景気は回復しているのか

「去年の10月から12月にかけてのGDP(国内総生産)は、前の3カ月に比べて実質で1.7%のプラスと、バブル期以来の高い成長を記録。実質の成長率は年率に換算すると7.0%」
昨日あったこんなニュース。「デジタル景気の到来」とか何とか言われているらしい。これで景気も回復か?なんて分析もあるようだ。
しかし・・・一個人としては景気がよくなったなんて思えない。私の見方が悲観的なのかもしれないが、ごくごく一般的な庶民のところまでは恩恵が届いていないような気がする。世間の個人消費ってそんなに上向いていましたっけ?

年金保険料の負担増。配偶者特別控除の廃止。消費税ももうじき上がるだろう。私の周囲で給料が上がったという話は聞かない。むしろ成果主義になって、これからどれだけの収入が得られるか分からない、という不安の声の方が多いように思う(成果主義そのものの是非は別として)。失業率はほんの少しずつ下がってきているらしいが、この傾向は続くのかまだ判断できないだろう。財布の紐はまだまだかたい。

庶民が景気回復を実感できるようになるのはいつの日か。少子高齢化などの構造的な問題もあるし、難しい。もちろん、景気回復を願っているが・・・。
[PR]
# by miki_renge | 2004-02-20 00:05 | 社会・経済一般

父子家庭

火曜日は唯一の夜更かしデー。
ということで、僕と彼女と彼女の生きる道 第七話。

都市銀行から地元の信用金庫への転職話がダメになってしまった徹朗(くさなぎくん)。
男性で定時出退社限定となると、グッと選択の幅が狭まるよね。でも、現実を見ても父子家庭で親戚にも頼れないとなった場合、こういう道しかないのかも知れない。
何かのドキュメンタリーで、サポート制度がある母子家庭より、父子家庭の方が経済的にもはるかに厳しい、ってやってたような記憶がある。
家庭優先=出世への道も閉ざされて、恐らく慣れない家事もすべて自分でやって・・・さらに息子ならともかく、娘がお年頃になったら、と考えると本当に大変だ。
どうか、徹朗くんが無事に再就職できますよう。

それにしても、あの新しい部長、何なのよ!
「勝ち組」「負け組」なんて言葉、大嫌いだ。
少なくとも、他人にそう評価されるのは真っ平御免。
井上部長へのいろんな思いがごちゃ混ぜになってトイレで泣き崩れる徹朗くん。くさなぎくん、相変わらず泣きの演技が上手いのぉ。予告編でも泣いてたし。この上、凛ちゃんとも引き裂かれちゃうの!?

しかし、その後の「ぷっすま」で新人ADとしてビビリまくっていた人間と同一人物とは思えないぞ、くさなぎくん(ユースケお帰り~)。先週も共演中の東ミッキーと「天才絵心対決」してたものね~。日曜の「いいとも増刊号:ファンクラブ通信」のノリツッコミ10連発といい、腹を抱えて笑っています。笑いは健康にいいものね!
[PR]
# by miki_renge | 2004-02-18 01:07 | ジャニーズ

企業内託児所

gochiefsさんに再トラックバックします。
(gochiefsさん、ありがとうございます)

とある研修会の雑談で、企業内託児所のあり方について話題になった。
ある人は、「企業内託児所ができたら、際限なく残業させられそうで怖い」と言っていた。
一方で「企業も保育士さんや維持費のコストをかけているわけだから、託児所がずっと開いていることはないだろうし、むしろ無駄な残業をしなくなるのでは?」と分析する人もいた。
認可保育園への入園が(特に低年齢は)困難となっている中で、企業内託児所は確かにありがたい存在のはずである。企業イメージも向上するだろう。
あとは、仕事と育児のバランスをいかに取るか、個人の考え次第だ。基本的には預ける選択肢が増えることは歓迎したい。

あとは、直接は関係ないけど、通勤をどうするか、かな。私の場合、以前の職場は片道通勤2時間だったから、子連れ通勤となると・・・いやいや、うちの夫の職場は自宅から徒歩5分!夫にお願いすればよかったんだ。(笑)
[PR]
# by miki_renge | 2004-02-17 10:44 | 女性と仕事

お勧め!靴屋さん

うちの娘は足に軽い障害がある。日常生活には支障はない(と思う)のだが、歩行を安定させてあげるために、大変にお値段の高い靴を履いている。
どれくらい高いと言えば・・・この週末に買った靴はイタリア製で1万8千円。娘は歩き方がちょっと変なので靴底の減りはアンバランス。ただでさえ子供の足はすぐ大きくなるので、3ヶ月に1回くらいの割合で買い換えだ。
はっきり言えば痛い出費である。が、身障者手帳を取るほどでもないので、補助は出ない。

でも、この靴を販売している靴屋さんがいい。子供靴専門の小さな店なのだが、ちゃんと「靴カルテ」なるものを用意していてくれている。当然、足のサイズも縦横丁寧に測ってくれ、本当に合う靴を探してくれる。何足でも試着OK。店には子供が飽きないようにおもちゃも用意されている。とても居心地がいい。
また、商売っ気がないところもいい。まだ買い換え時でないときは「まだ履けますよ。あと1ヶ月後に一度来て下さいね」とはっきり言ってくれる。ありがたい。

この靴屋さんに通うようになって知ったのだけど、ドイツなど「靴の先進国」では、学校で「靴と足の関係」といったような授業まであるそうな。母子手帳でもチェック項目となっているらしい。まぁ、日本と比較して靴を履いている時間が長いからという意見もあるだろうが、もっと靴についての意識を高めていくべきなのかも、とも思う。
ちなみに、親にとって「履かせやすい」靴は、脱げやすくて最悪なんだそうだ。
[PR]
# by miki_renge | 2004-02-16 11:02 | 商品・サービス

どの道を選ぶかより、選んだ道でどう生きるか

「僕と彼女と彼女の生きる道」第六話(2月10日)で、娘のために転職を決意したくさなぎくんに、小雪さんがかけるこの言葉。
うわぁ~、やられた!
人生、いろんな分岐点があるけれど、私なんていつも「選択を誤ったんじゃないか」と思って後悔の連続だから。選んだのは結局自分なのだから、その道で精一杯生きる方がよほど有意義なのにね。

六話で役員昇進レースに参加していた井上部長(小日向さん)が自殺(未遂?)。
今の日本の自殺者数は年間3万人ちょっと。交通事故死者の4倍だって。うち7割以上が男性で、50代以上の人が6割なんだとか。つまり「中高年の男性」ってことだよね。
ドラマで描かれてるけれど、弱音を吐けないし、自分のプライドかけて働く年代だよね・・・確かに彼らがこれまでの日本を築いてきてくれたんだけど、その結果がこれじゃ、あまりにつらいよね・・・
[PR]
# by miki_renge | 2004-02-12 21:24 | ジャニーズ