「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「介護退職」

楡周平さんの「介護退職」という本を読んだ。

総合家電メーカーで部長職にある会社員・唐木が、母親の介護問題をきっかけに生き方の転換を余儀なくされる。母親は秋田の過疎の町で一人暮らしをしていたが、雪かきのときに骨折してしまう。葛藤の末、東京にある唐木の自宅に引き取るが、いわゆる「企業戦士」である唐木は、結局は妻に全面的に頼らざるを得ない。中学受験生も抱え、妻も介護疲れで倒れてしまう。
社運を賭けたプロジェクトのリーダーであり、この成功によっては役員の椅子も手に入るであろうポジションにいるのに、唐木は、厳しい決断を迫られることになる。

…と、まぁ、こんなストーリー。

Amazonでは、残念ながら厳しいコメントが目立った。
実際、唐木が介護に向き合ったかどうかというと、実は奥さんに丸投げ状態。こりゃー奥さん、倒れるわ。「介護退職」というタイトルに違和感を持つ人がいてもおかしくない。この小説、奥さんの立場から書いた続編が読みたいと思ったのは私だけではあるまい。

もっとも、働き盛りの男性がこのような状況に追い込まれたら、妻(専業主婦か、自分より収入の低い場合に限るが、それがほとんどだろう)にお願いするしかないのは事実だろう。このケースは、妻がくも膜下出血を起こして倒れたけれど後遺症もなく…という、まさに「不幸中の幸い」というものだったが、これで妻に後遺症が残っていたら。いや、体が悲鳴を上げる前に精神的に参ってしまったら。あとは家庭崩壊だっただろう。

そう、唐木の場合は、幸運なパターンであった。
頼れる叔母がいた。弟夫婦がいた。そして日頃の働きぶりを評価してくれる上司がいた。
介護される母も、認知症とはいえ、徘徊が出ていなかった(骨折して動けなかったため)
何か一つ欠けても、泥沼状態だった。

でも、日本の至るところで、この「泥沼状態」にはまりこむ人はいるのだ。
最後の方で、閑職に飛ばされたときの上司である吉井が「いつ誰が、君のような状況に陥っても不思議じゃないというのに、そうした人たちを支援するシステムはおざなりになっている」と語るが、その通りなんだよね。

せめて拙著で書いた「コマギレ勤務」がもっともっと普及してほしい、その人がいないと仕事が回らないということがないようにと、願わずにいられない。
[PR]
by miki_renge | 2013-04-28 10:52 | 雇用・人事

育休3年!?

昨日入ってきたこのニュース。
安倍首相:育休3歳まで延長を 待機児童ゼロ対策も
この短い記事だけでは分からないことも多いのだが、それでも感じたことを書いておきたい。

「育休3年」。
これを歓迎する人も、確かにいると思う。確かに選択肢は増えるわけだし。
でも、昨夜Twitterを見た限りの反応は、むしろ「現状を分かっていない」という嘆きや怒りの声の方が多かったように受け止めている。
そして、私もその1人。

まず、3年休むことで失うものの大きさ。
「ノーワーク・ノーペイ」なのだから、育児休業中は無収入でも仕方ない(雇用保険に入っていたら、原則1年間は育児休業給付金がもらえるけれど)
3年休むことによる、キャリアの分断はどうなるのか。もちろん違和感なく復帰できる仕事・職場もあるだろうが、休めば休むほど復帰のハードルが上がるのも現実だろう。
そういえば、出産退職後に再就職活動をしたとき、「3年専業主婦をやったら使い物にならない」と言われ続けていたっけ(←これは嘘だと思うけどね)

で、気になるのはこの記事が「5年間で待機児童ゼロ」とセットで報道されていること。これは編集の都合なのかも知れないけれど、これは「0~2歳児の保育所入所抑制」を意味するのかしら。
それだと、0歳から保育所のお世話になりたいフリーランス家庭は困る^^;;;

3年育休後の「復職しやすい環境」作りよりは、育休は1年でも半年でもいいから、短時間勤務で働ける選択肢がもっと整備されたらいいのになぁと思う。細くても繋がっていた方が、スキルも落ちにくいし、代替要員も必要最小限で済む。
あとは、この記事では「女性」に絞られているけれど、そもそも男性の働き方が変わらないと何一つ解決しないよね。
これらの解決が難しいから、「育休延長」という安易な方向に流れるのかねぇ^^;
同じ3年でも、「男性と女性、1年半ずつ」とかいうなら、「性的役割分業を崩そう」というメッセージと受け止められるけど。女性が3年取得の前提だと、男性へのプレッシャーもハンパないだろう。結果として少子化が進むのでは…

★8時間勤務にこだわることはない。否、まず定時出退社できるようなマネジメントを。そんな思いを込めて「『コマギレ勤務』が社会を変える~多様な働き方を目指して」という本を書きました。より多くの方に問題意識を持っていただけたら嬉しいです。アマゾンでもお求めいただけます。
[PR]
by miki_renge | 2013-04-19 09:46 | 女性と仕事

単著出版までの長い道のり(4)

相変わらず、ある日突然復活する(笑)「単著出版までの長い道のり」シリーズ→ 過去記事はこちら (1)(2)(3)

先日は1月18日に、再校を戻して、原稿が私の手を離れたところまでを書いた。
その後しばらくは、この執筆の間に恐ろしく滞っていた業務に追われていた。

発行日は2月5日。もっとも、私の手元に届いたのはもうちょっと遅かった。
本を手に取ったときは感無量だった。
…と言いたいところだが、実は怖さの方が先に立った。もちろん、全身全霊込めて執筆し、丁寧に確認したつもりだったけれど、活字になって不特定多数の方にお読みいただける状態になったというのは、もう訂正が効かないことを意味する。
同時に、「この主張が、世の中に納得感を持って受け入れられますように」と祈るような思いがわき上がった。

書店に並び始めるのが2月20日過ぎ、ネット書店で購入可能となるのがその数日後と聞いていたので、そこからは販促活動。
都内の大きな書店を回り、平積みしていただいているところには御礼を伝えるとともに、手作りのPOPを手渡した。
紀伊國屋書店新宿本店様では、昨年亡くなられた金子哲雄さんの「食いっぱぐれない『働き方』のテクニック」と並べて平積みしていただいていた。こんなにありがたいことはない。
(ちなみにこの頃、この書店様ではシゲの「閃光スクランブル」の写真展が開催されており、自分と同じような匂いのするジャニヲタでごった返していた…)

もちろん、お世話になった方には献本(まだお渡しできていない方も…すみません)。
労働関係の資料室や男女共同参画系の施設には寄贈。

で、しつこくも(5)に続く…

★「『コマギレ勤務』が社会を変える~多様な働き方を目指して」をご購入いただける方はこちら(労働調査会様サイト)かこちら(アマゾン)へ。ありがとうございます。
[PR]
by miki_renge | 2013-04-16 13:53 | 仕事場にて

仕事と子育て 女のサバイバル

先週土曜に放送されたNHKスペシャル「仕事と子育て 女のサバイバル 2013」を見た。

スタジオで紹介された事例や出された意見は、特段真新しいものはなかったが、それだけこの問題が厄介だということなのだろう。
宇野常寛さん(この番組で初めて知った)が始まってあまり時間がたたないうちにおっしゃった「議論がループしているんですよ…このまま行ったら後半の方で頑張っている人の映像を見て、何となくいい話を聞いた気分になって番組終了ということになりますよ」という発言がすべてだったなぁ。

この方の発言、他にもユニークだった。
たとえば、「"意識を高く持て、サバイバルせよ"というメッセージが150%の正論として流通してしまう社会は怖い」というご意見。
そうだよね。皆、働くことについて頭でっかちになりすぎていないか?
もちろん、自分のキャリアの棚卸をして、自己分析して、あれやこれやと環境を整えて…と動くのは大事だと思うけれど。
働くって、本来、もっとシンプルなことのような気がするなぁ。誰かの笑顔を見たいとか、誰かの役に立ちたいとか。そしてそれを実現するのに、スペシャルスーパーな人間である必要はない。

まぁそれでも、女性が子どもを持ちながら仕事をするというのは、「サバイバル」であるのは現実だけれど。これが「サバイバル」になってしまう時点で、すでにため息が出ちゃうよね…(ついでに言うと、子どもが障害児だと、余計にサバイバルになってしまう^^;;;)

その解決には、やはり宇野さんのおっしゃるように「ニッポンのお父さんを会社から解放する」ことなんだろうなぁ。併せて、拙著にも書いたけれど「8時間労働にこだわらない働き方」が、もっともっと浸透してほしいと思う。
[PR]
by miki_renge | 2013-04-12 09:17 | 女性と仕事

中丸、卒業おめでとう!

新年度初めての更新がこのテーマなんて…と思わないでくださいね^^

KAT-TUNの中丸が、この春めでたく早稲田大学人間科学部eスクールを卒業した。
仕事で多くの人とかかわる中、「うまく日本語を使えていない」と感じた彼は、24歳で入学、5年かけて卒業したのだ。

「通信でしょ?」と侮るなかれ。
学校に通わないからこそ、自己管理が求められるのだ。
彼は毎日、午前中の3時間を勉強に充て、忙しい仕事と両立したという。
しかも、卒業論文では最高評価のA+をもらったというおまけつき。

私は、残念ながら彼の24歳のときの日本語力は覚えていない。
ただ、それだけのモチベーションを保ち続けられたというのは、すごいことだと思う。
資格試験の勉強だって、通信でやるのは大変だよ。そのままフェードアウトしていく人だって多いだろうに…まして、「職業、KAT-TUN」だからねー。

卒業までの数か月の様子は、「シューイチ」でも紹介されていた。
KAT-TUNのメンバーを前に卒論のプレゼン練習をする中丸、いい仲間に恵まれたね。
本当におめでとう。これから、どんなふうに活動の幅を広げていくのか、楽しみ。
[PR]
by miki_renge | 2013-04-05 21:59 | ジャニーズ