<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

PTAで某部の部長を経験して

次女の小学校のPTAで、某部の部長をお引受けしたのが1年前。
やっと、やっと、任期を終えた(若干の引継事項を残して)

この部は長女のときから通算して3回目だったため、流れは分かっていたが、やはり部長ともなると、活動にある程度時間を割く必要があり、仕事とのやり繰り、そして睡眠時間の確保(苦笑)に苦労した。

特に苦労したのは以下の3つ。

【その1】
部員のモチベーションやスキルが分からないままに、役割分担をして、活動を開始しなければならなかったこと。「PTAをやるならこの部」と決めていた人もいれば、ジャンケンで負けて仕方なくクラスから選出された人もいる(ようだ)。また、後になって、数人の部員がとんでもなく高いスキルの持ち主だったことが判明したりもした。まさに、「それさぁ、早く言ってよぉ~」@松重豊さんという気持ちだ。
意欲や能力、制約条件が分からずに配置することは、企業社会ではあり得ない。まさに博打だ。それを言ったら、部員の皆さんも、「コイツに部長が務まるのか?」と思っていたかも知れないが。

【その2】
その1とも関係するが、部員同士の意見の調整、あるいは学校・PTA本部と部員との調整には苦労した。
基本的に部員は皆真面目で、「どうせやるなら頑張りたい」という完璧志向の人が多かった。それは好ましい反面、どこかでストップをかけないと、際限がなくなり、誰かが疲弊することになる。そのストップをかけるタイミングをどこに置くか、頭を悩ませた。
同様に、学校やPTA本部の意向にどこまで沿うか。いや、沿わざるを得ないのだが、それを部員に理解してもらうこと、どうしてもそれが無理だと思ったら学校と交渉…落としどころの判断も部長にしかできない仕事だった。

【その3】
「原則として部長が参加」となっている会議・研修の日程確保及びその資料作成時間確保。よく、「部長なら自分の裁量でスケジュールが組める」という話は聞くが、現実はそれほど甘くはなかった。結局はPTA本部や学校、さらにその上のPTA連合会の都合に合わせる必要がある。一部長の立場では無理。結果、だいぶ周囲に助けてもらった。

他にもいろいろ思うところはあり、Facebookには、ときに真夜中に泣き言をこぼしたが、終わってみると…
学校への理解も深まったし、仲間もできたし、いい経験だったよね!
というのが、今の本当に正直な気持ち…実に単細胞だけど(笑)

部員の皆さんの「なんだかんだ言って楽しかったよね」「働いている頃の気持ちを思い出したよ」の声、そして「部長、お疲れ様」と労ってくれたりして、もう今までの苦労はすべてチャラ!になってしまった。
部のみんな、めいっぱい愛してる(笑) 
「これが終わったら再就職活動する!」と宣言していた人も何人か。大丈夫、できるよ!

もっとも、ここで「楽しかったね!」で終わったら、いつまでたっても改善につながらないことも痛感している。
そこで、数日(数夜)かけて引継書を作った。業務の見える化、これ大事。定型化できるところはして、でも創意工夫の余地はしっかり残すと、無理なく楽しく活動できるんだろうなぁ。

もっとも、ここに書いたのは、私が所属していた部のことだけ。
PTA本部に近い立場で活動を俯瞰すると、別の改善点も見えてきたのだが、これについては機会があったら。
[PR]
by miki_renge | 2017-04-30 23:39 | 家族・育児

J-Net21に掲載いただきました

早いもので、4月も半ば。
今年も、3月末日までは何が何だか分からないくらい忙しかったけれど、4月に入って、仕事面ではホッと一息。その代わり、PTA関係でやることが多々あるので、睡眠時間は増えていないのだけれど(笑)

さて、本日はちょっと宣伝。
「J-Net21」という、中小企業のためのポータルサイトがあるのだが、そのなかの「中小企業診断士の広場」というコーナーで、ご紹介いただいた。
具体的には、「書籍を執筆した中小企業診断士を取材する」という企画だったのだが、私のところには、平成25年に出版した『「コマギレ勤務」が社会を変える~多様な働き方を目指して』を読んでくださった新進気鋭の診断士、小寺暁子さんがいらしてくださった。
→【第1回】【第2回

ちなみに取材をお受けしたのは市ヶ谷だった…市ヶ谷と聞くとテンションが上がったのち、頭の中を「キラリト」が流れて、泣けてくるのですが…SHINING IN MY HEART~♪

もう4年前の話なんだな…と振り返りながら、その当時の問題意識や、その後の私自身の仕事の変化、そして労働環境・政策の変遷に思いをはせる。
当時は「こんな世の中になったらいいな」と思いながら執筆したけれど、問題意識を深堀りしたからこそ「これはまだまだ変わらないぞ…」と感じたり。
そして、それに対して、まだ自分には具体的な方策を提言できるだけの力がないことを思い知ったり。
そんな試行錯誤はまだまだ続きそうだけれど、今回取材をお受けして、本を出したときの新鮮な気持ちを思い出した。

もっとも、取材する側は何回か経験があっても、今回、取材をお受けするのは初めて。
小寺さんがいろいろ聞いてくださるのをいいことに、私は好きなことを好きなように話すだけだった(汗)
被取材者失格。
なのに、取材原稿をとても素敵にまとめてくださっているのには、感謝!と同時に、文章力・取材力を磨く努力を最近怠っていたことを反省。

なお、「J-Net21」は、他にも有用情報がてんこ盛り。「中小企業ビジネス支援サイト」となっているけれど、診断士の仕事のイメージも掴めると思う。私にとっては「虎の巻」です(笑)
[PR]
by miki_renge | 2017-04-20 09:55 | 仕事場にて