「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

診断実務従事にて:意思決定力低下

再三書いているように、目下のところ、かなり時間に追われている状態なのだが、その大きな理由の一つとして、「診断実務従事」中だと言うことが挙げられる。
診断士ならお分かりと思うが、そう、新制度になって必須となった「実務ポイント5年で30点」である(そりゃー大変でしょ、と診断士の方は言いますよね、きっと)。

私は社労士事務所に勤務しているのだし、個人的に商店街支援にも携わっているので、実務ポイントの確保にはそれほど困らないとは思うのだが、今受講しているマスターコースでは、実務従事もセットとなっているため、10月半ばから時間を確保して取り組んでいる。

その中で思うこと。それは自分の「意思決定能力」「判断力」の低下だ。
実務従事仲間は皆優秀で、自分の能力のなさを思い知らされる。

思い起こせば、出産前、正社員で勤務していた頃は、それなりに権限も与えられ、予算も与えられ、意思決定する場面が多々あった。責任も重かったけど。
しかし、その職場を出産退職して約7年、個人としての仕事はさておき、組織に身をおいてやってきたのは、大局的な判断を求められる仕事ではない。経理なり、社会保険の手続きなり、どちらかと言えば「職人」的な要素が強いものだ。その中で、「より正確に、より速く、より気配りして」を目指して取り組んできたことは、それはそれで非常にいい経験のはずなのだが・・・

ただ、私が育児中心の生活で仕事をセーブしている間、ほぼ同年代の仲間は、大きな仕事をやってきて、判断能力を磨いてきたんだなぁ、と思うと、漠然とした不安も感じてしまう。あぁ、やっぱり経験は大事だな、とか、カンが鈍ってきたな、って。

そんな中、事務所では初めて1人で「給付」の仕事を任された。給付は文字通り「お金」が絡むものだから、事務所ではそれなりに経験がないとさせられないと言われており、私の仕事も今までは「適用」(各種保険の資格取得・喪失手続き)中心だった。一方では能力の低下に嘆きつつ、他方では新しいことを覚えられる嬉しさ。自分の気持ちもアンバランス?

結局、「限られた時間で何を最優先に考えるか」なんだろうけど。
管理職への道を突っ走れば(なれるかどうははともかく)、捨てなければならないものがあるだろうし。あとは、自分の弱みを自覚して、どれだけ補っていけるか、だよね。
[PR]
by miki_renge | 2006-11-30 12:19 | 資格・勉強

PREP法

一昨日は次女の夜泣きで30分しか眠れずしんどかったのだが、這いずるようにして、女性起業家支援のマスターコースを受講してきた。

初っ端から、「隣の人と1分間ずつ、自己紹介をし合って下さい」。
一応、研修講師経験のある私、3分バージョンなら用意しているのだが、1分と限定されると戸惑う。伸ばすのは(ある程度材料があるから)比較的容易だが、内容を凝縮させるとなると、ポイントを絞るのが難しい。

その後、講師より「PREP法」の解説。
 P=Point(要点)
 R=Reason(理由)
 E=Example(例示)
 P=Point(要点、繰り返し)
自己紹介でもこれを意識すべし、特に、最後の「P」がないと、「E」だけが相手の記憶に残って、結局何を言いたかったのか分からなくなってしまう、とのこと。
う~ん、そうだなぁ。

論理的な考え方、話し方・・・身につけたい。これがなければ、せっかく知識を仕入れても生かせない。そのためにはやはり経験かな。普段の心がけも大事、かな。
[PR]
by miki_renge | 2006-11-28 22:11 | 仕事場にて

個人情報

長女は本が好きなので毎週図書館で本を借りているのだが、先週は寝込んでいたため行けなかった。案の定、図書館から返却の督促の電話が入る。「念のため、返却期限の過ぎている本のタイトルを教えていただけませんか?」と尋ねたところ、「個人情報のためお教えできません」と言われた。私は母親なのに。
・・・でもまぁ、この場合、貸し出しの控えを探せばいいんですけど^^; 期限を過ぎたのはこちらが悪いんだし(すみません)。

最近、これと同じような思いをしたなぁ、と考えたら、ハローワークでの手続きだった。
雇用保険の資格取得手続きをしようとして窓口に行くと、たまに「生年月日違い」「期間重複」(※)等で手続きできないことがある。この場合、一応窓口で、「そちらのデータ上、この方は生年月日はいつということになっていますか?」「前の会社をいつ退職されたことになっていますか?」と確認する。しかし最近は、「個人情報ですので・・・」と言って教えてもらえないことが増えてきた。
別に悪用しようとしているわけじゃないのに。念のため知っておいた方が手続きがスムーズに進むかな、と思って尋ねているのに。

つくづく、個人情報保護っていうのは線引きが難しいと思う。でも、これを悪用しようとしている輩がいるうちは、仕方ないんだろうね。全く、面倒な世の中だわ。

※「期間重複」:たとえば前の会社の退職日が11月24日で手続きされているのに、新しい会社の入社日が11月22日だったりするような、雇用保険を同時に複数の会社で取得しようとしている状態のこと。手続きミスがほとんどだが、まれに有給休暇中に再就職をしてしまうようなケースもあり。
生年月日に関しては、過去に雇用保険の被保険者だったことがある人については、本人確認のためハローワークで照合している。「生年月日違い」も記載ミス、手続きミスのことが多いのだが、たまに「年齢詐称」の人もいるので注意が必要。履歴書に、生まれ年だけ2、3年ごまかして書いてきているケースなど。まぁ、その次の社会保険の手続き時に年金手帳を確認するから、大体分かるんだけどさ。
[PR]
by miki_renge | 2006-11-24 13:38 | 仕事場にて

障害者の家族:「僕の歩く道」より

相変わらず治らない鼻水と咳。もう10日以上続いているので、病院に行ってきます。
でも、ゆっくり休んで寝てる暇なんてないんだよなぁ。12月半ばまで土日の予定はびっしりだし(ほぼ子供関係。学校の学芸会とか学童のイベントとか)。

さて、今週の「僕の歩く道」。最後は小日向さんの涙にやられましたわ。

動物園の先輩飼育係、古賀さん(小日向さん)には、自閉症のお子さんがいたんだね。古賀さんはそれが受け入れられず、奥さんと離婚し、お子さんと会うこともなくなった。確かに、お店の前でパニックを起こす息子、そしてそれを不審そうに見つめるギャラリー・・・という図を見たら、素通りしたくなる気持ちは分からないではない。でもそれは、必死で子育てしている奥さんから見たら許せない行為。

「大竹くん(=テル。くさなぎくん)を見て、初めは一緒に働くなんて無理だと思った。でも、そばにいる人間がどう接するかで、彼の可能性はどんどん広がるんだな」と語る古賀さん(こんな内容だったはず)。そう、「障害者が働くなんて無理」というのは単なる偏見。手の差し伸べ方次第だ。

「僕のお父さんは死にました。お父さんは遠くへ行きました。いつ戻ってくるのかなぁ」と言うテル。その言葉に涙を流す古賀さん。別れた息子には自分は死んだことになっている。もしかしたら自分の息子もこうやって自分を思い出してくれている・・・と感じたのではないだろうか。

私にも、子供に障害があることが判明して離婚した友人が何人かいる。子供は母親が引き取るケースがほぼ100%だ(と言うより、父親が引き取ったケースは知らない)。このドラマによって復縁・・・なんていう上手い話は難しいだろうが、何かを考え直すきっかけぐらいにはなって欲しいと願う。

障害者を取り巻く家族の問題は限りなく重い。今回の古賀さんの話だけでなく、さまざまな葛藤がある。障害者の母は、できるだけ長生きして子供を支えたいと思う。兄弟はそんな母を支え、母に何かあったら自分達が何とかしなければと思う。兄嫁の真樹さんは、「お母さんに何かあったら施設に入れていいのよね」と言っていたけれど、それは所詮他人である「兄嫁」だから言えること。テルの妹、りなちゃんの「私は私の人生を生きていいんでしょうか」の問いかけに答えはあるのだろうか。

我が家の場合、次女には長女を理解していてもらいたいと思う。「世話をする」とか言うんじゃなくて。でも時々考える。あともう一人子供がいたら、次女の精神的負担は減るだろうか、と。
[PR]
by miki_renge | 2006-11-16 06:32 | ジャニーズ

履歴書

仕事で、他人様の履歴書を見ることがある。最近つくづく、「履歴書って第一印象だよなぁ」と思う。私は採用のプロではないが、たくさんの履歴書を見ていると、「是非お会いしたい」とか、「できればご遠慮願いたい」なんて、思えてきちゃうもの。

採用素人(笑)の私が履歴書で見るポイントは2点。「写真」と「字の丁寧さ」だ。
写真は、別に写真館でとってもらうべき、と思っているわけではない。ただ、いかにも「間に合わせで撮りました」というものは分かる。重要なのは服装。就職したくて履歴書を送ってくるなら、やはりスーツが基本だろう。「服装も個性」なのかも知れないが、採用担当者は年配の保守的な人も多い。
それから表情。いくら「柔らかい表情で」というセオリーがあっても、口元をだらしなく開けたり、スナップ写真のような満面の笑顔はどうかと思う。

もう一つの「字の丁寧さ」については、履歴書全体のイメージを決めるものであり、これも注意したい。別に字は上手でなくてもよい。ただ、「止め、はね、はらい」という、小学一年生で習うような基本は押さえるべき。印象が最悪なのは「訂正」。修正液で訂正するならまだいいが、間違えた箇所をグチャグチャと黒で塗りつぶすのは、履歴書ではやってはいけないことだろう。

ここで書いたことは、「当たり前のこと」なのかも知れないが、意外にこの当たり前のことができていない履歴書が多いように感じる。これがクリアできないと、履歴書の内容には興味を持ってもらえないと思う。

・・・まぁ、何度も書きますが、私は「採用のプロ」ではありませんので、全くの私見です^^;
[PR]
by miki_renge | 2006-11-14 06:17 | 雇用・人事

風邪薬の選び方

前記事アップ時より2日間へばっておりましたが、どうにか復活できそうです。コメントいただいた皆様、ありがとうございます。ようやくPCの前に座る元気が出てきました。
が!昨夕、のど飴を舐めていたら、いきなり奥歯に激痛が。ハンパではない痛みだったので、今朝歯医者に駆け込んだところ、「親知らずが隣の歯を圧迫しています。できるだけ早く抜きましょう」とのこと・・・。しかも、へんてこりんな生え方をしているらしく、大学病院まで紹介されてしまった。どこまで健康運が悪いのかしら。

健康運つながりで。
今回の風邪では私は病院には行かなかったのだが、薬を飲もうと、薬剤師のいるドラッグストアに行った。若い薬剤師のお兄さんに、「喉が痛くて、鼻水が出て、関節が痛くて・・・」と症状を説明すると、彼は、「その中で一番辛いのは何ですか?」と聞いてきた。
私は全て辛かったので、「いや、順位はつけられないです・・・」と答えると、「それじゃ困りますねぇ、薬は選べませんよ、強いてあげれば何ですか」と迫ってくる。
えええっ、そんなぁ。薬ってそんな選び方するの?
でもここで議論をする元気もなかったので、「そうですね、喉ですかねぇ」と曖昧な返事をする。

続いて彼は、2,3の薬を取り出し、「このタイプは副作用が強いですが、よく効きます」と説明を始める。「副作用って何ですか。なるべく副作用の少ないものがありがたいんですが」とビビる私。彼は「副作用を怖がっていたらどんな薬でも飲めませんよ」と押し切ろうとする。結局私は、「効きもよくないが、副作用も強くない薬」を選んだ。

いやぁ、イマドキの薬剤師さんってこんなものなの?もうちょっと親身になって話を聞いてくれるかと思ったのに。ドラッグストアで買おうとしたのが間違ってたのかな。でも近所の薬局は、このドラッグストアの進出で全部潰れちゃったし。もうちょっと店員教育を頑張って下さいよ。
時間もないし、医療費を使うほどではないから・・・と病院に行かなかったが、こんな頼りない?対応をされたら、ちょっとねぇ。
[PR]
by miki_renge | 2006-11-11 15:57 | 商品・サービス

仕事を断る

子供達の風邪が治りかけてきた、と思っていたら、私が風邪を引いてしまった。ダブルでうつされたか。このところ仕事も立て込んでいて、睡眠時間を削っていたのも悪かったのだろう。
しかし母には休息はない。個人で受けている仕事で手を抜くことはできない。事務所勤務は子供達のために度々休んでいるので、まさか自分の体調不良ごときで休むことはできないだろう。自分の食欲がなくても子供達はお腹が空く。自分が発熱していてもお風呂は入れなければならない。夜も子供が泣けば起きるし、トイレについてきてと言われれば付き添う。

そんななか、新たな仕事の依頼。以前仕事でお世話になった方から連絡をいただいた。興味ある仕事。しかしボリュームの割に、納期までが短い。これから年末に掛けて、賞与計算やら年末調整やら忙しい時期だ。自分に与えられた時間を計算し、この仕事をやり遂げるには、家族との時間を相当犠牲にして、なおかつさらに睡眠時間を削らないとできないことを確認。一昼夜悶々と考えて、残念ながらお断りすることにした。

あー、残念無念。悔しい。
自分が男だったら、シングルだったら、せめて自分の子供が健常児だったら、、、自分の自由に使える時間がもう少しあったら、引き受けられるのに。
「仕事の依頼は絶対に断らない。断ったら二度と依頼は来なくなる」というのは、診断士のみならず、駆け出しの「士業」の鉄則として語られている。
でも一方で、私には家庭責任というものがある。そちらもおそろかにはできない。バランスを自分で決めていくしかない。

きっとこんなことで悩むのも、今のうちだけ。今できることを精一杯やっていればいつか挽回できるはず・・・と自分に言い聞かせる。
もっとも、障害児って、歳を経るごとに大変になるっていう話もあるんだけどさ^^;

いやその前に、自分の風邪を治さなきゃ・・・
[PR]
by miki_renge | 2006-11-08 21:08 | 仕事場にて

「老舗の強み」

長女も次女も体調を崩していて、今日は仕事は早退。病院に行ってからはのんびり過ごしている・・・いや、仕事そのものはたまりにたまっているのだが。どうして月曜から熱出すかなぁ。

さて、相変わらずだが、病院の待ち時間で読んだのは、合同会社「夢をカナエル」のKさんよりご紹介いただいたこの1冊。
「老舗の強み―アンチエイジング企業に学べ! 」

「創立100年以上の歴史を有する」「創業家が過半数の所有権を持ち、経営にも携わっている」「上場していない」「経営状態が良好」という4つの条件をもとに選出された12の企業についてリポートされている。実は意外な会社が同族会社だったりして、興味深い。

たとえば、「山野楽器」なんて明治25年創業で、今の社長が四代目なんて知らなかったよ。私も大学時代に「山野ビックバンドジャズコンテスト」のお手伝いをしたけど、これが「音楽によって世界とコミュニケーションを取れるようにしたい」という企業コンセプトのもと、「ビッグバンドの甲子園」として企画されたなんて初めて知った。創業者の理念は確かに今に引き継がれているのだ。

また、「龍角散」では、現社長が名実ともにその地位に就くまでの過程が描かれていた。
同族ゆえの、「跡継ぎ」二代目、三代目社長の苦悩。それを乗り越えたときに、企業も一段と結束力を増すものなのだ。

日本の企業430万社のうち94%が同族企業とのこと。同族というと、どうしても閉鎖的なイメージはあるが、それも経営理念や方針次第なのだ。偏った見方をしていたことを改めて反省。
[PR]
by miki_renge | 2006-11-06 17:44 | 商品・サービス