<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

コナカの残業代未払い問題

木曜深夜、次女激しく夜泣きで2時間眠れず。いつもよりちょっと長いので「体調悪いかな」と思ったら、金曜は保育園から「お迎えコール」。熱が38度3分でそのまま小児科に直行。インフルエンザではなかったが、食欲はなく、明日の登園がちょっと心配。
そして、土曜は長女の学校のもちつき大会&通院、今日はこれから学童保育の行事(私は役員なので絶対参加)、明日は長女の難聴学級通級・・・一方で、週末の支会の新年会も、区の診断士会の新年会も参加は諦めた。悔しいけど、きっとしばらくの我慢だよね。

さて、先週気になったニュース。
コナカ:残業代不払い元店長に解決金支払いへ
紳士服販売大手のコナカ(横浜市)は22日、管理職であることを理由に残業代を認めなかった元店長に解決金600万円を支払う協定を労働組合と結んだ。ファストフード店やチェーン店などで、店長の残業代不払いが問題となっており、事実上の残業代支払いは波紋を広げそうだ。
支払いを求めていたのは全国一般東京東部労組コナカ支部メンバーで元草加店長だった高橋亮さん(36)。高橋さんは01年10月から同店などで店長を務めたが、会社は「店長は残業代の支払い対象外の管理監督者だ」として残業代を支払わなかった。
一方で、出退勤の自由など管理監督者の権限は与えられず、残業は月100時間を超え、過去2年分の692万円の支払いを求めていた。(「毎日」jpより引用)
確かに、労働基準法第41条では、「監督若しくは管理の地位にある者(管理監督者)について、労働時間・休憩・休日の規定を適用しない」と定めている。
でも、ここでいう管理監督者は、経営者と一体となって権限を持つ者ということであって、名称にとらわれず、実態に即して判断すべきもの」と解釈されるはず。→(「大阪労働局」のHP参照)。少なくとも、出退勤の自由が与えられていない人を管理職とは言わないだろう。

あるんだよね、管理職ばっかりの会社って。管理職にさえしておけば残業代を払わなくていい、と誤解している経営者って多いと思う。それで泣き寝入りしている「名前だけの管理職」の人たちもたくさんいるはず。今回のニュースがその誤解を解くきっかけになってほしい。

それにしても、コナカ、イメージダウンだなぁ。次長課長のCMを見て夫のスーツを買いに行ったのにさ。井上くんの美しいスーツ姿を汚された気がして、何だか悔しい。
[PR]
by miki_renge | 2008-01-27 07:20 | 雇用・人事

得意分野を補い合う:「佐々木夫妻の仁義なき戦い」より

今日は午前中、PTAの打合せ。終了後、メンバーでランチ。「仕事で忙しいのに出てきてくれてありがとう、助かるよ」と言ってくれる仲間。そう声をかけてくれる皆にこそ、ありがとう。
・・・というのは、学童でもとある係を担当しているのだが、同じ係のメンバーが今一つ非協力的。「miki_rengeさんはフリーランスだから暇でしょ?」と言われると複雑だ。確かにフルタイム勤務の人よりは時間の融通は利くが、「やって当たり前」と思われるのはつらいぞ。

まぁ、愚痴はやめとこ。感謝して欲しくてやってるわけじゃないしね。
さて、先日、「佐々木夫妻の仁義なき戦い」を観た。ドラマなんて時間がなくて観られないよーと思っていたが、日曜夜9時、ついうっかりチャンネルをTBSに合わせてしまったら・・・ごろーがいろんなコスプレをしている!すっかりはまってしまいましたよ。

きっちりしている法倫君(ごろーさん)と、アバウトすぎる?律ちゃん(小雪さん)。
その2人の夫婦生活が上手くいくはずはなく・・・二人の愛の巣はあっという間にゴミ屋敷。そんな2人が仕事として請けたのは、「ゴミ集積所移転問題」。今後もこんな感じで展開されるんでしょうか、このドラマ。

民法には、「夫婦はお互いに相互扶助の精神を持つ」「得意分野を補い合う」なんて書いてあるのね。今の世の中、「夫は仕事で忙しすぎて家庭をかえりみる余裕がない」という家庭も多いけれど(我が家も)、それは法律違反なのかも? おおっ、コメディなのに、ワークライフバランスまで考えさせられる深いドラマ!
・・・PTAや学童の役員だって相互扶助の精神と感謝の気持ちを忘れずに(呟)

それにしても、ごろーさんはかわいらしい。特にパジャマ姿。また、あの「クモの巣頭」はこれからも見られるんだろうか。一方、元同僚弁護士役のくさなぎくん(友情出演)。あの冷たい感じがたまらん。山本耕史くんも素敵^^ きゃー副長!
エンディングはスマさんの新曲。温かい、癒し系の曲。最近なかったタイプの曲だ。あぁ、これから日曜夜が楽しみ♪連続ドラマを観るのは「華麗なる一族」以来だわ。

おまけ。先日の社労士事務所勤務日、事務所近くの公園で小栗旬が「貧乏男子」のロケをしていたそうだ。その日は仕事が立て込み、昼休みも仕事をしていた私。お弁当を買いに外出した、一回りも下の男性の同僚が、興奮して情報を教えてくれた。ありがとう。でも仕事が終わらなかったのよ・・・いや、共演のユースケもいたら、何を置いても見に行ったんだけど・・・よく考えたら、花沢類@花男が至近距離にいたのね、惜しかった!? やっぱ道明寺より花沢類よね^^ 松潤はカッコいいけど。
[PR]
by miki_renge | 2008-01-24 13:09 | ジャニーズ

忙しいけど充実の週末

先週土曜日。午前中は次女の保育園の役員会。年長、年中のママたちの「卒園対策」の話を聞きながら、あぁもうそんな時期なのかと思った。確かに長女のときは、この時期、そんな話をしてたっけ。保育園の役員はあとは引継ぎを残すのみ。来月の保護者会で、次期クラス役員を決めなければ・・・

一方、長女は夫とともに、小学校の「親子国語教室」へ。年に1度、土曜に保護者同伴で国語の授業がある。授業と言っても低学年、朗読をしたり、親子で同じお話を読んで、感想を話し合ったり。パパの参加も多かったようだ。

午後からはスイッチを切り替え、「夢をカナエルプロコン養成マスターコース」に事務局として参加。第一回目ということで自己紹介もあったのだが、皆、目的意識が実に明確。そのパワーに圧倒されつつも、ここの場にいるのがありがたく、心地よく感じられた。
講師の講話(というか、「一緒に頑張ろうよ!」というお誘いに近いかも)にも元気をもらった。考えてみれば、最近忙しくてこういう話を聞いていなかった。仕事に追われてすり減っていた自分に気づく。たまにはこういう機会を見つけて、自分自身も仕事の意味を見直さなきゃね・・・
これから1年、きっと素晴らしい人からいろんな話を聴けるんだ、と思うと、ワクワク。

おまけ。会場だったB区のトイレの個室にこんな貼り紙が。
「なぞなぞで気分転換。お寿司屋の広告に必ず入っているメニューは?」
・・・何? 分からないよ。
誰もいないのをいいことに、他の個室も覗く。
「野球の試合開始直後に起こりやすいエラーは?」
・・・分かる方、教えて下さい!
[PR]
by miki_renge | 2008-01-22 06:23 | 仕事場にて

「NPOの最前線」

b0038741_5534294.jpg高校サッカー選手権決勝戦にて、母校の応援席で配布されたこんなボード。「このボードを選手入場時に掲げて応援して下さい」とあるように、このボードによって国立競技場が藤色に染まったとか(後輩のMちゃん、見つけてきてくれてありがとう。ちなみに左下は携帯ストラップ、Aちゃんキープしておいてくれてありがとう。今もつけてますよ♪) 

小さくて見えにくいのだが、この下の方に、地元の自治体、商工会議所、サッカー協会などに並んで「NPO法人藤枝市体育協会」「NPO法人VIT」とある。
前者は何となく分かるが後者は知らなかったので、ネットで調べてみた。「スポーツの振興普及」を目的とし、「チャイルドサッカー教室・校庭芝生化事業」に取り組む、とされているようだ。

近年注目を集めているNPO。「企業診断」1月号にも「NPOの最前線」という特集があった(私もほんの少しだけ執筆させていただいた)。NPOは「多様な市民社会構築の担い手」「社会貢献活動推進の友好なパートナー」とされているようだが、一方で、資金難、人材難に悩む団体も少なくない。しかし、非営利と言っても社会的責任を持つ団体であることには変わりはなく、いかに使命を明確にし、戦略を立てていくかが運営のポイントになると言われている。

その点、この2つのNPOは、サッカーを愛する土壌のもと、何かの役に立ちたい、と思う人が集まっているのだろうと推測する。地域で共感してもらえる仲間がいることは、NPOにとってとても大切。これから他地域の同じようなNPOと協働する機会があったら楽しいだろうな(って、思いっきり余計なお世話だ^^;) こういうの、応援したいね。

もう一つ宣伝。もう昨年の話だが、「企業診断ニュース」12月号で、「2007年を振り返る」という特集記事の座談会の司会をさせていただいた。非常に楽しい座談会だった。
この特集記事はこちらでご覧いただけます・・・あぁ、昨年のうちにブログに書こうと思ったのに、1月も半分を過ぎて何してんでしょ、私^^;
[PR]
by miki_renge | 2008-01-18 05:53 | サッカー

後輩に感謝!in国立競技場

昨日は、全国高校サッカー選手権決勝戦。行ってきました、厳寒の国立競技場(ホントに寒かった~服の上からカイロを貼りつけまくったけど寒かった)。

結果はわが母校の完敗。相手は上手かった。また体格からして違った。空中戦に持っていかれたら太刀打ちできないんだもの。当たりも強かった。敵ながらあっぱれ。
でもまぁよくここまで来たと思う。サッカー王国復活とか、37年ぶりとか、いろんなプレッシャーがあったよね。古豪とか何とか言われても、所詮は普通の公立校。準決勝が終わってからの1週間だって、普通に授業に出て(3年生は受験の追い込みの時期だし)、放課後は1時間半程度の練習・・・というスタイルで、頑張ったよ。
今日の夕方は地元でパレードが行われるらしい。胸をはって準優勝報告してきて下さい。

さて、昨日は高校の部活の仲間と集った。大阪から飛行機組、愛知から新幹線組、地元からバス組など、都内に住んでいる私は申し訳ないくらい。
同級生はそれほど久々ではないのだが、先輩、後輩は十数年ぶりの再会。旧姓で呼ばれたら、あっという間に気持ちは高校生。皆、それなりに年を経つつも、当時の面影はしっかり残っていて嬉しかった。それにしても、後輩がいつまでも若く見えるのはなぜだろう。彼女達だって四捨五入すると「不惑」なのに(歳がばれる・・・)。

皆で歌う校歌は最高。地元からバス90台だか100台だかで来た、大応援団も最高。こういう舞台を用意してくれたサッカー部の後輩に心から感謝。

そして今年の目標をもう一つ:「明るく笑って過ごせますよう」(くさなぎつよし@天声慎吾)
[PR]
by miki_renge | 2008-01-15 06:57 | サッカー

確定申告に向けて

週末。当初は仕事が入っていたのだが、朝と夕方に学童保育の用事が入ったため、あえなくキャンセル。あー残念だなー、と思っていたところ、ネットで「確定申告セミナー」の案内を発見。昼間のちょうど空いた時間だったため、出かけてみることにした。

診断士が今さら確定申告のやり方を聞きにいくなんて・・・という気がしないでもなかったが、何しろ、事業所得でまともに確定申告したのは昨年度が初めて。昨年も本を見ながら、窓口で聞きながらようやく・・・という状態だったので、専門の方から「ホントのところ」を聞く機会が欲しいとは、以前から思っていた。

講師は税理士の高橋あづささん。そして受講者は「確定申告しなきゃ!」と焦っている女性が私を含め6名。3時間で(予定では2時間だったけど)、ものすごく密度の高いセミナーだった。

内容は、「収入と所得の違い」「控除とは」という基本的なところから、「知っておくべき38万、65万、103万円」の意味、青色申告で求められるレベルまで多岐に渡った。さらにお勧めソフトまで紹介していただいた。「個人事業主としての自覚を」「法は“知らなかった”では済まされない」というのは、私も自分がお客様に対して話をしていることだが、改めて心に響いた。
昨年は根拠が曖昧なまま申告書を記入したので苦痛な作業だと思ったが(しかも最後に6万以上納めることに・・・)、今年は数字の意味が分かっただけ、前向きにできそう。昨年は「点」しか見えていなかったんだなぁ、全体を見わたすことは大事な、と納得。

ちなみに、今回参加した私以外の受講者は皆、英語教室の先生。教室運営の苦労や裏話を聞けたのもよかった。皆さん、ありがとうございました。お互い頑張りましょう!
[PR]
by miki_renge | 2008-01-13 11:09 | 資格・勉強

浜崎あゆみさんの聴こえのこと

年始の仕事も本格始動。お正月、ほぼ10日間仕事ができなかった(カレンダー通りに休める人はそれでもいいのだろうが)ため、全ての仕事が滞っている。あちこちに迷惑をかけている気がする。それでもって、子供の予定もバシバシ入る。土曜授業、PTA、学童・・・せめて年末に教えて。予定が立たないぞ~

さて、今日は気になったニュース
歌手の浜崎あゆみさんの左耳が聴こえなくなったという件。

ファンでも何でもないのだが、このニュースに接して衝撃を受けた。同情を誘うためとか何とかこき下ろす記事も見受けられたが、私は、彼女の「恐怖と闘うための決意表明」のように思えた。歌うことを職業にしてきた彼女。そんなに簡単に「聴こえなくなりました、もう歌いません」ってわけには、いかないよね・・・

私が長女のために参加している某難聴コミュでは、「これを機会に難聴への理解が少しでも進めば」という意見が多い。私もそう思う。
難聴って、外から見ただけでは全く分からない障害。でも、誰かとコミュニケーションをとる上では、致命的とは言わないまでも、マイナスになると言わざるを得ない障害。会話ができない、一人で出かけられない・・・結果、引きこもってしまうケースも残念ながら聞く。中途難聴の場合はなおさら、それまでの生活とのギャップは大きいはずだ。

それでも、難聴者は、自分が難聴であることをカミングアウトするのにものすごく神経を使う。偏見の目で見られるのが怖いから。
よく、「目が見えにくいからメガネやコンタクトで補うのと同じ」という議論もあるけれど、それは違うと思う。補聴器は合う人と合わない人がいるし、耳鳴りも辛いらしいし。

彼女はカミングアウトした。それが難聴者への勇気に繋がればいい。将来、長女だって進学先、就職先で難聴であることを自分で周囲に伝えなければならないだろう。そのときに、少しでも温かく受け入れてもらえるように。
あゆみさん、歌手活動は続けられるようだけど、今ある右耳も大事にして下さいね。
[PR]
by miki_renge | 2008-01-09 06:04 | 家族・育児

行くぞ!国立競技場

わが母校、全国高校サッカー選手権大会でついに決勝進出!

昨日の準々決勝は、長女が裏番組の「Qさま!」を観ていたため、そして今日の準決勝は次女が「おかあさんといっしょ」のビデオを観ていたため、小さな携帯用テレビで試合観戦。この携帯テレビでサッカーを観たのは、3年ぶり。3年前、私は次女の妊娠中で、年末からお正月にかけて重度悪阻で入院し、点滴につながれつつ吐き続けていた。3回戦、長崎の国見高校にPK戦で負けた試合も、吐きながら観たっけ。看護婦さん、ご迷惑掛けました。

まぁ、昨日も今日も、まずまずの試合運びだった(ように聞こえた。映りが悪くてよく分からなかった。でも今日は後半厳しかった?)
ところで、昨日の試合は相手が「都立の星」。完全に相手寄りの実況に、やや複雑な気持ち。うちの高校だって公立なんだけどねー。サッカーは校技として力を入れているのは確かだけど(グラウンドにサッカーの観戦席があったし、女子もサッカーの授業があったし。男子は入学時に全員サッカーシューズを購入させられるし、文化部でも部活後はサッカーしてたし)。
まぁ世論はそういうもんか。私も高校野球で、私立の強豪校と普通の公立校が対戦するときは後者を応援してたもの。でも、どの選手だって本当はひたむきに一生懸命頑張っているんだよね。ちょっと考えちゃったよ。

さて、いよいよ決勝戦、この日はチャンネル争いに負けるわけにいかない!
もちろん国立競技場に応援に行こう。あぁ、2年前のSMAPライブ以来の国立。
はい、今はサッカー終了後、「天声慎吾」のくさなぎくんドッキリ企画を観てますわ。ファンを大切に思って、激辛料理を食べて「美味しい」というくさなぎくん、さすが奇跡の男。でも、このドッキリ企画は趣味が悪いなぁ。せっかくくさなぎくんと慎吾ちゃんが共演できるのなら、他の企画を考えて欲しいよ。出るゲストが軒並み好感度上げてる「ぷっすま」とは違うなぁ(毒)
[PR]
by miki_renge | 2008-01-06 16:52 | サッカー

今年の抱負は早寝早起き

謹賀新年。

年末から実家に帰省し、予定では6日まで滞在するはずだったが、既に今日、東京に戻った。リフレッシュして、ついでに仕事も少しは進めたいと思っていたが、娘+姪の計4人の面倒をみつつ、家事をするのも疲れた。弟一家は半月にわたり実家に滞在し、夫婦で旅行にも出かけたため、両親もヘトヘト。
そんなわけで、年末年始は仕事はおろか、テレビすらまともに見られず。今朝、「ピタゴラスイッチ」の「ポキポキアニメ」で、久々にくさなぎくんの声を聴いた。あぁ、こんなことなら昨日のうちに東京に戻って、今日は子供たちは学童&保育園に行ってもらえばよかったよ・・・そもそも実家に頼ることを前提に予定を立てることが間違ってるんだよね >自分

さて、気を取り直して今年の抱負は、「早寝早起き」。
年末に、「朝に強い女性になるカンタン習慣」という本を読んだ。これまでも早寝早起きは実践しているつもりだが、本にあった「朝の1時間は昼の2時間、夜の3時間分に相当する」という体験談を読み、さらに納得。「午前は集中力を要する重要な仕事にあて、午後は疲れが出てくるのでミーティングなど人と話す仕事を中心にあてる」という佐々木かをりさん、「夜、家に帰ってからは何もしないでくつろぐことに決めている」という安藤優子さん、ぜひ見習いたいと思った。

自律神経にもよいし、免疫力もアップするらしい早起き。次女の夜泣きで夜中に2,3回起こされる自分にはつらいこともあるが、きっと今だけ。そう信じて、今年も頑張ろう。
早速明日は2時に起きて、実家でできなかった仕事の片づけを^^; もちろん9時前には就寝。
[PR]
by miki_renge | 2008-01-04 17:11 | 仕事場にて