「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

仕事で生き抜く覚悟(「特上カバチ!!」より)

2月も間もなく終わり。年度末に向けて仕事もいよいよ立て込んできて、何だかバタバタだった。そして確定申告は未だ手つかず…大丈夫か?
それでも、昨日ようやく「特上カバチ!!」第6話を観ることができた。

田村(翔さん)が行政書士補助者として初めて開業申請したレストラン「キッチン・ミヤシタ」が食中毒を出してしまう。その被害に遭い、仕事を休業せざるを得なくなった零細興業の社長・富田が、田村の勤務する大野行政書士事務所に依頼して、休業にかかる損害賠償として500万円を請求することになる。

開業3カ月で売上が伸び悩む「ミヤシタ」にはお金はない。
一方で零細興業も、食中毒で仕事に穴をあけたせいで、500万円の不渡りを出す寸前にまで追い込まれていた。銀行に融資をお願いし、同業者に仕事を回してもらおうと駆けずりまわったが、色よい返事はもらえない。
結局、「ミヤシタ」の店主・宮下さんのお母さんが出てきて、お金を貸してくれて解決、となったのだけど…

これも、世の中にいくらでもある話だよね。相談窓口でもよく対応するもの。
特に零細興業の富田社長の、会社やその関係者を守ろうとする責任感は非常にリアルだった。そりゃ、いざと言うときのリスク管理ができていなかった富田社長にも問題はあるだろうけど、社長や社員(あるいはその家族)の病気や事故などで仕事が回らなくなることは十分起こりうる。いかにそのとき踏ん張れるか、救いの手を差し伸べてくれる仲間がいるか、それは日頃の蓄積だよね。

一方、「甘ちゃん」だったのは、一見「いい人」そうな宮下さんだろう。
証券会社に勤務していて出世街道から外れたことから?レストランを開業したらしいが…何と言うか、甘すぎる。資金繰りが苦しいからって、スーパーの見切り品を食材として使うんじゃないよ。お客に出す前に味見くらいしなさいよ。この辺が、長年いろんなものを背負ってきたであろう富田社長との違いだろう。

美寿々の「あんた(田村)や宮下さんみたいな甘えた人間が社会を腐らせてんのよ」の一言はまさにその通り。覚悟のない人間が生半可な気持ちで仕事をすると、結局いろんな人に迷惑をかけることになる。
それじゃ、自分自身にとっての仕事の覚悟とは? 美寿々の「法律家は外科医と同じ。法というメスで人を助けることも出来れば、使い方を間違えれば人を殺すことになる。」という言葉を忘れずにいることかな。同じ士業として。
[PR]
by miki_renge | 2010-02-27 06:23 | ジャニーズ

支援の手があれば(「任侠ヘルパー」より)

日曜から長女が「気持ち悪い」「お腹が痛い」を繰り返している。昨日は仕事中に学校の保健室から電話があった。早く良くなっておくれ…

さて、長女を連れて行った小児科の待合室で読んだ「TV LIFE」で、「任侠ヘルパー」が2009年の年間ドラマ大賞の作品賞に選ばれたことを知った。主演男優賞はもちろんクサナギツヨシ。あぁ、名場面が蘇る…(泣)

このドラマには、介護現場の課題についていろいろ考えさせられた。
今でも、介護に疲れた人が無理心中したり、介護が必要な家族を殺したりする事件が後を絶たない(いやむしろ増えている?) マスコミはそのような事件のたびに、「大変なのは良く分かりますが、何があっても人を殺してはいけません。誰か相談する人はいなかったのでしょうか…やりきれません。」などとコメントしているが、相談してそんなにたくさん解決にむけた選択肢が出てくるだろうか?相談相手が介護を手伝ってくれるか?介護施設に入るお金を出してくれるのか?いざ入ることができたとしても、介護していた側は負い目を感じずに生きていけるのか?周囲の目はどうなのか?
ドラマでは老老介護やシングルでの介護も扱っていたけれど、これ、人ごとじゃないよ。

もう一つ、千葉の女子大生殺害放火事件のこと。
犯人は以前、強盗傷害事件を起こして服役していたが、服役中は模範囚だったそうだ。しかし出所後は職もなく、生活基盤がなかったとのこと。
…これが、「任侠ヘルパー」の黒沢五郎と重なった。
幸い五郎は、介護施設でやりがいのある仕事と仲間に巡り合い、極道から足を洗う決意ができた。この犯人はそんな機会に恵まれず、生活不安のなか孤独を深めて自暴自棄になっていったとしたら…本人の資質の問題もあろうが、もしかしたら防げた事件かも知れないと思うと、悔しい。
[PR]
by miki_renge | 2010-02-24 06:46 | ジャニーズ

プレゼン講座を受講して

昨日は午後からこちらのマスターコースへ。
プレゼンテーション・プロデューサーの山本衣奈子さんより、「研修講師のプレゼン術」というテーマでお話をいただいた。さすがプレゼンテーションのプロ、3時間、全く飽きることなく聴くことができた。山本さん、とても素敵な方だった。

普段、当たり前のように出している声も、実は使いきっていないのだと気づいた。裏返せば、人間、まだまだいろんな話し方ができるのだ。声や言葉、そして表情…全てを最大限に駆使して、自分の思いを伝えていきたいと思った。もともと人間に備わっている能力だもの、活用しなければもったいない。

また、自分の引き出しの中で相手に何を話したら喜んでもらえるか、もっと考えなければいけないとも感じた。窓口相談では、相手に「来る前よりも元気になって」帰ってもらいたいもの。
先週の「ひみつの嵐ちゃん」の新企画「お悩み解決!ベストアンサー相談所」では、ニノが相談者の石田純一さんに、「一番言って欲しかった言葉を言ってもらった」と感激していたけれど、そういう対応ができるようになりたい(ニノのお答えは、観ている私の方でも涙が出そうになるほど心にしみるものだった。相手を精一杯知ろう、そして尊重しようと思わないと出てこない言葉だったもの)。

さて、こちらのマスターコースでは第4期生募集中。申し込みはお早めに。
[PR]
by miki_renge | 2010-02-21 07:19 | 資格・勉強

未熟児ちゃんをお持ちのママ・パパへ

未熟児ママの先輩であるみやこちゃんが、小さく生まれたお子さんのフォローアップに関するアンケートを行っている。今年6月に行われる「ハイリスク児フォローアップ研究会」で発表するのだとか。
未熟児を出産した経験から、「よりよい医療、よりよい育児」について問題意識を持ち続け、世の中に提言までしちゃうんだから尊敬だ。未熟児のママ・パパさんたち、ぜひぜひご協力を。

 アンケートはこちらから。

そして今、そのみやこちゃんに紹介してもらった、「あの日とっても小さな赤ちゃんに泣いた笑った―わが子たちのNICU入院体験記」を読んでいる。この手の本は、長女のかつての経験を考えると、今でも直視できないのだが(だからNICUでの体験談は全部読む勇気はない)、高校生や大学生に成長された元・未熟児たちの成長を目にすると、「長女も成長できるかな」と希望がわいてくる。「未熟児さんには生まれてきた誇りを持って生きていって欲しい」と語る、18歳元未熟児さんのメッセージは心に響いた。長女もいつか、こんなふうに後輩に言えるようになって欲しい。

それには、他力本願かもしれないけれど、世の中に小さく生まれた子供、そのためにハンディを持ってしまった子供を当たり前に受け入れる雰囲気があって欲しいと願う。小さく生まれた分成長も遅いし、特に小さい頃は不器用という特徴があると言われる未熟児、「母親が虐待しているのでは?」「子供は怠けているのでは?」と心無いことばに傷つく未熟児ママは多い。
愛育病院の加部先生も書いているが、私たちも社会に働きかけていく必要があるんだろうなぁ。後輩未熟児ちゃんのためにも。

最後に、NICUのスタッフの皆さんに改めて感謝。24時間、小さな赤ちゃんの命に向き合って、一方でその親にも向き合って…本当に大変なお仕事だと思うから。
[PR]
by miki_renge | 2010-02-19 07:02 | 家族・育児

商店街にどっぷりつかった1週間

商店街での実務補習が無事に終了した。
昨夜の報告会では、商店街の皆様から厳しいご意見もいただいた。提言は確かに「夢物語」の部分もあったかも知れない。でも、どんなに厳しくても5年後、10年後のビジョンは持っていて欲しい、と思う。これは商店街に限らないことだけど。

商店街は一般企業と違い、さまざまなバックグラウンドを持った経営者の集合体。それが商店街支援の一番の難しいところだと思う。そのあたりは受講者も戸惑っていたようで、それをもう少しフォローしたかったなぁと反省。
ただ、今回も素晴らしく優秀な受講者に巡り合えたのは大きな財産。受講者は大企業勤務も多く、日々小さな企業しか見ていない私にとって、彼らの話はとても刺激的。日本を代表する企業の中枢で働く受講者の皆さんに、商店街の小さなお店の方がどのような思いで経営しているか、ほんの少しでも実感してもらえたのなら良かったと考える。

さて、今日、近所の商店街のお肉屋さんの前を通った。このお肉屋さんにはたびたび買い物に行っていたのだが、先日ご主人が急死されたそうで、お店は閉まっていた。店先には「今後どうするかは分かりませんが、しばらくは休業いたします」と、奥様による貼り紙が。一消費者としても、商店街を支援する立場としても、どうにか頑張ってほしいのだが…

実務補習のこと、お肉屋さんのこと…さまざまな思いを抱きつつ歩いていたら、支援中の別の商店街の方から打合せ依頼のお電話。ふぅ、ボケッとしている暇はない。自分にできることは何か、しっかり考えよう。

【おまけ】私が実務補習で家を空けている間、夫は娘2人を連れて、「戸越公園駅前南口商店街」の視察に出掛けていた…私も連れて行って欲しかった(泣) 
言葉よりも大切なもの、ここにはあるから♪
[PR]
by miki_renge | 2010-02-16 12:15 | 仕事場にて

看護職のワーク・ライフ・バランス

11日は、子供2人を夫に預け、寒い中「看護職のワーク・ライフ・バランス推進フォーラム」に行ってきた。医療現場のワーク・ライフ・バランス推進の課題が今一つもてなかったため、情報収集のつもりで参加したのだが、病院経営者、勤務者の方の生の声を聴くことができ、参考になった。

医療の現場は言うまでもなく、非常に厳しい。
もともと大事な命を預かる職場であり、常に緊張感が求められる。24時間365日の対応が必須、医療技術の進歩についていくための学びも必要。かといって、高給が保証されているかと言うとそうでもない。そのような環境に疲れ、離職する看護師さんも少なくない。夜勤対応の困難さから、結婚、出産後の離職が特に目立つという。

現場では「3交代できて一人前」という暗黙の了解?を打ち破り、短時間正職員制度や夜勤免除、あるいは夜勤専従制度(←当然給与が高くなる)が導入されつつあるという。一方、バリバリ働くキャリア看護師への配慮も大事との認識。そりゃ当然か。
これから労働人口が劇的に減少する中、確実に確保しなければならないのは医療・介護に携わる人材。資格と意欲のある人を呼び込めるよう、各医療現場も知恵を絞っているのだ。

また、今回のフォーラムで、働く女性の20人に1人は看護職というデータも紹介された。医療現場におけるワーク・ライフ・バランス推進があらゆる職場に好影響を及ぼしてくれれば…と思う。

…さて、今日はこれから実務補習の追い込み。この土日は最後のまとめのため、ワーク・ライフ・バランスなんてない、家のことは全て夫にお任せ(苦笑)。火曜日まではメールのお返事も難しそうですが、どうかお許しを。
[PR]
by miki_renge | 2010-02-13 06:42 | 雇用・人事

ガールズトーク!?

思えば就職したときから、「男の中に女が1人」状態で仕事をすることが多かった私。新卒で入った職場では女性総合職はまだごくわずか。診断士の世界も女性は少数派だし、現在の主なお客様である経営責任者の方も男性であることが多い。つい、「しっかりしなきゃ」と肩に力が入ってしまうことも。
だから、女性同士でまったりと、仕事に関係のない話をしている時間というのは、私にとってとても貴重なものだ。

昨日は社労士事務所勤務日。お昼に同僚数人とランチに出かけ、どうでもいい話(?)で盛り上がる。どこのスキー場がどうだとか、誰かの結婚式がどうだとか、相葉ちゃんは相当なおバカだとかTOKIOは男くさいとかHey!Say!の薮君はめっちゃかわいいとか。
…他の仕事との関係で時間がやり繰りしにくくなってもこの社労士事務所を辞められないのは、このどうでもいい時間と同僚が大好きだから。

そして夕方は保育園の保護者会。フリートークの時間に出てくるのは、「仕事で疲れて帰ってきた後、なかなか夕食を作る気になれない」「うちの主人が…(以下愚痴)」というもの。そうそう、みんな同じなんだよね。あ、素敵な殿方が参加しているご家庭もあったけど。

このおしゃべり、「ガールズトーク」というには年齢制限にひっかかりそうだけど、こういう時間があるからまた頑張ろう!という気持ちになれる。ほんのちょっとしたことだけど、電車内で「淡麗」のポスターに遭遇するのと同じくらい、幸せを感じるひととき。
[PR]
by miki_renge | 2010-02-10 10:42 | 仕事場にて

「保育園の不合理」

実務補習のフィールドワークが無事に終了し、ホッとしている。今日はたまった仕事の片付けで1日が終わりそう…

さて、「週刊ダイヤモンド」2月6日号を購入。
特集2の「『保育園』の不合理」はなかなか読み応えがあった。80万人とも言われる待機児童の問題が、分かりやすく紹介されている。

待機児童の問題は、本質的には、大量の税金が投入されている(従って保育料が安い)認可保育園に入れる家庭と入れない家庭の不平等感にあるということ。
その、さまざまな意味で恵まれている認可保育園に入りやすいのは正社員夫婦の家庭であること。一般的に労働条件の悪い非正規雇用ほど高い保育料を払っているということ。
実は日本全国を見れば、保育園は定員割れを起こしているということ。つまり保育園の偏在が問題であること。
保育園を増やそうにも、株式会社立の保育園の参入は非常に難しいこと。私立保育園の経営主体のうちNPO法人や株式会社の占める割合が2%以下であること。

うちは次女が0歳のときから認可保育園にお世話になっているが、東京23区では0歳児一人当たりに対して月40~50万円の補助金が出ているそうだ。この我儘娘に50万!申し訳ない。
これだけ出てれば、そりゃ「不公平感」は生じるよなぁ…しかし一方で、「入っちゃえばこっちのもの」という考えを耳にすると、残念に思う。長女が無認可保育園で空き待ちしていたときは、そのような声を聞くと怒りに震えていたっけ。

個人的には、株式会社立の保育園が増えない限りは待機児童は減らないと思う(良し悪しは別として)。認可保育園を作るには莫大な初期投資が必要であり(土地、建物など)、特に待機児童が多い都市部では非現実的だろう。今回の特集で、頑張っている株式会社立保育園があること、しかしそれらがまだまだ表に出ていないことも分かった。
あとは人件費比率の高さをどう捉えるか、だな。恐らく株式会社立保育園の総事業費対人件費比率は70~80%くらいだと思う。特集では保育士のシフト管理を徹底しコスト削減する(よく言えば「適正な人員配置」なのだが)事例が紹介されていたが、保育士も機械じゃないんだから「ジャストインタイム」とはいくまい。それをやったら保育士のモチベーションが下がりかねず、定着率も悪くなり、結果として顧客満足は得られない。

子ども手当はいらないから、「頑張っている保育園」にお金を振り分けて欲しいと願う。

久々に「よい子の味方」でも観てみようかな。若い翔さんがかわいすぎるんだよね^^
[PR]
by miki_renge | 2010-02-07 08:24 | 商品・サービス

相撲界は分からない

昨日より実務補習。
今回も商店街なので、「言葉より大切なもの」を聴き、家を出る(笑)。リーダーの最初のソロが美しすぎて泣ける。電車の中では「淡麗」のポスターを発見し、しばし癒される。

1日目は無事終わってホッ。でも勝負は今日。寒空の中での通行量調査&お客様アンケート。自分が実習生だった頃、スケジュールの都合で何年かに1回という大雪の日にお客様アンケートをやることになってしまい、班員全員果てたことを思い出す。平塚駅前のファーストキッチンで暖を取ったなぁ…

さて、昨日、役所での調べものを終え、駅に行く途中の電気屋さんの前で「朝青龍引退」のニュースが目に入ってきた。普段は全く相撲に興味のない私でも、びっくり。飲酒暴行事件を起こした?以上は仕方ないのかも知れないが、この人、最後までヒール役だったな。もし圧倒的に強い日本人横綱がいる時代だったら、こんなに騒動にならなかっただろうに、とうがった見方をしてしまう。

相撲界って、どうも分からない。
先日の理事選だって、貴乃花が出馬するのがなぜいけないの?貴乃花が当選して、なぜ「造反者探し」をしなければいけないの?自ら造反者と名乗り出た人がなぜ廃業を申し出なければならないの?
政治だって、そこまで血眼になって造反者探しをしたりはしないだろうに。
相撲界は投票の自由もないのか。

これじゃ国民感覚からますます離れて人気もなくなるだろうよ・・・というのが正直な感想。まぁ、貴乃花には頑張って欲しいが。
[PR]
by miki_renge | 2010-02-05 05:54 | 社会・経済一般

人は宝、のはず(「特上カバチ!!」より)

今朝起きたら一面雪。静岡県出身の私にとってはちょっと嬉しいが、「全力坂」に出なかったが不思議なくらいな坂を上って、次女を保育園に連れて行き、その後坂を下って電車で仕事に行かなければならない。大丈夫だろうか…

さて、「特上カバチ!!」第3話の感想。今回は契約社員についてのお話。
大野行政書士事務所にコピー機を入れている事務機器会社の契約社員・枯草は、家賃が払えず、ついに部屋の鍵まで変えられ、アパートを追い出されてしまった。会社に給与の前借りを頼むも、聞き入れてもらえない。さらに業績不振を理由に首切り通告。妻を亡くした枯草は娘と2人、路頭に迷う。幼い娘は発熱し寝込んでしまう…

これ、世の中にいくらでもありうる話だよな…

「このご時世、リストラは仕方ない。会社がつぶれてしまっては元も子もない」と冷たく言い切る取締役の黒川に対して、「会社のために、今そこにいる労働者すら守れないなら、会社を経営する資格はない」と断じる美寿々。
「困ったときは分け合う、子供でも知っている思いやりを、大人たちが忘れてしまってどうするんですか」と田村。
その通りだね。今回は田村の熱意が勝った。現実は、たぶんこう上手くいかないよね。でも、ドラマの中だけでも「人こそ宝」の思いが伝わって良かった。日曜夜9時のドラマはこうでなきゃ。翔さん、熱すぎる~

ところで、今回のドラマの内容に関して。
「労働者には会社に対して給料の前借請求権があると労働基準法にあるのです」
と説明するシーンがあり、一瞬「ホントにあったっけ?」と法律書をめくった。

ようやく労基法25条に行きつく。そうそう、「非常時払い」だ。出産や結婚、疾病、災害などの費用に充てる場合、支払い期日前であっても既往の労働に対する賃金を支払わなければならない」のだ。ただし、これは「既に働いた期間に対するに対する賃金の繰上げ払い」のみなので、要注意。
[PR]
by miki_renge | 2010-02-02 06:44 | ジャニーズ