カテゴリ:商品・サービス( 109 )

ブックオフ橋本(前)社長の体験談

世間は3連休。しかし我が家は夫が出勤。「3連休のうち1日は休む!」と声高に宣言した夫であったが、昨日昼に職場から呼び出しの電話があった。週休2日制度なんて何のその、夫が最後に休んだ土日はいつだったか。
長女と次女が野球ごっこをし始めたすきに、ちょこちょことPCに向かう。

さて、「お母さん社長が行く!」という本を読んだ。専業主婦からパート社員、そして階段を登り続けてついに社長になった橋本真由美さんの体験談を踏まえた本だ(もっとも今は経理の不正処理問題により、代表権のない会長という身分らしいが)。

橋本さんについては今更述べるまでもないが、気づいたことをメモしておく。

・本屋では「棚にあるだけです」はNG。
→私も本屋でこのような対応をされることはよくある。これは最大の手抜きだと思うし、私はこれが嫌で本屋にはあまり行かなくなった(大抵ネットで購入する)。この対応に問題意識を持った書店関係者には、業界の接客の常識を変えていってほしいと思う。

・シフトを組む難しさ
→このような業界はパート、アルバイトなどを戦力として活用することが大事。ただ、「希望の時間に働けます」として人集めをし、実際に出勤希望時間を申告していくだけでは、どうしても偏りが生じてしまい、人件費の無駄を招いてしまう。これをうまく調整するのが、店長の力量だと。

・橋本さんは特別ではない
→橋本さんを初めにパート社員として採用した坂本氏の言葉、「橋本さんのようは人はどこにでもいる。それを見つけていくのが経営」というのは重い言葉だ。これは「フリーターもニートも主婦も、皆立派な戦力」と自信を持って語る橋本さんの思いと重なる。

他にも、栄養士時代に残飯の山に腕を突っ込んで売れ行きの悪い献立を確認した話、やはり誰にでもある「家庭との両立との難しさ」や、社長就任の直前に実はガンの疑いをかけられていたこと、そして、辞表を2度書いたことや、失敗談の数々・・・
どうやって階段を登ってきたのか分かる、心に響く一冊だった。

あぁ、向こうの方で姉妹揃って泣いている・・・今日はこの辺で。
[PR]
by miki_renge | 2007-09-16 14:07 | 商品・サービス

「どなたでもご利用下さい」

実家の最寄駅のエレベータには、「どなたでもご利用下さい」という表示がしてある。この駅のこの表示を見るとホッとする。帰ってきたんだなぁと思う。
東京のエレベータは、「お体の不自由な方を優先して下さい」と書いてある。それはその通りだし、車椅子の方などが来たらもちろん譲るが、「どなたでも」と言われると、何となく嬉しい。

東京では、子連れ(ベビーカー)の場合はエレベータを利用させてもらっているが、何となく肩身の狭いのも事実。ベビーカーは場所も取るので邪魔になるとは思う。また、駅など混雑しているときは、エレベータ前で並んでいても乗れず、2、3回見送ることもある。そういうときに我先にと乗り込むのは、体の不自由な方というよりは、ごく普通のサラリーマンだったりして、エレベータ前のアナウンスは少しは有効かな、と感じることもあるが。
実家の最寄駅では、そんなことはないのだろうか。

実家近所のスーパーマーケットには、同じ建物内にファストフード店がある。当然、食事を取るテーブルや椅子も並んでいるのだが、そこには、「店のお客様に限らず、どなたでもご利用下さい」とある。実際、特に注文している様子もなく、ただ腰掛けている人は結構いる。

「田舎はのんびりしている」というのは、こういうことを言うのだろうか。
人口の絶対数が違うのは事実だが、モラルや心のゆとりといった問題もあるのだろうか。

昨日、実家近くの花火大会も終わった。花火も星もきれいだった。昼は富士山も見えた。
夏も終わりだ。ぼちぼち現実に戻らなければ(と言いつつ、家では仕事してたんだけどさ、世の中暑いしさ、子供の宿題もあるし・・・来年はゆっくりしたいなぁ。)
[PR]
by miki_renge | 2007-08-15 14:09 | 商品・サービス

リンスインシャンプー

私はリンスインシャンプーを愛用している。子供が生まれてからは、のんびりお風呂に入る時間はなく、1本で手軽に済ませられるリンスインタイプはまさに生活の味方である。

しかし、ここ2、3年だろうか・・・ドラッグストアのシャンプー売場から、リンスインタイプが姿を消しつつある。先日、ついに家から一番近いドラッグストアが、リンスインタイプの取り扱いを止めてしまった。ショック!
いくつかのドラッグストアを回って聞いてみたのだが、共通して返ってきたのは、「リンスインタイプ、売れないんですよ」という声であった。

確かに、シャンプーもこのところ高級志向だよね。資生堂の「TSUBAKI」、花王の「アジエンス」、そして「セグレタ」。美容院で使うようなシャンプーが好まれている、ってことか。
翻ってリンスインシャンプーは、やっぱり中途半端という感が否めない。髪のためには、やはりシャンプーとリンス(もしくはコンディショナー)、面倒がらずにしましょうね、ということなのだろうか。

女性向けはそんな感じらしいけど、一方で男性向けのリンスインタイプは棚をしっかりキープしているというのは、ニーズがあるから? 抜け毛か気になる男性は、洗髪は1回で済んだ方がいいよなぁ(←余計なお世話)。女性用(と思われる)リンスインタイプが売れなくなったのは、男性向けのものが健闘しているからか?まぁ、男性が女性用ヘアケア売場に行くのは、抵抗があるのかも知れない。

でも、リンスインタイプは(何度も書くが)子育て中の母親にとっては必需品!どうかどうか、なくならないで。できればこの高級系シャンプーでリンスインタイプを出して欲しい・・・でもこれは無理かな・・・それが成功したら革命的だよなぁ。

そして、こんなプレスリリースを発見。
●その1 「セグレタ、すごいな~」 
 大人の女性=髪の毛の衰えも感じ始めちゃうお年頃だもんね。
●その2 「ライオン、頑張れ~」
 でも、うちの近所で「ソフトインワン」を扱っているドラッグストアは皆無・・・
●その3 「ようこそ日本へ♪」
 TSUBAKI、人気あるなぁ。ところで今年のSMAPライブは~!?
[PR]
by miki_renge | 2007-07-19 16:30 | 商品・サービス

POPの作り方:「商業界」より

先日、子供の日焼け止めを買いにドラッグストアに行った。たくさん種類があってどれを選んでいいか分からない。結局、「お子さんのプールが始まりました。対策は万全ですか?」という文字と、おひさまの絵のPOPが付いていた商品を買った。

同じような機能なら、目立つPOPが付いている商品を選ぶんだよなぁ・・・と思っていたところに、読んだのは「商業界」8月号。タイムリーにもPOPの特集が組まれていた。
POPを作るに当たっては、
「経験したことをお客に伝える」(よいと思った商品を売るのだから、その思いを伝えればいい)
「スタッフの人間性を伝える」(作り手、売り手の顔を見せる)
「使って欲しいシーンを伝える」(お客様にイメージを与える)
「自店の客層に合わせて作る」(初心者向け、玄人向け、など)
がポイントになる、と述べられていた。

私が買った日焼け止めは、「使って欲しいシーン」に訴えたものかな。
また、客層に合わせて・・・というのもその通りだ。おひさまの絵を見て、子供は喜んでいたし。
かわいらしい丸文字で書かれていたけれど、もし老舗の酒屋さんのPOPが丸文字だったら、客は引くだろうな・・・などと考えてしまった。

スーパーや八百屋さんでも、青果物に「私が生産者です」なんていうPOPが付いているよね。あのPOPに「こんな工夫をして作りました」「収穫までにこんな苦労がありました」なんていうコメントがあったら、もっと親近感が持てて、いいよね。

考えてみれば、POPのない店はえらく殺風景だろう。かといってゴテゴテ飾ればいいというわけでもない。ここぞ、というところで使って、お客の心を掴みたいよね。
他にもPOPのさまざまなアイディアが掲載されている「商業界」、お勧め。

さて、お知らせ。
「商業界」に、私がお邪魔している「夢をカナエル」のメンバーが執筆していますが、その「夢をカナエル」のサマーセミナーが開催されます。詳細はこちら
[PR]
by miki_renge | 2007-07-13 11:37 | 商品・サービス

メガネ屋さん

今週は長女の学校の個人面談、次女の保育園の保護者会があってバタバタしていた。長女の方は相変わらず成績が底の方を這いつくばっているようだ。「じっくり取り組もうとする意欲はあるんですが、じっくりしすぎて遅くなっちゃうんですよねぇ」と言う先生。どうかどうか、長い目で見てやって下さい。一方、次女はそこそこ「優等生」らしい。健常児ってすごいねぇ。

さて、先日、12年間使っていた(!)メガネを変えた。次女を出産してからか、よく目が疲れるなぁと思うことはあった。長女が学校の眼科検診で「再検査のお知らせ」をもらってきたこともあり、一緒に眼科に行くことにした。
視力検査や眼底検査をしてもらった結果、先生は一言、「老眼のハシリですね」。
視力が少しずつ良くなって(≒遠くのものが見えるようになって≒老眼?)相対的にメガネの度が強くなってきてしまったようだ。

そこで、思い切ってフレームも変えることに。
実は以前から、「メガネを買うときはここ!」と決めていたメガネ屋さんがあった。5~6年前になるだろうか、メガネのフレームのネジが緩んで、あわてて駆け込んだときに丁寧に(しかも無料で)対応してくれたメガネ屋さん。その親切が忘れられず、必ずここに来ようと思っていた。
今回も、フレーム、レンズ、さらには目のケアなど、きめ細かに相談に乗ってくれた。そして「メガネをかけ続ければ、フレームが緩むのは当たり前なんです。そんなときはお気軽にご来店下さい。いつでも直しますから」と言って下さった。
相手にとってみれば当たり前のサービスかも知れない。けれど、困っているときに助けてくれたことは忘れないのだ。
目は大事。メガネ人間としては、こういうお店が近所にあると心強いなぁ。

ちなみに長女の視力は0.6と0.3・・・悪いじゃん。
未熟児網膜症の手術も経験しているから、多少は覚悟していたけれど・・・この子もメガネかな。まぁそうなったら、またこのメガネ屋さんにお世話になろう^^;
[PR]
by miki_renge | 2007-05-25 10:28 | 商品・サービス

子供の食事用エプロン

GW、2人の娘を連れて実家に帰省中。今日は自宅近辺では買えない子供服などのショッピングに出かけた(だって自宅近辺では安い子供服を売っているような店ないものねぇ・・・)。

特に欲しかったのは、次女の保育園のお食事用エプロン。保育園からは「できるだけ大きめのものを」と言われている。食事のたびに洋服を汚すようでは洗濯物が増えてしまうから・・・という園の配慮だろう。
しかしいざ売り場に行くと、十数種類のエプロンはビニールのパッケージに入ったまま。「開封はご遠慮下さい」と書いてある。それは仕方ないとしても、サンプルも出ていないし、サイズも表示されていない。これでは大きさが分からないではないか。
店員さんに相談すると、彼女、連れて行った次女を見ながら、「これは大体同じ大きさだから、どれを買っても問題ないですよ」というお返事。そこで奮発してヒヨコやカエルのかわいいデザインのものを6枚購入。

しかし、帰宅して1枚だけ開封してみると・・・次女にはぜんぜん小さいじゃん!
こりゃ、早速返品だ。

というわけで、再度車を走らせてお店へ。もちろん返品OK。ただし開封した1枚についてはダメとのこと。これは仕方ないのだろうか・・・
別のエプロンをサイズを確認した上で購入したい旨を伝えると、かなーり嫌な顔をしながらも開封してくれた。・・・さっきのものと大きさが全然違うじゃん!結局、最初に購入したものより丈が7センチ程長く、首回りもゆったりしたエプロンと取り替えてもらった。
でも、最初の購入時にカード決済だったからその手続きに時間がかかって、やっぱり店員さん、迷惑そう。こっちも待たされたんだけど。

帰宅後、母にこの話をすると、「安売り店だから結局、コスト削減で店員教育なんてできてないのね。それにあの店は店員さんがみんな若いでしょ?実際の子供と接したことなんてないのよ」と辛辣なコメント。でもその通りなんだろう。
この店、改善ポイントがテンコ盛りだな。
[PR]
by miki_renge | 2007-05-04 15:31 | 商品・サービス

生地屋さん

昨日は午後、地元の診断士会の総会に参加。次女出産以来ご無沙汰だったが、今回久々の参加。地元の皆さんとの付き合いは、他の診断士のグループとは一味違う。安売りのお店を教えていただいたり、保育園について情報交換したり。細くても長く付き合っていきたい。

帰り道、商店街に生地屋さんを発見。あぁ、こんなところに布が売ってたんだ~!
実は昨年来、長女の小学校&次女の保育園のバッグやらシーツのあて布やら、様々なところで「布」が必要だったのだが、なかなか布を売っている店がなく、電車やバスであちこち巡ったのだ。
数軒巡って思った生地屋さんの共通点として、
・生地が所狭しと立てかけてあり、通路が狭く、非常に取り出しにくい。
・雑然としている。
・取り出してもらうのに店員さんに声をかけなければならない。
 店によっては店員さんは迷惑そうな顔をする(競争が少ないから?店員教育いい加減)。
ということを感じた。これからも生地屋さんにお世話になることは多々あるだろうに、行くたびに憂鬱になるような生地屋さんは嫌だなぁ、と思っていた。

昨日入った店は、確かに両側の壁の棚に生地が並べて入れてあるが、非常に整頓されているので見やすかった。また、店の中央には糸やゴム、紐などがケースに入れて並べられている。さらに店頭にはハギレや、手作りの袋が。これがかわいらしくて思わず見入ってしまう。
そう、生地って見ているだけでも楽しいもの。お菓子屋さんと同じだよね(←違う?)

ということで、長女のためにディズニープリンセスの袋を購入(布から作らなくてごめんなさい)。図工バッグにしてもらおう。

レジでも店員さんがニコニコ対応。
整理整頓してあるお店って、気持ちいいな。いいお店が見つけられてよかった。
[PR]
by miki_renge | 2007-04-29 08:15 | 商品・サービス

シルバニアビレッジ

突如思い立ち、週末、「シルバニアビレッジ」なるところへ一家で出かけた。長女は大のシルバニアファミリー好き。ずっと前から「行きたい、行きたい」と言っていた。

東京から車をすっ飛ばして2時間、ついたそこはまさに「おとぎの国」。
シルバニアファミリーの世界観が、そのまま再現されている。赤や緑の屋根のおうち。森の学校。「シルバニア森のキッチン」という名のレストランのメニューは、「わたうさぎの男の子のパクパクカレー(←確かこんな名前)」など、シルバニアにちなんだネーミング。「シルバニアミュージアム」には、海外も含めて過去に発売されたシルバニアの人形、家具などが展示されている。好きな人なら一日いても飽きないだろう。

長女が一番気に入ったのは、「緑の丘のすてきなお家」。居間、台所、寝室、シャワールームなど、我が家で買い揃えたミニチュアの家具がすべて拡大されて、きれいに並んでいる。もちろんシルバニアの人形もいる。机の上には書きかけのお手紙が、ダイニングテーブルには料理のレシピが。うーん、芸が細かい。大人でも感動してしまう。この辺が、親世代の大人を巻き込む、上手なマーケティングと言えるんだろうなぁ。

そう、シルバニアはマーケティング上手。人形も家具も、一つ一つはそんなに高くない。モノによるけれど、300~800円くらいが主流ではないだろうか。でも、人形一つ、家具一つ持っていても楽しくない。そうだ、大きなお家を買おう、ということになる。大きなお家を買ったら、やっぱり家具だって充実させたい。お友達にも来てもらわなきゃね・・・ということで、どんどん増えていく家具と人形。ほとんど蟻地獄状態。それでもかわいいから買う(笑)
この感覚、男性には分からないかも。ビレッジでも、キャイキャイ言って歩き回るママ&娘達を尻目に、所在なさげにベンチに座るパパたち多数。子供でも男の子はやはり少数。

すっかり満足した2人の娘。
実は長女、またも学童でいじめに遭っていて・・・学童2年目なのに一向になじめず、早速、新しい1年生からもいじめられたと泣いていた。話を聞くと、どうやら不自由な足のことが原因らしかった。週末出かけて、少しは気分転換になったかな。
来週は学童の保護者会もある。同じ時間帯に診断協会の新人歓迎会もあるが、どうにかやり繰りして、保護者会にも顔を出さないといけないな・・・
[PR]
by miki_renge | 2007-04-15 22:51 | 商品・サービス

ブラックフォーマル

新学期。長女も昨日から2年生。新しい1年の始まりだ。
なのに夕方、私はブラックフォーマルを着て、その長女を連れ、通夜に向かった。長女のクラスメートのお母様が亡くなったというのだ。しかも彼女はシングルマザー。一人で頑張りすぎてしまったのだろうか。たった一人残されたそのクラスメートの男の子が、遺族席にちょこんと腰掛けているのを見て、涙が出てきた。
彼女の冥福を祈るとともに、そのクラスメートをこれからも精一杯応援していきたいと思う。

このブラックフォーマルを着るたびに思い出すこと。これを購入したのは就職1年目、勤務先の役員のお母様が亡くなり、葬儀のお手伝いにいくことになったとき。私はブラックフォーマルを持っていなかったので、その前日の夜、急いで買いに行った。
残業を早めに切り上げ、某百貨店の閉店間際に売場に駆け込んだ。だが、予算・・・というより財布の中のお金で購入できる服がない。困った。もう他の店を回る時間はない。今夜中に用意しないといけないのに・・・
と、相談に乗ってくれた店員さんが、「そういう事情でしたら、少しくらいオマケしますよ」と言って下さった。確か千円くらいだったと思う。ありがたかった。
後になって、なぜすぐマケてもらったお金を支払いにいかなかったのだろうと後悔。まだ間に合うかな・・・

そうそう、この春新たに人事担当になった方、ブラックフォーマルは必須ですよ。私の同僚の人事担当者も、「この部署に配属されてまずやることは、ブラックフォーマルを買うことだ」と言われていたっけ。時間に余裕のあるときに是非。
[PR]
by miki_renge | 2007-04-07 07:47 | 商品・サービス

コンビニのコピー

ちょくちょくコンビニのコピーを利用するのだが、最近あった出来事を。

<その1>
すごく急いでいるとき。1枚目をコピーして次の原稿に取り替えようとしたら、「先程コピーした原稿の情報を削除していますのでしばらくお待ち下さい」との表示。待つこと30秒ほど(たぶん)。こんなに待たされていいのだろうかということと、このような表示が出ないコピー機は情報が全て残っているのだろうかという疑念がわき上がった。

<その2>
やはり急いでいるとき。なのに用紙が切れてしまい、店員さんを呼ぶ。別の店員さんが、「(用紙の束は)3冊入れておいてね」と指示。その言葉に従い、包装紙を破くことを3回繰り返し、ようやくセットしてくれた店員さん。・・・あのね、私、急いでるの。とりあえず1冊だけ入れて、あとの2冊は私(客)がいなくなってからのんびり入れればいいんじゃない?

<その3>
コピーしようとしたら、前にコピーした人の忘れ物が。しかもただの原稿じゃない、健康保険証
が置き去りになっていた。すぐに店員さんのところに持って行く。すると店員さん、保険証の住所を見て、「あぁこの近所の人ね、また取りに来るでしょ」と落ち着いたもの。まぁ届けにいくほどでもないだろうけど、忘れた人、すぐ気づいたかな。気づかなかったとしたら、コンビニ内で引継できたかな。社労士事務所で、「保険証滅失届」やら「回収不能届」を書いていたりすると、やはり気になってしまうのだ。保険証は大事だよ~
[PR]
by miki_renge | 2007-04-03 22:53 | 商品・サービス