「障害児」を知ってもらうこと

昨日から、ドラマ「光とともに・・・自閉症児を抱えて」が始まった(日テレ系水曜夜10時~)。

今年年中さんになったうちの娘は運動障害で療育センターに通っているが、仲間には自閉ちゃんがたくさんいる。このドラマの原作コミックは、仲間で回し読みした。
皆、コミックを読んで泣いたと言っているが、一方で「世の中、こんなに周囲が理解してくれるわけじゃない」という話も多く耳にした。
実際、生まれた子が障害児だったことが原因で離婚した友人もいる。
療育センターだって空き待ちだ。幼稚園、保育園も受け入れがそれほど充実しているとも思えない。
うちだって、幼稚園は無理と言われ、(私の仕事の関係もあったのだが)保育園を選択した。でも保育園に入る際に、何度となく役所の担当者とケンカした。今は、入園できた保育園にはとても満足しているが・・・小学校進学となったら、ますます壁は高くなるだろう。

このようなドラマやコミックで、障害児に対する理解が少しでも進んでくれれば・・・と願う。自閉症なんて知られているようで意外と知られていないような気がするし。いや、一概に知能障害は外から見て分からない分、親は苦労するかも知れない。その点、「一目瞭然」の運動障害はある意味、ラクなのかも?少なくとも、「アンタの育て方が悪い」とは言われないし。まっ、うちの場合は未熟児だったから、そもそも未熟児で生んだアンタが悪い、とは何度となく言われたけど^^;

やっぱり、心に寄り添ってくれる人がいないとしんどいもんね・・・
[PR]
# by miki_renge | 2004-04-16 00:05 | 家族・育児

ゴールデンウィーク

あと2週間でGWですね。
厚生労働省で、こんな調査がありました。

「ゴールデンウィーク期間中における連続休暇の実施予定状況調査」

概要は、
1.最も長い連続休暇は11日
2.4月30日(金)を休みとする企業の割合は約3割(製造業では約半数)
3.7日以上の連続休暇を実施する企業の割合は約4分の1

正社員で働いていたときは、年初めにカレンダーを手にしたとき、真っ先にGWを見ていたっけ。

しかし、どーでもいいんですけど、私がパートに行ってる会社は祝日は休みではないので、GWなんて全く関係ありませんわ。
おまけに5月1日(土)だって出勤よ!
もっと言えば、年末だって30日まで仕事だったし。

世の中には、こういう人も大勢いるよねぇきっと。
[PR]
# by miki_renge | 2004-04-15 09:49 | 雇用・人事

タレントのイメージ

SMAP尽くしの冬クールドラマが終わってしまい、気の抜けたような生活を送っていたのだが(いや、一応仕事はしているが)、ここにきてCMで楽しんでいる。

その1:サントリーボス

その2:SHOP99

ふむふむ、なかなかいいじゃないですか、くさなぎくん。

ファンとしては、一応、CM確認がされた場合、その企業のサイトに行って「どうしてくさなぎくんが選ばれたか」と見に行く。大抵は、「親しみやすい」「優しい」「いい人」というコメントが並んでいる。
そうだねぇ・・・最近ピンで出ているCMって、お鍋をかぶる「ポン酢」だったり、パンダと戯れる新機種の「デジカメ」だったり。
つまりは、大衆的、庶民的っていうイメージが強いんだろうなぁ。
くさなぎくんがCMで、木村くんみたいにパソコンを駆使してたら、違和感あるかもなぁ。
[PR]
# by miki_renge | 2004-04-14 12:52 | ジャニーズ

ブログに関する調査より

ブログに関するこんな調査を、「小春日和の陽射しの中で」さんのブログで発見。

ブログユーザーを対象に実施したアンケート調査の結果
ありきたりだが、思ったこと。

・ブログは急成長している。今後どこまで伸びるだろうか。
・ブログで初めてホームページを持った人が思ったほど多くなかった(12.3%)。私も過去にホームページを持っていたが・・・サイト作りに関心のある人から始まるのはある意味当然か。
・毎日更新している人が43.3%。これはちょっと怪しい数字。アンケート回答者はもともと意識が高いんだろう。
・ブログユーザーは他ブログへの関心が高い。普通のホームページと比べて動的ページと言えるだろう。

他にもいろいろ書きたいのだが、眠いので寝よう。
相変わらず締切に追われて夜な夜な仕事。ふぅ。

今日のぷっすまは「僕カノ」つながりの東ミッキーと要潤くん。いくらドラマが終わったからって太っ腹テレ朝。くさなぎくんが一位なんて最近あり得なくて違和感あったなぁ。
そうそう、「好きな男3位」おめでとう、くさなぎくん。
[PR]
# by miki_renge | 2004-04-07 01:14 | 情報・IT

まさか戻ってくるとは

先週の金曜日夕方、娘を保育園に迎えに行った帰り道、娘の保育園用の手提げ袋を失くしてしまった。
荷物が入っていなかったため、軽くてあまり意識していなかったのが悪かった。
帰宅後、家を探してもない、保育園に問い合わせてもない、どっかで落としたのかなぁと思って、娘と2人、再び保育園までの道を探したけどやっぱりない・・・あぁ、どっかいっちゃったなぁ、と思ってがっかりして帰宅した。

ところが昨夜、保育園のそばのお店から電話がかかってきた。
「お宅の落し物、預かってますよ」とのこと。
びっくりだ。確かに袋に名札と連絡先はつけておいたが、まさか拾い主から電話がくるとは。

早速今日、お菓子を持ってお礼にうかがった。
拾い主は、「当然のことをしたまでですよ」とおっしゃっていたが、こういうことがあるとありがたいやらホッとするやら。

ちなみにその袋、百円均一で買ったヨレヨレの袋なんですけどね。^^; 
大事に使おう。本当にありがとう。
[PR]
# by miki_renge | 2004-04-04 22:09 | 家族・育児