<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

社労士事務所で働きます

4月から週3回、社労士事務所で働くことになった。

先日も書いたが、秋口から、今後のキャリアの重ね方については迷っていた。
ハンディのある6歳の長女、手のかかる8ヶ月の次女を育てながら、将来につながるための働き方として、どのような選択をすればいいのか。当初は、今までの延長で、執筆や添削講師、たまにセミナー講師に出かけるくらいでちょうどいいかなぁと思っていた。

しかし、基本的に自宅にこもって(セミナーは別だが)仕事、では、どんどん自分が頭でっかちになってくるような気がして、実務から離れる恐怖感のようなものを覚え始めていた。説得力のある研修なり指導を行うには、やはり経験による裏打ちが必要なはず。それがないのでは、いずれジリ貧になってしまうのではないかと考えた。

ではどう実務経験を積むか。もちろん、「私を使って下さい」とお願い(営業)すれば、コンサル関係でも仕事は得られるのかも知れない。しかし、能力面もさることながら、どうしたって育児優先にすれば、働き方に制約が出てしまう。個人事業者にもっとも大事なものの一つは、フットワークの軽さ。今の私には決して手に入らないものだ。

これまでも、お仕事のお誘いをいただいても、時間的に合わずお断りするなど、悔しい思いを何度となくしてきた。ぜひともやってみたい仕事だったのに・・・と。
かといって、実際お引き受けしても、その間保育園の送り迎えの時間がムチャクチャになったり、私が土日に丸ごといなかったり…というのは、望むところではない。現時点では。

そんなとき、たまたまハローワークに行く用事が出来た。訓練施設の卒園式の打ち合わせで仲間と集まった際、障害者の就労関係の資料が欲しいね、ということになって、私がもらいに行ったのだ。
そこで何気なく、「新着求人」のファイルを見た。1ページ目にあったのが、「社労士事務所」の求人だった。

「パートで社労士事務所勤務っていう選択肢もありかな?」とふと思った。早速、求職者として登録し、勢いで窓口にて相談に乗ってもらう。そうしたら、あれよあれよといううちに、面接が決まり、採用いただくことに。いやはや、ありがたいことこの上ない。
こちらの事務所の所長がとても頼りがいのありそうな方(母親世代の女性)で、「あ、この人のためなら働いてもいいかも」と直感で思えた。自慢じゃないが、私のこういう直感はだいたい当たる(笑)

これから、社労士の実務に触れられると思うと、ワクワクしている。頑張るぞー!
[PR]
by miki_renge | 2006-03-30 13:00 | 仕事場にて

ノルウェー人の睡眠時間

保育園からもらってきたお便りにて。

今年度、保育園にはノルウェーのお子さんが在籍していたらしい(うちの保育園は、周囲に大使館がいくつかあることもあって、外国の方の比率も比較的高い)。
そのノルウェーのお子さんは、一年間、19時に寝て7時に起きるという睡眠パターンを正確に繰り返していたらしい。もちろん、保育園でのお昼寝(2~3時間)を加えて、である。

ノルウェーでは子供は皆19時には眠るのだとか。19時以降は、テレビでも子供の見る番組はないのだという。
なお、スイスでは19時30分、フランスでは20時頃の就寝が平均的なようだ。
翻って日本は・・・22時近くまで起きてる子も多いよなぁ。うちもそうだけど(でもお昼寝がなくなってさすがに早く寝るようになった)。

早寝早起きの習慣、大事にしないとね。自戒を込めて。

追記3/30:「師匠としづかの『今日もがっつりランチタイム』」様より、参考になる記事を見つけました→「ノルウェーからの留学生
[PR]
by miki_renge | 2006-03-28 10:32 | 家族・育児

訓練施設の卒園式

というわけで、昨日は長女の訓練施設の卒園式。行事関係はこれで一段落だ。

訓練施設、すなわちハンディのある子供達の療育施設。長女はここに約5年通った。
通い始めた頃は、1歳7ヶ月にして、歩くことはおろか、お座りすることも、話をすることもできなかった。全く先の見えない状態で、途方に暮れていた。
それが、訓練によって成長も促され、2歳4ヶ月でやっと歩くことができ、意味のある言葉も増えてきた。今でも運動機能的には課題は多いが、話は普通にできるようになった。
ここまで励まし、支えてきてくれた先生方には、いくら感謝してもしきれない。

昨日の卒園式で一番残念だったのは、卒園児全員が参加できなかったことだ。
一つには、今年一緒に卒園するはずだったお友達の1人が亡くなったこと。
もう一つは、昨日も入院していて不参加のお友達がいたこと。
このような訓練施設には、単に肢体不自由や自閉などの理由で通園している子もいるが、染色体異常や内臓疾患のお子さんもいる。余命宣告されているお子さんも。
だから、すごく珍しいケースというわけではないのだが、残念でたまらない。
亡くなったA君は写真参加。きっと天国でみんなのことをお祝いしてくれていると信じたい。

最後の保護者挨拶はしどろもどろになりながらも、どうにか終わらせた。あぁしんどかった。

でも、この施設でいい経験をさせてもらったと思う。長女を授かって、障害児の置かれている状況が分かった。障害児の育児支援が、いわゆる一般の子育て支援からこぼれ落ちそうな現実も。私はこれからも障害児や障害者の支援に関わって行きたい。特に、障害者の就労支援に、診断士や社労士の資格を生かしていけたらいいなぁと思う。いつか訓練施設の仲間達が、明るく元気に働けるように。
[PR]
by miki_renge | 2006-03-25 07:38 | 家族・育児

適格退職年金の廃止後

研修会ネタその2。月曜は、月1回どうにか参加している支部の研究会。
お題は「退職給付制度」。主に、2012年3月で廃止される適格退職年金の引継先についての話であった。
行き先としては、確定給付企業年金、確定拠出年金、中小企業退職金共済制度が選択肢ではある(もちろん解散して一時金払ってそれっきりというのも)。中小企業における見直しはこれからが本番だ。

まぁ普通に行ったら中退共なんだろうなぁと思う。
特に、昨年4月から資産持込の上限(10年分)が撤廃されたし(これまでは、10年を超えて勤務していた部分は差額を従業員に支給していた。この支給分は一時所得の扱いになり、退職所得控除が使えず、余計な所得税がかかった)。

大企業は確定拠出企業年金でだいぶ落ち着きつつあるみたいだけど。

それにしても年金はややこしい。ただでさでゴチャゴチャした数字と付き合わなければならないのに、企業内で制度を変更するのにも、行政に許認可を得るにも時間がかかる。
中小企業の社長さんも困っているだろうから、本当はこの部分にビジネスチャンスがあるんだろうけどねぇ。

あぁそれにしても眠い。次女の夜泣きは本格化。夜も昼も仕事にならず。
明日は長女の訓練施設の卒園式。在籍期間が長いというだけで保護者挨拶まですることに。やる気みなぎる受講生相手の研修ならともかく、こういうしんみりした場の最後に大勢の人の前で話をするのは苦手だ・・・

昨日、保育園の帰り道の桜並木が、ほんのり色づいているのに気づいた。きっと3月31日にはもっときれいだろう。長女を自転車の後ろに乗せてここを通る日もあとわずかなんだね。本当によく頑張って通ったね(というわけでスキン変更)。
[PR]
by miki_renge | 2006-03-23 10:15 | 年金・保険

ロシア事情

というわけで、先週の土曜日は、区の診断士会の研修会。お題は「中小企業のIT経営革新」。中小企業にとってまだITは特殊な世界であり、その部分でビジネスチャンスがある、というお話だった。

印象に残ったのは、実はITの話より、雑談で出てきたロシア事情(いや、ITも非常に面白かったが・・・)。ロシアではサービス業はなっていない、というイメージが強いが、それを逆手にとって、日本のコンサルタントなどが、CSに関するセミナーを開催すると、非常に受けがいいらしい。受講者(もちろんロシア人だが、一部韓国系も)は総じて素直で熱心。ようやく、「サービスの質が差別化につながる」ということが理解されてきた、とのことである。

貧困というイメージが拭いきれないロシアだが、モスクワは意外と金持ち集団が多いという。銀座なんぞより賑わっているらしい。
日本にとっては近くて遠い国の一つではあろうが、こういうナマの情報をもっと知りたいと思った。
[PR]
by miki_renge | 2006-03-21 18:36 | 社会・経済一般

これからどうしよう?

相変わらず、内定者の方が書かれた課題を添削する日々を送っている。締切の関係で、大抵火曜日は深夜まで仕事をすることになる。
次女を保育園に入れるまでの辛抱・・・と思いつつ、入園する頃にはこの仕事は一段落するのだ。だって皆入社しちゃうんだもの。でも無事に入社できるのは何より嬉しいこと。みんな元気に入社式を迎えられますように。

で、長女の小学校・学童、次女の保育園が落ち着いたら、さて自分は仕事をどうしよう?と、今悩んでいる。
次女を妊娠する前は、たまにお声をかけていただく研修講師やコンサルのお仕事(アシスタント的なものが多いが)、執筆などをやりつつ、週数日パートにも出ていた。パートは、新卒で入社した企業がかなり特殊な業界団体だったので、ごくフツーの一般企業の雰囲気を知りたいと思い、希望したものだ。待遇には不満があったが、学ぶことも多かった。

もちろん、これからもこのままの働き方で少しずつ仕事を重ねていくことは可能だろう。
ただ、それには、多少の(?)無理をしなければならない。
何と言っても、研修講師やコンサルは、穴をあけるわけにはいかない。特に次女は保育園でしばらく病気をたくさんもらってくるだろう。
また、研修は終了時間が17時以降であることも少なくない。ちょっと遠方まで出向くと、保育園のお迎えに間に合わない。各種の打ち合わせだって同じ。
もっとも、これらは私一人で背負う必要はない。これまでも夫はそれなりに協力してくれたし。でも、夫も働き盛りの企業戦士。やはり不安は大きい。

ベビーシッターさんや病時保育を活用して、自分のやりたいことに向けて突き進むか。
それとも、少なくとも次女が3歳位になるまでは、グッとペースを落としていくか、あるいはちょっとだけ方向転換するか。
迷いに迷って、占いサイトに行ってみたら、「今年は休息の年」と出た。う~ん、その方がいいのかな・・・長女だって就学を迎えて、環境が激変するんだもんね・・・

まぁ、いろんな選択肢があるはず。もうちょっといろいろ考えてみよう。
無駄な経験は何一つないはずだものね。
[PR]
by miki_renge | 2006-03-15 16:32 | 仕事場にて

山口美江さん

元タレントの山口美江さん、覚えてますか?あの「しば漬け」のCMで有名になった・・・
彼女、横浜で雑貨屋さんをやっているんですよ。

山口美江がそっと教える小さなお店を成功させる15のヒント」を読んだ。
山口さんのお店はわずか3坪。そして、山口さん自身が選んだアメリカからの輸入雑貨が売られている。
当初は、元タレントという知名度を生かして、もっと見栄えを良くし、大々的に経営を、というアドバイスをいただいたようだが、彼女は、「自分で全て責任をもってやりたい、だから目の届く範囲でしかやりたくない」とこだわったそうだ。
これが商売の原点だよね。

他にも、お金のかけないで開店する方法(山口さん自身は100万円しかかけていないらしい。内装も自分でやったとか)や陳列のコツ、定番商品の考え方など、参考になることが数多く書かれている。
何より、楽しんでお店をやろうという姿勢が共感できる。
これから小さなお店を開店したい人には、サラッと読めてお勧め。
[PR]
by miki_renge | 2006-03-12 08:05 | 商品・サービス

保育園における目標管理

というわけで、一昨日は次女の保育園の面接へ。
来月から次女もここで過ごすのかぁ・・・と思うと寂しい気もしたが、保育士さんの温かい出迎えを受け、きっと大丈夫と思った。
それにしても、0歳児の持ち物の多さときたら!長女の入学準備もあるし。4月の初めは慣らし保育も入学式・保護者会もあるし、まだまだ落ち着いて仕事できないかな^^;

園長先生との面談にて。簡単に自己紹介すると、先生、「保育園でも目標管理制度を導入するように上(役所)から言われたんで、今、試行実施中なんですがなかなか・・・」とお話された。
う~ん、公立保育園の保育士さんの目標管理かぁ。コイツは難問だぞ。
しかも、「職員を明確に評価し、給与に反映させる」ところまで要求されているそうだ。

いつも思うのだが、目標管理制度というのは、本来は経営目標達成のためのツールの一つだ。上司と部下、あるいはチーム全体で職場の課題を話し合い、目標を設定し、それに向けて仕事に取り組む。職場活性化、コミュニケーション活性化の道具のはずだ。運用が苦痛になるようでは意味がない。

「どういう視点で保育士を評価していいか分からない。皆、一生懸命やっているのに」とおっしゃる先生。
保育士さんの評価基準としては、「子供との接し方」「親との接し方」「同僚との接し方(協力)」そして「自己管理」「創意工夫」などに分かれるだろうか(思いつきだけど)。
大半の先生(2・6・2の原則の下の2割は除いて)は、しっかりやってるよなぁ。少なくとも親の目線で見れば。保育園に限らないけど、上の8割の中で制度を複雑にして、大きな差をつけちゃいかんのだよ。

そういえば、学校の先生に成果主義を導入するなんて話もあったっけ。随分反対されているらしいけど。

結局、疑問をおうかがいするだけで、よいアドバイス(?)はできなかった。
すみません先生。6年間かけて、私自身考えさせていただきます。
[PR]
by miki_renge | 2006-03-10 10:09 | 雇用・人事

保育園入園対策フリーランス編

朝型人間の私としては、珍しくこんな時間にお仕事。
だって、内定者教育のお仕事が全然終わらないんだもの・・・
明日は次女の保育園の面接、明後日は長女の訓練。目の回るような生活です。

そうそう、次女が認可保育園に入ることができたことを、ママ友や仕事仲間に話すと、「よく入れたねぇ」と驚かれる。そう、私のように、企業に属していない働き方の人間だと難しいのだ。通常は、正社員で勤務していて、産休・育休明けの人の子供が優先されるであろうから。

長女のときは苦労したため(無認可を経て、2歳児の年度途中より認可入園)次女は何としても初めから認可に入れようと思った。
今は自宅中心で仕事をしていると言っても、やはり生後半年を過ぎると、とてもじゃないけど仕事に集中できない。ファミリーサポートや近所に住む義父母、夫に相当部分助けてもらっているが、結局、今日のように夜なべ仕事をすることになる(ちなみにこの時期になると、無認可も定員に達しており、一時保育だって枠いっぱいで難しい。甘かった)。

今回、入園に向けて、申請書類にはたくさん添付書類をつけた。
まず、これまでの仕事の実績のリスト及びこれからのビジョン・予定(どちらもたいしたことはないが)。現在請け負っている仕事の契約書。ダメ押しで診断士の登録証のコピーや、社労士としていつでも開業できる状態にあることを証明する書類も出した。この上で、「入園できないと大変なんです」と文書で訴えた(もちろん、守秘義務には注意しましたよ^^;)。
効果があったのかなかったのか・・・入園できたのだから、一応よかったのだろう。

でもねぇ、本来、どういう形態であれ、働いていればすんなり入園できるようでないとおかしいんだよね。出産を考えている女性診断士さんから、「やっぱり保育園って入りにくいですよね」なんて相談されると、あぁみんな悩んでるんだな、って思う。子育てと仕事を両立したい、ってフリーランスを選択したのに、入園できずに仕事を諦めるんじゃ、もったいなさすぎるよね。
[PR]
by miki_renge | 2006-03-08 01:39 | 家族・育児

あちこちに不具合が・・・

昨日から、パソコンの電源が入らなくなった。
「お客様相談センター」でいろいろ聞いてみたが、やはり修理が必要だという。
期間は2週間、そしてお値段は恐らく5万円はかかるとのこと。長女の入学祝はそっくり消えてしまう計算・・・
今は、「こういうときのために」と物置の奥にあった古いパソコンを引っ張り出してきて書いている。これ、Windows98。悪くはないが、やはり遅いかな。

さて、皆様。「抗生物質(薬)を飲むと下痢をする」というのは、常識なのでしょうか?
実は先週、次女の鼻水がひどいので耳鼻科に行ったところ、抗生物質が処方されたのですが、その薬を飲んでから、ひどい下痢をするようになってしまいました。
はじめは風邪が腹に来たのかと思いましたが、週末に小児科に行ったところ、「この薬のせいかも・・・」とのこと。今朝、一番に耳鼻科の薬局に電話したら、「あぁ、抗生物質は人によってはお腹に来ますよ」と軽く言われてしまいました。
この5日ほど、下痢に苦しんだ次女のことを思って、「薬を処方するときに言っていただければ・・・」と言ったところ、「お母さん、それは常識でしょ」と逆に言い返されてしまった・・・
そういえば聞いたことあるかも知れないけど、ちょっとその言い方はないんじゃないの~。結局薬を止めたので下痢は治りつつあるけれど、次女にはかわいそうなことをしてしまいました。だったら整腸剤もあわせて処方してくれればいいのに・・・

私のような素人のために、それなりの説明をしてくれるとありがたいよ。
そういえば、今回のパソコンの相談センターの人はすごく丁寧だったな。
[PR]
by miki_renge | 2006-03-06 10:28 | 商品・サービス