<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

震災からの9日間を想う

ナインデイズ 岩手県災害対策本部の闘い」という本を読んだ。
東日本大震災発生後に岩手県庁内に設置された、災害対策本部の9日間の闘いを描いた、ノンフィクションである。

冒頭、「たとえば、これがなにかの試合だったら、勝ち負けをつけることができたのだろうか。」という書き出しには、少々戸惑った。
しかし、読み進めていくうちに、こう考えざるを得なかった主人公(実在する救命医)の思いが理解できるようになってきた。
大変なことが起きていることだけは分かる。しかし具体的に、どこで、どれほど大変なことが起きているか、把握できない。把握できる状態になったときには、助けたくても助けられない…
どんなに歯がゆい思いをしただろう。

そして、情報を把握できない状況というのがどんなに恐ろしいものかも、何となくではあるが分かった。
どこに緊急の医療を必要とする人がいるか情報があれば、限られた資源をうまく配分することができただろう。ただ、被災地のインフラは壊滅的な打撃を受けていた。正確な情報がまるっきり伝わらない。
こんなとき、被災していない地域に、何かできることはなかったのだろうか。
…いや、その情報を被災地に伝える術を持たなければ、何をやっても無駄だろうか。
私も主人公と同じく、「このときこんな判断ができていたら」と、考えてしまった。
もっとも、主人公のような志高い救命医がいなければ、被害はもっと拡大していたかもしれない。不眠不休で対応していた本部の皆さんには、頭が下がる。

震災後、陸前高田で教師をやっている友人や、山田町出身のやはり教師の友人から、当時の状況を聞いたことがある。当事者の必死の思いと裏腹に、どこか他人事の首都圏の雰囲気に、苛立つ気持ちがあった。
いや、実際は間接被害を受けた企業様も、とてつもない苦労をしていたことは、経営相談の場などで分かっていたのだけど。
それでも、もっとできたことがあったではないか…自分に、当事者意識はあっただろうか。「がんばろう日本」なんて、掛け声だけだったのかな、と。

彼らの、この貴重な経験を、大事にしたい。それが、いずれ起こると言われている他地域での震災対策にもなるはずだから。
[PR]
by miki_renge | 2013-09-29 20:28 | 社会・経済一般

神経を使う仕事

8月末、社労士試験があった。
試験問題はサッと見ただけだが、まぁ、簡単ではないよね。
特に労災と社一の選択問題は、「悪問すぎる」と、ネットでは怒りの声も見かけた。
…でも、社一の問題は時事ネタとして、出題はありうるかな。「社労士ではなくて日本語の問題」という批判もあったけれど、日本語ができなきゃ、士業の仕事もできないだろう(これはホントに日々実感する)。

この手の試験にまつわる一連のアレコレに接するたびに思うこと。
それは「本当に知っておくべき内容が出題されているのかどうか」である。
実務では滅多に使わないような、重箱の隅をつつくような出題では、運不運に左右されてしまう。

と言っても、「努力が報われるような出題」だけではダメなんだよね…
国家資格なんだから。お客様から依頼されて仕事をお受けするときに、「努力したけどダメでした」は通用しないものね(これも心から実感)。

実は、私も仕事で試験問題作成(+採点)に携わることがあった。
これ、ものすごく神経を使う。
「これを知っていたら、どんなシチュエーションで役に立つか」を必死で想像したし、誤解のない質問の仕方(表現方法)も考えた。
それでもきっと、「何だよ今年の出題は!」という愚痴は多々あったと思う。

試験って、「ここまでのレベルに到達してほしいんだよー」というメッセージでもあるんだよね。それをどうか分かってほしいと思う…難しいかな。自分が受験する立場だったら、そんなふうに受け取れるか自信ないものね^^;;
[PR]
by miki_renge | 2013-09-11 11:51 | 資格・勉強

文句を言っても始まらない:「明日はどっちだ」より

今週も、外出の仕事は終わりました。
まだ、報告書作成とか、研修のレジュメ作りとか、残っていますけれども、ええ。

というわけで、すこーしだけ気分転換のために、
先週と今週分の「明日はどっちだ」(NHK)を観る。

セカンドシーズンのスタートは2人。どちらも37歳。
確かにいろいろ考える年齢かも知れない。人生の折り返し地点に差し掛かる頃だし。
この2人も、いろいろな仕事を経験しながら、でも自分の中で「何かが違う」という違和感を抱き続けて、今、落語家と豆腐屋に挑戦している。

すばる「明日から、全然違うところで、再起をかけると思ったら…ありえないですもんね」
ヒナ「ぞっとする」
そりゃ、あなたたちはね。10代で人生の岐路に立たされたわけだものね。

他のジャニーズグループにゴボウ抜きされた過去を語る3人。
でも、やっぱり当時は「何かが足らなかった」んだろうね。
3人そろったら、「売れてる奴の文句しか言うてへんかった」と。「根が腐ってた」と。
人間だもの、凹んだり愚痴りたくなることもあると思う。環境のせいにしたくなることもある。でも、それだけじゃ、それなりの人間で終わってしまうということなんだよね。うわー、怖い(自戒を込めて)

不満はあっても、現状を受け入れる、変えていく努力をしないと、前進しないんだなぁ。
エイトのデビュー当時について「思ってたんと違う!と思ったけど、がんばります!って」と振り返ったすばる、よかったねぇ。初めはちょっと理想と違っても、続けることも大事なんだろうな。

ホント、この番組、いろんな学びがあるよ。ありがとう。
[PR]
by miki_renge | 2013-09-06 18:24 | ジャニーズ

今後の会員登録

すみません、ブログが放置状態です…
でも、当分は頻繁に更新できそうにありません。
あんなこんなで、こっぱみじんこになっております(爆)

先週まで子どもたちの夏休み。
8月後半から、宿題をやりなさいと何度も声を掛けてみたものの、動き始めたのは8月25日の17時過ぎから。長女はそれでも、前から一応は進めていたのだけど、次女は完全に宿題を甘く見ていて、最後には号泣しながら「夏休みの楽しかった思い出」について絵日記を書く始末。

やっと9月になって、ヤレヤレと思っていたけれど、実は今週から長女は期末テスト。
また「勉強しなさい!」の掛け声の日々か…いや、もう放置かな。中学生だもんね。

さて、9月から変わったこと。
その1。社労士登録を、「勤務等」から「開業」に変更した。
平成22年秋に社労士登録をした後、ありがたいことに各所からお仕事のお誘いをいただいたのだが、勤務等登録だったので、できることは限られてしまっていた。
そこで意を決して、大枚はたいて(笑)、ついに開業登録。
と言っても、診断士業務がメインであることには変わらないのだけど。

もう一つ、こちらも「会員」つながりで。
関ジャニ∞のFCに入会しました!
「あれ、今までも入っていたよね?」とお思いの方、実は今までの名義は、長女のもの(長女はヒナ担)。
こちらも自分名義の会員証がほしくなって、申し込んじゃいました(「好きなタレント名」に「渋谷すばる」と書いて…)。
そうしたら、その直後に5大ドームツアーが発表されたではないですか!
この秋も、嵐のツアーも含めて参戦できることを祈って、突っ走ります!
[PR]
by miki_renge | 2013-09-02 10:50 | ジャニーズ