<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

独立診断士の労働時間

正月休みをダラダラ過ごしすぎた罰が当たったのか、1月の後半2週は涙が出るくらい忙しかった。昨日は朝3時に起きて必死に報告書を書きまくり、何とか(自分の中での)納期に間に合わせた。
昨夜はその反動で、仕事は脇に置き、嵐のPV集を見てしまった(汗)

さて、先日発行された「企業診断」2月号。特集の「中小企業診断士 独立開業白書」はこちらのマスターコースでかつて一緒だった仲間がまとめたと聞いていたので、楽しみにしていた。
独立診断士へのアンケートをもとにその実態をまとめるという企画、これまでありそうでなかったものね。実際、読み応えがあった。

特に目に留まったのは、独立診断士のワークライフバランスについて。
記事によると、「1日の平均労働時間は9.7時間、1ヶ月の平均休日は4.5日」とのこと。おおっ、皆働いているなぁ。
私は日によって凸凹があるけれど、平均して6~7時間だなぁ。長女の難聴学級通級や通院を考えると、週に1、2回は半日つぶしてるし。保育園の送り迎えで1時間かかるし。もちろん家事もあるし、土日は動きづらいし。意外と仕事に当てられる時間は短いんだよなぁ。従ってまだ前職の収入は超えていないです、ハイ。前職では土日も含め、毎日深夜まで働いていたもの、これで前職超えてたら前職時代の私が怒る(笑) まぁこれはぼちぼち、だね。収入だけのために仕事をしているわけでもないし。

もっとも、今の働き方全般に関しては、他の多くの回答者と同じくそこそこ満足している。確かに仕事のプレッシャーは比較にならないほど高いけれど、それでもフルタイムでの勤務者に戻りたいとは思わない(次女の出産直後まではそう思っていたけれど…制度に守られるっていいなぁ、なんてね)。一度手に入れたさまざまな意味での自由はもう手放せない。自分の裁量で仕事ができるのは本当にありがたいことだ。

それにしても独立診断士って、大企業出身者が多いのね。本調査によると6割だそうだ。
大手に勤務した企業がない私、ちょっと羨ましい。
[PR]
by miki_renge | 2010-01-30 07:58 | 資格・勉強

予防接種とかカバチとか

次女の保育園では再びインフルエンザが流行し始めたらしい。玄関の掲示板に貼ってある「本日のお休み園児数」がどんどん増えていく。ママ友と「恐怖だよね…」と語り合うこの頃。

私も自衛せねばと、ついに「解禁」になった新型インフルエンザの予防接種へ。この注射、かなり痛かった…先生に「季節性の予防接種より痛いですよね?」と言ったら、「そうなのよ~皆さんそうおっしゃるわねぇ」とのこと。そして今も注射跡が痛い。
でも、窓口相談は絶対に休めないし、来週からは実務補習もあるし、体調は万全に!

さて、25日夜は「櫻井翔様バースディパーティ」(ただし本人不在)。デザートを食べながら「特上カバチ!!」の第2回の録画を観る。

第1回から続いていた借金トラブルは何とか解決。
中山(吉田栄作さん)の借金の返済のために、自ら15万を貸す翔さん。
そして男の友情に泣く翔さん。
そんな彼に美寿々(掘北真希ちゃん)が放った一言は痛かった。「私、あなたのこと、とても…親切な人だとは思いますけど、プロの法律家にはなれないと思います」。
その通りなんだけど、相手に感情移入しすぎて、つい契約外のことまでやりすぎちゃう気持ちって、わかるんだよなぁ(汗) 

翔さん、この青さがいいなぁと思いながら何気なくネットを開いたら…
「嵐の宿題くん、打ち切り」「エンタの神様枠に移動」のニュースが!! 
あの深夜ならではのグダグダがよかったのに。「まごまご嵐」が企画替えになったときもショックだったけど、素の嵐がどんどん見られなくなるようで寂しい(泣) 
[PR]
by miki_renge | 2010-01-27 06:58 | ジャニーズ

「悲しみが消えなくてもいいんだよ」

忙しいと言っているときに限って、いろんなことがある。

月曜、お客様を訪問していたとき。お客様が電話に出るため中座した際、私も何気なく自分の携帯をチェック。そこに保育園時代のママ友からのメールが。「何かのお誘いかな?」とワクワクしながらメールを開いたら…
かつてお世話になった保育園の先生が病気で亡くなったという連絡だった。
長女が入園した年のクラス担任だったからよく覚えている。いつも優しく、細やかに気遣いしてくれた先生だった。

翌日は夕方からの予定をキャンセルして、長女とともにかつての仲間達と待ち合わせ、お通夜にうかがう。

当然のことながら、多くの卒園児や保護者、そして同僚の先生達が弔問に訪れていた。まだ50歳、現役の保育士さんだもの…
会場にはかつて担任したクラスの子供たちと写っていた先生の写真もたくさん飾られていた。笑顔の先生の写真を見ながら、「亡くなっても先生の魂はみんなの中で生き続けるんだなぁ」と思うと、保育士さんっていい仕事かも、と少し慰められたような気がした。

お通夜の翌日、次女の耳鼻科(←ハナタレのため通院、また仕事時間が減る!)の待合室にあった「日経ヘルス」を読んでいたら、「悲しみが消えなくてもいいんだよ」という記事が目に入ってきた。大事な人が亡くなったら、1年くらいは悲しくて当たり前。太古の昔は悲しみにどっぷりつかる時間があった。時間の流れが早い現代ではそれはできないかも知れないけれど、でも悲しいときはその想いとじっくり向き合いなさい、と。法事はそのためにあるんだよ、と。

先生にお世話になったこと、いつまでも大事にしよう。
[PR]
by miki_renge | 2010-01-21 06:56 | 家族・育児

法律と感情と(「特上カバチ!!」より)

急ぎの仕事が次から次へとやってくるというのに、風邪をひいてしまった。幸いインフルエンザではなく、お医者様には「疲れているんだろうから安静にね」と言われて帰された。そうは言っても仕事は気になるし、主婦に安静時間が取れるはずはない…

土曜日はそんな体に鞭打ちながら、次女を連れて長女の学校公開へ。実は10月に予定されていたものだが、インフルエンザの影響で1月に延期となったのだった。
長女は全くいいところがなく、かえって頭痛が増してしまったが、久々に会ったママ友達といろいろ情報交換できたのは良かった。今の話題と言えば、来年度のPTA役員。5年生になると「長」のつく役割が増えるため、さまざまな根回しが必要になるのだ。

土曜にテンションをあげたからか、日曜はしんどかった。
炬燵にもぐりこみながら、「特上カバチ!!」(TBS系日曜夜9時~)を観る。
第1話は八百屋の中山(吉田栄作←相変わらずカッコいい^^)が、幼なじみの上杉からお店の運転資金として借りた400万の返済を、急に求められて困った、口約束で返済猶予はしてもらっていたはずなのだが…というお話。解決策は見えず、2人の友情も壊れかける。
主人公の行政書士補助者、田村(翔さん←相変わらずかわいい^^)は、そこで「みんなが幸せになる解決法を見つけたいんです」とつぶやくが、行政書士事務所の所長に「自分の依頼者を全力で守るということは、一方で相手の人生をどん底に叩き落すことだ!」と一喝される。「そんな非情な法律家に、僕はなりたくありません!」と反論するのだが…

翔さん、悪いけど青いよ。気持ちは分かるけど、感情に流されすぎたらこの仕事はやっていけないと思う(って、行政書士の仕事をちゃんと分かっているわけではないけれど、隣接士業としてはそう感じる。) もちろんその「何とかしたい」という感情が、法律を味方につける原動力になるんだろうけどさ。
むしろ「皆が幸せになる解決法」があるなら、このドラマで学びたいわ。

個人的には中山さんの八百屋さんの財務診断をしてみたい…運転資金400万円かー、友達から借りたらやっぱりまずいよね。
[PR]
by miki_renge | 2010-01-18 11:22 | ジャニーズ

知的資産経営

新年明けてジャニーズを追っかけていたら、仕事が溜まっていた。おまけに突然、診断の依頼も入ってきた。報告書提出まで1週間、私は乗り切れるでしょうか…

さて、昨年のことになってしまったが、診断士の更新研修を受けたときの感想を書き留めておきたい。今年度は協会の研修が日程の都合でどうしても受けられず、中小企業大学校のものを受講。テーマは「知的資産経営」。4時間で一通りのことを理解でき、行って良かったと思った。

知的資産とは。こちらのサイトによると、「人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等の目に見えない資産のことで、企業の競争力の源泉となるもの」。
話を聞くと、別に特別新しい概念というわけでもない。「企業の強みを見出し、それを経営に生かす」というのは、今までの支援と同じ。

研修では、知的財産と知的資産の違い、知的資産経営報告書の作り方や活用の仕方なども確認できた。特に、事業承継のタイミングで報告書を作るのは有効そう。

あまり関係ないのだが、導入部で「ヤマサ醤油」の話が出たときはテンションがアップした。日経新聞の連載「200年企業」でも紹介されていた「ヤマサ醤油」、創業は1645年であり、今も「社会に存在価値のある企業」として顧客の信頼を集めている。4.23事件以後も「彼」をCMで使い続けてくれた恩人ですもの、私はこれからもポン酢を買い続けるわ。
これら企業をまとめて確認したくて、文庫版「200年企業」を購入した。ぼちぼち読んでいこう。
[PR]
by miki_renge | 2010-01-15 06:51 | 仕事場にて

ロケ地巡り

土曜夜は嵐のドラマ「最後の約束」を観て、昨夜は「SMAPがんばりますっ!!CHAN TO SHI NAI TO NE!スペシャル」(テレ朝系)。毎日幸せだわ。

最初のぶっちゃけインタビューで、「次々と(ジャニーズの)後輩が出てきてるけど脅威じゃないの?」という質問が。「めっちゃ脅威ですよ、だからSMAPはがんばらないといけないんです」と答える慎吾ちゃん。でも、木村君が「力のある後輩がいてくれるからこそ、SMAPが緊急事態のときに盛り上げてくれる」とフォローを忘れないのが嬉しい。一方で「若さって強いじゃん」とつぶやく中居君。このあたりの会話は、SMAPの包容力を感じさせるものだった。さすがだ。

そして今回の企画もすさまじかった。木村君のトマト生活、吾郎のカラオケはかわいすぎる。そしてクサナギツヨシの「全力坂」は圧巻。出没情報は保育園の先生から聞いていたのだが、私が日々、次女を自転車(アシストなし)の後部座席に乗せて激走している坂の数々を、本当に彼も走っていたなんて(ファミサポのKさん、ばっちり映ってましたよ、カットされずによかったですね^^)
「余計なことを考えずに走る」草なぎ君、生き生きしてたね。
ともかくテレ朝さんGood Job!年末年始の他のSMAP出演番組と比較して、一番楽しめた。無駄なゲストはいないし、大下さんは出すぎないし。あぁ、究極のドッキリ企画、「毒トマト殺人事件」のOn Airが待ち遠しい。

さて、今日、駅まで行ったら、地図を持つ若い女性が多いのにびっくり。恐らく全力坂ロケ地巡りだろう。そんな彼女らを横目に、私が娘達と出掛けたのは品川の戸越銀座商店街(笑)。SMAPが脅威に感じる後輩グループの一つ(ホントか?)、嵐が歌う「言葉より大切なもの」のPVの舞台だ。
しかし、残念ながらPVで流れていた店は見つからなかった。だいぶ以前も仕事で視察した記憶があるのだが、そのときと比較するとチェーン店が格段に増えていた。それでも「お休み処」(休憩所)があり、さらにその中に戸越ブランド商品が並んでいるのは嬉しい。

ちなみに駅前の「亀屋万年堂」では「桜道明寺」を売っていた^^ 絶対に松潤ファンは足を止めることだろう。
[PR]
by miki_renge | 2010-01-11 18:07 | ジャニーズ

企業の社会的責任(「最後の約束」より)

昨日は長女のインフルエンザの予防接種の帰りに「H」と「日刊スポーツ」を買った。帰宅したら嵐のファンクラブの会報が届いていた。

いい日だなぁと思いながら、夜は結局リアルタイムで「最後の約束」を観る。犯人が分かったときは驚いたけど、今日リピートしてみると伏線はたくさんあった。櫻井君のだんだん怪しくなる微笑、松潤が撃たれても流れない血、犯人はビルを占拠したときトイレはチェックしていないのかとか、相葉ちゃんの情報があまりにいい加減だとか、そもそもはこんなにセキュリティがしっかりしているビルに不審者が入れる隙があるのかとか。
さらに、大野君や松潤が昔語りを始めるシーンでは「今この話が必要か?何だこの脚本は?」と思ったけれど、そういうオチなら分かる気がする。

しかしニノの冷静なお芝居は完璧だったなぁ・・・
「計算どおりにことが運ばないと途端にダメになる」ニノさん。
上司藤木に、「自分の殻を破る方法って2つしかないって知ってる?良い女とデートするか、酒の力を借りるかだよ」と言われ、「もう1つありまあすよ、誰かに力強く背中を押してもらうことです」と答えたニノさん。
こんな部下がいたら、背中押しまくりますわ、ええ。

まぁ、5人の行為は間違いなく犯罪だし、それにしては最後の逃走シーンが素の嵐そのままっぽくてファン以外は違和感を覚えたかも知れない。しかし、この占拠したビルの社長さんの悪事(薬害の隠蔽)も、やはり許されるものではない。人の命を奪っているんだから。
企業は誠実でなければ、いつどこで恨みを買うか分からない。社長は「10年前のその程度のことで・・・」と絶句していたが、顧客はその程度のことでも恨むものだ。恨みを買ったら、社長だけでなく社員そしてその家族にも多大な影響を及ぼす恐れがある…企業はどこまでもその社会的責任を自覚しなければならないと感じたドラマでもあった。

ファン目線でいうと、大野君のつなぎは良く似合っていた…しかし最後の運転のシーンはまずいでしょ。嵐で1人だけ免許持ってないのに運転席から出てきたよ。ビル占拠の前に無免許運転で逮捕されるよ(笑)
[PR]
by miki_renge | 2010-01-10 12:36 | ジャニーズ

おみくじの原価は1円!?

実家にいたとき、初詣に行っておみくじを引いたら「吉」だった。
そして「堅実第一、今までのペースを変えないこと」と書かれていた。
ということで、今年の私のテーマは「堅実」となった。
もちろん、大野君がしつこいくらいに言っているように「健康第一」ももう一つのテーマ^^

さて、「おみくじの原価は1円!―時代を超えて生き残るビジネス」という本を読んだ。
大抵のおみくじは1回引いて100円だ。参拝者側も「高い」「安い」と考えず、神様からのメッセージと捉えてそれなりに厳粛に受け止める。その原価(紙代、印刷代)が実は1円だったなら…これは「暴利」だろう。しかし、それを暴利だと怒る人には滅多にお目にかからないし、だからこそおみくじビジネスは千年以上続いているのだ。

このように、「原価率の低さを消費者にあまり意識させない」ことがビジネスを成功に導く、とのこと。低価格商品もそうだが、他にも子供用写真館や葬儀ビジネスなど、「使い回し」の利くものは確かに儲かるだろうなぁというイメージはある。もっとも、「消費者の反感を買わない」ような価格設定をしなければならないが(その点、銀行の手数料には筆者と同じく、私も納得できない)。

ちなみに筆者がこのような原価に関心を持ったのは、一緒におみくじを引いた友達が、100円を払わず、開いた後そのままくじを返したことが理由だそうだ。友達はおみくじを「情報料」だと主張したとのこと。まるで本屋の立ち読みみたいだな。
…私が引いたおみくじにはお守りが付いていたが、このような「ただ読み」を防止したものかも知れない。おみくじ販売会社も知恵を絞っている、ということか。
[PR]
by miki_renge | 2010-01-08 06:42 | 社会・経済一般

大きな目標、小さな目標

b0038741_1849976.jpg遅ればせながら、実家から東京に戻ってきた。実家はのんびりできていいのだが、携帯電話はつながらないし、テレビ及びビデオのチャンネル権がない(従って、昨夜のスマスマはほとんど見られなかった 号泣)
ちなみに写真は新富士駅から見た富士山。
どうでもいいが、大野君はプライベートで熱海に行っていたらしい…本当はメンバーでフィジーに行くはずだったのに。

さて、東京に戻ったら、年賀状が待っていた。
大事に大事に、年賀状を拝見する。
一方で、お返事を書かなければいけない方も多く、申し訳ない。

一段落したところで、昨日の「嵐の宿題くん」をの録画を見る(笑)
今回のテーマは「大きい目標、小さい目標」。
私にとって大きい目標は「時間管理をきっちりと」
小さい目標は「読書する」
かな。

明日から本格始動。
[PR]
by miki_renge | 2010-01-05 18:49 | ジャニーズ

もし人間に点数をつけたなら(「0号室の客」より)

謹賀新年。
今年も「ジャニーズネタと企業経営・社会を強引に結びつける」というバカバカしいコンセプトで駄文を書き綴っていきます。よろしくご贔屓のほど。

ということで、まずはドラマ「0号室の客」(フジテレビ系)の感想を。
もともとフジテレビの深夜番組だったが、テレビ静岡で大晦日に4話一挙放送してくれた。ありがとう。

このホテルの「0号室」は恐ろしい部屋。ここに宿泊した客は、遺伝子から割り出した自分の「人間の本質」としての点数を知ることができる。

その部屋にやってきた、エリートサラリーマンのヒロユキ(リーダー大野@嵐)と、キャバクラ嬢のミユキ。「俺みたいなエリートが、高校中退のキャバクラ譲と付き合うのが土台無理だったんだ!」と上から目線で話すヒロユキ。そして2人の点数が20点以上離れていたら別れようと告げる。
しかし出た結果は…ミユキ64点に対し、ヒロユキは38点だった。

ヒロユキは支配人@横山会(笑)に訴える。「なんで大学を出て広告代理店で働く俺より、漢字も読めない女の点数が高いんだ?」
それに対して支配人、「学歴や会社などは人間の点数を計る遺伝子の中ではほんの一部にしか過ぎません。人の価値というものは、あらゆる全ての要素を計算するのです」と冷静に説明。

その通りだね。人間、先入観を持ったらその本質が見えない。

実際、ミユキは強い。酷いいじめを受けようともそれを跳ね返してきた。一方でヒロユキは、ちょっとした挫折を受け入れられず、相手を傷つけて自分を正当化しようとする。でも最後に、ミユキの一言でヒロユキは自信を取り戻すことができるんだけど。

「人間に点数をつけていいのでしょうか…」と問いかける支配人。日常生活からは遠いシュールな話と思いがちだが、企業ではこのような人事評価が行われる場面もあるのではないだろうか。そして仕事の不出来が、人格否定にまで繋がることも。
ちょっとしたミスで戦力外通告をしたヒロユキの上司やミユキの先輩にはおぞましさを感じた。ヒロユキが言うように、そんなことを言う人たちの方がいらないよ。でも、「この人は自分より下」と決め付けてこういう発言をすることはあるのかも…ミユキはその点、ヒロユキより点数が高くても相手を尊重しようとした。やっぱり64点の価値がある人間ということなのだろう。

閑話休題
[PR]
by miki_renge | 2010-01-03 10:24 | ジャニーズ