「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「心のケア」

心のケア 阪神・淡路大震災から東北へ」という本を読んだ。
タイトルから推察できる通り、大災害時にどんな「心のケア」が行われたり望まれたりしているか、書かれた本である。

まず感じたのは、今回の大震災直後にマスコミで盛んに言われていた「被災者への心のケア」というのが、現場で必要とされているものとちょっと違う?ということである。
災害直後の「心のケア」は、「心のこもった配慮」というよりはむしろかなり医療的な活動だそうだ。すなわち、薬が切れてしまうと具合が悪くなる人のサポート、あるいは災害後に不眠や不安を訴えられる人への対応ということらしい。
また、「仮設住宅といえども安全・安心とプライバシーのある暮らし」の目処がつくのが大前提で、それがなければ「心のこもった配慮」など絵空事になりかねないとのこと。

その他、
■何度も被災体験を話させて「かわいそうな人」という役割(被災者役割)を押し付けないこと
■簡単に「お気持ちは分かります」とは言ってはいけない、限界を心得ておくこと
■「大丈夫ですか、頑張ってください」と先に言われると、被災者は何も言えなくなる、待つことも大事
■支援者(行政職員さんなど)にも安易に「ご自身を大事にしてください」とは言わない、多くは休める状況にない、それなら「職員さんがお茶を飲むスペースくらいは作ってください」など、具体的に提案すること
等々、非常に参考になった。

同時に、「心のケア」なんて、先に紹介した医療的なものを除けば、どれだけ意味があるんだろうとも思う。そもそも人間の心には自己回復力もあるのだし、間違った「心のケア」でかえって傷つくことも多いのでは、と危惧した。

ケアに求められるのは、まず、出しゃばらずに見守ること。
そして必要とされたときに全力で支援できるよう、門戸は広げておくこと。
…になるのだろうか。

そんなことを考えながら昨夜観たのは、「21人の輪~震災のなかの6年生と先生の日々~」第8回(Eテレ)。
番組最後に6年生一人ひとりが、来年への夢を語る。決して大それたことではなく、当たり前のことを夢として話すのが切ない。それを受けてナレーターの相葉ちゃんが「来年、2012年はみんなにとって楽しいことがたくさんありますように」と締めくくっていたが、私も同じ気持ち。心のケアはできなくても、彼らのことはずっと応援していたい。
[PR]
by miki_renge | 2011-12-29 06:39 | ジャニーズ

「下流の宴」

林真理子さんの「下流の宴」を読んだ。
NHKのドラマは未見だが、病院内の図書館にあったので暇つぶしと思い、一気に読んだ。

主人公の福原由美子は、若くして亡くなった父が医者であり、母は矯正下着の販売をしながら這い上がってきた苦労人。由美子自身も地元の国立大学を出ている。「わが家は品の良い中流(上流?)だと信じて疑わない。
夫の健治も早稲田大学卒業の、そこそこのエリート。
娘の可奈は見栄っ張りで、お嬢様大学を出てエリートとの幸せな生活を目指し婚活中。
が、息子の翔は、高校を中退して現在フリーター。上昇志向は全くない。さらに突然、沖縄の離島出身のフリーター、珠緒と結婚したいと言い出す。
…と、要約するとこんな内容。

どの人物にも共感できるような、共感できないような、不思議な読後感。
まず由美子。親として、覇気のない息子の将来を心配する気持ちはよく分かる。が、その過剰なまでの選民思想?にはうんざり。息子と珠緒を前に、「翔はね、まっとうな、本当に普通の世界で生きてきた子なの、あなた(珠緒)たちとは違うの」って言い切ってしまうのには反吐が出そうだ。
でも、由美子みたいなタイプ、結構いるよね。中学受験が盛んな地域に住むと、それがよく分かる。「公立中に進学する人間とは関わらない方がいい」という会話は、残念ながらたまに聞く。

翻って翔のようなタイプも、この不況下、いるだろうなぁと思う。とりあえず中学受験までは親の言うことを聞いていた。が、頑張っても、その先に何があるのか全く見えていないんだろうな。若い世代が夢を持てない時代、旧世代があれこれ昔の価値観を押し付けても、かえって反発したくなるだろう。

可奈に関しては、残念ながら私にとっては「宇宙人」。人形町のメーカーの内定を蹴ってミッドタウンの派遣を選ぶって…確かに「玉の輿」に向けて合理的な行動は取っているけれど、結局、他力本願の生き方はリスキーなんだよね。

その点、珠緒は良く頑張った。途中からは「珠緒、頑張れ!」と応援しながら読んだ。私がド田舎出身で、ときとして馬鹿にされてきたから分かる部分があった。ただ、医大合格はあくまでスタート。動機が不純なためうまく行くか心配だけど、そのたくましさで、ぜひ素敵な女医さんになってもらいたい。

いやー、面白いストーリーだった。そしてときどき身につまされつつ、スカッとしつつ、ただ最後は恐怖すら覚えた、そんな小説(ノンフィクション?)だった。
[PR]
by miki_renge | 2011-12-26 06:41 | 家族・育児

女性のためのビジネスプランコンテスト

今日から3連休。
と言っても、働く主婦にゆっくりする時間はないのだが^^; 年末年始のデスクワークを少しでも減らしたいというのもあるし、まずゴミ屋敷と化した自宅を何とかしなければ。でも、長女は映画「源氏物語 千年の謎」か「聯合艦隊司令長官 山本五十六」を観にいきたいと言っているし、次女も「どっか連れてって~」と言っていたし、このままだと新年もゴミ屋敷か?(汗)

さて、今日は宣伝。
女性起業家支援に力を入れる武蔵小山創業支援センター(品川区)が、女性のためのビジネスプランコンテストを開催するそうだ。
応募対象は、
 ・概ね1年以内に起業予定の女性
 ・起業後概ね5年以内の女性
 ・既存事業とは異なる新規の事業を立ち上げようとしている女性
とのこと。

エントリー締切は、1月25日(水)の18時。
事業計画の作成に不安がある方は、個別にご相談に乗ってもらえるそうだ。

2011年版中小企業白書」によると、全起業家および希望者の3割が女性。また女性の起業希望者は約30万人いるというデータも(いずれも2007年)。このような人たちが思いを実現するために、こんなコンテストが有効に活用されることを願っている。温めているビジネスプランをブラッシュアップしたい方、ぜひ!
[PR]
by miki_renge | 2011-12-23 07:24 | 女性と仕事

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2012」

「日経WOMAN」1月号を購入。
お目当ては「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2012」。

今年の大賞は、災害看護のエキスパートとして活躍する看護師、石井美恵子さん。3月の震災時にも、「福祉避難所」すなわち高齢者や障害者といった「社会的弱者」と言われる方の避難所設置にリーダーシップを発揮した方だ。
彼女の「危機管理のときは平時のルールを破れるかどうかが重要」という一言に心を動かされる。それは「この人の判断なら支持できる」という周囲からの信頼があってこそ。政治家さんとはだいぶ違うなぁ。

もう1人、「リーダー部門」での受賞となった服部道江さんも素晴らしい。彼女は大林組勤務で、現在は東京スカイツリー建設現場の副所長。均等法前に建設業界に飛び込んで、しかも20代で結婚出産。育児はご両親に手伝ってもらったそうだが、それでもどれだけの苦労があったことか。「男性なら入社1年目から任される現場監督も、36歳でようやく経験」とあるが、よくそれだけ耐えたよね。こういう人が1人でも多く「男職場」に進出できると、日本も変わっていくだろう。

このほかタイムマネジメントに関する特集もあり。記事に出ている人の「24時間フル活用」状態に驚く。私の場合「考える仕事」が多いので、すぐさま応用できないものもあるが、もっともっと頑張れるはず!と気持ちを新たにした。そのためには、タブレットがほしいなぁ…スマフォもあるのに、贅沢すぎるか^^;
[PR]
by miki_renge | 2011-12-16 15:31 | 女性と仕事

多額の借入申込に接するとき

融資あっせんの窓口、さすがに年末はあっという間に予約が埋まる。
通常は週1回ペースの出勤だが、先週は臨時でもう1日出た。「年の瀬」を感じる。

さて、今日は運転資金のお話。
「借入金残高は月商3ヶ月まで」というのが一般的な目安だが、ときどき月商の半年~1年分以上を借りたいと希望される方もいらっしゃる。話をお聞きすると、多くは、「新規事業を開始したい」あるいは「大きな仕事が決まりそうで、今のうちに運転資金に余裕を持たせておきたい」というケース。

あっせんする手前、こちらは「それがどの程度確実性のあるものか」を慎重に確認する。もちろん「あっせん窓口」なので、基本的にはダメ出しはすべきでないのだが、それでも返済できなかったら一番つらいのはご本人なのだと、ちょっと意地悪を言って、覚悟を試す場面もある。

というのは、以前、自分が融資あっせんした企業様が、代位弁済となったことがあったからである。このときも、起死回生の新規事業進出のため、年商に近い額の借入れ希望だった。「大丈夫かな」と思いつつも、お客様の「これに賭けたい」という意気込みを感じ、受付印を押した記憶がある。
本当にうまく行きそうな事業なのか、一攫千金を狙っているのか、その見極めは難しい。そんなことを考えながら、限られた受付時間内で、融資申込の金額欄と借入残、売上げ推移を見比べている。

そういえば、いい医者は痛い検査をしなくても、視診と触診だけでかなり精度の高い情報を得ているって言うよね。そうなりたいよ。
[PR]
by miki_renge | 2011-12-13 06:59 | 仕事場にて

2011年-変わるもの、変わらないもの

今年もあと20日となった。
今年の仕事は今年のうちに^^;

さて、「企業診断ニュース」12月号の特集は、
診断士的視点で振り返る2011年―変わるもの、変わらないもの」。
私も縁あって企画に携わる機会を得た。

2011年、言うまでもなく激動の年。東日本大震災では、いろんなものが変わってしまったけれど、それでも変わらなかったものもあるし、逆に変わってよかったものもあるはず。そして「残念ながら変わらざるをえなかったもの」については、せめてそれへの対処を考えることが大切。そんな思いを抱きながら、お手伝いさせていただいた。

座談会では、震災直後の初動対応や、その後被災企業の「一歩前に出る」支援をされた診断士の経験などを語っていただいた。
危機管理は企業の社会的責任、そして平時のときから信頼できる企業であるべし-当たり前の話だけれど、今年だからこそ心に刻みたい。
興味深い話ももっとあったのだけど、ページ数の都合でカットされたものもあり、残念(でも、その編集をされた担当さんはとてもご苦労されたと思う。)

他にも、
1.宮城在住の診断士が抱く「求められる支援」への思い
2.マーケティングに詳しい診断士の「消費行動を変えた事象」に関する分析
3.障害者就労支援に力を入れる診断士の「今後の働き方」への提言
については、診断士以外の方にもぜひお読みいただければと思う。
[PR]
by miki_renge | 2011-12-10 06:29 | 仕事場にて

「中小企業診断士」という資格:「資格☆はばたく」より

今日も「Eテレ」ネタで^^

「資格☆はばたく」12月の資格は、「中小企業診断士」。
全4回シリーズの第1回を観た。

ご一緒している女性診断士のコンサル現場が出てきたり、企業内診断士の勉強会が出てきたり、実際の試験問題をアレンジしたものがクイズ形式で出てきたりと、「中小企業診断士ってどんな資格?」という問いに、分かりやすく解説を加えてくれた番組だと思った。

誰が話していたか忘れてしまったが、診断士は、「相手の悪いところをあえて指摘する」のが仕事だというのには共感した。
しかし、悪いところを指摘するには勇気が要る。
もっと言えば、それが本当に悪いのか、検証する必要もある。
いつも、「この方針は適切なのかどうなのか、もっと良いやり方があるのではないか、「それを相手にどう伝えるか」、必死で考えている。こんな私でも、「診断士」という肩書きを背負えば、その言葉の影響力は非常に大きくなるものだから。

あまりに必死に考えすぎて、私自身は家族には迷惑をかけているけれど、私に相談くださる方は、その後ろにいる従業員やお客様、その家族のことまで背負っているのだから、中途半端な気持ちではとてもやっていけないと思う。
もちろん、その先には喜びや満足感もあるのだろうが、今の私にはまだ分からない。支援してすぐはお客様に感謝していただけても、数年後、あるいはもっと先はどうなるのか、常に気にかかっている。

それでも、ずっと先まで応援したいから、当面はこの仕事を続けるだろう。

資格を取ってようやくスタートラインに立てる、奥の深い資格。
一緒に勉強し、悩み、励ましあえる仲間が増えるのは嬉しい。
第2回は今夜。ご興味のある方、ぜひ!
[PR]
by miki_renge | 2011-12-07 06:53 | 資格・勉強

20年後の同窓会:「21人の輪」より

福島県相馬市・磯部小学校の6年生を追うドキュメンタリー「21人の輪~震災のなかの6年生と先生の日々~」(Eテレ)。3日に放送された第7回のタイトルは、「20年後の同窓会」。
このタイトルを知ったときに、「卒業生が6年生を励ましにやってくるのかな?」と思ったら、違った。学校の「学習発表会」(学芸会のようなもの)で、6年生皆で、「20年後に同窓会があったと仮定して、そこにいるであろう自分の姿を演じる」という創作劇の話だった。

担任の先生は、「なれるかなれないかではなく、なりたいものを選んで」と話す。
子供達は、自分が将来なりたい職業を考える。せりふも自分達でつくる。
自分がこれまで生きてきた道を振り返り、関わってきてくれた人に思いを馳せながら。

お医者さんや助産師さん、保育士、漫画家、スポーツ選手…夢は大きいけど、とても素敵。練習中、せりふがなかなか覚えられなかった子も、本番ではその職業の服装を身にまとい、堂々と前を向いて話していたのが印象的だった。

20年後、その夢がかなっているかは分からないけれど、まずは皆、元気で笑っていてほしい。そう願わずにはいられなかった。

そしてうちの6年生はどうなんだろう…
とにかく受験前でピリピリしているらしい6年生。休み時間の話題は模試の結果と偏差値のことばかり、情緒不安定な同級生多数(長女談)。もうすぐ学芸会なので、磯部小学校と同じように練習はしているけれど、「将来の夢」なんて語れる雰囲気ではなさそう^^; 福島の子供達に比べたら、相当恵まれた環境にあるはずなんだけどね。

【次回放送は12月28日(水)午後6:55~7:55】
1時間拡大版ですよ。過去放送回の映像もあるのかな?相葉担ならずとも、お忘れなきよう。
[PR]
by miki_renge | 2011-12-05 15:36 | ジャニーズ

働く主婦の忘年会事情

いよいよ12月。12月と言えば忘年会。
本日現在、仕事関係9件、ママ友関係2件…と忘年会のお誘いはバンバン入ってくる。しかしそれにすべて応じていたら、家庭もお財布も完全破綻は目に見えている。
夫に相談したら、当初、「平日1件、休日1件まで可」というお返事。だがその後、12月は夜間の仕事の外出が例月より少なくなりそうなことが判明し、「突発的な夜の打合せが入らなければ、平日2件まで可」というお許しをいただいた。ブラボー!!

さて、ここからは取捨選択の判断をしなければならない。
こういうときは、揺るぎない判断基準を持つことが大事。

今年の優先順位は、
 1.自宅からの距離
 2.開始時刻(=終了時刻)の速さ
 3.人間関係の濃密さ
とした。

まず、徒歩で行ける忘年会を確認すると、3件。
このうち2件は18時前スタートだが、あとの1件は18:30開始、しかも「初めまして」状態の会。人間関係を深めるには絶好のチャンスで、「ぜひ」と誘っていただいたが、これはまた機会があるだろうと泣く泣く却下。
当選は、行政の窓口勤務関係者の忘年会と、保育園のママ友との飲み会。

次に、バスで行ける忘年会。これが2件。
これは単純に、開始時間が早く、かつバス停の数が少なく本数が多い方を選択。
参加している診断士の支会活動の忘年会が当確、ただし仕事の状況により「残念」になるかも?

…うわぁ、これでもう3つ。電車に乗って行く忘年会は壊滅状態(自宅から駅までだって徒歩圏内なのに…)本当はあっちにもこっちにも行きたい。お世話になった方もたくさんいるんだし、今年の御礼を伝えたい。一緒に今年を振り返りたい。情報収集もしてきたい。義理もある。でも心を鬼にして、行かない選択をする。コミュニケーションの機会は忘年会以外にもあるはずだから!
振り返れば、忘年会なんて全く縁のなかった年もあるんだもの、我慢我慢。そしてテレビで嵐、関ジャニ、SMAP等々、追っかけよう^^

【追記 12/2 5:00AM】
その後、小学校の学年全体での女子会(ママ飲み会)の案内もいただいた。
保育園だけ行って、小学校のものは行かないのはどうなんだろう…
徒歩圏内、だけど少し遅めの18:30開始。
まずい、基準がぶれる。
[PR]
by miki_renge | 2011-12-01 06:55 | 仕事場にて