<   2006年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

東横インの不正

結局、先週1週間のアクセス数は1,400超。一体何があったんだ?
アクセスして下さった皆様、ありがとうございます。m(..)m

昨日は長女の訓練施設の「お買い物ごっこ」。おもちゃのお金でおもちゃを買う(笑)。買い物をする、というのは障害者にとって自立の第一歩。金銭感覚って大事だものね。
・・・で、やっぱり話題になりましたわよ、このニュース。
<東横イン>客室31室増やす 横浜市の立ち入り調査で判明

耐震偽装マンション事件、ライブドア事件に続いて、またもや企業倫理を問われる事件だ。
しかも今回救いようがないと感じたのは、当事者に罪の意識が全く感じられないこと。完了検査を受けた後、車いす用の駐車場や障害者用の客室をなくしたということに対して、見てくれの悪さやコスト高になることを挙げ、「障害者なんて年に1~2回しか来ないんだから」と悪びれもせずに言う、その態度。もう少し空気が読めないもんだろうか。

もっとも、身障者用の客室があることで、全体の客室数が減り、またその「コスト高」の客室が年1~2回の利用じゃ、稼働率にも影響があるってもの。それが「健常者」の客室料金に響いてきたら、やっぱり経営者としては「う~ん」と唸ってしまう気持ちは分からなくはない。ビジネスホテルは稼働率が勝負だ。

個人的には、これらを義務付けた条例は疑問である。まず、義務感で設置してもらっても、心のこもったサービスを受けられなければ不快な思いをするだけだ。それよりも、ソフトも含めて本当に歓迎してくれるホテルに泊まりたいってもんじゃないか。
ホテル側にはその代わり、バリアフリーなどに関する取り組みについての公表を義務付ける。東横インのようなところには、「我がホテルは身障者の方には満足していただけないと思いますのでお断りします」と宣伝してもらおう。あとは客が判断すればいい。
・・・むしろ、「徹底して身障者に優しいホテル」なんてのができてくれれば、そちらの方がありがたいですねぇ。いや、実際のところ、全てのホテルに設備設置は難しいよ。

「性悪説」に立った建築確認完了検査後のチェックに注力するよりは、こっちの方がいいんでないの。このコストだって税金なんだし。
[PR]
by miki_renge | 2006-01-29 07:28 | 社会・経済一般

ドイツの労働者の意識

よくわからないが、昨日のアクセス数は、(たぶん)ブログ開始以来最多の692。
せいぜい、一日平均100アクセス程度のこのしょぼいブログがなぜ?

さて、今日は先日の「ドイツ閉店法」に続いてドイツネタ。
「就労者、賃金カットなどに柔軟姿勢」

ドイツの労務事情は厳しい。今、ドイツの経済成長率は0.9%。一応回復傾向にあるみたいだけど、輸出中心で国内消費は冷え込んだままらしい。失業率は2ケタ台。特に旧東独は20%超だとか。
というところで出てきた今回の調査結果。記事では、「勤務時間の短縮に伴う賃金カット」「解雇規制の緩和」「手当なしでの勤務時間延長」など、7項目について受け入れるか否か、就労者に問うた結果をまとめている。この3つについては半分近い人が「受け入れ可」としているそうな。

「ドイツ閉店法」の記事にも、ドイツ人は9時-5時をきっちり守ると書いたけれど、まぁそういう国だからこういう結果も出たんだろうなぁと思う。日本じゃできないね。私はイヤだなぁ^^;

今年はW杯もあるから、景気回復期待できるかな?
[PR]
by miki_renge | 2006-01-27 11:16 | 雇用・人事

病後児保育のハードル

次女はまたもや、39度の熱を出している。病院に連れて行ったら「突発かもね」と言われた。それならそれでいいのだが・・・
先週に引き続き、やはり仕事にならないぞ。というときに限って、添削の仕事が多かったりして。うわぁ、頑張らなきゃ!

長女が、保育園から「病後児保育」のお知らせを持ってきた。来年度から私の住む自治体でも病院併設のものが実施されるらしい。こういうものがあれば、代わりのきかない講師の仕事も受けやすいかなぁ、と思いつつ内容を見る。

利用料は一日2千円。これはありがたい。
定員は一日4名、早い者勝ち。初日は診察があり、その結果預けられないことも。
持ち物・・・保険証などの他に、バスタオル2枚、お手拭タオル2枚、お弁当、おやつ2回分、着替え3組、ビニール袋2枚、食事用エプロン2枚、哺乳瓶、ミルク、オムツ8枚、お尻拭き1セット。おおっ、すごい荷物になるぞ。

まぁ、病気の子を預けるんだから、それなりにハードルが高いのは当たり前か。

でも本当は、病気の子を預けることなんてしたくないよね。病気の子にとって本当に必要なのは薬なんかじゃない、親(別に母親に限らず)の温かい手だと、どこかで読んだことがある。
病後児保育もありがたいけど、子供が病気のときに気兼ねなく休める雰囲気作りも大事だよね、会社の場合。って、ずーっと前から言われてることだけどさ。

それ以前に、長女は学童に、次女は認可保育園に入れるかが今の一番の不安だったりして。もうその予定で4月以降の仕事を予定しちゃってるんですけど・・・
[PR]
by miki_renge | 2006-01-24 09:44 | 女性と仕事

選択と集中

昨日は悪天候のため、夫の外出が中止。
ということで、ありがたく娘2人を預け、急遽、大雪の中を支会の「バーチャル診断」へ。ラッキー^^

昨日のお題は「介護サービス事業」。
SWOT分析から課題を整理し、提言を取りまとめるところまで行う。介護サービス業なんて
たいしたイメージもなかったが、これから市場も拡大するだろう。もっとも、介護保険制度は変更頻度が高く、先行き不透明な部分もあるし、大手FCも出てきているので、中小は大変だと思う。

同じグループになった方が、さかんに、「選択と集中」ということを言っていた。
そうだよね。経営資源が充実していれば、「人を雇う」とか「多角化し、新サービスを行う」とか、いろんな提言ができるけれど、中小企業じゃ特にそうはいかない。
昨日も、「既存営業所の廃止」という選択肢について、さまざまな検討を行った。
机上の討議は自由。だけど、実際にそれを社長さんに提案するは勇気のいることだよね。まぁ、「やなこと」を説得力を持って提案するのも力量のうちなんだけど。
[PR]
by miki_renge | 2006-01-22 07:31 | 商品・サービス

障害児の母もバリアフリー

今週は、週3日も長女の訓練が入ってしまい、仕事どころではなかった。^^;
小学校に入る直前のラストスパートとでも言うか、最後の悪あがきか・・・

以前も書いたが、私が新卒で入った会社を退職したのは、長女を早産し、ハンディが残ると宣告されたからだ。実際、訓練や通院で、とてもじゃないがフルタイムの仕事は無理だった。
仕事大好き人間だった私は、いざ退職を決意したもののそれが受け入れられず、当時は本当に苦しんだ(今も「あのまま仕事をしていたら・・・」とよく考えるが)。

病院や訓練施設、ネットを通じて知り合った早産仲間、障害児仲間には、意外と私のように、「妊娠中は仕事人間だった」という人が多い。早産仲間には、仕事優先で病院に行けなかったとか、無理をしすぎたとかいう人も。また、医療の進歩によって、うちのように本来は助からなかったであろう子供が助かるケースも増えているだろう。あと、きっと高齢出産の影響も。
訓練施設には、医者や看護婦、教師など、一生ものの職業に就いていたにも関わらず、ハンディのある子を授かってキャリアを諦めた人もいる。悔しかっただろうなぁと思う。

「しょうがい児の母親もバリアフリー―働いて、ふつうに暮したい」という本を読んだ。
障害児を持つと、その時点でいろいろな壁が立ちはだかるのだということを、改めて感じた。
保育園ではなかなか(介助者がいなくて&予算がつかなくて)受け入れてもらえない障害児。「お母さん、預けて仕事なんて考えないで、まずは療育施設に通って訓練を受けさせて下さいよ」という優しいお上の声。
就学も一苦労。地域に仲間が欲しくて地元の普通学級に進学したら、ずっと付き添いを求められたり。学校の付添いがなくても、学童保育までの道のりが不安で結局仕事を抜け出す羽目になったり。
いや、相手にも相手の事情はあるだろうし、決して悪意のある対応だけじゃないし、やっぱりどこかで、「ハンディを負わせてしまったのは私のせい」っていう思いもあるから、自分より子供優先だって意識は人一倍強いだろうし、この辺がうまく割り切れないのだけど・・・

でも、この本に紹介されているように、どうにか道を切り開こうとしている人たちには勇気付けられるなぁ。みんな悩んでるんだよね。うんうん。

まぁ、訓練もそれなりに楽しいけどね。イケメンのボランティアのお兄さん(大学生)とも知り合えるし♪でも、うちの長女の一番のお気に入りのお兄さんは、女子アナ狂なんだよな・・・
[PR]
by miki_renge | 2006-01-20 16:18 | 家族・育児

働かざる者食うべからず

ライブドア問題で、株が乱高下しているようで。
ライブドアに関してはまた別途書きたいのだが、今日はとりあえず、株だけやって生きている、いわゆる「デイトレーダー」とかいう人について。
今日の夕方も、どこかのテレビで、「ライブドアに損害賠償して欲しいです」なんていう主婦が出てたっけ。彼女、2人の子供を抱えるシングルマザーで、何と働くことなく、株で生計を立てているのだとか。今回の一件で、1千万ほど損をしたそうだ(夕食を作りながら見ていたから、はっきり覚えてないけど)。

いやぁ、何やってんだか、と思った。
今の日本って、「ラクして儲ける」ってのがいかにも賢いように言われるけど、この感覚はやはり間違ってると思う。
古いかも知れないけど、やっぱり「働かざる者食うべからず」なのよ。
特に日本は技術立国。汗水流して今の地位を築き上げてきたはず。これじゃ、NHKの「プロジェクトX」の世代が泣くよ。

だけど、1日で何万、何十万と稼ぐ味を一度知ってしまったら、そこから足を洗うのは難しいのかも知れないな。それこそ、競馬やパチンコのように・・・
[PR]
by miki_renge | 2006-01-19 22:31 | 情報・IT

ドイツの閉店法

昨日は、唯一参加できている支部の研究会。ドイツの労務事情について、大変興味深い話を聞けた。
そのなかでも紹介されたドイツの「閉店法」について、自分がドイツに行ったときに聞いた話を思い出した。

日本では24時間年中無休のコンビニエンスストアやスーパーなど珍しくもないが、ドイツにはこれがない。ドイツでは「閉店法」と言って、小売業は、平日は6時から20時、土曜は6時から16時までしか開店してはいけないことになっている。日曜はもちろん閉店だ(1996年現在)。この法律ができた1956年当時は、平日は18時30分、土曜は14時に閉店しなければならなかったそうで、一応規制緩和の方向に向かっているらしい。
まぁ、これらの規制を取っ払えば、雇用も増えるし失業者対策にもなるし、ひいては経済の活性化にもつながるだろう。もっとも、労働組合等の反対でこれ以上の規制緩和はかなり困難らしいが。

私が行ったのは10年も前のことだが、初めの印象は、「何て不便なんだろう」だった。でも出張先で対応してくれた人は、「そうでもないよ、だって夜や日曜はゆっくりしたいじゃない」と言っていた。う~ん、これぞスローライフ。そういえば、昨日の研究会でも、「ドイツ人は基本的に5時で帰る」って話があったっけ。

各国では悪名高い閉店法に思えるが、日本で検討したらちょっと面白いかも?
だって24時間営業のコンビニなんて、やっぱりコストがかかるし(電気代などの環境負荷も含めて)、その割には客がごった返してるって状況でもないし(むしろ若者の溜まり場で犯罪の温床?)。ドイツでは職住近接で、地域コミュニティも健在だという話だけど(まぁこれも10年前に聞いた話)それもこの閉店法による影響、つまり生活文化が守られていること-が大きいかな、って感じるなぁ。・・・経済停滞しちゃうかな?
[PR]
by miki_renge | 2006-01-17 10:34 | 雇用・人事

住所変更の悩み

この週末で、年賀状の整理をした。インターネットの普及とは言われているものの、やはり年に一度、このようにお便りをいただくのは嬉しいこと。
今年は特に、「結婚しました」という報告が多いような気がする。いやはや、めでたいことだ。
 
ただ、年賀状を見ていて気掛かりなこと。
我が家はこの3年のうち、2回引越しをしている。最後の引越しは平成16年12月26日。
昨年の年賀状で、現住所は知らせているのだが、まだ旧住所で送られてくる年賀状がちらほらある。一応、郵便局に転送依頼はしてあるのだが、それも今年の正月限りであろう。

旧住所が記されてある年賀状は、ほぼ全てがパソコンで印刷されているもの。
きっと変更していないんだろうな。
でも、同じ地名で番地が変わっただけだから、分かりにくいことは確かだ。
もう少し目立つように書いておけばよかったなぁ。

さて、どうしよう。
このままなら、相手は来年も旧住所に年賀状を送ってくれるだろう。
でも、相手には、「転送期間経過のため返送します」とスタンプが押されて、戻るだろう。
それでは申し訳ない。特に旧住所で送られた年賀状は、前の職場の上司や昔の友人など、滅多に会う機会はないが、年に一度のやり取りは絶やしたくない、という人が多い。
そういう人たちに、現住所をさりげなく伝え、間違いに気づいてもらう方法はないだろうか。

とりあえず、この場を借りて。
「我が家の住所は、3丁目ではなく2丁目です。心当たりの方、ご確認下さい!」
[PR]
by miki_renge | 2006-01-15 17:21 | 情報・IT

研修講師は重労働

今週後半の2日間は、研修講師のお仕事。対象は夢と希望に溢れた、若い世代の方々。

研修講師は第二子出産後初めてだが、いやぁ、疲れた。
研修においては、やはり受講者の思いに沿った講義、コメントをしたいと思うため、必然的に受講者の話を一字一句漏らさず聞こうとする。ベテランになると、この辺りのメリハリが身についているのだろうが、私には無理。ということで一瞬たりとも気を抜けない。すさまじい集中力を必要とする。
もちろん体力的にも。私は研修中は基本的に座らないのだが、さすがに足腰にくる。
さらに、話をするのも一種の運動。帰宅後は誰とも話したくない気分だった。もちろん子供が2人いれば、そうは行かないが。
10年位前は5日間ぶっ通しの研修だって平気だったのに、歳を取ったってことかなぁ・・・

それでも研修の仕事は好きだ。何より、受講者の方から刺激をもらえる。
研修が終わったときに得られる、「自分の見識がふわっと広がった感じ」がたまらない。
研修効果を一番実感しているのは研修講師自身だったりして。
[PR]
by miki_renge | 2006-01-14 09:12 | 仕事場にて

学歴社会

「超・学歴社会」という本を読んだ。
内容そのものは、「成果主義だとか人間性を見るとか言っても、やっぱり、学歴は大事だよ~♪」というものであり、それほど衝撃的ではない。
ただ、就職活動にあたってはネットで応募できるようになり、ある意味、「門戸が広がった」とも評価されているが、気軽に応募できる分、選別には結局、学歴を使うことになるという矛盾には、「そうだよねぇ」と思ってしまった。
また、有名大学卒の学生を採用できるかどうかで、人事・採用担当者の評価が決まるって言うのは、たぶん本当にある話だろうけど、何だかなぁと思う。

学歴とは直接関係ないが、採用担当者が重視すること。
「1番になった経験があるか」「挫折経験があるか」なのだそう。
1番になったことのある人については、どうやってそのポジションを維持しようとしたか、挫折についてはどうやってそれを乗り越えようとしたか、が大事なのだと。
成功体験、失敗体験、どちらも重要だね。

もうすぐ受験シーズン。
「受験の成功・失敗が人生の全てではない」と言われるが、現実は厳しいということか。
いやそんなことはない、と信じたい。やっぱり人間の真の器って、入った学校の名前より、そこで何を学ぶかが重要だと思うから。
[PR]
by miki_renge | 2006-01-11 10:28 | 雇用・人事