<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

続・24時間テレビ2012+ダウン症検査

24時間テレビのあり方について世間が盛り上がるのは、この時期のお約束。
先日は乙武洋匡さんがTwitterで、この番組のあり方に疑問を投げかけていた。
もちろん、「感じ方、受け取り方は各自の自由」としたうえで。

確かに、いろんな感じ方があるんだと思う。
ということで、私も先日の記事に続いて、感じることを3つほど。

まず、24時間テレビって、そんなに「障害者の頑張りを、健常者が憐れむ」ような作りになっているだろうか?
私はこの数年、深夜の時間帯以外はこの番組をほとんど見ているが(ジャニヲタなので 爆)、そもそも、そんなに障害者の出番って多かったっけ?
今年と去年は震災復興にかなりの時間が割かれていたし、今年は虐待も扱っていたし、数年前には「いじめ」が取り上げられていたことも。

次に、「障害者は無理やり頑張らされている」のだろうか?
当人たちは「この企画があったからこそ頑張れた」のでは?と私は受け止めたけど。
晒し者にされた、という意識はあるのだろうか。ないなら、それでいいじゃん、と思うのだけど。もしくは晒されてでも、訴えたいものがあったという見方もあるよね。

最後に、ほぼ毎年のように書いているけれど、この番組、障害や病気について知るきっかけになりうるのではないのかな。
でも、ただのドキュメンタリーではあまり観る人がいないのも現実。
同じ日テレが「NNNドキュメント」という番組で、ときどき障害や病気をテーマにしているけれど、24時50分からの放送であり、視聴率は高いとは思えない。また、そもそも障害をこのように取り扱う番組はあまりない。
それなら、芸能人をたくさん呼んで、視聴率の上がる仕組みを整えて放送した方が反響もあるはず…その程度のヨミは誰でもするだろう。

今日だって、「妊婦の血液で、胎児がダウン症かどうかがほぼ確実にわかる新型の出生前診断が導入される」ことが、それによって人工中絶が増える懸念とともに報道されている。
ネットでちらっと見たが、多くは「中絶容認」、その理由は「育てる親の負担が大きいから」。ついでに「ダウン症児が生まれないようになれば、その分の社会保障費が浮くから、この検査費用が安くできるはず」「検査を義務付けて、その結果ダウン症でも産むことを決意した人には、すべて自己負担で育児させよ」とかいう意見もあった。

でもねぇ、障害の種類ってダウン症だけじゃないんだよ。むしろごく一部。
出産時のトラブルでなることもあるし、少し成長してから分かる原因不明のものもあるし、事故や病気による中途障害だってたくさんある。長生きすれば、相応のリスクはあるのだ。
ついでに言えば、ダウン症でも自立しているケースはある。
そんなことは、「24時間テレビ」でもさんざん紹介されているはず。
むしろそれを知るために、乙武さんが言うように「パラリンピックを見れば?」と思ってしまう。

「偽善は許せない、綺麗事も許せない」今の世論って、そんな感じ?
何が正しいか分からないけれど、障害児を育てている母としては、社会全体が障害者排除の方向に向かわないか、心配になってしまうのだった。
それこそ判断は人それぞれで、他人に押し付ける気はないけれど。
でも、「社会の無理解・支援の手薄さで親の負担が増えるから、障害があることが分かったら中絶」というのは何とも…社会が障害を作っている面は否定できないと思うけどなぁ。
[PR]
by miki_renge | 2012-08-29 17:29 | 社会・経済一般

24時間テレビ2012

先ほど、今年の24時間テレビが終わった。
それと同時に、我が家の娘たちの夏休みも終わった^^

さて、24時間テレビ。今年のメインパーソナリティは嵐さん。
泣いたり笑ったり、例年同様(いや、それ以上か?)忙しく充実した時間だった。

毎年書いているが、24時間テレビには偽善的だとか、感動の押し売りだとか、障害者を見世物にしているとか、さまざまな批判もあるようだ。
でも、根が単純な私は、誰かが頑張っている姿を見ると、自分も頑張ろうと思えるし、困難に負けずに力いっぱい生きている人、感謝の気持ちを伝えたいと願う人を見ると、すぐに感動してしまう。
それに、障害や病気は、誰にでもそうなる可能性があるものだから、他人事のようには捉えたくないものね。

ニノのドラマはその点、良かったなー。
チンピラ同士の喧嘩で車椅子生活を余儀なくされる役のニノ。でも、嵐FCの会報に載っていたように、「障害を負ったことで、気持ちを入れ替えて清く正しく生きましょう」とならないところが、現実的でよかった。でも、心を入れ替えなくても、誰かの役に立てると実感できれば、生きていける。彼はそう教えてくれた。

もう一つ。
フィナーレ近くで、「今年は嵐の誰が手紙を読むんだ?」とそわそわしてしまったが、全員が未来の自分に向けて手紙を書いていた。うーむ、そうきたか。

手紙は共感ポイントがいっぱい。
過去の積み重ねが未来につながる。だから今日を精一杯生きよう。
どんなときでも笑っていよう。

そして、この先の未来も、5人でずっと輝き続けてください。お疲れ様でした!
[PR]
by miki_renge | 2012-08-26 22:52 | ジャニーズ

「ドラゴン青年団」

あと1週間で夏休みも終わり。
とっとと学校に行ってくれ!という思いと、山積みの宿題にどう対処させるかで、揺れ動く母心(苦笑)

さて、そんなときにテレビドラマを見ている場合ではないのだが…この夏、唯一見ているのは「ドラゴン青年団」(TBS系・火曜深夜0:55~)。主演は我らが安田章大。ヤスのこの髪型は良い。

ある日突然、東京タワーにドラゴンが巻きついていた。
その様子を、富士山麓の光山町に住む幼馴染3人組(ヨシオ・ケンジ・タモツ)は、テレビでゆるーく見ていた。
が、実は彼らは、ドラゴンを倒すことのできる「光の戦士」の末裔らしい…
それに気付いた彼らは、ドラゴンを倒すためのアイテムを手に入れるため、知恵を絞る。

自分がド田舎出身だからか、地方都市の何の変哲もない喫茶店でこんな会話をしている若者、いるいる!と思えて楽しい。これからこの「悪ガキっ子」が、「世界の主人公」として?ドラゴンにどう立ち向かっていくのかワクワクする。
毎回登場する、空気の読めない青年団長(ユースケ)もいい。こんな上から目線のあんちゃん、田舎に絶対いる(笑)

これからどう転ぶか分からないけれど、彼らが本当にドラゴンを倒しちゃったらどうなるんだろう?光山町は「ドラゴン」で地域活性化を図るんだろうか? この町のブログへのアクセスも増えるんだろうか?
地方都市再興のためには、使えるものは何でも使うべし。

しかし…「ドラゴンに詳しい総理」って(笑)原発事故の際の官邸の対応のパロディまで効いてるし^^ 深夜でないと放送できないね、こりゃ。ヤスのお尻まで出てきちゃうし。
[PR]
by miki_renge | 2012-08-19 12:37 | ジャニーズ

【ネタバレあり】「エイトレンジャー」2回目の感想

昨夜は珍しく夫と娘2人が不在だった。その予定は前々から分かっていたので、ここで「エイトレンジャー」を再度観に行こうと、数日前から決めていた。無理やり座席予約をし、それまで急ぎの仕事を終わらせようと決意。こうでもしないと時間が確保できないものね。

さて、公開から2週間経つのに、場内満席。前回と同じく、見渡す限り男性は1人もいない。上映前、「ハイチュウ」のCMが流れただけで、場内がどよめく。「お一人様」で観に行っても、全く浮く気がしない(笑)

2回目ということで、ストーリーが把握できている分、今回は小ネタの追っかけ中心で観る。
居酒屋「泣泣」のメニュー、インプラントなヒナ、一発屋・亮ちゃんの「俺グッズ」の数々、すばるの部屋の「ウサギ」の絵や「土壇場」という銘柄のお酒。年下4名の「全国小学1年センター試験」の点数(ヨコより酷い)、その他もろもろ。

そう、その「全国小学1年生センター試験」で90点以上得点できるかそうでないかで将来が決まってしまうって、妙にリアルで怖くなった。今だって、「教育予算が限られているのなら、優秀な子に重点的に投資すべし」という意見はあるものね。
2035年にはこの試験が行われていることになっているが、この仕組みができるまでにどんな議論が行われてきたのか、興味ある。ドイツやイギリスの「複線型教育制度」を導入したつもりが、悪い方に転がってしまったのかな。

この映画はこういう「近未来のリアル」をよーく描いていると思う。「小さすぎる政府」を目指して多くの公共事業を民営化しちゃうとか。警察への相談ですら、お金を払わないといけないとか。警察がそうなら、医療なんて金持ちしか受けられないだろうね。今のセーフティネットの脆弱さを考えると、この辺は笑えなかったわ。

そんな社会の底辺に漂う役が似合いすぎるアイドル7人組(爆)でも、彼らはたくましい。その辺が関ジャニ∞のグループイメージと重なる。「拘束された時間分だけテキトーに働けばいい」のではなく、人々を本気で救う覚悟を決めたエイトレンジャー。自分を取り巻く環境を人のせいにしないエイトレンジャー。社会人として大事だよね^^ うんうん。
ただ、いよいよヒーロー感が出てきたときの挿入歌、「ミラクル合唱団」が歌う「∞レンジャー」で、なぜか場内から笑い声(ここ、笑うところじゃないよね)

もう一つ。見れば見るほど、すばるの「無精髭&メガネ」がしっくりくる。このヤサグレ感は秀逸。でもかわいいって何それ!?

●1回目の感想はこちら
[PR]
by miki_renge | 2012-08-13 08:58 | ジャニーズ

年少者の労働

先日、14歳の中学生が建設会社のアルバイト中に壁の部ブロックで下敷きになって
亡くなった事故について。
群馬県桐生市の中学校の改修工事現場で、アルバイトとして作業中に崩れた壁の下敷きになり、重体だった栃木県足利市立西中3年、石井誠人さん(14)=同市五十部(よべ)町=は7日朝、全身を強く打ち搬送先の病院で死亡した。
労働基準法は15歳未満の雇用を原則禁止しており、桐生労働基準監督署は同日、同法違反の疑いがあるとみて現場の立ち入り調査を始めた。
群馬県警によると、石井さんは6日朝から5人で体育館の壁の撤去を行い、当時はがれきを屋外に運んでいた。石井さんは6月ごろから、週末を中心に同県太田市の建設会社でアルバイトをしていたという。(毎日新聞より)

初めは、会社か本人かどちらかが年齢を偽っていたのか?と思った。
しかし、そうではないらしい。
「職場体験」という位置づけで、親の申し出もあり、学校も認めていたそうではないか。
実際は「体験」ではなく日当5千円のアルバイトであり、平日に学校を休んで働くことを学校関係者が認めていたとの報道もある。

全く、不可解な話だ。

まず、労働基準法では、「満年齢15歳に達した日以降の最初の3月31日まで(つまり義務教育期間)、児童を使用してはならない」ことになっている。例外的に軽易な労働であれば、労働基準監督署長の許可を得た上で、就業時間外に労働させても良いことになってはいるけれど(子役や新聞配達はこれに当てはまる)

今回の工事現場は、どう考えても「軽易な労働」ではない。
保護者はそれで良かったの?
会社は労働基準法を知らなかったの?
学校は疑問に思わなかったの? そもそも「職場体験」の定義づけって?
あとからあとから、疑問がわいてくる。

もしも彼が働かなければならないほど生活が困窮していたとしたら、日本のセーフティネットっていったい何なんだろうと思う。子どもが労働の担い手として、学校にも行けずに朝から晩まで働いていた時代に戻りかけているのか?
一部では「どんな理由にせよ、遊びたい盛りの中学生が建設現場で働くなんて(そしてもしかしたら家計を助けていたかも知れないなんて)偉い」という声もあるようだが、これを美談にしてはいけない。恐らく真面目なお子さんだったのだろうから、気の毒だけど。

それにしても、この事故、労災はきかないよね。補償はどうなるんだろう…
この建設会社だって、最大限好意的に解釈すれば、良かれと思って受け入れたんだろうにね。
それでなくても、受注した仕事に対応するための判断だっただろうに。
コンプライアンス違反は、結局身を滅ぼす。どんなケースでも同じだ。

年少者の労働、甘く見ちゃダメだよ。
[PR]
by miki_renge | 2012-08-12 15:38 | 雇用・人事

障害児の母とジェンダー

重度障害児家族の生活 ケアする母親とジェンダー」という本を読んだ。

障害児・障害者が抱える問題はクローズアップされることが多いが、その家族については、世間はなかなか目を向けようとしない。私自身、以前からそれを不満に感じていた。本書でも、
介護全般や育児においては、固定的性別役割の解消が謳われているものの、ここでも障害児の母親の存在は、子どもの特性ゆえに度外視されている。(中略)障害児の母親は、個々人の特性や意思を問われることなく、心身共に強い母親、養育熱心な母親であることを期待されている。障害児への献身的な関わりは、あるべき母親像として捉えられ、そこにジェンダーの問題が潜在していることは見落とされてしまう。

と述べられているが、その通りだ。

うちの娘は重度障害ではないが(歩けるし、一応の会話もできるし)、それでも本書で述べられている「障害児母の実情」は共感できた。
通院や療育機関、学校への付添いといった物理的な役割。
意思表示できない子どもの代わりに発言し続ける役割。
そして最終的には、自立させるべく成長を促す役割。
残念ながら、夫をはじめとする親族の協力が得られないケースも多々ある。きょうだいがいれば、障害児だけに関わるわけにもいかない。母親は孤軍奮闘を迫られる。

この役割の重さを考えると、当然、母親自身の自己実現(仕事など)は遠い夢となってしまう。健常児であれば、仮にいったん仕事を辞めたとしても「子どもの手が離れたら」と希望を持てるが、障害児の場合いつ手が離れるか分からない、一生離れないかも知れないのだ。そこで働くための条件整備をするなんて、気が遠くなりそうだ。

本書の筆者は、「母親を支援することで障害児の生活を保障するのではなく、子ども本人への支援を強めることで母親支援を薄めていくべきである」という見解を示している。私もその意見には賛成だが、どれだけの時間がかかるんだろう、とため息が出てしまう。やはり、一方で健常児母がまず働きやすくならないことには、どうにも変わらないかもね。

それにしても…障害児母のネットワークの強さ(世界の狭さとも言い換えられるかも?)の指摘にはつい笑ってしまった。私も、区内で長女と同年齢の障害児さんについては、実はだいたい把握している。あと、養護学校のPTA役員は、確かに人数が少ない分大変そうだ。このネタだけで、ブログ記事が一本書けそう^^;
[PR]
by miki_renge | 2012-08-02 18:46 | 家族・育児