<   2005年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

女性で士業

「独立自営の女たち」という本を読んだ。
弁護士、税理士など、「士業」で活躍している女性の体験記である。
私も一応「士業」資格を持っているし、第二子出産後の身の振り方を考えてみたいな、と思って手に取ってみた。
しかし、あまり参考にならなかった(ごめんなさい)。
だって、登場する女性は「独身」「DINKS」ばかり。中にはお子さんのいらっしゃる方もいたが、「自分の親が面倒を見てくれる」のだそう。一人だけ自分で頑張っていらっしゃる弁護士さんがいたが、旦那さんも弁護士、つまり同業者なのだとか。

既婚・2人の子持ち、しかもそのうち1人は健常児でない、夫は仕事が多忙、親のヘルプも期待できない・・・こんな私が読んだら、かえって落ち込むような内容だった。

そういえば、昔、女性の社労士さんに、「仕事と子育ての両立なんて考えているような人に、独立なんてできっこないわよ。クライアントは生活や人生がかかってんだから。こっちも、他のことを捨てて全て仕事に打ち込む覚悟でなきゃ」と言われたことがある。その方もお子さんがいらっしゃるのだが、仕事を休んだのは出産当日だけ、その後も家事と子育ては全面的にご実家にお願いしているらしい。
正直言って、ちょっと引いてしまったけど、それが現実なのかも知れない。

翻って、今の私。妊娠時の長期入院もあり、出産前の仕事は一旦全てリセット状態。今は自宅でできる添削指導の仕事を請け負っているだけだ(→この仕事そのものはなかなか楽しいが)。
手足が若干不自由な長女は、やっと来年小学生。普通学級を希望しているが状況によっては学校から付き添いを依頼されるだろう。生後6週間の次女も、まだ預ける気にはなれない。
これらを勘案すると、やはり当面は育児優先にならざるを得ない。というか、私もそれが当たり前だと思う。このへんが甘いのかも知れないが。

いつか本格的に開業してバリバリ仕事してみたいと思いつつ、そこまでの道筋がつけられないことに焦りを感じたりもする。

でも、こうやっていろいろ考える経験も、遠回りすることも、いつか役に立つことがあるよね、きっと。その方が悩んでいる人の気持ちも分かるかも知れないし。諦めないことは何より大事なはず。

とりあえず明日は長女の就学に向けた面談がある。
小学校に付き添いなんて・・・言われたくないなぁ。どうかなぁ。
[PR]
by miki_renge | 2005-08-31 14:55 | 女性と仕事

チャリティーの意味

見ましたよ24時間テレビ。まっとうに「昼起きて夜寝る」生活を送る長女と、昼夜逆転生活を送る次女のおかげで、結局20時間ほど起きてました。
(もちろん、「いいとも増刊号」と「忘文」のときだけはフジテレビにしましたよ)

くさなぎくんはかなりテンパってた感じもしたけど、よく頑張ってました。
いや、「ぷっすま」の頼りないMCと比較したからでしょうか?
「小さな運転士 最後の夢」(余命わずかの少年が江ノ電の運転士になるドラマ。でも実話)の運転士役は泣けた。
「笑点」での座布団運びはかわいらしかった。
ラストの「世界に一つだけの花」は、それなりにまともに歌っていてホッとした。
しかしラストが「サライ」でなくていいのか?

テーマは「生きる」でしたが、皆、与えられた状況のなかで精一杯頑張ってるんだなぁ、と素直に思いました。お涙頂戴とか感動の演出とか言われる24時間テレビだけど、1年に1回くらいはそういうのがあってもいいような気がするよ。大事なテーマだもん。

ところで、24時間テレビとまたもやコラボしてしまった「スマステーション」(テレ朝系土曜23時~)で、「チャリティー」について特集してました。
チャリティーって、日本では今ひとつ根付きにくいような気もしますが、キリスト教やイスラム圏では、「貧しい人のために財産を使うこと」が結構一般的なんですね。
今では、チャリティーを行うことがセレブの証の一つなんだとか。そしてそれに多大な影響を与えたのは、あのオードリー・ヘップバーンなんだとか。いやぁ、勉強になりました。

日本でどうしてチャリティーが根付かないのかな。
宗教的なものかな。それとも一応、「一億総中流」だから?
みんな日々の生活に精一杯で、人を思いやる慈善の精神が持てないからだろうか・・・
自分も人のことを言えないけど。

ちなみに、昨日の24時間テレビ番組終了時点で、3億円近い募金があったそうです。
草なぎ&香取感動フィナーレ~24時間テレビ
[PR]
by miki_renge | 2005-08-29 12:21 | ジャニーズ

年金一元化は無理?

今度の選挙、自民党は郵政を争点にしたいようだが、まぁ実際は年金とか子育て支援とか外交とかいろいろあるだろう。
年金については、厚生年金と共済年金の一元化をまず進めたいという自民党に対し、野党は国民年金を含む全ての年金を一元化すべき、と主張している。

私は、暴論と批判されることを覚悟で書くが、年金一元化は今やるべきではない(正確にはできない)と思う。やるとしたら、やはり自民党案の「厚生・共済一元化」でお茶を濁す(→表現はよくないが)程度ではないかと。

ちょっとでも年金を勉強した人なら分かると思うが、年金は非常に難しいものになってしまった。ここまで制度を複雑怪奇な代物にしたのは、「経過措置」である。
年金(老齢年金)をもらうためには、加入年数などの一定のルールを満たす必要があるが、年金制度が改正された場合、そのときのルールに従うと年金をもらえない、またはもらえても額が少なくなってしまう人が出てくる。この不利益を縮小するのが経過措置。だから、いくら年金が複雑だからと言って、経過措置をなくすわけにはいくまい。
今回、年金を一元化したら、もしかしたらこれまでの制度よりはるかに複雑な経過措置を重ねることになるだろう。制度をすっきりさせるなんて、まさに幻想だ。そのために貴重な税金を使ってパワーを費やすのは、結局「もったいないこと」になりそうな気がする。

ではどうすればいいか。

More
[PR]
by miki_renge | 2005-08-27 17:59 | 年金・保険

命の重み

明日は日テレの24時間テレビ。テーマは「生きる」。何人のスマファンが24時間ベタ撮りするんだろう・・・

「生きる」ということに関して。
今週日曜の「忘文」(フジ系朝5時45分~)では、ごろーさんが元特攻隊員のお手紙を読んでいた。
その元隊員さんは、ギリギリのところで戦場送りにならなかったらしいが(太平洋戦争があと2,3日延びていたら恐らくこの世にいなかっただろうとのこと)、仲間の隊員が大勢命を落としたそうだ。その方のお手紙によると・・・
ある日、明日出撃という先輩隊員が柱に頭を激しく打ちつけながら、「敵に向かっていくときはこれくらい痛いだろうか」と言っていた。自分は、「死ぬときは一瞬ですから大丈夫ですよ」と答えた。今になって、もう少し優しい言葉がかけられなかったのか、と悔やんでいる・・・。
一瞬だから大丈夫、心配ないというのも残酷な話だと思いつつ、その夜、テレビ東京で放送していた坂本九さんのドラマを見た(TOKIO山口達也くんが主演だし)。
1985年の日航機墜落事故で、家族が苦しみつつ手がかりを求める場面。
「損傷が激しいご遺体があるのですが、もしかしたら・・・」と連絡を受け、その遺体と対面する場面。
被害者は、ドラマではなく現実に、一瞬ではない恐怖を味わったのだと思うと、背筋が凍った。もちろんその遺族も・・・

そのときバックに、「見上げてごらん~夜の星を~♪」と流れてきた。
そして、九ちゃんの言葉、「悲しいときは自分より悲しい人のために、寂しいときは自分より寂しい人のために尽くしなさい」。心に染みる言葉だ。

どんな形であれ、天に召されていった人たち。
来世で幸せでいるだろうか。

戦後60年ということもある。改めて命の重さを感じる今日この頃だ。
[PR]
by miki_renge | 2005-08-26 14:51 | ジャニーズ

キャベツの大量廃棄

豊作・売れ行き不振…キャベツ2万トン廃棄へ

やりきれないですなぁ、こういうニュースは。
以前、群馬県の農家に実習に行ったことがあるんだけど、農家の人たちはみんな一生懸命、それこそ汗水流して野菜を育てていたぞ。愛情持って育てた野菜をトラクターで踏み潰して廃棄・・・つらいなぁ。

農家としては、値段が下がっても出荷すればほんの少しは収入が上がるわけだから、できれば出荷したい。でも、生産地全体で見れば、出荷することによる運送費や手数料がかかる。相場がそのレベルまで下がったら、出荷しないという苦渋の選択がありうるわけだ。
このような選択をしないためには、農家自ら価格決定の主導権を握ること(品質の向上、ブランド化も含めて)、そして販路を開拓することが大事なのだろうが・・・これができるのは大規模専業農家でも残念ながらあまりないのが現状だろう。

でもね、これをやらないと、農家は真に自立できないと思うのよ。
いくらお天道様次第の産業って言っても、農業にも経営センスが求められるのよ(って、随分前から言われてるけど・・・でも農業分野の構造改革特区も認められてるしね。時代は変わってきてるのよ。)

いずれにせよ、こんなことしてちゃバチがあたるぞ。
これを許している国民にもバチがあたるぞ。戦後すぐの、食料のない時代のことを考えてみようよ。そしてみんなでキャベツを食べようではないか!
[PR]
by miki_renge | 2005-08-25 14:29 | 社会・経済一般

働く女性のデータ2題

厚生労働省から、こんな資料が発表されたんですね。
「コース別雇用管理制度の実施・指導等状況」

それによると、
 ・総合職に占める女性の割合は5.1%
 ・総合職女性の採用は約1割、一般職女性の採用は約8割
 ・採用10年後に子を有している総合職女性が在籍している企業は4割
なんだとか。

私もかつては総合職だったけど、仕事きつかったなぁ。
前の職場では、総合職で入社して出産した人は全員、復帰して1年経たずに辞めてるし。
でも、子供を持っても男性と同じように(→企業によってここが違うんだろうが)働いている総合職女性がこんなにいるんだなぁ・・・すごいよ。
退職した私って、やっぱり根性なし?

ついでにもう一つ。
「女性雇用管理基本調査」

 ・育児休業取得率は女性70.6%、男性0.56%
 ・男女雇用機会均等法に基づく母性健康管理措置について規定がある事業所の割合は「妊産婦の通院休暇制度」で37.7%、「妊娠中の通勤緩和措置」で28.5%

これも、近年は充実しているということですな。
また前の職場の話になるけど、こんな制度はなかったよ。
育休だって実際は取れなかったし。
時代は変わったのね。

働き続ける女性への支援は充実しつつあるように思う。
今度は、働き続けることができなかった、もしくは選択しなかった(乳幼児のうちは子育て優先)女性の再就職や起業支援にも、行政は力を入れて欲しい。一企業単位でやっているところはあっても、全体的にはまだまだだものね。
[PR]
by miki_renge | 2005-08-23 10:04 | 雇用・人事

郵便料金

今日は次女が寝ている間、残暑見舞いを書いていた。特に今年は、妊娠出産及びその関係の入院で不義理をしてしまった方も多く、いつもは出さないような方にも書いた。

そこでふと思う。1枚当たりはたいした金額ではないが、まとまると郵便料金って高いな・・・
郵政民営化になったら、これも安くなるのかな。
地方によって料金格差が起こらないような配慮はする、という話だけど、コストダウンによって全体的に安くなるなら大歓迎(郵政民営化を行ったドイツ、イギリス、ニュージーランド等では民営化に際して、郵便料金が上がっているって話だけど・・・)。

昔(小学生時代だったかな)、遠くに住むイトコとの文通にはまっていた。
当時の郵便料金は、葉書で10円、封書も20円だった気がする。
それが気付いたら、葉書20円、封書50円になっていた。
それからも徐々に郵便料金は上がり続け、消費税導入のときは41円&62円なんていう、何とも中途半端な値段になった(我が家の切手保管用引き出しには、大量に1円、2円切手があったりする)。

そして今、葉書50円、封書80円。
既に電話やインターネットに取って代わられた感のある郵便だが、これがたとえば「葉書1枚5円」なんていったらどうなるだろう・・・
まぁ、あんまり変わらないか。お手軽さが違うもんね。
あっ、でもインターネットに抵抗があるお年寄り世代には喜ばれるかも!?
[PR]
by miki_renge | 2005-08-18 20:58 | 商品・サービス

パソコンの寿命って?

確か4年前に購入したこのパソコン、ここ数日、シャットダウンができなくなったりインターネットが立ち上がらなくなったり、トラブル続きだった。共有している夫のアカウントでログインすると全く問題なく動くのが憎たらしい。
仕方ないので、今朝、メーカーのサポートセンターに電話した。
リカバリーの仕方等を教えてもらって、一応、トラブルは解消されたのだが・・・

原因は何でしょうか?と担当者に尋ねたところ、「それは分かりません」とのお返事。ただ、いつパソコンが完全破壊するかも分からないので、全てのバックアップを取っておくことを勧められた。
バックアップはともかく、自社製品に対して「もういつ壊れるかも分からないから・・・」と平然と言う担当者にちょっとムッとして、つい愚痴の一つでもこぼしてやりたくなった(→性格悪)。

「でもまだ購入して4年です。それに決して安くない買い物です。大事に使っていたんですよ」

するとその担当者、やはり平然と、「パソコンで4年も使えば老朽化は相当進んでいます。大事に使おうとそうでなかろうと関係ありません」と言い切った。
思わず、企業の社会的責任などについて話してやろうかと思ったが、一担当者にそんなことを言っても無駄だと思ってやめた。

でも実際のところ、パソコンって4年も使えば上等なのだろうか?
そりゃ、普通の電化製品とはちょっと違うけど。
ちなみに我が家には、ウィンドウズ95のパソコンが2台、ウィンドウズ98が1台、このパソコンのバックアップ用としてまだ頑張ってますわよ。仕事ではさすがにパフォーマンスの高いこのパソコンにお世話になっているけれど、それ以外なら他でも十分。ゴミも増やしたくないし、大事に使わなきゃ。
・・・って思ってるんだけど、ヘン?
いや、現実的にはそうそう買い換えられないわよ、パソコンって。庶民には高いし。
パソコン購入のきっかけが「使っていたものが壊れたから」って人は、単なる買い換え派より多いんじゃないかな?

Mikiさんの記事にTBさせていただきました。
[PR]
by miki_renge | 2005-08-16 11:28 | 情報・IT

真夜中のテレビ

授乳で夜昼構わず起こされております・・・
夜は寂しいので、ついテレビをつけてしまいます(本当はいけないんだよね、授乳に集中しなきゃ)

まず金曜深夜。
「ニューデザインパラダイス」(フジ系)。既存の商品を、斬新なアイディアでより使いやすくデザインしていこうという番組。谷原章介のちょっととぼけたプレゼンテーションもいい。
今週は「ちょうちん」。江戸時代は夜歩くときはちょうちんを持っていないと罰せられるなんて知らなかったよ。そしてデザイナーがデザインした新しいちょうちんのアイディアにびっくり。洋風の部屋に合う、いろいろな形にアレンジできるちょうちん。和と洋のマッチ、これは売れそう。

その後はおなじみ「チョナン・カン」(フジ系)。くさなぎくんの全編韓国語番組。韓国語や韓国文化の勉強になります。
韓国とは微妙な関係が続いているけど、こういうレベルでの交流は大事にしたい。

続いて土曜。
昨日の「スマ・ステーション」(テレ朝系)はおいしかった。慎吾ちゃんとくさなぎくん(&木村くん)の「歌」についての対談。私もSMAPの歌には随分と癒され、励まされてきましたわ。確かにメッセージ性の強い歌が多いし。
仕事がきついとき、このブログのタイトルの「働く人々」の歌詞を口ずさんでるし・・・働く人々は美しい、よね。働く自分に誇りを持つこと、そして誰かのために働く誰かに感謝すること、どちらも大事。

そして今朝。
「忘文」(フジ系)。ごろーさんが静かに「ひろしまのピカ」を朗読していた。
こうやって好きなタレントにはまれることを、心から平和だと思う瞬間だった。
子供がもう少し大きくなったら一緒に読みたい本だ。
[PR]
by miki_renge | 2005-08-14 10:04 | ジャニーズ

日航機墜落事故から20年

oratakiさんにトラックバック。

520人が亡くなった日航機墜落事故から今日で20年。
20年前の今日の夕方、「飛行機が消息をたった」というニュースを見て、父が言った。
「そういえば、今日はあの飛行機、見てないなぁ・・・」
実は、我が家(実家)の上空は飛行機の過密地帯であり、数年前には飛行機同士のニアミスも起こったところ。父はよく、庭の手入れをしながら空を見上げて、飛行機を見ていたっけ。
そして父の言った「あの飛行機」こそ、墜落した日航123便だった。

事故の悲惨さは今更語ることはないだろう。
ただ一つ、その数日後、ある新聞に掲載された川柳だけは、鮮明に憶えている。
「遺書を書く 時間を与えた 残酷さ」
墜落現場から何人かの方の遺書めいたものが発見されたが、きっともっと多くの未発見の遺書があった違いない。
揺れる機内での彼らは、何を考えていたのか・・・

もう一つ、私には忘れられない飛行機事故がある。
それは平成6年4月26日の夜、名古屋空港で起こった中華航空機の着陸失敗事故、このときも264名が亡くなっている。

その頃、私は出張で、VIPの秘書としてイスラエルにいた。
いよいよ明日は帰国という日、日本から飛行機事故の連絡が入った。被害者の何人かは関連会社の方だったため、「VIPに伝えて欲しい」ということで私に第一報を入れたのだろうが、私は「飛行機事故」ということの方が単純に怖かった。
しかも着陸直前の墜落炎上事故。飛行機の着陸というのは、確かに離陸とともに事故の発生率は高くなるというが、それでも「帰ってきた」とホッとする時間帯でもある。
帰国時の飛行機の中に置いてあった、一面にデカデカと事故を報じる新聞は、今も脳裏に焼きついている。

飛行機に限らないが、「安全で当たり前」の公共交通機関。
最近特に飛行機のトラブルが相次いでいるが、改めてこの事故が残してくれた教訓を、当事者には確認して欲しい。自分達は大事な大事な命を預かる仕事をしているということを。万が一、その命が失われたとしたら、どれだけ多くの人が悲しみ、怒り、やりきれなさを感じるかということを。

ちなみに、イスラエル出張は結婚式20日前だった。
あまり治安がいい地域とは言えなかったため、会社が、規定では3千万円の海外旅行保険を、特例で5千万円かけてくれた。上司が「これで大丈夫だよ」と送り出してくれたが、何が大丈夫だったんだろうか・・・^^;
[PR]
by miki_renge | 2005-08-12 10:28 | 社会・経済一般