雑誌の表紙に何てこと!

GW仕様で日記状態。^^;

今日は家族と一緒に、いわゆる「スーパー銭湯」へ。
お風呂にのんびりつかった後、待合室に行ってそこに置いてあった雑誌を見てぶっ飛んだ。
Smap・草なぎくんが表紙を飾っている某女性週刊誌があったのだが、その表紙に黒のサインペンで大きく、その銭湯の名前が書いてあったのだ。
「私物ではない/持出禁止」ということを言いたかったのだろうが・・・あんまりだ。

その表紙は、なかなか草なぎくんが見せないような、ちょっと陰のある表情で、よほど買ってしまおうと思ったが、「女性週刊誌」ということに抵抗があり諦めたという経緯がある(たぶん男の人がAVビデオを借りるときはこんな気持ちなのだろう)。
そんな貴重な写真の上に黒サインペン・・・

病院や銀行でも週刊誌は置いてあると思うが、ぜひ、こんなデリカシーのないことをしないで欲しいと切に思う。
もっとも、そのスーパー銭湯、お客さんはお年寄が多く、草なぎくんのファンがいるなんて銭湯側も思わなかったんだろうな・・・これが氷川きよしならどうなのだろう。
[PR]
# by miki_renge | 2004-05-03 19:08 | ジャニーズ

最近の人事労務施策の動向

労務行政研究所から、「企業における人事労務施策の動向」が発表されています。(ファイルはPDFです)。

集計対象は260社なので、それほど多くはないと思うけれど、なかなか興味深いです。
で、例のごとく、ちょっと気になった点を。

★年俸制は3社に1社が導入。
 一方で、定昇は12.7%、職能資格制度は8.1%が廃止。
 →この流れは止まりませんなぁ。でもうまく運用できてるのか気になる。

★「永年勤続表彰」は実施率が66.5%、年々実施率が低下。
 →終身雇用が崩れてきてるから当然か。永年いればいいってもんでもないし。

★約半数の企業が女性管理職を登用。
 →私の周りにはいないなぁ。どのレベルの管理職なのか知りたいところ。

★職場旅行の実施率は2割。
 →なかなか若手は参加しないでしょう。女性にとってはセクハラの温床だし。

★企業倫理規定を作成しているのは27.3%、社内告発制度があるのは14.2%。
 →制度がなきゃ、告発できないわけでもないだろうけど。これからの分野かな。
[PR]
# by miki_renge | 2004-04-30 10:56 | 雇用・人事

「新しい風」第三話

4~6月期、唯一ちゃんと見ているドラマは「新しい風」(TBS系木曜夜10時)。
吉田栄作が新聞記者から選挙に打って出る、という話である。
栄作と言えば、確か1993年の「国会へ行こう!」で緒方拳の秘書役で出演していた。あの役は世に言われるイメージ通りの「熱い役」だった。
今日は出馬を決心して、事務所開きのところまで。
それまで秘書役・段田安則の操り人形だったような栄作が、自分の言葉で、妻と娘のことから話し出したのには、激しく共感した。
その前に、段田さんに、「政治は家庭サービスの合間にできるもんじゃない!」と罵倒されていたものね。実際そうなんだろうけど・・・家族を大切にする気持ちまで否定されるもんじゃないはず。
それにしても、段田さん、これからますますねちっこくなりそう。

政治モノのドラマは視聴率が取りにくいというけれど、今のまま、視聴率に振り回されずに丁寧に描いて欲しいもんだ。それにしても、脇もベテランでしっかり固めてある(寺田農、野際陽子、植木等、橋爪功、小野寺昭、山下真司、伊藤蘭、おっと忘れちゃいけない主役のともさかりえちゃん)大人のドラマだ。

ちなみに・・・ちょっと見て脱落したのは「光とともに・・・自閉症児を抱えて」(日テレ系水曜夜10時~)。
原作のマンガを知っている者として、そして遅れのある娘を育てている身としては、やはり障害告知前後の苦労の描写がすっ飛ばされてしまったことに残念さを感じる。障害児施設に通うママ友達も同意見だ。まぁ、演じられる子役はいなかっただろうけどね。
[PR]
# by miki_renge | 2004-04-29 23:16 | 社会・経済一般

2004年版中小企業白書

中小企業庁のホームページに、2004年版の中小企業白書のポイントが掲載されていました。

ざっと目を通した感じは、特に真新しいこともなかったのですが、ちょっとだけ気になった点を。
★中小企業の倒産件数って、02年度の水準から15%も減少したんですね。

★SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)について。専業で事業を営む人の開業動機の第一位は、「自由に仕事がしたかった」とのことですが、実際自由にできているんでしょうか?私も言ってみればSOHOのはしくれかも知れませんが、時間に追われるばかりで、それほど自由を感じていません・・・私の時間管理が下手なせい?

★中小企業は、高齢者や子育て中・後の女性の雇用の受け皿。現実はそうなんだろうけど、ちょっと悲しい。私達も隙間労働者。

★自営業主の高齢化が年々進んでいる。50歳代以上が7割。高いですねぇ。

★倒産者で再起業を目指す者は多いが、実現は困難。一方、廃業者で再起業を目指す者は少ないが、実現する割合が高い。撤退時期を見極めることが重要・・・とあるけれど、う~ん、実際撤退の決心って、難しいんですよね。それから、倒産しても再起できる道筋が欲しい。倒産理由にもよるけれど。
[PR]
# by miki_renge | 2004-04-28 10:25

年金保険料 切り替え制度があれば?

国民年金保険料の未納が発覚した麻生総務相がこんなことをおっしゃっておりますわよ。

「閣僚になった時に厚生年金から国民年金への切り替え手続きをミスした。多忙な中で(手続きを)やれる人はそうざらにはいない。閣僚になった時点で、役所が国民年金に自動的に切り替える制度にしておけば、この種の騒ぎにならなかった」
<詳細>

忙しいのは何も議員に限ったことではない(って、議員の忙しさを私は体験したことがないので分からないけど)。意識のある人は普通やっていることだ。
しかし一方で、コメントされているように、自動的に切り替える制度があれば未納問題は発生しなかったろう。これは議員及び閣僚に限らず、会社天引きの厚生年金から自分で納める国民年金に変更したときでも同じだ。

麻生さん、現行制度に問題があるというのなら、ぜひ切り替えの制度、作ってくださいよ。もちろん閣僚対象だけでなく。そうすれば未納問題も解決できるかも知れないから。
災い転じて福となす、を祈らせていただきます。^^
[PR]
# by miki_renge | 2004-04-27 12:31 | 年金・保険