<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

社労士事務所に勤務して思うこと

昨日の午前中は社労士事務所に出勤していた。
この社労士事務所に勤務して6年目、今では月に2~3回しか出勤しない、超ワガママ職員であるが、所長も職員の皆さんも、本当に温かく接してくれる。ありがたい。

昨日は36協定の取りまとめをして、事務組合の会議案内を作って、事務所内の経理事務のお手伝いをして。
その合間に、所長の労務トラブル相談の電話に聞き耳を立て、ひそかに感動する。
そして来月からは算定(社会保険算定基礎届提出)のヘルプが待っている。
以前は雇用保険・社会保険の資格取得・喪失手続きや、労災の手続き、労働保険加入・解除手続きもやっていたけれど、最近はほとんどやる機会がなくなり、ちょっと寂しい。
給付、助成金、給与計算のメイン部分は、相変わらず担当することもなく。
まぁ、ワガママ勤務職員には、そこまでは任せられないか。顧問先の社員の生活に直結する部分だものね、特に給付は。

私の仕事の比率は、「診断士:社労士=9:1」くらいだが、それでも「人事労務が専門」と名乗る以上、社労士業務の経験があることは、自分の中で自信となっている。
「ダブルライセンスは、結局は虻蜂取らずになる」とも言われるけれど、少なくとも自分の場合は、両方の資格を持っていてよかったし、事務所に勤務することで、完全な「ペーパー社労士」にならなくて済んでいる。恵まれていると思う。

その「恵まれた環境」を生かしていく道は、まだまだ模索中だけど。

…それにしても、なんて内容の薄いブログ^^; すみません、仕事が滞ってます。おまけに長女は発熱。ちょっと追いつめられている、かも。私としたことが、嵐さんのTVも見られていないし。でも、頑張ります!
[PR]
by miki_renge | 2011-05-26 22:58 | 仕事場にて

ブログとTwitter、SNS

このところ、とにかくバタバタと忙しく、ブログをアップする時間が確保しきれない。だから最近はいい加減な記事も増えていると思う(もっとも、以前に高尚な記事を書いていたかと問われれば、そんなことは全くないのだが。)
そのせいか、このブログのアクセス数もちょっと停滞気味。

ただ、このブログのアクセス数が減少傾向にあるのは、他の理由もあるように思う。というのは、多くの人が、ブログの閲覧に費やす時間を、Twitterや、MixiあるいはFacebookなどのSNS利用に回しているのではないかという気がするのだ。
実際、Twitterでよくお見かけする方のブログを久々に拝見すると、閉鎖されていたり、長期間更新されていなかったりする。

かくいう私も、他人様のブログを閲覧したり、コメントする機会は格段に減っている。肝心のブログ更新も、140字以内でそのときの思いをサラッと書けるTwitterと比べて、敷居が高くなってしまった。ニュースやジャニーズ関連情報も、ファンブログを巡回するより、MixiやTwitterで集めた方がはるかに効率がいい。

1日24時間、ネットに割ける時間は限られているはず。
となると、単純にサービスの幅が広がった今、ブログは淘汰の対象となるのだろうか…

といっても、自分自身は、当分の間はこうやってゆるゆるとブログを続けていきたいと思っている。やはり自分の考えを発信していくには、Twitterの140字では足りないし、自分の備忘録として残しておきたいから。

ということで、ブログにかける最低限の時間は残しておきたく、Facebookには手を出していない。そういえば、Twitterを始めるときも、それが一番不安だったことを思い出した。
[PR]
by miki_renge | 2011-05-22 21:05 | 情報・IT

10年過ぎて

昨日は、診断士として所属する支会の新入会員歓迎会と総会に出席した。

新入会員歓迎会では、新入会員1人1人のスピーチを聞いた。ここ数年、IT系の若手会員が非常に多かったような気がしていたが、今年は様々な業界・年齢の方がいらしたように思う。自分も、10年前はあんな感じで自己紹介していたのだなぁと、懐かしく思う。

そう、実は診断士資格を取得して、10年が過ぎた。恐れ多くも節目の今年、同期の診断士とともに表彰まで受けてしまった。ありがたいやら申し訳ないやら。

振り返れば、診断士として登録した当時は専業主婦。1歳を過ぎたばかりの長女は在宅酸素中で、外出すらままならない状態だった。誘われるままに参加した部会活動が、私にとって唯一の「社会との接点」であり、ワクワクしながら部会の日を待っていたのを思い出す。
長女が保育園に入れる健康状態になってから、少しずつ仕事をお受けするようになったが、そこから先は試行錯誤の連続。何度、「30代で社会経験の乏しい私が、子供(しかも1人は障害児)を育てながら、こんな過酷な仕事をするなんて無謀だ」と思ったことか…今でも時々思うけど(苦笑)

登録から10年が過ぎたと言っても、まだまだ未熟者。
大小様々な失敗に落ち込み、反省する日々は続いている。
でも、「10年選手」としての責任は果たしていかなければいけない。「完璧なんてな~い sweet sweet♪」と歌っている場合ではないのだ。ますます気を引き締めていかなければ。

この10年を温かく見守ってくれた諸先輩方に感謝をこめて。
[PR]
by miki_renge | 2011-05-15 20:58 | 仕事場にて

貧乏でも幸せ?:「犬を飼うということ」より

「犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~」(テレ朝系金曜23:15~)は、録画して、土曜日に一家で正座して観ている。
第3話の最後、幸子(水川あさみちゃん)の妊娠が分かると同時に、勇次(錦戸)が会社の年配職員の勧奨退職に反発して退職。一家はますますビンボーに…

そんななか、長男の大の部屋から、高額なカードが見つかる。これは実は、同級生を脅して奪っていたもの。そして大自身も、この奪ったカードを、ボス的存在の同級生に上納?することで人間関係をどうにか繋ぎ止めていた。

奪ったカードを同級生に返そうとしたところ、このボスグループに取り上げられ、池に投げられてしまう。
そこに錦戸パパが登場し、池に飛び込んでカードを拾う。
錦戸パパは叫ぶ。

「こんな紙切れのために、大人は毎日、必死で働いてんだよ。
 お前らの親だってそうやって金稼いで、お前らに。これ買ってんだよ。
 ものを粗末にするな!」

いやー、よく言った!
ついでに上半身裸の錦戸パパが美しすぎる(笑)

今回の教訓。親は子供に「うちは貧乏」と言い続けてはいけない。
それは子供を卑屈にする。
それより、貧乏でも得られる幸せに目を向けるべし。

このドラマ、リアルだよね。
あさみちゃんのキンキン声を聞きながら我が身を振り返ってしまったわ。
「ペット禁止」のアパートでスカイを堂々と飼ってしまうあたりはどうよ?と思ってしまうけれど、「自治会活動なんてやっている暇はありません」と逆切れしたくなる気持ちは分かる。
また、働くために小学校低学年の子供達を留守番させなければならないというのも。共働きで忙しいせいで、大事な子供に目が行っていないのでは…と自省するところも。
「●●ちゃんのお家はお金がないから」なんていういじめも、どこでもあるよね。これは親の認識も大きいだろうな。でも、本当の「貧乏」は、表面的にしか物事を判断できないという心持ちのはず。

個人的には、医者役の淳之介君が、これからどう絡んでいくかも楽しみ。
このまま「幸子のよき理解者」で終わるとは思えない。
[PR]
by miki_renge | 2011-05-09 06:49 | ジャニーズ

セミナー&イベントご紹介など

GWもあっという間に終わり。昨日は、5月末から6月にかけての予定が気持ちいいほどに入っていった。ボーッとしていられない。
今週はGWのため、行政窓口勤務もお休み。週1~2回勤務を続けていても、休みのあとの出勤日は不安になるので(←ただの未熟者)、休み中は融資に関する本を何冊か、パラパラとめくっていた。
その中の一冊に、「良い金融機関は、決算書などの数字だけを鵜呑みにしない。目に見えない経営資源を高く評価しようとする姿勢がある」という趣旨のことが記されていた。
そうなのだ、融資あっせん窓口も同じ。限られた時間で対応しようとすると、どうしても数字にばかり目が行ってしまうが、数字からその企業の良さを探る貪欲さが、最近の自分には欠けていたような気がする。来週から、改めて気を引き締めよう。

さて、宣伝。
知り合いの中小企業診断士グループが、セミナーを開催する。ぜひぜひご参加を。

1.開業資金調達セミナー~元国金融資課長の目からウロコの 調達術~
 ・日時:6月4日(土)13:30~16:30(開場13:15~)
 ・会場:文京シビックセンター5階会議室
 ・参加費:3,000円
 →詳細はこちら

2.「会社を元気にする」差別化戦略セミナー~メガトレンドをどう読み、会社の強みをどう生かすか~
 ・日時:6月12日(日)13:30分~16:3分(開場13:00~)
 ・会場:文京シビックセンター3階障害者会館 会議室A+B
 ・参加費:3,000円 先着:50名(収益は全額、震災の義捐金とします。)
 →詳細はこちら

さらにもう一つ、「栃木県の農業を元気にする」というコンセプトのもとで開業したレストラン「下野農園」さんが、インテリアショップのACTUS宇都宮店さんとコラボして、野菜の直売を行うとのこと。こちらも中小企業診断士が企画に絡んでいるとのことで、勝手に嬉しく思っている。
5月7日(土)~8日(日)開催。GWの思い出作りとして、ぜひ。詳細はこちら
[PR]
by miki_renge | 2011-05-07 07:46 | 仕事場にて

「ふるさと」

GWは静岡の実家へ。
ちょうど実家に回覧板が回ってきていた。それによると、実家のある自治体で、5月に大規模な津波避難訓練を行うという。「地震発生から5分~10分で実際にどこまで逃げられるのかをきちんと調べる」のが目的。避難先は高台や高い建物だが、この訓練から、その場所が避難に適しているかを確認し、条件が悪い場合は、沿岸から離れた場所に施設を新設する可能性もあるとのこと。

…やるなぁ。
1ヶ月前のブログでこんな記事を書いたが、この機会に有効な手が打てることを願う。ちなみにわが実家の場合、現状では「海に向かって逃げる」ことになるので、ぜひ何とかして欲しい。

さて、ニュースを見れば、「被災した中小企業や農林漁業者に無利子融資」という施策が続々と。
もちろん復興需要に応えるには必須のものだが、一方で返済するだけの見通しが立っていない事業者も数多く存在するだろうに…という思いも。審査は限りなく緩くなるだろうが、これがどれだけプラスに働くか不安もある。多面的に、複合的に、施策を講じていくことが前提になるだろう。

昨夜はNHKの「歌でつなごう~いまあなたに届けたい~」で嵐ちゃん達が「Happiness」と「ふるさと」を歌ってくれた。後者は昨年の紅白のために作られた曲。まさか4ヵ月後、このような形で聴くことになるとは。
多くの人の「ふるさと」を奪った今回の震災と原発事故。同じ日本人として、彼らの悔しさだけは忘れないでいたいし、これ以上「ふるさと」が失われないことを願う。
[PR]
by miki_renge | 2011-05-04 11:56 | ジャニーズ

診断士の方へ、マスターコースご案内

世間はゴールデンウィーク。
とりあえず我が家の目標は「大掃除」。水回りや玄関など、普段手の回らないところを中心に一家総出でやっつけた。それに加えて私は仕事の書類の整理。「使うかな、どうかな」と迷ったものは処分することにした。「断捨離」だものね。

さて、今日は診断士の皆様へ、東京支部中央支会のマスターコースのご案内を。
今年は震災の影響で「スプリングフォーラム」も中止になったし、情報不足で迷われている診断士1年生(もしくはそれ以上の方)も多いと思う。そんな方のために、私が関わっている2つのマスターコースを紹介したい。

1.夢をカナエル!プロコン養成マスターコース
「書く・話す」を徹底的に磨くコース。過去の受講者は独立志向が多く、実際に独立を果たして順調に業績を伸ばしている診断士も多数。私は創設時から運営側のお手伝いをしているけれど、受講者のバイタリティに大いに刺激を受けています。
 →チラシはこちら

2.女性のビジネス支援マスターコース
その名の通り、女性の起業支援やキャリア支援を総合的に学べるコース。他のマスターコースに比較して女性診断士の受講も多いので、「同士」を求める女性は是非。もちろん男性の受講も歓迎。ちなみに私は1期生。2年前から講師も担当しております。

独立しても、企業内でも、診断士としてどこか「ホームグラウンド」と呼べるような場所があると安心。マスターコースを受講すると、知識の習得だけでなく、同じ志を持つ仲間とも出会えます。マスタターコースや、プロコン塾などで、その「ホーム」を見つけられますよう^^
[PR]
by miki_renge | 2011-05-01 18:20 | 資格・勉強