<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「失格社員」

失格社員」という本を読んだ。著者は元銀行員の江上剛さん。サラリーマンが守るべき掟を「モーセの十戒」に擬えて、十の短編が収録されている。

どんな失格社員がいるのかというと…

土日出勤しない部下の人事考課を悪くする、ワーカホリック上司。
徹底的に二枚舌の上司。
職場の中で「王様ゲーム」を始めて、部下の競争心をあおる上司。
そんな上司の元、王様で居続けたい、奴隷になりたくないと、お客を騙す部下。
社員のセクハラを厳しく戒めたつもりが、自分がセクハラしてしまう人事担当者。
自分の出世のためにライバルを蹴落としたまではいいが(しかもえげつないやり方で)、上り詰めてから何をしていいか自分のビジョンが全くなかった元秘書、現銀行頭取。
等々。

ハッピーエンドらしい内容のものもあるのだが、基本的には救いのないラスト(笑)
でも、きっとどこかでしっぺ返しが来るんだろうなぁ、と信じたい。
それでないと、小説といえどもやり切れない。

「お客のために、家族のために、そして自分のために働け。決して会社のために働くな」と綴った江上氏。私は今は会社員ではないが、この言葉、肝に銘じておきたい。
[PR]
by miki_renge | 2008-10-30 15:07 | 雇用・人事

社労士向けセミナーご案内

私の信頼する中小企業診断士のグループが、社会保険労務士向けにセミナーを開催します。社労士で、いわゆる手続き業務だけでなく、コンサルタントを目指したい方、ぜひお越し下さい。社労士以外でも、経営の知識やスキルの習得を行いたい方、大歓迎です。

「社労士から人財コンサルタントへ ~一歩先ゆく社労士セミナー~」

<日時> 2008年11月15日(土)14:00~17:30

<場所> 東京都中央区・京橋区民館 2F 洋室2号室 

<人数> 20名限定

<参加費用> 3,000円

<主催> 戦略的人材活用研究会

申込み・詳細はコチラ

私も当日は会場のどこかにいます^^
[PR]
by miki_renge | 2008-10-24 06:34 | 資格・勉強

医療保険一元化の可能性は?

昨日は社労士事務所出勤日。
隣の席の同僚が、「協会けんぽ、電話がつながらねぇ」と怒っていた。昨日からずっと話中らしい。SMAPのコンサートチケットを一般で取るより難しいだろうか。
制度の変わり目は混乱するよね。

さて、再三報道されているように、主に中小企業のサラリーマンらが加入する政府管掌健康保険(政管健保)の運営が、この10月より国(社会保険庁)から「全国健康保険協会」(通称・協会けんぽ)に移管された。加入者は約3,600万人。

主な変更点は、これまで全国一律だった保険料率が、都道府県ごとに設定されること。
政管健保では、給与の8.2%を労使折半していたが、医療費が高いところは料率も高く、そうでないところは低くなる。ってことは、また地域間格差が広がるかも?

一方で、健康保険組合も財政悪化による解散が相次いでいる。
夏に西濃運輸の健保組合が解散したが、その理由は制度改革による負担増で、健保の保険料率が上がる見込みとなったから、とのこと。西濃運輸はその後、政管健保に入ったらしいけど、そういう企業が増えたら、政管健保、もとい協会けんぽの保険料率もますます上がる、かな。

しかしまぁ、協会けんぽ(政管健保)とか健保組合とか、同じ医療制度なのにややこしいなぁ。そういう私は自営業者ゆえ、国民健康保険。
これってまとめられないの~?と、民主党のようなことを言ってみたりして。
だって、財政支援がどうの…とか検討する必要もなくなるし、大企業中心の健保組合と、そうでない制度加入者との格差もなくせるし。
過去の蓄積(しがらみ?)がある年金より、一元化は容易だと思うのだけど…
[PR]
by miki_renge | 2008-10-22 12:33 | 年金・保険

ねんきん特別便

昨日は、次女の保育園の運動会だった。長女のときは雨の影響を受け、「午後の部は後日実施」という展開となったが、次女は晴女なのか、とーってもいいお天気。長女の小学校の校庭を借りて実施した。
だけど、保護者競技はかなりハードだった…

さて、帰宅したら届いていたのが「ねんきん特別便」!
社労士事務所での相談件数が増えているのに、私のところにはなかなか来ない…と、ちょっと心配になっていたが、やっと来た来た!
早速開封。うん、問題ない。

同封されていた「お知らせの見方」も、思ったより丁寧ではないの。
いろいろ批判もあるけれど、舛添さんも頑張ってるよね。
…この「特別便」だって、国民の血税?保険料?から出されているんだけどさ。

ただ、気になったのは「標準報酬月額」。案内には、「標準報酬の内容を確認したい場合はお問い合わせ下さい」とある。まぁ、問い合わせは可能なんだろうけど、それを確認する術ってのはあるのかなぁ。
先日の報道で、「標準報酬が5等級以上引き下げられているケースが75万件」とあった。5等級といえば、単純計算で10万円。それくらいなら、問い合わせれば自分で「おかしい」と分かるだろうけど、2,3等級くらいのごまかしなら、分からないだろうな。

年金問題。国にも問題があるだろうが、企業の側も「遠い将来のことだから」と認識が甘い部分が相当あったのだと思う。自分の将来の財産を守るためには、企業の人事担当部署を信じ切らないこと-なんて悲しい。
[PR]
by miki_renge | 2008-10-19 07:58 | 年金・保険

非正規社員も気持ちよく働きたい

今週は、研修講師の仕事が2日間。
ずーっと話し続けていたから、終了後はさすがに疲れたなぁと感じた。
20代の頃は、1週間連続でも平気だったのに。歳をとったということね^^;
まぁ、聞いている方はもっと大変だっただろうな。お疲れ様!

帰りの電車の中では、気持ちを切り替えて(疲れた体に鞭打って?)仕事関連の本を読んだ。
最近、必要に迫られて読んでいるのは、パートタイマーや派遣社員など、非正規社員をいかに活用するか、というテーマの本。ただ、書いてあることは、「人件費圧縮のために、いかに安く便利に使うか」というものが多いように思う。

「基幹となる社員に、パートや派遣でもできる仕事をさせていないか確認せよ。正社員の賃金がもったいないし、同じ仕事を任せようとしたら、同一労働同一賃金の原則が適用されて厄介なことにもなる」
「非正規社員はで有期契約、しかもできるだけ短い契約期間にせよ。それならいつでもクビが切れる」(←実際はそう簡単ではないはずだが)
「パートには、正社員との業務の質の違いについて理解を求め、給与アップを迫られても慎重に対応せよ。待遇に関する不満は放っておけば、いずれ辞めてもらえるかも知れない」
これらは現実なのだとは思うし、本はそれくらい過激でないと売れないのだろうけど、実際にパートで働いた経験のある身としては、ちょっとつらい。僻み根性入ってる?(苦笑)

もっとも、私が出会う経営者、人事担当者の方は、社員であってもそうでなくても、分け隔てなく同じ「人」として大事に対応したいし、それ相応の報酬を払いたいと考える方が圧倒的に多い。だから、「こんな見解もあるんですよ」と、雑談の中で読んだ本のようなお話しをすると、びっくりされる。

皆、気持ちよく働きたいよね。そういう視点で、「活用」をしていきたいのだけど。

…あー、それにしても喉が痛い。
[PR]
by miki_renge | 2008-10-16 22:08 | 仕事場にて

NICU同窓会

一応、今日まで3連休。長女の学校は2期制で、前期は10日に終了。成績表、持ってきましたわよ…後期は頑張ろう^^

さて、3連休初日は、長女が生まれてから8ヶ月間入院していたNICU(新生児集中治療室)の同窓会。1000グラム未満で生まれた30人ほどの元未熟児とその家族が集結した。
まだ「赤ちゃん」が圧倒的に多かったが、小学3年生も我が家を含め4家族が参加。約9年前は、まだ先が見えずに大きな不安をお互いに抱えていたっけ。それでも、今は皆元気。
おこがましい考えだけど、学齢期を迎えた子供達の存在が、今悩んでいる未熟児ママパパに少しでも希望を与えられれば、と思う。

…と言っても、私たちだって悩みなく子育てしているわけではなく。
同窓会では、全国的に有名な、この病院のNICUのK先生への質問タイムがあったため、気になっていることを聞いてみた。
「小学校に入ったものの、行動も遅く、幼いと感じることが多い。先生からも指摘される。超未熟児でハンディがあるということをどこまで理解してもらえるか。理解してもらおうと思うのは甘えなのか」と。

そうなのだ。長女、1年生の初めの面談で、担任に「こんなに行動が遅い子供は見たことがない」と言われ、学童保育では、児童調書に「のろま」と書かれ、どちらも家庭で問題があるとさんざん指摘されてきたのだ(その後、担任の先生は理解してくれ、いい関係で1年生を終えることができたが、学童では分かってもらえず、退所したのは以前書いた通り)。

K先生のお返事は、「理解を求めていっていいと思います。声を出さなければ分かりません。医療側も、そのような働きかけをしていきます」というもの。
あぁ、力強いお言葉。K先生、偉い先生なのに母親目線で丁寧に答えて下さって、本当にありがたいなぁ。

その後、同じ立場の未熟児ママと懇談してお開き。
同じ経験をしたママ仲間のありがたさを痛感。そしてこのような場を設定してくれている病院にも感謝。また来年、一回り大きくなった皆に会えますよう!
[PR]
by miki_renge | 2008-10-13 18:32 | 家族・育児

ときどき自分と仕事を見つめ直す

2か月ほど前から、左の人差し指の痛みが続いていた。先週、ちょっと時間ができたので、整形外科に行ってみたら、「靱帯を傷めているのでは?」との診断。
「ちょっとでも指を休められればいいんだけど…」とおっしゃる先生。
私、パソコンがないと仕事にならないんですけど^^;

こういうときって、フリーランスはつらいなぁと思う。
どこかに雇われていたら、労災になるだろうし、通院時間は有給休暇扱いにできるだろうし。フリーは仕事ができなかったら、そこで終わりなんだよね…

指が痛いこともあり、ちょっと鬱々した気持ちで参加した昨日のハピチア2回目。
この方が主宰するフリーランスの女性向け講座、1回目の内容はこちらの記事参照)
皆、「こういうことをしたい、そのためにこんな計画をしている」と、非常に前向き。そして熱い思いを持っている。あぁ、輝いてるなぁ。
でも、私だって女性創業セミナーの講師をする場面では(そんなに多くの実績があるわけではないけど)、「夢は大きく描きましょう!」「自己実現に向けて頑張りましょう!」って話してるんだよね。

受講する仲間から、喝を入れてもらった気分。感謝。

いつも書いてるけど、フリーランスは孤独。
何をするにしても、「これをやりたい」と心の底から思えないと、決して続かない。
そして、私が今、本当にやりたいことは?
考えすぎても前に進めないのだろうけど、ときどき、自分を見つめ直すことも大事だと思う。日々の仕事、惰性で流されないように。
[PR]
by miki_renge | 2008-10-07 06:31 | 仕事場にて

国際イモ年

しまった。今朝は4時半までいい夢見て爆睡してしまった…
(SMAPのライブでアリーナ席が取れるという夢^^)
仕事がてんこ盛りで、今日もこれから打ち合わせなのに。
オーバーワーク気味で疲れているのかなぁ。余裕のあるスケジュール設定にしていかないと。でもこれが難しいんだよね…

さて、先日も書いたように、30日のSMAPのライブでは、くさなぎくんが木村くんを「じゃがいもの漬物」にたとえていた。
怒って、くさなぎくんを追いかけまわす木村くんに、「じゃがいもはすごいんだよ、世界で一番需要があるんだから!」とのたまったくさなぎくん(確かこんな感じで言ったと思う。)

…本当に、「じゃがいもは世界で一番需要がある」んだろうか?
早速検索してみた。が、そのようなデータには巡り合えなかった。

ただ、じゃがいもについて知ったこと。
 ・今年は「国際イモ年」である。
 ・じゃがいもの塊茎は、世界第4位の食用作物(1位ではない!)
 ・世界のじゃがいも生産量は、過去10年の間、年率4.5%の割合で増加している。
 ・世界の人口増を救うのは、栽培が比較的容易で栄養価も高いじゃがいもである。
 ・日本での生産量は減少傾向。代わりに輸入が増えている。

参照サイト:JAICAF様日本いも類研究会様

国際イモ年…くさなぎくんはそれを知って、木村くんをじゃがいもにたとえたのか(ホント?)
じゃがいもは、世界では主食になっている国も多い。
じゃがいもは宝。じゃがいもは世界を救う。がんばれじゃがいも!

それにしても…しばらくは「ソウデス!」を聴いても、ニンジンとじゃがいもと焼きおにぎりとセロリが踊っているシーンをイメージしてしまいそう。
[PR]
by miki_renge | 2008-10-04 05:12 | ジャニーズ

(ネタバレ)SMAP in 東京ドーム!

9月30日。そう、SMAPツアー、東京ドーム最終日。
ええ、行ってきましたとも。この時間を捻出するために、このところ朝3時半に起きて仕事してたんだから。

先日も書いたが、今日は長女の小学校の保護者会も予定されていた。ここはなるべく早めに学校に行って、「保護者会を早めに終わらせようね♪」と根回しをしなければと思っていたのだが、出がけに仕事の電話が立て続けに2件。保護者会そのものに遅刻するという事態に…
さらに、通常なら16時30分には終わるはずの保護者会が、クラスでトラブルがあったとかでなかなか終わらない。もちろん、しっかり聞いておくべきなのだが…東京ドームまでの時間を考えると、17時には出たい…でも終わるかなぁ…よし、17時05分になったら、「次女の保育園のお迎え」と大ウソをこいて出よう、と決意(実際は、この日の次女のお迎え&夕食は夫にお任せ。夫よ、ありがとう!)
結局、保護者会は17時03分に終了した。急げ東京ドーム!駅のコインロッカーに長女のランドセルを放り込み、地下鉄へ。

地下鉄水道橋駅に到着したのは17時50分。開演は18時。
もうだめか、と半分諦めたが、天は長女と私に味方してくれた。
それは、今回の座席。指定されていたのは数が少ないバルコニー席だったのだ。
ゆえに入場もスムーズ。中でグッズや軽食、飲み物まで買っても、時間に余裕があった。

念のため、バルコニー席とは。
1階席と2階席の間にある、5列位の席。ドームではプレミアムシートとも呼ばれ、後方にはソファもある。トイレも混まない。テーブル付き。
ただし、スタンドとは違って真っ暗にはならない。また、ステージからは遠いしトロッコも来ないし(泣)、有名人が来ているかどうか、分かりにくい(前回の国立競技場参戦時は、V6の三宅健くんがすぐ後ろにいたのに~)。
ちなみに、嵐のコンサートでは親子席に割り当てられるらしいという噂も。

以下ネタバレ
[PR]
by miki_renge | 2008-10-01 00:05 | ジャニーズ