<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

いじめ粉砕の法則

毎日、暑い…今日は窓口相談、根性で長袖スーツ着用。さすがにつらかった。
仕事も相変わらずてんこ盛り。いえ、とても恵まれているのだろうが。

さて、「いじめを粉砕する九の法則」という本を読んだ。内容はかなり過激だが、それでも面白かった。以下、心に残った言葉。

◆「いじめられる方が悪い」とは言い切れないが、「いじめられる側には、それだけの原因がある」とは言える。その原因は何か、本人も周囲も自覚する必要はある。
◆「誰とでも友達になる」必要はない。むしろ、仲間なしに一人でやっていけることに誇りを持とう。
◆「絶対にこれだけは負けない」というものを持て。それが自信につながる。

そして、連鎖するいじめ自殺を、著者は「いじめで自殺した奴は徹底的に罵れ」と主張する。マスコミなどは死を美化してくれる、だから「自分が死んだら皆が泣いてくれるに違いない」と思ってしまうのだと。
これは一理あるなぁ。「自殺する前にいじめっ子は殺せ」という意見は極論だが。

ちなみに、日本の歴史上、一番いじめられたのは豊臣秀吉らしい。彼は柴田勝家に徹底的にいじめられたんだとか。確かに秀吉は田舎から出てきた成り上がり者で、容姿も猿そっくり、いじめられる条件は揃っていたのだろう。しかし、秀吉はへこたれなかった。
まず、勝家を飛び越して、織田信長に愛されようとした。
そして、開き直って、周りから「猿」と言われつつ、かわいがられようとした。
さすが天下人、たくましかったんだなぁ。

この世は所詮、嫉妬のるつぼ。いじめなんてどこの世界に行ってもなくなるはずはない。大人はそれを(たぶん)器用にごまかしているだけだ。それなら、うまく自分の中で割り切るしかないのかも知れない。
[PR]
by miki_renge | 2009-07-30 18:27 | 社会・経済一般

地元の「商工まつり」にて

週末の2日間は、地元の「商工まつり」に参加してきた。

土曜は、一人の客として。
今年のテーマは「介護・福祉」。「任侠ヘルパー」に合わせてくれたのね(違う?)
長女は車椅子体験をさせていただいた。某車椅子メーカーの方と話していたら、その方のお嬢様もうちの娘と同じく元未熟児ということが判明。歩行に若干不自由を感じていたり、成長ホルモンの注射を打ったり。あぁ、同じだ。
その方、長女に、「強く生きていけ、自信を持て」と話して下さった。同じ体験をした人と話ができて、心強い。

また、娘達はテレビ電話も初体験。そのお手軽さにびっくりしていた。
ステージでは手話サークルが「ありがとう」@SMAPを手話で歌っていた。
ハンディがあっても、きっと可能性はたくさんあるんだろうなぁ、と思った。

一方、日曜は、地元の中小企業診断士会のメンバーとしてブースのお手伝い。今回はその存在を知ってもらうための出展だったが、制度融資について質問をしていかれる方もいた。少しでも誰かの役に立てたなら、嬉しい。

うちの区を地盤とする某政治家さんもブースにやってきた。恐れ多くも名刺を頂戴してしまった。テレビで見るより、ずっと美しい方だった。

が…ブースを離れて営業に回っていたら、偶然、お化粧のブースを出しているママ友に出会い、「ちょっと寄ってって~」と声を掛けられる。あれよあれよと言う間に顔は変わり(苦笑)結果的に長めの休憩時間をいただく
ことに。診断士会の皆さん、ありがとう。特に焼き鳥を取っておいてくれたS先生、ありがとう。そしてお化粧をしてくれたKちゃんママにもありがとう。

この手のおまつりは、いろんな出会いがあって、いろんなビジネスのネタも転がっていて、ホントに楽しい♪
[PR]
by miki_renge | 2009-07-27 06:34 | 仕事場にて

老人虐待(「任侠ヘルパー」より)

一体何のブログなんだか(笑)

任侠ヘルパー」第3話のテーマは「老人虐待」。
孫が認知症のお婆ちゃんを虐待しているのだろうとは推測できるが、あと一歩踏み込めないもどかしさ。結局は「任侠」が力ずくで解決するのだけど、現実は見逃されているケースもあるのだと思う。

孫だって、初めはお婆ちゃんを本心から介護したいと思っていたのだろう。
しかし、「ボケたばあちゃんを四六時中介護する苦労が分かるか!」という言葉にあったように、限界を超えてしまったのだろう。
これ、実際にいくらでもあること。今回は孫の設定だったけれど、子供なら働き盛りの年代に仕事を辞めて介護に専念して、貯金も底をついて…というケースも多いはず。

そして、切なかったのは、虐待からお婆ちゃんを救っても、本人は幸せを感じていないということ。酷い目にあわされても、孫は、お婆ちゃんのただひとりの家族。お婆ちゃんは、孫と引き離されて施設に入ったせいで、痴呆が進み、身体拘束されることに。なんて後味の悪い…

「ヘルパーは家族にはなれない」という、羽鳥社長の言葉は重い。
その通りだ。

そして、その羽鳥社長さん自身も、介護が必要な病気になりそうな予感?もしかしたら、自分でそれを分かっていて、一人息子の与六@子供店長が、独りになっても不自由なく生きていけるように、「介護ビジネス」に励んでいるのかしら?そしてそこに彦一(草なぎ君)はどう絡んでくるのかしら?まさか与六の父親に…ってことはないよね!?

それにしても、草なぎ君に萌えまくってますわ。
お婆ちゃんとりこを助けるシーン。
「てめぇのしょってる組だろうが!きっちりけじめつけろよ!」とりこを怒鳴り倒すシーン。
地デジ大使も復帰したし(あと2年、無償奉仕)、「週刊朝日」では林真理子さんと対談してるし(洗濯だけして帰ってくれる彼女なんていないよ)、テレビ誌のおっかけも大変。嬉しい悲鳴だわ。
[PR]
by miki_renge | 2009-07-26 08:04 | ジャニーズ

効率化かボランティアか(「任侠ヘルパー」より)

この暑さのせいなのか、オーバーワークのせいなのか、何だか疲れが溜まっている。そんな状態で昨日、長女の聴力検査の付き添い。微妙に値が下がっている。
このまま聴力が落ち続けたらどうしよう。先生は「子供にもストレスが一番良くない」というけれど、温室育ち、ってわけにもいかないよね。。。

まぁ、今気にしたところで始まらない。
気を取り直して、仕事の合間に見た「任侠ヘルパー第2話」の感想を。

彦一(草なぎ君)が働く老人介護施設「タイヨウ」は、経営不振により、高級老人介護施設「ハートフルバード」の傘下に入ることになる。経営効率化のために、オムツの着用率を上げようという「ハートフルバード」の社長、羽鳥(夏川結衣さん)。「利用者の笑顔と自主性を大切に」をモットーとする「タイヨウ」のオーナー(大杉漣さん)は戸惑うが、彼女はそんな彼を「理想主義者」と切り捨てる。

「料金が安い施設が介護をするには、ヘルパーがボランティア精神で働くか、利用者が施設のレベルに合った介護を受け入れるかしかない」と言い切る羽鳥さん。その主張も分かる。
サービスの世界は何だってそうだ。劣悪な条件でも、介護されないよりマシなはず、それが理解できない利用者なら出て行ってもらって結構-厳しいけど、それが現実。「嫌なら利用しなければいい」んだよね。介護施設は保育園以上に待機が多い。客はいくらでもいる、と。

一方、ヘルパーのボランティア精神にも限界があるのも現実。
介護の世界が人手不足と言われているのもきっと、そのせい。

それでも、介護されるに当たっては、効率重視でなく心に寄り添って欲しいと思う。介護される側も、「好きで誰かの世話になるやつはいない」んだよね。できることなら自立していたい。弱った姿を他人には見せたくない。誰にだってプライドはある。それを汲み取って欲しい。

あっという間に今夜は第3回。おっかない草なぎ君に期待^^ でも、スカッと笑ってる草なぎ君の方がいいなぁ。仕事が立て込んでて、再放送していた「僕の生きる道」も「スタアの恋」も、1話も見られず終わってしまったし(泣) 「ぷっすま」で我慢しよう(贅沢?)
[PR]
by miki_renge | 2009-07-23 06:36 | ジャニーズ

企業経営悪化のニュースから

久々にニュースから(NIKKEI NETより引用)。

その1:企業倒産、上半期8%増 6年ぶり高水準に 
民間調査会社の東京商工リサーチが8日発表した2009年上半期(1~6月)の全国企業倒産集計によると、倒産件数は8169件と前年同期比8%増えた。上半期としては4年連続の増加で、6年ぶりの高水準となった。昨年秋以降の金融危機が響き、企業の倒産はなお高水準で推移している。(中略)
業種別では最も多い建設業の倒産件数が1%減った。これに対して製造業は31%、不動産業は25%増えた。
区の相談員をしているため、これは感覚的に良く分かる。製造業はとにかく発注がない。不動産は物件がだぶついている。売上げがなければ、資金は回らない。当面、持ちこたえようとすれば借入れしかない。そこで頼みの綱は、信用保証協会の保証付き融資。だが…

その2:保証協会、黒字94%減 倒産増え収支悪化 08年度
信用保証協会の収支が悪化している。全国の52の保証協会の収入と支出の差額を示す「当期収支差額」の合計は2008年度に38億円の黒字となり、前の年度から94%減った。積立金や資産を取り崩さなければ実質的に赤字だった協会は全体の約4割に当たる20協会にのぼっている。保証協会では企業倒産の増加に伴い債務の肩代わりが増えている。
保証協会の財務基盤の悪化が進めば、中小企業向けの融資に信用保証を付けるのが難しくなる恐れもある。 (後略)
そうなのだ。
返済できなければ、信用保証協会が代位弁済してくれる制度にはなっているが、それだって限度がある。19年10月から責任共有制度が導入されて、代位弁済時には金融機関にも20%の負担が求められるようになったけれど、緊急保証などは対象外。

代位弁済が続けば、今のような保証は、信用保証協会には望めなくなるかも知れない。昨日もこちらのメンバーで会ったとき、そんな雑談?をしたっけ(こういう話を熱く語れるメンバーに感謝^^) 厳しい経営を迫られる中小企業に対して、診断士はできることがまだまだたくさんあるはずだ。
[PR]
by miki_renge | 2009-07-19 07:42 | 社会・経済一般

上半期ヒット商品(「スマステーション」より)

11日(土)のスマステーションの感想を書きとめておく。
テーマは「2009年上半期ヒット商品の理由」。診断士としては、しっかりトレンドを押さえておかなければ…しかし、知らない商品もたくさんあったなぁ。

大下アナが言っているけれど、不況でも売れるものは売れているんだよね。売れるものは、「何が望まれるか」にちゃんと答えている。「タレがこぼれない納豆」とか、「蒸気の出ない炊飯器」とか。泡状の白髪染めは、必要が生じたらぜひ挑戦したい。

「おおっ」と思ったのは、USB端子に接続して利用できる商品の幅が増えたこと。これもアイディアだよね。お弁当を保温するポーチなんて便利。アイウォーマーや毛布までUSB端子に接続できたら、休憩時間が快適に過ごせる?

そして、我が家でも、安いもやしは大人気。売上昨年比12%アップはすごいなぁ。

さて、長女は今週末から夏休み。夏休みに入ったらどうしても母の外出は制限されるので、今週は外回り週間。昨日はトリプルヘッダーだったので、きつかった…外は暑いし、自宅作業時間が取れないのもきつい。

昨日は夜は支会の広報部会があり、帰宅は20時半過ぎ。帰ったら夫にせかされ、漢字のプリントをやっている長女がいた。学校でやるべきなのに終わっていなかったらしい。しかも翌日はテストだと。
なぜ学校でできなかったの?と聞いたら、「だって、習ってないんだもん」とのこと。あぁ、またか…3年のときからこうだった、学校では教えていないけどテストはある。多くのお子さんは塾に行っているため問題ないのだろうが、「初めまして」の漢字ばかりの長女、学校でスラスラ書けるわけないよね。必死で辞書とにらめっこして、ようやく全てのプリントが終わったのは23時半。お疲れ様でした!

…ということで、このところ毎日4時に起床して仕事時間の確保を図っていたのだが、今日は起きたら5時過ぎだった(汗) あぁ、宿題よ、私の時間を返して~って、これじゃモンスターペアレントだ^^;
[PR]
by miki_renge | 2009-07-16 06:58 | ジャニーズ

任侠ヘルパー第1話

昨日は東京都議会議員選挙。マスコミの予想(煽り)通り、自民党は大敗、民主党が大躍進。まぁそれはさておき、「総選挙の前哨戦」のようなマスコミの論調はいかがなものかと思った。地方選挙なんだから、その土地の課題に対する政策が何より大事でしょ?今回、政党ばかりが注目されて、一人ひとりの政策が見えづらかったのは実に残念。五輪や新銀行、築地移転など、争点はたくさんあったはずなのに…

さて、気を取り直して、「任侠ヘルパー」の感想などを(爆)

極道の彦一(草なぎ君)やその仲間が、「研修」目的で、ヘルパーとして働くことになる。その働きによって若頭を決める、ということで。
全くやる気のない彦一は、認知症のチヨさんに息子に間違われたのをきっかけに、お金を引き出しまくり。「オレオレ詐欺」をやっていた彦一にとっては、いい金ヅルだったことだろう。さらに、お金が尽きたチヨさんを深夜に連れ出し、コンビニのATMで「お金を下ろして」という始末。

しかしこのトラブルで行方不明になったチヨさんが、別の高級老人ホームで保護され、身体拘束されているのを見て、ちょっと考え方が変わったらしい。
この高級施設の社長さん(夏川結衣さん)の「介護はビジネス」と割り切る姿勢や、チヨさんの実の息子の母親に対する感情の薄さに疑問を感じて、彦一の中の任侠道が顔を出した?

設定はあり得ないのかも知れないけれど、介護を取り巻く問題が浮かび上がってくるようなこのドラマ、目をそらしちゃいけないように思った。それなりにリアルな現場、なのだろう。
彦一は本物の任侠になれるのか?小ワルな感じの草なぎ君、なかなか良い。
[PR]
by miki_renge | 2009-07-13 16:29 | ジャニーズ

クビにならない技術

日曜日。本日も仕事なり。家族には申し訳ないが、仕事がずーっと詰まっている。平日は通院も多いから仕方ない。ひたすら綱渡りの生活だ。だけど頑張らなきゃ!

さて、「戦略的 クビ!にならない技術 会社はあなたのココを見ている」という本を読んだ。
良し悪しはさておき、「あぁ、小さい会社の社長さんって、こういうところを見てるよね」というのが、実感として伝わってきた。

たとえば、
「社長の一番憂鬱な日は給料日」
そうそう。資金繰りの相談も、「毎月の給与をどうやって手当てするか」という話が多い。「社長は簡単にリストラする」なんて言う人もいるけれど、基本は皆、従業員を守ることに必死。

「社長にとって、会社のものは“所有物”」
会社の備品はすべて会社のお金で揃えている。当たり前のことだけど、意外と雇用される側はそれに気づいていない。電気の消し忘れや、備品の無駄遣いを社員に指摘すると、「ケチな社長」と陰口を叩かれそうだが、無駄をなくすのは経営の基本のはず。

「有給休暇は使ってほしくない」
労働基準法上は認められているのは百も承知だし、「有休なんて無視」と正面切って言う社長さんなら、私も「それはまずいですよ」と指摘させていただく。しかし本音はこうだと思う。気持よく休むなら、やはり目立たぬ時期がよい。

その他、「経営者の自慢話はじっと聞け」「会社のルールには黙って従え」「自分の手柄は上司に譲れ」など、サラリーマンとして長生きするための「現実」が述べられている。

繰り返すが、「良し悪し」ではない。著者が書いているように、「どんなに不満があっても、入社した会社が“あなたの器”」というのが、全てなのだろう。
小さな企業の労務管理は理屈だけじゃできないよね、と改めて考えさせられる一冊。
[PR]
by miki_renge | 2009-07-05 08:19 | 雇用・人事