<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

仕事の価値:「フリーター、家を買う。」より

フリーター、家を買う。」の第2話。

鬱病の母のためにも、とりあえず働こうと決意した誠治(ニノ)。
しかし母の鬱病はなかなか良くはならない。
父は、母の病気は誠治がだらしないからだと、息子を責める。

まぁ、妻の立場から見ればトンデモ夫だけど、一方で誠治を責めたくなる気持ちも分かる。こんな同僚が職場にいたら、絶対に一緒に働きたくないよ。たいして働いていないのに給料の心配ばかりして、遅刻もして(母の具合が悪かったからだけど)、グダグダして、全く覇気がないもの。
社長が「目標達成のために必要なのは人数じゃない、現場の空気だ」と言うように、腐ったリンゴはいらないよ(←最近、こういう労務案件が増えている、ようだ)

しかし、誠治は自分のダメさ加減が分からなかった。
ハローワークの職員に、「あなたに20万払う価値があるかどうか決めるのは会社側ですよ。会社を3ヶ月で辞め、資格もなく、バイトも続かないあなたに20万も出す価値があると思いますか?」と突き放されても。

これ、本当に良くある話だろうなぁ。そして、「能力がない奴ほど、自分は正当に評価されてないと言い張る」というのもそうなんだろうなぁ。

それでも誠治は、退職時に洗って返すはずだった作業着に、母がアイロンをかけてくれたことで、前を向こうとする。母の愛は偉大だ。一人でも無条件で本気で応援してくれる人がいれば人は強くなれるのかも知れない。

母に後押しされ、ちょっぴり改心して働き、ついにこれから地図に載る道を仲間と作り上げた誠治。仕事の価値を、単にお金に換算したのではなく、充実感や達成感で図ることができた…だろうか?給料は、その結果だということが分かっただろうか?

…なーんて、偉そうなことを書き連ねたけれど、これは自分自身の課題でもある。
自分にとっての仕事の価値って何だろう?
自分は、受け取るお金に見合う仕事をしているだろうか?
常に自分に問いかけていきたいと、ニノを見て思った。

それにしても、ものづくりっていいね。
自分が作った道が地図に載る、ずっと残る…今この時間だって、道路工事をしている人がいるはず。その人たちも、きっとそんなふうに、自分の仕事を誇りに思っているんだろうな。そうだといいな。
[PR]
by miki_renge | 2010-10-28 21:29 | ジャニーズ

「迷走する両立支援」イベント参加

昨日は、「『迷走する両立支援』対談&著者と読者の交流会」にお邪魔してきた。
とあるホームページでこのイベントがあると知った瞬間、是非行きたい!と思った。この本、2006年に一度読んで(その際の記事はこちら)、読後感はすっきりしなかったものの、著者の萩原久美子さんの問題意識の深さにはものすごく心を揺さぶられたから(「すっきりしなかった」のは萩原さんのせいではなく、世の中がそうなのだ)。そしてもう一人のゲストが、厚生労働省職業家庭両立課の元課長補佐さんで、ご自身も育児休業を取得されたパパさんだから。

溜まりに溜まった仕事を脇に置き(すみません)、娘2人を夫に託し(すみません)、いざ!

で、あっという間の2時間半。
一人の働く母として、また人事労務管理を専門とする中小企業診断士の端くれとして、視野が何倍にも広がった気がする。

対談は、萩原さんがこの本を書かれた2006年と比較し、時代がどう動いたか?という問題提起から始まった。
その間、確かに育児・介護休業法や労働基準法の改正はあった。
が、本質的なところは変わっていない?
むしろ、リーマンショックでますます悪くなった?
「仕事をしながら子育てもしたい」というささやかな望みすら叶えられない、今の日本。
制度はある、でも…という、声にならないつぶやきの数々。
さらに、両立支援施策すら届かず、もがいている人も少なくない…

それでも、「いいと思ったことは、まずやってみよう」と力強く語る、厚生労働省の山口さん。「正解はなくてもいい、悩んだことも蓄積になる」と温かく励ましてくれる萩原さん。いろんな気付きがあり、かつ勇気付けられる時間だった。その時間の濃さは、このブログには書ききれない。このお二人と、企画して下さった皆さんに心から感謝したい。

ちなみにこの対談、Ustreamで実況中継されていたとのこと。司会をされたこちらの方(この方も細やかな気遣いをされる素敵な方でした)のブログによると、録画が近日公開予定とのこと。一人でも多くの方にご覧いただきたい。すぐに雰囲気だけでも…という方はこちらをどうぞ(こんなことができるなんて、ホントに世の中進んだのね^^ このイベント、2日早ければカジュアルサロンで話したのに。)

そしてもう一つ。たまたま隣の席に座っていた方が、実は長女と次女出産時に主治医だった女医さんのご主人だということも判明。なんてありがたいご縁なの。大好きな先生だったから、どうかよろしくお伝え下さいとお願いした。
出かけて良かった!
[PR]
by miki_renge | 2010-10-25 18:13 | 雇用・人事

「城南カジュアルサロン」楽しかった^^

今夜は、所属する診断協会城南支会会員部のイベント「城南カジュアルサロン」にお邪魔してきた。「誰でも気軽に語り合いましょう」というのがこの集まり。今回はありがたくも「ネタ提供者」としてお招きいただき、ほんの少しだけ「ブログの活用」についてお話ししてきた。

…と言っても、自慢できるほど活用はできていないのだけど。
一方、ご一緒させていただいたこちらの先輩診断士の「Twitter論」は参考になった。
これまでは、Twitterにはまりすぎるのが怖くて、積極的にフォローやフォロー返しはしていなかったけれど、もうちょっと気軽に楽しんでみようかな、と思った。
また、いろんなツールが登場しても、「情報は発信するところに集まる」という原則は変わらないのだと確認できた。

ちなみに、現在の私のTwitter利用ガイドライン(←偉そう)は以下の通り。
 ・仕事仲間およびリアル友達はほぼ相互フォロー
 ・診断士関係でフォローされれば、ほぼフォロー返ししている(はず)
 ・主に社労士でセミナーや法改正情報を流してくれる方はフォロー
 ・スマ嵐情報を確実にキャッチするため、出演・雑誌等掲載情報を流してくれる方はフォロー
 ・「あらしおみくじ」で一日を占う
 ・速水真澄さんのつぶやきに妄想する
…後半はちょっとグダグダだけど(汗)

ところで、子持ち女性診断士の私にとって、こうやって診断士仲間とお酒を飲むのって久しぶり(いつ以来か思い出せない…)。普段よくお会いしているはずの方でも、一緒に食事をすると違った一面が見られるのが新鮮。新しい情報にも接することができたし、会員部長のマジックを間近で見ることができたし、もう1人の女性参加者が実は松潤ファンだと知ることができたし、こういう交流の場は貴重だ。機会に感謝。
[PR]
by miki_renge | 2010-10-23 21:31 | 情報・IT

どの家庭にも起こりうること:「フリーター、家を買う。」より

ドラマ「フリーター、家を買う。」(フジ系火曜21時~)の初回を観た。
待ちに待った、ニノのドラマ。原作もしっかり読みこみ、準備した(笑)

初回は、「そこそこの人生を送ってきたし、これからもそのつもりだった」という武誠治(ニノ)が、新卒3ヶ月で会社を辞めるところから始まる。
誠治はとりあえず再就職活動を始めるが、そうそう上手くいかず、次第に自堕落なバイト生活を送ることになる。誠治の父はそんな息子を罵倒、母は初めは温かく見守ものの、徐々に精神を病んでいく…という、ヘビーなお話。

仕事人間で家庭を顧みない父に、家族思いの専業主婦の母。
我慢のできない、「イマドキの若者」の息子。
どこにでもいそうな家族。
そう考えると、このような悲劇的な状況は、どこにでも起こりうる。ちょっと怖くなった。
失って分かるありがたさって、あるよね…

まず、とにかく誠治が情けない。
確かに、やたらと精神論を説く新人研修や、社内での強制的な飲み会に反発する気持ちは分からないでもない。でも、努力もせずに「僕のことを認めてくれる職場があるはず」と、ヘンな自信だけで青い鳥を追いかけ続ける姿は、客観的に見てイタイ。

また、誠治の父にも思いっきり反論したい。
「専業主婦にストレスはない」と言い切るアンタは何様?責任感なく、だらだらバイトをする誠治もアホだけど、家庭のことは妻に任せきり、息子が就職できないのも妻のせいにして…まぁ、一昔前の頑固親父と言ったところだろうか。

誠治の母だけは、「いつからでも再スタートできる」と笑顔を作っていたが、父と息子のこの険悪な雰囲気には耐えられないだろうな…

原作とはだいぶ設定が違うようだが、これからの展開に期待。
原作には、カラオケボックスで誠治が「リンダリンダ」を熱唱するシーンはなかったし(笑)

さて、またまた告知。
10月23日(土)に、こちらでちょこっとだけお話します。こんなおバカなブログを書いている診断士の顔を見てやろうじゃないか!と思ったあなた、ぜひお申し込みを。美味しいお料理も待っていますよ~
[PR]
by miki_renge | 2010-10-20 21:55 | ジャニーズ

羽田空港国際化

昨日は、羽田空港に行ってきた。
来週、21日から新しい国際線ターミナルが開業するとのこと。どんなふうになっているか、外側からだけでも拝んでおこうじゃないかと考えるミーハーな我が一家。
(本当は仕事がたまっていて、それどころじゃなかったんだけど)

言うまでもなく羽田はアクセスが良い。菅首相が「日本経済の低迷をはね返すきっかけになる」と話す通り、これから、羽田はますます世界に開かれるはずだ。海外からのお客様も激増するだろうし、逆もありだろう。ビジネスの動きもますます速くなるだろうし、旅行業界も活性化を狙うだろう。まぁ、これは首都圏中心の話で、地方の空港(=地方経済)がどうなるのか心配もある。特に我がふるさとの「中部国際空港」はますます地盤沈下しないだろうか。

b0038741_739275.jpg…なーんて、いろいろ考えてはいたけど、昨日羽田に行ったのは、本当は「嵐JET」を見たかっただけという話も(爆)
「嵐JET」を、展望台のフェンスにへばりついて凝視していた我が一家(ただし夫を除く)。ジェットの移動に併せて、展望台のあっちに行ったりこっちに来たり、階段を駆け上ったり、いい運動をしてしまった。離陸の瞬間、そして雲の間に消えていくジェットを見て、ただ空の安全を願いたい…そんな気持ちになった。これからも、飛行機、空港ともに信頼できる存在であって欲しい。集客や利便性よりまずそれが第一。

帰宅したら、羽田で開業記念式典が行われていて、しかも淡麗トリオが「観光立国ナビゲーター」として応援に駆けつけていたと言うではないか。え、もしかしてすごく近くにいた?

さて、来週のイベントの告知を少々。
10月22日、東京ウィメンズプラザで相続についての催しを行います(ページ一番上の欄です)。是非どうぞ^^
[PR]
by miki_renge | 2010-10-17 07:35 | ジャニーズ

奈良観光

先日アップした、「関西合宿」2日目について。

終電を乗り逃すくらい遅くなったのに、翌日、仲間の診断士3名と、新大阪駅にほど近いホテルを7時30分に出発し、東大寺へ。近鉄奈良駅に9時頃到着し、テクテクと東大寺まで歩く。途中、シカに言い寄られながら。

さて、中学の修学旅行以来の東大寺。
大仏様のお顔を拝んでいると、心が安らかに、温かくなる。
それとともに、自分がちっぽけな存在なのだと思い知る。不思議だ。

大仏様の真後ろに回ると、奈良少年刑務所の受刑者が作った模型が飾られていた。模型というには、実に見事。受刑者達は、どんな気持ちで作ったんだろうね。

10時を回る頃には、大仏殿のなかもだいぶ混雑してきた。いやはや、観光資源のパワーってすごい。これだけの人を集められるのだもの。

残念ながら観光はここまで。11時前に近鉄奈良駅に戻り、今度は京都へ。近鉄特急のなかから、平城宮がきれいに見えた。ここを通るとき、電車もほんの少し減速してくれたような気がした。

時間があれば京都にも寄りたかった。京都も長女出産の1,2年前に出張で来て以来だもの。そのときは上司が一緒だったのだが、帰りの時間まで間があったので、上司と二条城に行ったことを思い出した。当時、「京都シアター1200」で、「KYO TO KYO」をやっていたので、できればこちらに行きたかったのだけど…

そして静岡駅で娘達をピックアップし、帰京。
いい連休だった。さまざまな出会いに感謝。
[PR]
by miki_renge | 2010-10-14 18:25 | 仕事場にて

大阪の女性診断士の皆さんと

この連休、東京の女性診断士仲間5名とともに、関西方面に「合宿」してきた。

実は出産してから11年近く、宿泊を伴うお出かけは皆無だった。今回は何が何でも行きたかったので、娘2人を静岡の実家に預けての参加。お父さんお母さんありがとう(感涙)

まず、昼過ぎに、東京から参加の診断士と合流し、軽く自己紹介&自分の現在の活動について情報交換。知っているつもりで知らなかったこともたくさんあり、新しい一面を見つけられて嬉しい(←ストーカー?)

そして夕刻からは、大阪の女性診断士の会「ピザの会」の皆様との交流会。
まずは厚かましくも、通天閣やなんばグランド花月などを案内していただく。カニ道楽やグリコの広告、さらには「カーネルサンダーズ川」(←’85阪神優勝時に飛び込んだ川、勝手に命名)などを見て、「おおっ、実物だよ!」と感激。
その後、ふぐ料理を頂戴しながら歓談。ふぐ料理は15年ぶりなので1人でひそかにテンションが上がっていたが、さらにそこで交わされる会話の刺激的なこと。今後の人生の座右の銘になりそうな話から、お決まりの(?)ジャニーズネタまで、その話題の幅広さと言ったら!ちなみに目の前に座られた方には、「『大奥』、もう2回観に行っちゃいました」と自慢された。玉木宏ファンの彼女は、佐々木蔵之助とのラブシーンに鼻血が出そうになったと言う。あぁ、私も観に行きたい…もちろんニノ目当てですが。

ほとんどの方とは「初めまして」だったが、初対面とは思えないようなノリなのは何だろう。一方で、ブログやTwitterで交流している方と接するのも、不思議な気持ち。

さらに二次会では串かつとたこ焼きをいただく。串かつって、お肉も卵も芋も栗も何でもありなのね。「二度漬け禁止」は今後も肝に銘じておこう。
大阪の夜は気持ちよく更けていき、大阪繁華街からホテルまでの終電を逃す…

でも、本当に楽しかった。先輩診断士の1人が、「たまには外の空気を吸わないと、いい仕事ができないのよ」とおっしゃっていたけれど、まさにその通り。
そして、決して「女性」という枠にこだわるつもりはないけれど、似たような境遇にある仲間で地域を超えたネットワークが広がるのは、とても嬉しい。今回は大阪開催だったけれど、こちらのメンバーを中心に、どこにでも出かけますよ^^ 

長くなりそうなので、交流会翌日の珍道中?はまた改めて。
「ピザの会」の皆様、楽しい時間をありがとうございました。
[PR]
by miki_renge | 2010-10-11 18:50 | 仕事場にて

「愛の貧乏脱出大作戦」

今週月曜に放送された、「愛の貧乏脱出大作戦」のスペシャル番組を観た。

この番組を覚えている方はどのくらいいるだろうか。
1998年4月から2002年9月まで、テレビ東京系で月曜夜9時から放送されていた番組で、客の来ない飲食店や旅館などを立て直すバラエティーチックなドキュメンタリー(?)であった。
やる気のない店主、あるいはやる気があってもそれが空回りしている店主を、その道の達人(有名店の店主)のもとに修行に行かせ、意識改革を促すとともにスキルを付与する。達人に合格と認められた暁には、番組より、店舗の改装のお手伝いをいただける。大抵は「放送翌日、大盛況」で、良かった良かった、となるのだが…その後どうなるかは店主次第。

放送当時、我が家で「月9」といえばこの番組を指していた。店主の苦労、達人の厳しさ、家族の愛、最後はみのもんたの励ましに涙したものだ。

さて、今回はその追跡企画。
みのもんたや「貧乏脱出サポーター」が、登場したお店に行くというもの。
今回も、当時以上に、さまざまな人間ドラマを観ることができた。

(売上面だけでは)一番成功している「ハンバーグ屋 ペンギン」は、月商600万円だそうだ。この店主さん、離婚して女手一つで4人のお子さんを育てるために開業したんだったんだよなぁ。お客さんを迎える笑顔が最高に輝いていた。ちなみにうちの夫、放送後にこの店にわざわざ出かけていたっけ…

他にも、「愛貧史上最強のキャラ」である函館のラーメン屋店主「みなみちゃん」も、ロシア人をターゲットとしてたくましく生き残っていた。
横浜のラーメン屋さんは、当時は父と息子が同時修行で喧嘩もしていたが、今は「息子は開店時間に接客、父は夜中に仕込み」という役割分担で繁盛していた。たまたま今朝、テレビの情報番組で「休日分散化で、旅行でも行って家族の絆を深めよう」なんて偉い人が言っていたが、そんなことをしなくても(親子の生活時間はバラバラでも)こんなに強い絆で結ばれている家族もあるじゃないか!と、また涙が出そうになった(←重症)

一方で、「店に係る借金を完済したので、お店をたたんだ」という人も。「家族と過ごす時間を持ちたかった」と語る元・居酒屋店主。幸せそうだったので、それはそれでよい。
今回紹介された面々からは一様に、「家族愛」が伝わってきたのが嬉しい。

さらに。
番組が終わって10年経った今も、達人たちは修行に来た人の店に、しばしば様子を見に行っているようだった。達人は、今で言うところの「メンター」なんだよね。そういう人間関係を大事にできる人が、最終的に幸せを掴めるんだろうなぁと思う。

ただ、放送した181店舗中、現在も続いているのは39店舗だそうだ。10年の歳月は容赦ない。実は、我が家の近所にもこの番組に出た店があった(やはり夫が常連客だった)。しかし5年ほど前に閉店してしまった。理由は分からないが、お客の入りはあまり良くなかったのは事実。今、どうしてるかな、あのマスター…幸せに暮らしてるかな・・・
[PR]
by miki_renge | 2010-10-07 21:42 | 商品・サービス

女性診断士仲間で

またまた半月くらい前の話だが、女性診断士の会「Amiの会」の幹事メンバーで夜のお食事会に行った。
幹事とは名ばかりで普段の仕事ではお役に立てていないが、幹事会だけはどうにか予定を調整して出席するようにしている。幹事メンバーはとても尊敬でき、かつ刺激し合える素敵な女性ばかりだからだ。

先日も、1人ずつ近況報告をして、それに対して突っ込み?を入れて、笑ったり共感したり。バリバリ仕事をしているはずのメンバーの、意外な素顔を知ることができて。
このAmiの会、約20年前に、今よりずっと少数派だった女性診断士によって作られたそうだ。
現在でも女性診断士数の比率は、「企業診断ニュース」9月号によると、消費税にも満たない程度という。そんな仲間が集う場を作ってくれた先輩診断士に感謝。

さて、Amiの会では、2ヵ月に1回、例会を行っている。
今月は何と、女優の渡辺えりさんをお呼びする。Amiの会始まって以来のビッグネーム?
10月14日19:00~表参道の「東京ウィメンズプラザ」での開催ですので、ご興味のある方、ぜひ!男性診断士も歓迎です。

もう一つ宣伝。私が参加している女性士業の会「ハッピーライフサポーターズ」で、「相続」をテーマにしたセミナーを開催します。
10月22日(金)10:00~、同じく「東京ウィメンズプラザ」でお待ちしております。
詳細はこちら(一番上の行をご覧下さい)
[PR]
by miki_renge | 2010-10-01 06:31 | 仕事場にて