<   2017年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

プレミアムフライデー

本日は年度末にして、月末の金曜日。
そう、プレミアムフライデーである。
…どれくらいの人が早帰りできたのだろうか。いや、お花見や送別会を早くから始めている会社もあるかもしれないが。

残念ながら、私自身には全く関係ない。
毎週金曜日は、行政の相談窓口勤務である。月末だけ午後3時の枠は予約を入れないなんて、到底あり得ない。そもそも月末でなくても、週末の相談窓口は混んでいることが多い。その週の初めの方に不調に終わった案件が後ろに送られてくるのも原因の一つ。いや、ヒマよりはよほど歓迎すべきことであり、今日も窓口にいらした社長さんと、「プレミアムフライデーって、儲かりますかねー」なんて話をしていたが。

個人消費を喚起するためのプレミアムフライデー。しかし、巷ではその恩恵を受けられるのはきわめて限定的であるという見解がもっぱらだ。確かに、プレミアムフライデーのサイトを見ても、「ハードルは高いなぁ」と思う。
2月の第1回プレミアムフライデーの実態調査結果を見ても、早帰りできたのは17%。
ナビゲーターに就任した関ジャニ∞への風当たりが気になって仕方がない。

着想は悪くないと思う。トップもこれをきっかけに方針を発信しやすくなるかもしれないし、クライアントにも説明しやすい。
ただ、現状では広がりを持ちにくい気がする。「労働時間上限100時間未満」云々言っている時点で。
以前、「シューイチ」で、「渋谷のカズ」こと経済ジャーナリストの渋谷和宏さんが、「プレミアムフライデーの前にまずプレミアムサタデーを。中小企業は土曜日に働いている人も多い」と言っていたが、たぶん取り組みはそのレベルから。
そして次は、定時退社ができる日を設定する、すなわちノー残業デーの徹底といったところか。
サービス業や小売業など、プレミアムフライデーが「書き入れ時」になる業種は、振替を保証する雰囲気もほしい。

そんなことを考えながら、差し入れのケーキを美味しくいただいた、年度末の金曜だった。
…自分が消費拡大に貢献するなら、月末の金曜日だけ、ちょっと贅沢してコンビニのスイーツを買って帰ることかなぁ。
[PR]
by miki_renge | 2017-03-31 23:59 | 商品・サービス

「嘘の戦争」

ものすごく久しぶりのブログ更新。
今も実はそんなに余裕のある状況ではないのだが、ちょっと発信。

昨冬の「スペシャリスト」以来、まともに連続ドラマなんて見ていなかったけれど、今回久々に「嘘の戦争」を観ていた。仕事が忙しくて、正確には後半だけ、だけど。

9歳のときに両親と弟を目の前で殺害された一ノ瀬浩一が、詐欺師となって、その犯罪に関わった人たちへ復讐していく物語。
重たいけれど、最後は救いのあるものだった。
これだけの復讐劇だから、最後は誰かが死んでもおかしくないと、お腹に力を入れて観た(このドラマ、「ながら見」は不可能)。実際、園長も、六車も、楓も、そして一ノ瀬自身も、「これまでか…」と思う場面があった。

そう、最終回は畳みかけるような嘘の連続。もはや、何を信じていいか分からない。
でも、時間が経つにつれ、いろんなピースが組み合わさってきた。三兄妹の会話や、ユージ・カズキ・ハルカの会話から…
会長はあの一ノ瀬への謝罪の後、しらばっくれていたけれど、逮捕された六車から真実が語られるだろう。

何にせよ、誰かが不相応に傷ついて再起不能になる、不条理な終わり方でなくて本当に良かった。
詐欺師・浩一にも良心があるのだな、と(特に前回、園長先生に復讐しなくてホッとした。中盤まで、園長=黒幕と思っていてすみません。)

「目には目を、嘘には嘘を」
「復讐なんて別の悲劇と憎しみを生むだけだ」
「人を憎み続けるのって疲れるんだよなー」
「嘘のない奴なんていない。嘘もつき続ければひとつくらいは本物になるかもな」
とときどき意味深なセリフを入れつつも、きれいにまとめない展開。
空港で「一区切りつけた」感を出した一方で、これからも嘘が続くことを明らかにして余韻を残した。
こんな骨太のドラマを観たら、これからますます、軽いドラマは観られなくなってしまうよ。
(と言いつつ、「マッサージ探偵ジョー」はたぶん観る)

そして最後に言う。草彅剛は天才だ。演技の振り幅が広すぎる。次回作が早く見たい。
[PR]
by miki_renge | 2017-03-15 10:27 | ジャニーズ