<   2008年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

障害者雇用の拡大に向けて

昨日は、㈱福祉ベンチャーパートナーズ様が主催する、障害者の就労支援に関するシンポジウムを聴きに行った。タイトルは、「障がい者があたりまえに働けるニッポンを作ろう つなげること つたえることで広がる就労機会拡大の可能性」。実際に就労支援の現場でお仕事されている方の講演と、就労支援に関する調査報告が行われた。

前半の講演は、まさに目から鱗が落ちることばかり。講師は精神障害をお持ちの方の支援をしている方だが、知的障害や身体障害の方の就労支援にも共通する内容が多かった。
また、後半では、障害者がインターンシップに行ったことで得られた結果についての報告が興味深かった。インターンシップは、障害者自身にとっても、「社会体験」として必要なのだろうが、これまで障害者雇用をためらっていた企業にとっても「知る」という意味で有益なのだと感じた。

受け入れる企業の側も「腫れ物に触るように」ではなく、かと言って「どうせ戦力として考えていないんだから」と下に見るのでもなく、ごくごく自然に対応できばいいのだと思う。もっとも、その前提として、障害者の側から、自分のできること・できないことを明確に伝えることが必要だが。「障害のことを隠して就職すると離職率が高くなる」というのはもっともな話(でも軽度~中等度の難聴者にはこれが多いと聞く。精神障害だったら、無理解や偏見もあるだろうし、さらにその傾向はあるだろう)。

うらやましいと思ったのは、今回の報告にあった就労支援の現場では、「医療」「保健」「福祉」「労働」の分野(各機関)でしっかり連携が取れていること。
翻って、うちの長女の場合。生まれてからこれまで、NICU、各専門病院、保健所、療育施設、保育園、学童保育、もちろん普通学級や特別支援学級にもお世話になっているが、それぞれの壁の厚さに何度悩んだことか。でも、あまり言い過ぎるとモンスターペアレントになってしまうと思って主張できない。しかし、これがずっと続くとなるとしんどい。
長女が就職する頃には変わっているだろうか。いや、変えていかなければならないよね。

シンポジウムの中で、「障害者が働きやすい職場は、誰にとっても働きやすい職場になるはず」という言葉も響いた。障害者を受け入れるに当たっては、企業側も必然的に、「どう対応する?」「どんな仕事をしてもらう?」ということを考える。仕事や職場を見直すその過程って、大切だと思う。
[PR]
by miki_renge | 2008-03-25 06:21 | 雇用・人事

本を読もう:「プレジデント」より

「プレジデント」2008.3.31号を読んだ。特集は「一流社員が読む本、二流が好む本」。本の読み方についてのアドバイスとともに、役職別、課題別に300冊が紹介されている。

読書はもともと好きだが、最近は、子供の病院の待ち時間や移動中しか本を読む時間が取れない(言い訳だ・・・)。そのため、本のジャンルが軽く読める小説やエッセイに偏っていることは自覚していた。もちろんビジネス関連本も読むが、それは必要に迫られた調べ物であることが多い。

だが、「断片的な知識をどれほど身につけてもそれは雑学に過ぎない」という記述を目にし、激しく反省。断片的な知識だけなら、ネットで検索すれば簡単に入手することができる。記事では「知識の生態系を育てる」必要性について述べられていたが、本によってこそ体系的な知識が身につけられるのかも知れない。

興味深かったのは「書店、ネット書店で『この一冊』と出合うコツ」。ネット書店に関しては、著者のプロフィールやカスタマーレビューを読むときの視点など、一歩進んだ情報収集方法を意識しようと思った。また、「気になる本を見つけたら、とりあえず買っておく」というのも納得。と言っても、私の場合、「タイトルを覚えておいて、図書館で借りる」ことが多いのだが・・・本当にその本が必要になったときに、「図書館で予約待ち」というのは確かに痛い。

紹介されている本のリストのなかで、実際に読んだことのある本は数冊程度だった。まぁ、ちょっとでも興味のあるところから攻めていこうと思う。でも、「女性社員向け」のリストに「ビッグコミック」(小学館)が入っているのにはちょっと笑ったが。男性が何を考えているか知るのにはぴったり?
昨日も次女の保育園から呼び出しコールで耳鼻科に直行(中耳炎だった)。ぐずる次女を抱っこしながら、十数年ぶりに、待合室に置いてあった「ビッグコミック」を読みましたわよ^^; でもあまり興味がわいてこなくて、隣にあった「Ane Can」や「Vivi」に浮気。「新入社員時代の失敗」なんていう投稿記事があったりして、結構面白かったわ。
[PR]
by miki_renge | 2008-03-22 21:11 | 資格・勉強

見せかけの女性活用:「日経ビジネス」より

「日経ビジネス」3月10日号をようやく読んだ(1週間遅れだ--;)。
特集は、「だから女は働かない 見せかけ『女性活用』の落とし穴」。

※内容については、診断士の先輩であるきたぐちゆきこさんまこさんもブログに書かれているので、そちらもぜひご参照下さい。

記事では、「女性活用」に向けてさまざまな知恵を絞っている(恐らく主に男性)経営者・幹部が青くなるようなデータ、事例等が紹介されている。
確かに、「25~34歳のフルタイムで働く女性の6割が転職や退職を視野に入れている」というデータは、あぁ納得、と思った。30歳前後、女性がもっとも悩む時期だ。管理職予備軍としての選抜時期でもあり、出産適齢期でもあり。

そこに「負のロールモデル」しかいなかったり、見せかけの女性活用しか行われていなかったり(記事では「粉飾女性活用」となっていた。的を射たネーミングだ)、利用できないような制度ばかりがあったりしたら・・・そりゃ、当事者はどんどん「しらけて」いくだろう。

記事にもあるが、「女性活用」と言っている時点で、女性が働きやすい会社ではないと思う。
それぞれのライフプランにあわせて、柔軟に働き方を考えていける会社。
日頃からコミュニケーションを保ち、目的意識や情報の共有化ができている会社。
お互いにフォローしあって、効率的に仕事に取り組める会社。
そういう雰囲気であれば、結果的に女性も、そして男性も働きやすくなるはず。
・・・目標は果てしなく遠いような、でも意外と簡単なような。

個人的には、ゴールドマン・サックス証券の、「部下が妊娠したときの上司の対応」はすばらしいと思った(当たり前なのかも知れないけれど)。
「チームのメンバーに対して、誰がいつ妊娠を伝えるのかを、本人と合意しましょう」
「産休後は仕事に戻る予定かを尋ねることは控えましょう」
「産休中に仕事をする義務はなく、要求もされていないことを強調しましょう」
など。こうであれば、妊娠報告に過度な緊張はせずに済む。
・・・上司に妊娠報告をするのって、すごーく緊張するのよ。怒鳴られるんじゃないか、すぐに退職を迫られるんじゃないかって。私の場合、上司がまず「おめでとう」と言ってくれたので救われた。それで、「産休に入るまで精一杯頑張ろう」と思えたもの(でもそのあと早産して、退職しちゃったんだけどね・・・ホントにすみません。)
[PR]
by miki_renge | 2008-03-19 12:00 | 女性と仕事

支会のフォーラムに参加

週末、所属する診断協会の支会が主催するフォーラムに参加してきた。
テーマは「私のFor The Client」。プロコン、企業内診断士計5名が登壇し、自身の経験について発表し、その後登壇者によるパネルディスカッションが行われた。

残念ながら、私はパネルディスカッションのみ参加(この日は午前より次女の保育園の役員会→長女・次女の耳鼻科通院。耳鼻科の先生に「仕事より子供ですよ!ちゃんと通って下さい」と、きつーく叱られた^^;)。
詳細は、大先輩oratakiさんの記事をご覧下さい。

以下、パネルディスカッションで心に残った言葉。

・診断士の経営資源は「時間」。我々はある意味で時間を売っている。
 →これは実感。時間管理の必要性は日々痛感している。
   プロと呼ばれる人はその意識が高いのだろう。

・自分が稼いだうちの1割は投資に回している。
 →これは一つの目安だろうが、自分に最適な「目安」を設定しようと思った。
   行き当たりばったりではなく、中長期的なプランも必要だな。

・時間があるときは、街の中をウロウロ(?)してみよう。いつもと違った道を歩こう。
 体力づくりにもなる。
 →これ、昔、3次実習の先生にも言われたっけ。
   「育児中でできないこともあるだろうけど(当時長女1歳)、できることを探しなさい」って。

・「企業内診断士」「プロコン」という呼称
 →私も、かねてから違和感を持っていた。皆、その道のプロのはずだよね。
   社労士は、「開業社労士」「勤務社労士」という呼称が法律で規定されているけれど。
   独占業務のない診断士資格ならではの悩みか。

・(おまけ)研究会の開催時間が早すぎる
 →研究会は平日6時半~7時から開催というところが多いが、この時間は早いとの声。
   ・・・日々、保育園の開園時間や家族の都合で動いている身としては、正直複雑^^;
   診断士もワークライフバランスを考えましょう!(って、時々ならいいのか)
   個人的は「早朝研究会」を希望。朝6時から7時半-8時くらいまで。朝食付き。
   こんなんじゃ、参加者が集まらないかしら?
  
終了後は残念ながら懇親会にも出られずに帰宅。でも、夫が子供2人の面倒を見つつ、カレーを作って待っていてくれた。ありがたや。
[PR]
by miki_renge | 2008-03-17 06:50 | 資格・勉強

ビクトリー!(「貧乏男子」より)

春なので、スキンを変えて気分転換。
さすが年度末、仕事が立て込んできている。眠い。でもありがたいことだよね。一方、今日は夫は有休。ここぞとばかりに、長女の難聴学級の付き添いをお願いする。ありがとう!

・・・という状況なのに、火曜は「貧乏男子 ボンビーメン」の最終回を見てしまった^^;
このドラマ、勤務先の近くの公園に小栗旬がロケに来て以来(この過去記事の最後を参照)、かなーり気になっていた。実際、事務所の同僚はかなり観ていたらしい。普段はのんびりテレビというわけにもいかないが、日曜放送の総集編を観て、今さらながらはまってしまった。

「お金よりも友人を大切に」をモットーにしつつも、友人が困っていると自ら借金して返そうとしてしまう一美(小栗旬)。対して、「お金が間に介在しない人間関係はない」という信念?を持つオムオム(ユースケ)。最終回はそんな二人の大勝負。最後にはオムオムに「君の事苦手だから、君の事も借金の事も忘れてあげるよ」と言わせた一美、この明るさがあれば、本当に何でも乗り越えていけそうな気がした。

総集編で観た第8回の、オムオムの切れっぷりは切ない。
仕事で失敗した舎弟(?)のテルテル、チャぎーに、「せいぜいクビにならないように頑張って。キミたちの代わりなんて他にいるんだからさ」というオムオム。それに対して「誰かの代わりなんてどこにもいない」と猛烈に怒る一美。そして、オムオムを抱きしめる(きゃーっ!)一美。
オムオムの恋人は昔、重い病気になったけれどお金がなくて亡くなったとのこと。このときからオムオムは変わってしまったんだね。
それでも、今度は一美によって、オムオムはまた変わるかしら?

無事に就職して、隣の席の同期が、「これから会社の奴隷として働くのか・・・」とつぶやくのを耳にし、一美は「会社のために頑張れば、自分だって成長するんだよ!」と声をかける。面と向かって同期からこう言われたら引いちゃいそうだけど、一美が言うと説得力があるね。
いつも笑顔で、小さな成功のたびに「ビクトリー!」って喜べること。それってすごく幸せ。
社会人の一美も見てみたいよ・・・「いいひと。」@くさなぎくんみたいになる?(笑)

放送後は、久々にリアルタイムで「ぷっすま」を観る。ユースケ2時間コースだぁ。
鉄道博物館で遊ぶ5歳児もいたし。石炭あられ、食べてみたいな。
そうそう、SMAP、シングル主要4部門制覇おめでとう。ついでにユースケ、誕生日おめでとう。「ビクトリー!」だね・・・さて、仕事に戻ろう^^; このままだと、今夜も「Goro's Bar」をリアルタイムで観る時間になっちゃうよ~
[PR]
by miki_renge | 2008-03-13 15:29 | ジャニーズ

労働組合

春闘のシーズン。
ここ数年、毎年言われていることだが、今年の春闘のテーマは格差是正。
もともと雇用形態の多様化(=非正規雇用労働者の増加)が労働組合の組織力低下を招いてきたと言われているだけに、どこまでこれが実現できるか興味深い。

労働組合。そういえば先日も支部の研究会で、「労働組合も御用組合化している。ストのやり方を忘れてしまった組合も多い」という話があった。労使協調が望ましいであろうことは分かるのだが。

そういえば、私も一度だけストを経験したことがあったっけ。しかも私が組合の執行委員だったとき。深夜まで交渉し、明け方5時過ぎにストを決めたような記憶がある。団体交渉や事務折衝の経過、もちろん組合員の声も聴いて、執行委員で何度も協議して・・・ギリギリの決断だった。ストのときは職場には入ってはいけない。私は当時は出先機関勤務だったので、呑気に職場の近所を散歩していたが、本社の方は役員室の前で団結の歌?を歌っていたと聞いた。

ストまでいかなくても、定時出退社、腕章、ビラ貼りなんていう戦術も取った。定時出退社は、結局仕事が滞って自分の首を絞める状態になりがちだったが・・・今も、こういう戦術は取られているのかな。

労働組合の組織率は2割を切り、その役割は終わったと評する人もいるが、組合活動に関わった人間としてはちょっと寂しい。組合ができたことで、制度が整ってきた企業もあるだろうから。組合は、上手く非正規雇用労働者を巻き込んで、成果を挙げることができるだろうか・・・
[PR]
by miki_renge | 2008-03-10 05:44 | 雇用・人事

自転車の3人乗り

昨今話題になっている、自転車の3人乗りについて。

ごく当たり前のように見られる、「母親が子供を2人前後に乗せて自転車を運転」する姿。これは実は従来から道路交通法違反。これまでは黙認されていたが警視庁がこの規制を強化しようとしたため、幼児を持つ母親は「女性の社会進出を無視する政策」「子育て支援に逆行する」と猛反発。それを受け警視庁は「安定性が確保できる自転車の開発」を前提に許容する方向で検討に入った、とのこと。

このニュースで、不可解なことが2つ。
1つは、3人乗りは本当に危ないのか。
もう1つは、規制が本当に「子育て支援に逆行する」ことなのか。

飲酒運転等と同じで、間違いなく危険であれば、どんな反発があろうと警視庁は毅然として「禁止」を貫くべき。それは「子育て支援」云々とは全く別の次元の話。親の利便性のために、子供の安全がないがしろにされていいはずはないし、「子育ての大変さを分かっていない」という現場の声はわがままとして切り捨ててくれればよい。
3人乗り運転がそれほど危険なものなら、警視庁はデータとして明確に示すべき(データをご存知の方、ご教示下さい。事故の統計情報などは探しきれなかったので。ただ、こちらの報告書のP.174~176に、3人乗りの危険性についての分析が掲載されていた)。今まで黙認してきて、ここに来て取締り強化を打ち出し、反発されたら(条件付とは言え)また容認、では、何なんだと思われても仕方ないだろう。

ちなみに、私も法律違反と知りつつ、長女と次女を前後に乗せて自転車を運転しようとしたことがある。しかし、フラフラして、とてもじゃないけれど無理だった。1人が限界。今は、2人を連れて移動するときは歩く、もしくはバス、タクシー。だから3人乗り禁止よりタクシー値上げの方がよほど痛い!

自転車メーカーは、これから安全な自転車の開発を急ピッチで進めるのだろう。電動アシスト付き自転車のヒットに続き、市場は拡大するだろうか? そしてそのお値段は?
[PR]
by miki_renge | 2008-03-07 06:20 | 社会・経済一般

後輩が仕事を辞めたいと言ってきたら

ケーススタディ。
「職場の後輩が仕事を辞めたいと言ってきた。あなたならどう対処しますか?」

これは研修で使ったものではない。先週の「ぷっすま」の「芸能界パーフェクトマン決定戦」で、くさなぎくんに与えられたお題である。
くさなぎくん、前半は、「誰に育ててもらったわけ?」とやたら高圧的。しかも「槍と貝を持って来ればいい」なんて意味不明のことを口走るし。
だけど、ラストに近くなって、「あと半年頑張ってみないか、半年あれば何かが変わるよ」と励ますところはよかったな。確かに半年我慢して、「よかったな」と感じられる可能性はある。

さて、リアルでこんなことがあったら?
「ぷっすま」のケースでは、辞めたい理由は設定されていなかったが、まずは辞めたい理由を聞かないといけないだろうな。ステップアップのためならともかく、単に「イヤだから辞める」では、同じことを繰り返してしまうだろうから。
もちろん、我慢できないほど職場環境が悪いということなら(長時間労働や職場の雰囲気など)一緒になって解決策を考えていくことが大事。後輩だって、信頼して相談してきているのだから。どちらにしても愛情が大切だよね。

・・・って、そうは言っても、現実的には感情的になって、やはりくさなぎくんのように「誰に育ててもらったと思ってる?」なんて口走っちゃうかもしれないけど。

もう1つ、先週のぷっすまで心に残ったのは、中学受験に不合格になった息子に、佐藤隆太君が語りかけるところ。落ち込んでいても、いいことなんか一つもないよね。「僕と彼女と彼女の生きる道」でも出てきた、「道を選ぶのでなく、選んだ道でどう生きるか」だよね。

あぁ、深い深い「ぷっすま」。そして明日はSMAPの新曲発売ですよー。
[PR]
by miki_renge | 2008-03-04 06:47 | ジャニーズ

読み合わせ

先日、社労士事務所でやったお仕事。
約2千人の賞与の読み合わせ。ええ、たっぷり2時間半はかかりましたわよ。

読み合わせ。
社労士事務所だったり、一般企業でも給与計算担当者だったら恐らく日々行っているであろうこのお仕事。地味で単調だが、重要なお仕事。
顧問先からいただいたデータをもとに数字などを入力するのだが、やはりそこは人間、ミスも考えられる。入力ミス、操作ミス・・・それがないか、複数で確認するのが読み合わせ。

それでも、読み合わせをして、全くミスがないことが判明したら、時間の無駄のような気がして、何だか悔しい(笑)。いや、いいことなんだけどね。そんなことを言ってはバチが当たるのだけど。逆にミス頻発だったら「おいおい、大丈夫か?」ってことになるし。昨今問題になっている年金記録の不備問題だって、チェックミスによるものも大きいのだから。

読み合わせの必需品は(私の場合は)マーカー、赤ボールペン、30センチの定規。
定規は、細かい数字を確認するために、行に合わせて使用。
それでも、目がショボショボする・・・歳か?ただいま社労士事務所で2番目に「お姉さん」の私
(所長を除く)。大半は「たのきんトリオ」や「キャンディーズ」を知らないんだもんなぁ。

さて、3月。明日は長女の学校の授業参観と保護者会。2~3月は学校関係のお出かけが多く仕事時間の確保にも苦労するが、まぁ何とか頑張っていこう。
[PR]
by miki_renge | 2008-03-02 07:42 | 仕事場にて