なくなる。女性の年金が任意加入→強制加入に代わったことによる、いわゆる「経過措置」としての位置づけであり、いずれはなくなる制度だ。
・・・なんて言っても、難しいよね。
年金制度を複雑にしているのは、ほぼ9割以上、この「経過措置」の多さなんだと思う。

そして、「経過措置」というのは、その言葉からもイメージされるように、本質にかかわる部分ではないと思われている。
だから、こんなミスもあるんだろうし、発覚しにくいんだろうなぁ。

年金の受給額などが不公平にならないように考えられた経過措置。
しかし、それが制度そのものをどんどん複雑にしている。
老齢基礎年金の経過措置はだいたい20年ほどの期間を設けてあるし、昭和36年に施行された「旧法」とよばれる法律で年金をもらっている人もたくさんいる。これを、「移行期間は短縮します」としては、老後の資金計画をしっかり立てていた人が暴動を起こすだろう。

官僚さんも、どうしたら一番多くの人に納得してもらえるか考えに考えながら経過措置を生み出していくんだろうし・・・

分かりにくい、と批判するのは簡単だけど、経過措置で多くの受給者が救われているのも事実。
どこで線引きをするかは難しい。
ジレンマが多い制度だなぁ。
[PR]
by miki_renge | 2004-07-23 12:43 | 年金・保険

年金目的消費税

今回の選挙で、一応、民主党が躍進したと言われているので、改めて民主党のマニフェストの年金部分と、選挙前に各紙に掲載された民主党の意見広告を読んでみた。
しかし、どうもイメージができない。
これに期待して民主党に投票した人も当然いるのだろうけど。

一番「?」なのは、「年金目的消費税」(3%)の導入というところである。
その1:なぜ「3%」?
この数字の根拠はいずこに?
所得の少ない人にも税金を財源に一定給付を保障する「最低保障年金」の財源なのだろうが、3%の消費税なら、最低保障としてもらえる年金はいくらくらいなのだろうか? これがそもそもの議論の始まりだろうに。
まぁ、厚生労働省がちゃんとしたデータを示してくれない、という話もあるだろうけど・・・

その2:なぜ「消費税」?
これまでも、基礎年金部分を税方式でまかなうべき、という議論はあった(ちなみに現行制度は、保険料を払ってその見返りとして年金を受け取る社会保険方式である)。
もちろん、この社会保険方式が限界に近づいてきているのは周知の事実。未納の問題もなくなるし、全国民が支える制度として考えれば、一応筋が通るのだが、消費税は逆進性がある、つまり低所得者層に負担が大きくなるという問題がある。当然、現行の年金生活者からも加入期間の関係で年金がもらえないことが確定している人からもお支払いいただく。
これが通用するのか。
重い社会保険料に苦しむ企業は喜ぶかも知れないけど。

その3:なぜ「年金目的」?
これだけ社会保障制度の財政危機が言われている今、介護、医療保険とともに、社会保障問題全体で捉えなければならないと思うのだが。年金だけが特別ではない。
加えて言えば、「年金一元化」の議論は歓迎だが、それもどうせやるなら社会保障の枠組み全体で考えて欲しい。

その4:なぜ「この時期」?
小泉首相は、自分が総理をやっている間は消費税を上げないと明言している。
「人気取りだ」と批判するマスコミもあったようだが、今、ようやく景気が上向いてきたところでその芽を摘みたくない、というのが本当の理由だろう。
景気への影響等、どのくらい検討したのだろうか?

その5:本当に「近い将来年金を受け取る人はこれまで通りの制度」が可能?
マニフェストでは、「新制度への切り替えにあたっては、十分な経過期間をとり、また既に年金を受け取っている人への給付水準や、既に保険料を支払った期間に対応する部分の給付水準は維持する」と言っている。団塊の世代が年金生活者になるこれから数十年が一番大変な時期だと思うが、本当にそれで大丈夫なのか? 
意見広告には、「子供や孫の世代のための改革と思って下さい」とあるが、そんなに悠長なことを言っていられるのか。

どこかに公表されている数字やシステムがあったら、教えて下さい。
単に私の勉強不足なだけかも知れませんし、現行制度がいいと思っているわけでもないので、数字が明確に出ていれば納得できるかも知れません。^^;
[PR]
by miki_renge | 2004-07-16 12:24 | 年金・保険

雇用保険の不正受給

今日の東京新聞に雇用保険(失業手当)の不正受給の話がデカデカと載っていました。
詳細はこちら。まぁ、よく考えるもんだ。他のことに頭を使えばいいのに。

さて、雇用保険。記事にもあるが、近年は失業率の高止まりもあり、財政が逼迫している。
年金や健康保険の陰に隠れているが、集まる保険料を給付される失業手当が上回っている状態は続いており、今も1兆円くらい赤字があるのではないだろうか。積立金の取り崩しで補填しているとは言え・・・
一方で、程度の差こそあれ、不正受給の話はよく聞く。
一番多いのは、「今は働く気はないけど、もらえるのならもらっておこう」というもの。
失業手当がもらえる条件の一つに、「労働の意思および能力を有するにもかかわらず、職業につくことができない状態(=失業)にあること」という項目があるが、労働の意思がないのに失業手当をもらうのは、立派な不正受給となるのだ。

特に、週刊誌等で、定年退職者(&働く意思のない人)に「今まで払った保険料を取り戻すために、まず失業手当をもらいましょう」などと書かれていたりするのはどうにも腹立たしい。「第二の退職金」とか説明している記事まである。生命保険の満期金みたいに思ってるのかなぁ。失業っていうのは「事故」なのに(ちょっと休んでもいずれ働く気があるなら、ちゃんと延長手続きしましょう)。

似たような話で(失業手当ではないが)、出産して育児休業満了後に退職予定だが、育児休業基本給付金だけはいただく、という話も、実はよく聞く。
迷った挙句とか、働けない事情が生まれたのならともかく、退職を前提にお金欲しさに育休を取るというのは、職場に与える影響という意味でもどうかと思うが。

財政難で、給付も減らされているというのに、こういう人達も現実には存在する。
もちろん、、「働く意思」があるかどうかなんて、人の内面の話で、その人にしか分からない話だから、証明せよって言っても難しいんだけど・・・
もともと、不幸にして失業した人達のためのセイフティネットである雇用保険。
失業した人が精神的にも安定した状態で次の仕事を探せるよう、本当に必要な人のためになるような制度であって欲しい。
中高年のリストラ、就職難、そして自殺の増加・・・なんてのを考えると、強くそう思う。

ちなみに、不正受給は「3倍返し」なんですよね~(注:育休給付金にはペナルティはない)。
でも、不正を探す調査員にだって人件費はかかっている。無駄なお金は使いたくないものだ。
[PR]
by miki_renge | 2004-06-22 12:27 | 年金・保険

年金保険料 切り替え制度があれば?

国民年金保険料の未納が発覚した麻生総務相がこんなことをおっしゃっておりますわよ。

「閣僚になった時に厚生年金から国民年金への切り替え手続きをミスした。多忙な中で(手続きを)やれる人はそうざらにはいない。閣僚になった時点で、役所が国民年金に自動的に切り替える制度にしておけば、この種の騒ぎにならなかった」
<詳細>

忙しいのは何も議員に限ったことではない(って、議員の忙しさを私は体験したことがないので分からないけど)。意識のある人は普通やっていることだ。
しかし一方で、コメントされているように、自動的に切り替える制度があれば未納問題は発生しなかったろう。これは議員及び閣僚に限らず、会社天引きの厚生年金から自分で納める国民年金に変更したときでも同じだ。

麻生さん、現行制度に問題があるというのなら、ぜひ切り替えの制度、作ってくださいよ。もちろん閣僚対象だけでなく。そうすれば未納問題も解決できるかも知れないから。
災い転じて福となす、を祈らせていただきます。^^
[PR]
by miki_renge | 2004-04-27 12:31 | 年金・保険

閣僚でさえ未納

3閣僚が年金保険料を未納なんだそうですよ。
まぁ、あんまり驚かなかったけど。

いくらなんでもわざとじゃないだろうね。
江角マキコのときもそう思ったけど、手続きが分かりにくいんでしょ、たぶん。
21年未納という中川経産相、日本興業銀行を退職してから、厚生年金→国民年金の手続きをしてなかったんですね、きっと。
これって意外と見落としている人、多いと思う。第3号被保険者(主に専業主婦)の無年金問題だってこれと根っこは同じ。だから第3号被保険者の配偶者(一般的なものは、専業主婦の夫=会社勤めの人)の会社が手続きするように制度が変わったんだから。

会社側だって、退職する人に「国民年金の加入手続き、忘れないで下さいね」なんてどれだけ説明してるのか・・・私は説明してもらったけどね。

今流行の「自己責任」だと言ってしまえばそれまでだけど、そもそも年金原資が不足している現在、それなりのフォローが役所からあってもよいのでは・・・

まっ、こんなことで年金改革関連法案の審議がとまらないようにして欲しい。
要はそれだけ、制度や手続きが分かりにくいってことですよ。
[PR]
by miki_renge | 2004-04-23 22:16 | 年金・保険

年金って、分かりにくい

官房長官「江角マキコ氏の保険料未納、深刻な話」

どこかで江角マキコの一連のCMの総額が3億8千万円だと読んだ。そしてそのお金は全て保険料から払われていると。

あのCM、まるで「ショムニ」状態だったなぁ。
江角マキコは結構好きなんだけど。でも、「将来泣きついてもいいわけ?」っていうキャッチフレーズ、何だか真面目に払った方からも聞こえてきそうなんですけど。^^;(と、軽く突っこんでみる)。

CMそのものはインパクトも大事だからそれもいい。
でも、それより、主に若い人達に、年金の仕組みとか社会的意義とかPRするような内容の方が適していたんでないかい?という気もするのだ。あのCM、威圧的だったって声もあったしなぁ。

週刊誌なんか読んでても、「あなたの年金はこうなる」っていう特集がいっぱい。
週刊誌で研究しないと自分が将来もらえるはずの年金額が分からないなんて、ちょっと不安だ。
まぁ、それ以前に制度そのものがどうなるか分からないんだけど・・・(→もっと不安)。

江角マキコは年金保険料をちゃんと払ったみたいだから、まぁいいか。
意外と払ったつもりでも払っていない、手続きしていない(第3号被保険者など)人もいるだろう。これもどうやったらいいか分かりにくいのかもしれない。
災い転じて福となす、となりますように。
あくまで江角に甘い私。
[PR]
by miki_renge | 2004-03-23 17:34 | 年金・保険

国民年金の未納者対策

所得情報、市町村に提供命令…国民保険料の未納者対策
現在、国民年金の未納率は40%近く。クイズ番組に出そうな数字だ。厚生労働省と社会保険庁では5年間で未納率を2割に下げる目標を設定しているとか。そういえばこの前も強制徴収のニュースが出ていた。
強制徴収にせよ、その前提の所得情報の提供にせよ、「これだけ年金財政の危機って言っておきながら遅いんじゃないの!」と突っこみたくなる。
これまでは厚生年金や共済年金がある程度面倒を見てくれていたが、もうこちらの方だって危ない。

でも、一方で払いたくない気持ちも分かる。
だって先が分からないんだもの。
経済的な事情より、年金制度への不信・不安感から払わない人の方が圧倒的に多いという話も耳にする。この不安感を取り除かない限りは、抜本的な問題の解決には至らないだろう。

では何をするか?
まず、政府が本気であるというところを見たい。
議員年金の廃止なんて、アピールできていいんじゃないか。
消費税率アップ、18%台の保険料率、給付切り下げ・・・何でもかんでも国民に負担を押し付けていると、未納率はどんどん上がるだろう。これから年金受給者がどんどん増える一方で年金の空洞化、どうにかならないだろうか・・・
[PR]
by miki_renge | 2004-03-02 10:07 | 年金・保険