<   2007年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

年金を守るために

年金記録が5000万件も消えた問題が大騒ぎになっている。当然だ。「もらえる」と思って払い込んだ年金が払ってないことになっていたらそりゃ、怒るだろう。支給漏れの年金が判明した場合、5年の時効を撤廃するという話だが、これも当たり前だろう。払った方に問題はないのだから。

しかし一方で、これもまた「時代」なんだろうとも思う。終身雇用が当たり前の時代なら、年金加入の手続きをするのは入社と退社のときのみ。社会保険庁にとっては「こんなはずでは・・・」という気持ちもあるのでは(もちろんミスは許されないけど)。

私も社労士事務所で年金の資格取得手続きをしながら「この人、大丈夫?」と不安になることがある。
転職者などの取得手続きをする際、年金手帳の番号を記入する欄があるのだが、転職者本人が「年金手帳を紛失した(番号が分からない)」ということがしばしばある。番号不明の場合は、20歳のとき(国民年金保険料を払い始めたとき)の住所か、以前勤務していた会社などを記入し、そこから年金番号を割り出していくのだが(←この作業をするのは社会保険事務所)、それすらも分からないという人もいる。以前勤務していた会社名や所在地くらい分かりそうなものだが・・・でも、派遣労働者だったり、ブランクが長い人だと混乱して難しいのかな。

割り出せない場合、どうなるか。それは新しい年金番号をもらうことになる。すると古い年金番号は「行方不明」になり、古い年金番号のときに保険料を払っていたとしても記録に残らないことになる・・・恐れが高い。

ということで、「領収書を取っておく」以上に簡単な自衛策としては、「年金番号を控えておく」「20歳のときの住所を覚えておく」「これまで勤務していた会社の名前と住所を覚えておく」ことが挙げられるだろう(といっても、今回のドタバタは「基礎年金番号」に統一される前の、勤務先や苗字などが変わった人に多いようだから、現制度ではあまり起こりえないかな)。

しかし、こんなに支給漏れがあるようじゃ、また年金不信が・・・この調査をするだけでも多額の税金が投入されるそうだし・・・何やってんのかねぇ。
[PR]
by miki_renge | 2007-05-28 17:13 | 年金・保険

メガネ屋さん

今週は長女の学校の個人面談、次女の保育園の保護者会があってバタバタしていた。長女の方は相変わらず成績が底の方を這いつくばっているようだ。「じっくり取り組もうとする意欲はあるんですが、じっくりしすぎて遅くなっちゃうんですよねぇ」と言う先生。どうかどうか、長い目で見てやって下さい。一方、次女はそこそこ「優等生」らしい。健常児ってすごいねぇ。

さて、先日、12年間使っていた(!)メガネを変えた。次女を出産してからか、よく目が疲れるなぁと思うことはあった。長女が学校の眼科検診で「再検査のお知らせ」をもらってきたこともあり、一緒に眼科に行くことにした。
視力検査や眼底検査をしてもらった結果、先生は一言、「老眼のハシリですね」。
視力が少しずつ良くなって(≒遠くのものが見えるようになって≒老眼?)相対的にメガネの度が強くなってきてしまったようだ。

そこで、思い切ってフレームも変えることに。
実は以前から、「メガネを買うときはここ!」と決めていたメガネ屋さんがあった。5~6年前になるだろうか、メガネのフレームのネジが緩んで、あわてて駆け込んだときに丁寧に(しかも無料で)対応してくれたメガネ屋さん。その親切が忘れられず、必ずここに来ようと思っていた。
今回も、フレーム、レンズ、さらには目のケアなど、きめ細かに相談に乗ってくれた。そして「メガネをかけ続ければ、フレームが緩むのは当たり前なんです。そんなときはお気軽にご来店下さい。いつでも直しますから」と言って下さった。
相手にとってみれば当たり前のサービスかも知れない。けれど、困っているときに助けてくれたことは忘れないのだ。
目は大事。メガネ人間としては、こういうお店が近所にあると心強いなぁ。

ちなみに長女の視力は0.6と0.3・・・悪いじゃん。
未熟児網膜症の手術も経験しているから、多少は覚悟していたけれど・・・この子もメガネかな。まぁそうなったら、またこのメガネ屋さんにお世話になろう^^;
[PR]
by miki_renge | 2007-05-25 10:28 | 商品・サービス

欠格条項

ちゃいさんのブログで紹介されていた「こころの耳 伝えたい。だからあきらめない。」を読んだ。この著者である早瀬久美さんは、聴覚に障害を持つ薬剤師。以前設けられていた「欠格条項」(障害者は薬剤師免許が取得できない)改正の原動力となった方である。

幼い頃から、算数や理科の授業が好きだったという早瀬さん。お母様が薬剤師をしていたこともあり、薬科大学に進学。そして薬剤師の国家試験に合格。しかし、薬剤師免許を申請したところ、耳が聴こえないことを理由に、申請が却下されたのである。

このときの悔しさは本でも述べられている。私も心の底から不条理だと思った。難しい国家試験に合格していて、なぜ免許が与えられないのか。彼女は既に立派に製薬会社に勤務していた。また、メールによる薬の相談業務も行っていた。聴こえなくてもできる仕事はたくさんあるはずなのに。

しかし、彼女は諦めなかった。思いを伝え続けた。
そして、国家試験合格から約3年後、欠格条項が見直され、彼女に免許が与えられた。彼女はまさに「初めの一歩」。障害があっても、周囲の理解を得て、能力を補ってもらえれば、可能性は無限に広がるはずだ。

私も、ハンディのある長女を授かるまでは、欠格条項なんて「他人事」だった。
しかし、改めて考えたい。ハンディがあるという理由で門戸を閉ざすことがいかに非合理で、多くの人の夢を奪うことかということを。
確か、先進国でこんな欠格条項があるのって、日本だけだと聞いたこともある。
差別、偏見・・・でもきっと、早瀬さんのような人がもっと増えれば、変わってくるよね。
 
おまけ。うちの難聴娘も、よく「車のクラクションの音が聴こえにくいと思うので、交通事故にはくれぐれも気をつけて下さい」と言われている。しかし早瀬さんは、「目で確認するから大丈夫、音に頼って見ない方がよほど怖い」と、サラッと書いている。残った機能を生かすって、こういうシンプルなことなのかも知れない。
[PR]
by miki_renge | 2007-05-22 00:39 | 雇用・人事

子供に対する情報セキュリティ教育

junikeさんのブログで、「情報セキュリティ標語2007」のことを知った。小中高校生より3,573件の応募があり、先日、38の入選作品候補が決まったようだ。

候補作品を見ると、
「大切にしよう 家族、友達 パスワード」(小学生)
「パスワード ついついやっちゃう たんじょうび」(中学生)
「忘れずに、ネットと心のファイアーウォール」(高校生)
など、どれも納得性の高いもの。特に高校生のポスターは本質を捉えた力作揃いと感じた。

今の子供達が大人になる頃には、今よりもっとインターネットが生活や仕事の中に入り込んできているだろう。長女の学校でも、小2から「情報」の勉強を月2回していると聞いた。今は「パソコンからプリントアウト」という初歩の初歩をしているらしいが、3年生になると当たり前のようにホームページの閲覧をするとのこと。
また、3年生から受験体制に入るため、多くの小学生が塾通いをはじめ、従って携帯電話を持つ、という事情もある。うちも受験はさておき、携帯電話くらいはいつか持たせることになるだろう。そうであれば、小さい頃からこのような意識付けをしていくことは重要だ。

もちろん、何をいつ、どう教えるかはこれから。学校のセキュリティ教育はどの程度期待できるのか。親の方も情報収集しなければ。
何だか性教育に似てるな。
[PR]
by miki_renge | 2007-05-20 06:48 | 情報・IT

PTAの講演会にて

昨日は長女の小学校で、PTA会員(主に母親)を対象とした講演会があった。言うことを聞かない子供といかに向き合い、力を伸ばしていくか、というテーマで、その世界では著名な先生をお呼びした。
この1年、これら講演会の企画や事務局をやる役員になっている私は、朝から準備に出かけ、講演会も聴いてきた。

あまり詳しくは書けないが、心に残ったフレーズを書きとめておきたい。
これらは、育児に限らず、世間一般に通用するものだと思う。

・「人間が精神を病む原因は“孤独感”と“罪悪感”の2つ」
 孤独感を抱く人間は、何かでそれを埋めている。それは指しゃぶりだったり、食事だったり、はたまたお酒やギャンブルだったりする。一方、孤独は本来当たり前。子供が孤独を何で埋めているか、親や周囲が気づいてあげることが重要。
 一方、罪悪感を持つ人はいつまでも自分を責め続けてしまう。いつも自分を責める人は、容易に他人を責めてしまいがち。そうならないためには「真面目」をやめること。

・「人間は、自分の希望が相手に受け入れられて初めて自信がつく」
 相手の希望、思いにはできるだけ寄り添うこと。たっぷり甘える子は早く自立する。
 否定したら子供は伸びない。

・「子供を幸せにしたいと思ったら、まず自分が幸せになること」
 親が幸せにならなければ、真の「幸せ」の意味を子供に伝えることができない。

・・・ということで、何となく心がポカポカと温まった気がした。参加者からも好評だった様子。
講演会の裏方仕事も無事に終了。もちろん、これで役員の仕事は終わりではないけれど(少なくとも今年度、あと2回開催の予定)、ちょっとホッとした。ふぅ。
[PR]
by miki_renge | 2007-05-17 13:54 | 家族・育児

新人歓迎会など

昨日は、所属する診断協会の支会の新入会員歓迎会と総会に参加してきた。

まず新入会員歓迎会。新人さんが若いこと、IT系が多いことにまずびっくり。私が登録した7年前は、「若さは 周囲との差別化になる」と言われたように記憶しているが、今ではそうもいかないだろう。むしろ、定年起業の方が「経験豊富」をウリにできるかも。実際に私の周囲でも、定年後に資格を取って独立(?)され、活躍されている方はたくさんいる。

先輩診断士の経験談については、私も「うんうん」と思いながら聴いた。こういうところで出てくる話題は、やはり「人脈の大切さ」と「自己管理」が2本柱だろうが、私は後者の方がはるかに大事だと思う。特に独立したら。健康に関して言えば、会社にいたら労災もあるし、休業補償も受けられたりするが、独立して身体を壊したらイコール「収入ナシ」だものね。怖いよ。

歓迎会のあとの総会も無事終了。昨日は懇親会まで参加。ご無沙汰している先生方にご挨拶するとともに、新人さんたちとも名刺交換。何人かの新人さんから、「子育てしながら診断士活動するのって大変ですか?」と質問された。まぁ、そりゃ大変だよね。もっとも私は、今は子育てに重点を置いているので、希望に満ちている新人さんたちに有益なアドバイスはできないのだが。

懇親会後、まっすぐ帰宅。2人の娘が夫に馬乗りになって遊んで(?)いた。お風呂も済み、洗濯物もたたんであった。今日は昼の12時から夜9時まで家を空けていたんだっけ。そういえば懇親会で何人かの方から、「旦那さん、理解ありますね」と声をかけられ、「と~んでもないっ!」と(日頃の役割分担バトルを振り返って)言ったりしていたのだが、やはり私は恵まれているんだなぁと猛反省した瞬間だった。
でも、今日は夫が一日家を空けてるんだけどね(苦笑)。
[PR]
by miki_renge | 2007-05-13 10:53 | 仕事場にて

管理職も大変

先日、かつての職場の仲間と連絡を取る機会があった。彼女は今春、課長に昇進した。

彼女のメールを読みながら、管理職って孤独だな、と改めて思った。もちろん周囲には頼れる人もいるだろう。しかし、もうヒラ社員のようにはいくまい。上司(部長)が手取り足取り教えてくれるはずもない。部下だって、やはりいろいろな意味で一線を画して接してくるだろう。責任はこれまでとは比較にならないほど重いはずだ。

フリーランスとなった私は、ときどき「会社に勤めていれば、何があっても結局会社が守ってくれるからその点はラクだよね」と思ったりもする。フリーなら責任は全て自分が背負うのだから。しかし、組織の管理職だって、その決定が組織の方向性を決めてしまうこと、さらにそこに関わる多くの利害関係者(フリーランスよりはるかに多くの関係者がいるだろう)の運命さえ決めてしまうのだから、やはり違った意味で責任は重いのだろうな。

結局、どんな仕事であろうとラクではないのだ。
お互い頑張ろうね。
[PR]
by miki_renge | 2007-05-10 17:40 | 雇用・人事

ジャニーズの戦略と戦術

GWが終わった。実家に帰っていたものの、全くもってゆっくりできなかった。弟一家も同じ時期に帰省。うちの娘2人と姪2人で大騒ぎ。両親も初めは、「孫に囲まれて嬉しいなぁ」と言っていたけれど、だんだんその笑顔もひきつってきていた。ごめんなさい。

GW中、唯一読んだ本といえば「芸能をビッグビジネスに変えた男『「ジャニー喜多川』の戦略と戦術」(←何読んでるんだ、私^^;)

彼に関しては、いろいろな見方がされているが、私は単純に「すごい人」だと思う。
本書によると、彼は決してダンスのレッスンなどを強要したりしない。「好きこそものの上手なれ」なのだ。そして、熱心にレッスンに取り組む少年には丁寧に接するし、その才能を磨こうとする。そして自信をつけさせる。

彼が、少年達を「ユー」と呼ぶのは有名な話。
それは、彼が少年達と同じ目線でいたいから、とのことだ。

いわゆる「グループ編成」についても、彼は緻密に考えている。
ジャニーズにはさまざまなグループがあるが、それは見事に「キャラがかぶらないように」編成されている。また、kinki-kidsのように、一人がもう片一方の魅力を引き出せるように、と計算されている(タッキー&翼はそれがいまいち機能していない、とも書かれているが・・・)。
SMAPだって、うまくバランス取れてるもんなぁ。というより、ここまでくると、皆がそれぞれの立ち位置を意識している、というのが大きいんだろうけど。

組織運営だってこれと一緒だよね。夢を見させること、その実現のために、どうしたら一番自分が輝けるか気づかせてあげること(=適材適所の徹底)。
そして、彼がそうしているように、常に「サプライズ」を世に提供し、関心を引きつけておくこと。

それにしても、この本を読むと、SMAPって森くんが抜けた後、よく立ち直ったなぁ、と改めて思う。脱退当時は、ダンスと歌はどうすんだ?と思ったけど、上手に新グループとして生まれ変わったものね。森ファンとしては今でも寂しいけど^^;
[PR]
by miki_renge | 2007-05-07 13:38 | ジャニーズ

子供の食事用エプロン

GW、2人の娘を連れて実家に帰省中。今日は自宅近辺では買えない子供服などのショッピングに出かけた(だって自宅近辺では安い子供服を売っているような店ないものねぇ・・・)。

特に欲しかったのは、次女の保育園のお食事用エプロン。保育園からは「できるだけ大きめのものを」と言われている。食事のたびに洋服を汚すようでは洗濯物が増えてしまうから・・・という園の配慮だろう。
しかしいざ売り場に行くと、十数種類のエプロンはビニールのパッケージに入ったまま。「開封はご遠慮下さい」と書いてある。それは仕方ないとしても、サンプルも出ていないし、サイズも表示されていない。これでは大きさが分からないではないか。
店員さんに相談すると、彼女、連れて行った次女を見ながら、「これは大体同じ大きさだから、どれを買っても問題ないですよ」というお返事。そこで奮発してヒヨコやカエルのかわいいデザインのものを6枚購入。

しかし、帰宅して1枚だけ開封してみると・・・次女にはぜんぜん小さいじゃん!
こりゃ、早速返品だ。

というわけで、再度車を走らせてお店へ。もちろん返品OK。ただし開封した1枚についてはダメとのこと。これは仕方ないのだろうか・・・
別のエプロンをサイズを確認した上で購入したい旨を伝えると、かなーり嫌な顔をしながらも開封してくれた。・・・さっきのものと大きさが全然違うじゃん!結局、最初に購入したものより丈が7センチ程長く、首回りもゆったりしたエプロンと取り替えてもらった。
でも、最初の購入時にカード決済だったからその手続きに時間がかかって、やっぱり店員さん、迷惑そう。こっちも待たされたんだけど。

帰宅後、母にこの話をすると、「安売り店だから結局、コスト削減で店員教育なんてできてないのね。それにあの店は店員さんがみんな若いでしょ?実際の子供と接したことなんてないのよ」と辛辣なコメント。でもその通りなんだろう。
この店、改善ポイントがテンコ盛りだな。
[PR]
by miki_renge | 2007-05-04 15:31 | 商品・サービス

時間の感じ方

GW前半が終わった。今日はいくつか執筆のお仕事をしている。

昨日は、家族で日本未来科学館に行った。「キュリー夫人」の伝記を読んで以来、すっかり科学(もどき)にはまった長女。私自身はたいした知識もないので、質問されても何も答えられないのだが・・・

科学館では「時間」についての企画展が開催されていた。解説ボードに、「いろいろな知識を仕入れ、経験し、感動している時間は長く感じる。逆に単調な生活をしていると時間はあっという間。だから小学生時代と大人になってからの時間の感じ方は、大人の方が早いのだ」というようなことが書いてあった。
ほほ~っ。一理あるな。確かに子供は好奇心旺盛で、感動の連続だろう。
それに比べて大人は・・・

もちろん、子供と大人では生きてきた時間の長さが違うのであって、たとえば7歳の子供にとっての1年間と35歳の大人の1年間では、同じ1年でも感じ方は5倍の違いがあるだろう。つまり「分母」の違いだ。
あるいは、子供と大人の脈拍の速さの違いから説明することもできるようだ。
一方で、「充実した時間ほど早く過ぎる」という説もある。
時間の感じ方、諸説あるんだよね。

それでも、好奇心を失わない大人でいたい、と、企画展を見ながら改めて考えた。
幸いにも、いい見本が我が家には2人いる(笑) 部屋中のゴミ箱をひっくり返したり、床に転がってマンガを読んで大笑いしているようなのが。

帰宅後、「企業診断ニュース」5月号を読む。「セレンディビティを高めて資格を生かそう」という特集から、「偶然の幸福」を逃さないで、限られた時間を大事に生きなきゃね、と考えた。
それにしても、特集記事に出ている皆さん、すごいなぁ・・・
→セレンディピティや特集記事についての詳細はプロコン堅太さんのブログへ。
[PR]
by miki_renge | 2007-05-01 13:23 | 社会・経済一般