<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

脳のMRI検査、卒業

秋、就学・進学を考えるシーズン。
これから1ヶ月くらいは、育児ネタ中心のブログになるかも知れないが、ご容赦を。

先週、長女は総合病院の耳鼻科と小児科を巡ってきた。
耳鼻科は聴力と耳管の検査。
そして小児科は、脳のMRI。

脳については、もともと生後すぐに起こした脳内出血により、
異常(PVL)があることは分かっている。今回はその経過観察のためのMRIなのだが、検査にも、結果を聞くまでの待ち時間にも、慣れることはない。脳というのは見えないだけに、怖いのだ。

今回も、MRIを撮ってから結果を聞くまでの3日間が、とてつもなく長く感じられた。
病院に行く直前に、自分で勝手に「心を強くする歌」と決めている「Lotus」と「僕が僕のすべて」を交互に聴き、気を強く持つ。
そして待合室では、コミック「ほんまに関ジャニ∞」を読み、気を紛らわす。

予約は15-16時の枠だったが、診察室に呼ばれたのは18時を回っていた。どうやら最後の患者だったらしく、待合室はいつのまにか真っ暗になっていた。長かった…

ドキドキしながら聞いた結果は、「前回撮影時と変わらず」、つまり悪くなっていないとのことで一安心(PVLには変わりないのだが)。これで、MRI検査は卒業することになった。

ドクターには、「肺も、心臓も、もう大丈夫。小児科医として現時点でできることはなくなった。あとはあなた(長女)が精一杯生きること。もちろん何かあったらいつでもいらっしゃい」と言っていただいた。
その言葉を長女の後ろで聞き、涙が出そうになった。
NICU卒業後から、ずっとお世話になってきた先生。厳しいことも言われたけれど、常に温かく見守ってくれた先生。もう、よほどのことがない限り、お会いする機会もないのだなぁと思うと寂しくなる。もちろん「よほどのこと」があっては困るのだが。

最後に、先生の「ちょっと走ってみてよ」のリクエストに応え、真っ暗な小児科フロアを2回走った長女。その姿を見て、先生も喜んでくださった。外来時間もとうに過ぎていて、先生もお疲れだろうに…走り方に問題は多々あるのだが、初めて先生に出会った頃は、こんなふうに走ったり、話をしたりできる日が来るなんて想像もできなかったから。
この暗闇のなかの温かさ、一生忘れないと思う。

ありがとう、Y先生。業種は違えど、私も、こんな温かい対応ができる「先生」になりたい。そして、支えてくれたY先生に恥ずかしくないように長女を育てていかなければと改めて思った。
[PR]
by miki_renge | 2011-10-30 07:54 | 家族・育児

「魔法の習慣」

遅ればせながら、「企業診断ニュース」10月号を読んだ。
特集は「魔法の習慣3」。
「3」とついていることから分かると思うが、今年で3回目になるシリーズで「成功を収められている方の習慣を学ぶことで、成功に近づける」という思いから始まった企画らしい。
今回も、各分野のプロフェッショナルへのインタビューは読みごたえがあった。

今回、特に興味深かったのは、Wコロンのねづっちさんへのインタビュー。
「嵐にしやがれ」の「未知との遭遇」で、大野さんに謎かけを教えてくださってから、密かにねづっちさんが気になっていた私(笑)あの、瞬発的に出てくる謎かけは、芸人仲間と行うトレーニングの賜物だということが、このインタビューから分かった。ブレイクする人は、どこかでとてつもない努力をしているものなのね、と。私もまだまだ、努力せねば。

また、同時通訳の方へのインタビューも面白かった。通訳と診断士は仕事としては全然違うけれど、フレームワークを持って仕事に当たるという点は同じ。そんな見方、今までしたことがなかったなぁ。

杉並区立和田中学校の校長先生へのインタビューは、むしろ母目線で読んだ。教育現場におけるインプットとアウトプットのバランスは適切なのだろうか…いずれ別記事に書きたいが、最近、考えさせられることが多いので。

これらの記事、こちらから読めます。診断士以外の方にもぜひお勧め。
[PR]
by miki_renge | 2011-10-27 05:29 | 仕事場にて

ここが勝負

ここ数日、ちょっと体調を崩していた。
このところ仕事がいっぱいいっぱいで、睡眠時間を削っていたのだが、やはり身体は正直。「この程度のこと、気力で吹き飛ばしてやる!」と、薬を飲みつつ、冷えピタをおでこに貼り、季節はずれの半纏を着てPCに向かっていたが、やはりそんなに甘くはなかった…

とりあえず仕事には(今のところ)穴を開けずに済んでいるが、これから執筆関係の締切がやってくる。また、何より仕事の質が落ちてしまうのが一番怖い。
プライベートでは、長女・次女の進学、就学に向けたイベントが目白押し。特に一筋縄ではいかない長女については、ここで親がどれだけ根回しできるかが勝負。

精神的にも、身体的にもきつい。
でも、ここは何としても踏ん張るしかない。
コンサルにも、母親にも、「できません」「やり直します」は通用しないのだから。

とりあえず、「関ジャニの仕分け∞」におけるマッチさんを前にしたメンバーの緊張感に思いをはせつつ、自分もこれくらい追い込まれてみようと思うことにした…横山~っ!
[PR]
by miki_renge | 2011-10-24 06:55 | 仕事場にて

11月はイベントがいっぱい!

昨夕、長女の通院後に会合2件が続き、バタバタ動き回っていた合間、電車の中で目にしたニュースにのけぞった。今年も紅白歌合戦の司会に嵐が起用されると言うではないか。NHKさん、大丈夫ですか?
それにしても、もう年末のことを考える季節になったのね。早いなぁ。

が、その前に。
11月はイベントも盛りだくさん。その一部をご案内。

1.明日の人財育成を考える会~人事教育担当者のしゃべり場~(第3回)
 今回のテーマは、「震災に学ぶ現場力~管理職研修を考える」。震災の経験から、「現場で即時に適切な対応を取る」ことの必要性がクローズアップされたと思う。そんな判断ができる管理職をどのように育てていったらいいのか、一緒に考えていただければ。
 ※11月9日(水)18:30~、文京シビックセンターにて

2.女性診断士の会“Ami”20周年シンポジウム&パーティ
 中小企業診断協会東京支部懇話会の一つである女性診断士グループが誕生して20年、そのお祝い会を開催。女性診断士の参加大歓迎(もちろん男性も)
 ※11月5日(土)14:00~、北青山・TEPIAにて

3.世田谷わくわくワークフェスタ
 女性のさまざまな働き方を応援するイベント。私が所属するハッピーライフサポーターズも専門家相談員として参加予定。ブースを回るだけでも楽しいと思うので、お気軽にどうぞ。
 ※11月26日(土)・27日(日)両日とも11:00~、世田谷・三軒茶屋キャロットタワーにて 
[PR]
by miki_renge | 2011-10-20 10:40 | 仕事場にて

「女性はなぜ出世しないのか」

「週刊東洋経済」10月15日号の特集「悪いのは男?女?女性はなぜ出世しないのか」。
このテーマ、均等法施行から事あるごとに取り上げられているはずなのだが、いつもの如く熟読してしまった。

言うまでもなく、女性が出世しない理由は、男性にも女性にも問題がある(はずである)。均等法施行後は、それまで一般的だった「補助的労働で4~5年勤務して結婚退職」という女性は少なくなったものの、まだまだ日本の企業は、女性の扱いに慣れているとは言いがたい。近年はさらに、子育てしながら働く女性もいれば、結婚・出産もしないけれどキャリア志向でもない女性もいるし、もちろんようやく男性に伍して働く場に辿りついたスーパースペシャルな女性もいる。
経営層の方や人事担当者と話をすると、そのマネジメントにどれだけ苦労しているか、ビシバシ伝わってくるのだ。そりゃそうだよな、これまでは「会社のために、そして守るべき家族のために」というモチベーションで、長時間労働も厭わず働いていた男性ばかりだったのに、労働意欲もさまざま、時間制約を持ちながら働く社員が増えてきたら、管理しにくいことこの上ない。

でも、きっと今は過渡期。試行錯誤の時期。
ポイントは、記事中に何度も出てきた「労働時間ではなく成果で評価を」という主張がいかに納得性ある形で職場に受け入れられるかだと思う。どんな属性であっても、どんな勤務形態であっても、成果を上げられれば、周囲は恐らく何も言わないだろうから。

そのためには、女性もそのつもりで働かないと。勝間和代さんが記事で「育休、産休を十分に取って出世もしたいという、いいとこどりは難しいと自覚するべき」と述べているが、厳しいと思いつつも反論できない。投資しがいのある存在を目指してひたすら努力する気概が大事なのだろう。まぁ、それは男性も同じか。
…なーんて、組織を離れたフリーランスだからこんなことを言えるんだろうな、私。前職で総合職を続けていたら、この特集にどんな感想を抱いただろうか。バブル世代の女性総合職で今も同じ職場で働き続けている人のことは、心から尊敬するよ。子持ちであればなおさら。
[PR]
by miki_renge | 2011-10-14 10:01 | 女性と仕事

プロフェッショナル・SMAP

昨晩NHKで放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀」のSMAPスペシャルを見た。
まずは、この番組を作成したスタッフの方に「あなたたちはプロだよ!」とお伝えしたいと思うくらい、SMAPに深く迫った番組だったと思う。

歌番組が軒並み終了し、テレビに出る機会すら得られない時代にデビューしたSMAP。
コンサートにはお客は入らないし、シングルの「オリコン1位」もなかなか取れない。
やっとブレイクしたと思ったら、森君脱退。その後もゴロツヨが逮捕、謹慎…
思い返せば、本当にいろいろあったグループだよね。

この番組、森君脱退のことをメンバーに聞いちゃうのがまずすごい。初めに「6人グループでデビュー」と言ってくれたのにちょっと感動していたら、それは序の口だった。ツヨが「この先どうなるんだろう?」と不安を口にしていたが、それはファンもまったく同じだった。中居君の「今でも戻ってきてくれないかな、と思っている」というのも。

それでも、「5人で新しいSMAPを作ろう」と意識を高めた結果が、今の姿。
それからも、危機のたびに結束力が強くなっているように感じる。逆境が人を、グループを、強くしているんだよなぁ(NEWSも頑張るんだよ~)

中居君の、(努力すれば)「成功は保証されないけれど、成長は保証されている」は名言。
そして常に全力。たった1分に満たない演出にもこだわるほどの。
なのに、「たいしたことはやっていない」という謙虚さ。
そしてこれからも「前線から逃げない、風当たりは強くても」(木村君)と、進んでいくのだろう。

ありがとうSMAP、ファンであり続けてよかった。
被災地の小学生の前で歌った「ススメ!」は心に響いたよ。確かに小学生の前で歌うなら「オリジナルスマイル」より分かりやすいかも。
[PR]
by miki_renge | 2011-10-11 06:39 | ジャニーズ

NEWSのニュース

今日は次女の保育園の運動会。お弁当を作り終え、ちょっと仕事でも…と思ってPCを立ち上げた瞬間、目に飛び込んできたのは、山Pと錦戸が「NEWS」を脱退するという衝撃的なニュースだった。

なぜ?今?と思う反面、「あぁ、やっぱりな…」とも感じる。

錦戸は関ジャニ∞との掛け持ちが厳しくなったとのこと。もともとグループの掛け持ちは無理があり、前から心配はしていた。関ジャニの人気が急上昇するなか、大阪出身の彼が関ジャニ一本に絞るのは、むしろマトモな選択だと考える。
実は社労士事務所の同僚(ジャニヲタ仲間)とも、ここ数年、「錦戸は活動を絞るべきだと思う」と激論?を繰り返してきた。これは残念だけれど、仕方ない。

ただ、山Pに関しては、割り切れないものが残る。今までだってソロ活動もしていたんだから、NEWSのままでも良かったのでは…まぁ、そこは見えない事情もあったのだろうか。
それでもファンはつらいよなぁ。ほとんどグループ活動休止状態から電撃脱退だったもの。しかも、ジャニーズネットのあんな簡単な文章で知らされただけなんて(興味のある方、検索してください)

さて、「山Pのグループ」というイメージが強かったNEWSはこれからどうなるのだろうか。確かにテゴマスは歌が上手いし、小山くんは「news every」に出てるし手話ができるし、シゲは大野さんと釣り仲間だし(笑)、それぞれ愛すべきキャラなのだが、ファン以外の(いわゆる一般の)認知度は、正直なところ弱い気がするのだ。でも、心機一転、頑張ってほしい。

ところで、この機会に「You&J」をグループごとにしてくれないもんかね?
[PR]
by miki_renge | 2011-10-08 16:49 | ジャニーズ

「フリーター、家を買う。」スペシャル

今朝は、ちょっとだけ早起きして、「フリーター、家を買う。」のスペシャルの録画を観た(放送は10/4 21:00~フジ系)
連続ドラマの最後でフリーターの武誠治くん(ニノ)は家を買ってしまったので、スペシャルはどうなるのかなと思っていたけれど、そこにあったのは以前と同じ「絆の再生の物語」。ただ今回は「家族」により焦点が当たっていた。

誠治の両親の結婚が、母親の実家から猛反対されていたこと。
真奈美の母親の再婚と離婚。
それぞれの背景からは、いろんなものが見えてくる。「その行動の裏には必ず理由がある」と、常々労務相談の場で話していることを思い出す(あ、関係ないか)

誠治の父、誠一(竹中直人さん)が結婚に反対されていたのは、他に「一流大学出身、一流企業出身の男性がいたから」。そのコンプレックスから誠治に、大学や就職先のことであれこれ口を出していたのね。

でも、それも愛情の裏返し。
母方の実家と和解して、お墓参りの場で、「亜矢子(←誠治の姉)を嫁に出すとき、少しでも苦労しない相手と一緒になってもらいたいと思ったからな」とつぶやいた父。うんうん、分かる分かる。

他にも、大悦土木のメンバーの元気な顔をみられてホッとしたスペシャル。個人的には哲平(マル)のスピンオフも見てみたいと思った。「土木の仕事しかできないはずが、大けがして土木の仕事すらできなくなり、でもスーパーのバイトとして再就職して周囲に認められ、ついに正社員になる(なった?)」哲平。ここまでどんな苦労があっただろうか。私も大悦社長と一緒に泣きたくなったよ。あかりちゃんとの結婚、認めてもらえるといいね。結局は、人間性は学歴とか勤務先で決まるものではないものね。
また、ハローワークの北山さん(アンジャッシュ児嶋さん)は、お邪魔虫という設定。おいしい役だわ。

さて最後、誠治のプロポーズでホッコリし、あぁいいドラマだったなぁ…と思った瞬間、出てきたのは…相葉さんっ!?そういう設定ですかっ!?おいしいところを全部持って行ったね。でも許す、ベストジーニズトおめでとう。
[PR]
by miki_renge | 2011-10-06 06:34 | ジャニーズ

臓器提供について考える

いよいよ今年度も後半戦突入。
仕事に加え、長女と次女の進学・就学に向けて、やることがてんこ盛り。うーん、乗り切れるのだろうか…とりあえず、今夜はまだまだ眠れそうにない。ただいま、冷たいシャワーを浴びて、眠気を覚ましてきたところ。

さて、9月末に新しい保険証が届いた。
私は(一応)自営業主なので、国民健康保険。なのに封筒は世帯主である夫の宛先となっている。これで軽くイラッとくるのも、いつものお約束。
…いえいえ、書きたいのはそのことではなく、この保険証の裏で「臓器提供意思表示欄」ができたこと。

なるほど。臓器提供の現場は病院、そこにつき物なのは保険証。ここで明確に「提供」の意思表示があれば、他に助かる命があるかも知れない。遺族も迷ったり悩んだりせずに済む。故人の遺志を尊重できる。

で、自分はどうするか。
翻ってみると、あまり真面目に考えたことはない。万一のとき誰かに役立てるのは嬉しいけれど、家族はなんて言うかなぁ。また、仮に家族が「いざというときは自分の臓器を提供したい」と希望したら、反対しないと言い切れない。
ちょくちょく使う保険証を見つめながら、自分の死生観を確認している。

…なーんて書く前に、少しでも多く睡眠を取らないと、いよいよ身体が本当にヤバイんだろうけど。でも次女が小学校に入る前が一つの大きな勝負、あと半年は短時間睡眠で頑張るしかない!
[PR]
by miki_renge | 2011-10-03 00:15 | 社会・経済一般