<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

中小企業のBCPに関する小冊子

今日で8月も終わり。あっという間だった。
今年は例年以上に忙しい8月だった。今は小休止、というか、急ぎでない仕事は気づかなかったことにしている状態(汗)秋からは、いよいよ長女&次女の進学・就学に向けて行事が一気に押し寄せてくる時期。気合を入れなおそう。

さて、昨日の融資あっせん窓口勤務で、空き時間に、
「中小企業の事業継続計画(BCP)<災害対応事例からみるポイント>」という、中小企業庁から出ている小冊子を読んだ。
ざっと目を通しただけなのだが、中越地震や能登半島地震で被災した企業の生々しい被災体験が掲載されている。貴重な資料だ。
読みながら感じたのは、

・いざ被災したときに従業員や取引先の協力が得られるかは、平時のときの人間関係による。
・訓練は有効。マニュアルもあった方がいい。
・メディアの報道は、風評被害を招くこともある。メディアから自社を守ることも大事。

ということ。また、病院では「患者識別用バンド」が緊急時に役に立ったと知り、納得。患者の名前の特定は重要だ。
ただ、資金面ではどの企業も苦しんだようだ。どちらの地震も局地的だっただけに、「見舞金でしのいだ」というケースもあるが、東日本大震災のように広範囲での被害となると、さらに厳しくなるだろう。

自然の力はとてつもなく強い。が、だからと言って何もしないわけにはいかない。被災企業の体験を教訓として今後に生かしていけたら、と思う。

中小企業庁のパンフレットは、他にも役立つものがたくさんあるのでお勧め。こちらのサイトをご参照ください。
[PR]
by miki_renge | 2011-08-31 06:55 | 仕事場にて

社内資格試験のことを思い出しながら…

本日は人事・教育担当者の方へのご案内。
「明日の人財育成を考える会~人事教育担当者のしゃべり場~」
第2回を9月14日に開催します。

テーマは「人財育成に、試験制度を活用しよう」。
不肖ながら、わたくし、ファシリテーターをやらせていただきます。

企画を考えながら、あるいはこのコラムを書きながら、前職で、社内資格試験の事務局を担当していた頃を思い出したりして。

試験事務のチーフになったとき、試験前日はほとんど眠れなかったこと。
自分の校正ミスで結果的に試験問題そのものが無効となり「全員正解」扱いになったこと(滝汗)
合格発表の日、「電話で問い合わせないこと」と周知しているにもかかわらず、発表1時間前から電話がじゃんじゃんかかってきて、仕事にならなかったこと。

コラムに書いた「お悩み相談」はまるごと実話。
こんな話をちょっぴり真面目に話したい方のご参加、お待ちしてます^^

こちらのコラムも、ぜひご覧ください。頭の体操になりますよ。
[PR]
by miki_renge | 2011-08-25 15:25 | 雇用・人事

24時間テレビ2011

日テレの24時間テレビで、「サライ」を聞くと、夏の終わりを実感する。

今年のメインパーソナリティーは関ジャニ∞だったから、この2日間は仕事以外は外出せず、テレビは(長女の宿題タイム以外は)ほぼつけっぱなし。いやはや、頑張りましたよ7人とも。

この番組、毎年「障害者を見世物にしている」「障害者に頑張りを押し付けている」とか「偽善だ」とか、「どうせ高額なギャラが支払われているんだろう」とか、いろんな批判はあるけれど、超絶単細胞人間の私は毎年見て、毎年感動してしまう。あるいは、感動まで至らなくても、気付くことがたくさんある。

たとえば、ヤスが一緒にやった「聴覚障害の女子グループによるパントマイム」。
聴こえにくい子がパントマイムをやるって、どれだけ大変なことか。番組でも言われていたけれど、声を掛け合っての練習は不可能。結局、視覚に頼りながらも気持ちを合わせていくしかない。そういう不自由さと、それを乗り越えるための努力って、知っておくに越したことはないと思う。
ヤスの手話、なかなか上手だったよ。忙しいなか頑張ったね。

他にも、いくつか「●万人に1人」という病気についても紹介されていたが、そういう病気があることを知るにも、いい機会ではないだろうか。似たような病気の人が、テレビを見て励まされるかもしれない。

今の世の中、まだまだマイノリティは頑張らないといけないのが現実だもの、年に1回くらい、こういう機会があってもいいんじゃないの…と思う、障害児の母であった。

個人的には、小児ガンのためにわずか8歳で亡くなった男の子が、エイトレンジャーから勇気をもらっていたという話に涙。大人からすれば「イロモノ」にしか見えないエイトレンジャーだけど、それくらいの年頃の男の子にとってはヒーローだよね。書きながら思い出して泣けてくる…
関ジャニ∞の締めの曲、「マイホーム」も、とてもよかった。心に染みいったよ。

まぁ、今年ただ一つだけ「おいおい」と思ったのは、徳さんのマラソン。70歳で心筋梗塞の既往症があったらまずいでしょ。いくら距離が短かったとしても。それだけは心配だったな。
[PR]
by miki_renge | 2011-08-22 12:03 | ジャニーズ

最近ついてないと思ったら

昨日はつくづく、ついていない日だった。

「雨は午後から」という天気予報を信じて、自転車で次女を保育園に送ったその足でお客様にお届けもの。
用事を済ませて外に出たら、土砂降りの雨…
一向に止む気配がないので、覚悟を決め、ずぶ濡れになって自宅に帰る。あーあ。

そして夕方。仕事のキリが悪く、延長保育開始時間ギリギリの時間になってしまった(ちなみに我が家は延長保育は申し込んでいない。建前は"自分で就業時間を決められる"ため、フリーランスには審査が厳しいのだ)。
保育園に駆け込んだのは18時14分、あと1分で次女の部屋に行かなければ!と焦って、サンダルを脱ぎながら走っていたら、爪に鈍い痛みが。サンダルの金具に爪をひっかけて、ちょっと剥がれてしまったらしく、保育園の廊下に私の血がポタポタ…
保育士さんに、「お母さん、落ち着いて。お迎え時間は大丈夫だから」と言っていただいているそのときも出血は止まらず、爪は紫色に変色。絆創膏で応急処置をしてもらい、痛みをこらえながら25分歩いて帰宅し、長女に次女を託して外科へ。根元から剥がれたわけではないので、安静にしていれば直に治りますよ、との診断だったけど、働く主婦にとって「安静」は一番難しいこと。いつだって脳内BGMは「走り出せ~走り出せ~」@Happinessだもの。

あぁ、がっくり。
って、自業自得だけどさ。焦るとロクなことないね。
前に足を骨折したときから、全く学習していないバカな自分。

落ち込みながらMステを観ると、SMAPが「オリジナルスマイル」を歌っていた。
投票で収録楽曲が決まるアルバム「SMAP AID」で、1位になった曲。
森君の存在感があふれていた曲(感涙)
ついてないのは、マイナスのことばかり考えていたからかなーと、この曲を聴きながら思い直す。Mステ終了後、洗面所に鏡を見に行ったら、疲れた顔の自分…これがついてない原因か。
笑っていないと、気持ちも暗くなっちゃうよねぇ。笑顔、笑顔!

でも、歌そのものは、投票15位の「freebird」の方が好きなんだけど^^
[PR]
by miki_renge | 2011-08-20 06:27 | ジャニーズ

スマートフォンは何者か

「これからスマートフォンが起こすこと。」という本を読んだ。
表紙には、「携帯電話がなくなる!パソコンは消える!」とある。読み進めていて、「そこまで断定はできなくても、世の流れはそうなるだろうなぁ」と思った。

携帯電話については、著者は、従来型の携帯電話端末(ガラケー)を「最高の工業製品である」と評した上で、「ガラケーの市場規模縮小→1台当たりの開発コスト上昇→端末価格値上げ→さらなる市場縮小」という負のスパイラルを予測している。一方、スマートフォンは構造が簡単なため、将来的には大幅なコストダウンが見込めると分析。
確かにこれは説得力のある話。生き残るとしたら、恐らくシンプルで安価なガラケーということになるだろうか(と、ウィルコムを通話専用で使う私は考える^^)

一方のパソコン。著者はスマートフォンを「通話することができるパソコン」と定義づけているが、それは日々スマートフォンを使っている私も実感する。私の場合、「パソコンがないとできない業務」は確実に存在するが、それでも「パソコンでなくても対応可能な業務」は増えている。メールの送受信はもとより、ちょっとした調べものとか。

こんな本を読むと、以前は熱烈に欲しかった「Windows Mobile」(by ウィルコム)やネットブックに投資しなくて良かったかも…と考えてしまう。

もっとも、スマートフォンが普及したからと言って、使う側のリテラシーが追いついてくるかは別の話。Twitterに、翔さんが泊まりに来たことをつぶやく北海道の某ホテルの従業員さんの例に見られるように、情報との付き合い方を学んでいく機会が必要だろう。学校や職場の教育だけではカバーできないから悩ましいよね、と考えながら、「Johnny's web」の有料版の申込を完了したのだった…これで、ジャニヲタのスマフォ所持比率は飛躍的に向上するであろう、うん。
[PR]
by miki_renge | 2011-08-17 12:41 | ジャニーズ

「硫黄島からの手紙」

金曜夜に日本テレビ系で放送されていた映画「硫黄島からの手紙」を観た。
ずっと前から観たいとは思っていたが、さすがに戦争映画、残虐シーンも多数あると聞いていたため、子供の前では観づらい。今回はこっそり時間を作って、一人で観た。

硫黄島。太平洋戦争時に何が起こったのか、今さらここに書く必要もないだろう。
映画は、硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く、「父親たちの星条旗」に続く第ニ弾。監督はクリント・イーストウッド。

観終わって思ったこと。
お涙頂戴のいわゆる「感動シーン」はほとんどない。また、「戦争反対」を声高に叫ぶことも、戦争を美化することもない。勝ち負けを強調することもない。意外なほど淡々と、戦いのシーンが続く。

それがかえって、「戦時中、いかに人の命が軽く扱われていたか」を浮き立たせている。一等兵・西郷(ニノ)の出征の経緯や、生への執着に触れ、ここで戦った兵士(硫黄島の犠牲者は2万人超のはず)が同じような思いを抱いていたんだろうなぁと思った。ちなみに西郷は職業軍人ではなく、大宮でパン屋をやっていたのだそうだ(!!)

唯一、泣けたのは、栗林中将が自害したときに西郷が流した涙につられて。
西郷は最後、どうなったんだろう…捕虜になった?ラスト、ほんの少しホッとした笑顔を浮かべた気がしたけれど。

重苦しい映画ではあるけれど、硫黄島のことは、日本人なら目を見開いて知っておかなければならない史実のはず。これをきっかけに、もっともっと硫黄島のことを知りたくなった。知らないでいるのは日本人として恥だと、強く思った。
[PR]
by miki_renge | 2011-08-14 20:44 | ジャニーズ

ついにその日が!(ジャニヲタ編)

昨日、「しばらく忙しい日が続いていて、心を亡くしそうだった」と書いたけれど(←詳細はここには書けないが、自分が心からやりたい仕事に時間が割けない辛さで、崩れそうだった)今朝はあえて早起きをして、嵐の去年のドームコンDVDを観たら、少し元気が出てきた。

そんなとき、さらに嬉しい話が舞い込んだ。
ジャニーズ事務所公式スマートフォン専用「Johnny's webアプリ」がついに登場!

うううっ…(感涙)
PHS+スマフォ持ちの私。どれだけ、どれだけこの日を待っていただろうか。
いったんauを解約し、ウィルコムに乗り換えた2年半前のその日、「Johnny's web」がPHSに対応していないことを知った衝撃。
ニノに、「あなたがスマートフォンにしない理由って?」と問われ、「スマートフォンにしたって、Johnny's webが見られないんじゃダメでしょ!」と、CMに突っ込み返した日々。
ジャニ友達が、「Johnny's web」の話題で盛り上がっているのに、嵐ちゃんに喜んでもらおうと先行してスマフォ(当然au)を購入してしまったがために、仲間に入れない疎外感。

今、その苦節の数々を乗り越えて、手に入れる幸せ。
早速、アプリをダウンロード。

残念ながらまだ、有料版提供の日記は見られないけれど、近日公開ということなので、楽しみに待つことにしよう。
「僕が僕のすべて」を聴きながら、生きる希望がわきあがるのを感じたひととき。
[PR]
by miki_renge | 2011-08-11 11:12 | ジャニーズ

久々に支会の研究会へ

今夜は、所属する支会の某研究会へ。
このところ、診断士の研究会というと、事務局を任されるなど、いろいろと気を遣うことが多かった。それはそれでいい経験になるのだろうが、純粋に自分の興味の赴くままに勉強したいという気持ちが強くなっていた。この日にも、「意識して外に出ていく機会を作ろう」と決意したし。

今日お邪魔した研究会は、初参加。
講師は、この3月まで区役所でご一緒していた大先輩で、テーマは「印章」。
「署名捺印」と「記名押印」の違い。
「印章」「印影」「印鑑」の違い。
「割印」と「契印」の違い。
いわゆる「ハンコ」の種類のいろいろ。
電子申告で今後の「ハンコ」の運命は!?
その他もろもろ…

前職での総務課時代に、今は融資斡旋窓口や社労士事務所で、あるいはお客様と契約書を結ぶ際に、何気なく押していたハンコ。そのハンコに、こんな意味があったのか!と気付きっぱなしの2時間。質疑応答は盛り上がるは、参加されているベテラン診断士の皆さんのありがたいお話も聴けるわ、大満足。
夜や週末の研究会参加はどうしても制約があって、継続参加が難しいけれど、たまにはこうやって時間を確保したいな。

しばらく忙しい日が続いていて、心を亡くしそうだったけれど、明日からまた頑張ろうという気になれた。
そう思いながら多摩川線に乗ったら、淡麗グリーンラベルのポスター(ただし相葉ちゃん抜き)、よし、もっと頑張ろう^^
[PR]
by miki_renge | 2011-08-10 23:55 | 仕事場にて

在宅勤務について考える

夏休み前、なんだかんだで忙しいのだが、昨夜は、「ワーク・ライフ・バランス」に関する勉強会に参加してきた(←リンクを貼っていいか分からなかったので、とりあえず主催者名は伏せておく)。テーマは「在宅勤務」。
診断士や社労士の研究会ではなく、実際に在宅勤務をしている人、これから在宅勤務をしたい人も数多く参加。初参加だったが、とても勉強になった!

在宅勤務は、従来は、家庭で育児・介護を担う社員が「細々と会社・社会とつながっていくためのシステム」という認識もあったが、東日本大震災で状況は一変、危機管理の視点からも語られるようになった。しかしこれまで在宅勤務に対する知見のない企業がいきなり実施するのはリスクが高すぎる。どうすればスムーズに導入支援ができるのか…というのが、当初の問題意識だった。

が、事例に触れ、参加者と討議するうちに、関心は「自分自身の働き方」へ。
「在宅勤務=会社を離れ、自宅で仕事する」というのは、私のようなフリーランスとも共通点が多い。そして私自身、仕事の枠を決められず、オーバーワークになることもしばしば。
今回の勉強会で心に決めたのは、

1.自分自身の「コアタイム」を作る
2.ネットに頼り切らず、意識的に外に出ていく機会を作る

ということ。1.はオーバーワークを防ぐため。2.は業務以外ではどうしても出不精になりがちな自分に刺激を与えるため(←だから昨日の勉強会は、とても良かったのだよ)
あとはきっちりと、時間対効果、費用対効果を見極めることだろうか。
…在宅勤務は、よほど自己管理ができる人でないと難しいと思った次第。でも、在宅勤務を安心して導入できる企業は、きっと強いのだと確信した。
[PR]
by miki_renge | 2011-08-04 10:50 | 仕事場にて