年金って、分かりにくい

官房長官「江角マキコ氏の保険料未納、深刻な話」

どこかで江角マキコの一連のCMの総額が3億8千万円だと読んだ。そしてそのお金は全て保険料から払われていると。

あのCM、まるで「ショムニ」状態だったなぁ。
江角マキコは結構好きなんだけど。でも、「将来泣きついてもいいわけ?」っていうキャッチフレーズ、何だか真面目に払った方からも聞こえてきそうなんですけど。^^;(と、軽く突っこんでみる)。

CMそのものはインパクトも大事だからそれもいい。
でも、それより、主に若い人達に、年金の仕組みとか社会的意義とかPRするような内容の方が適していたんでないかい?という気もするのだ。あのCM、威圧的だったって声もあったしなぁ。

週刊誌なんか読んでても、「あなたの年金はこうなる」っていう特集がいっぱい。
週刊誌で研究しないと自分が将来もらえるはずの年金額が分からないなんて、ちょっと不安だ。
まぁ、それ以前に制度そのものがどうなるか分からないんだけど・・・(→もっと不安)。

江角マキコは年金保険料をちゃんと払ったみたいだから、まぁいいか。
意外と払ったつもりでも払っていない、手続きしていない(第3号被保険者など)人もいるだろう。これもどうやったらいいか分かりにくいのかもしれない。
災い転じて福となす、となりますように。
あくまで江角に甘い私。
[PR]
# by miki_renge | 2004-03-23 17:34 | 年金・保険

就職情報サイト

仕事の関連で、いくつか就職情報サイトを見て回っている。
私自身はインターネットが普及する前(まだバブル時代だったな・・・年齢がばれる)の就職組なので、就職活動における情報収集には非常に苦労したのを覚えている。OB・OG訪問のために、面識のほとんどない先輩に緊張しながら電話をした記憶は鮮明に残っているが・・・。
サイトを見ると、各業種別にどのような企業があるか、それぞれどんな特徴があるか、さらに業界情報、最近の話題の記事などが分かりやすく並べられている。もちろん、就職活動のマニュアル類も充実。情報収集は恐らくこれで完璧だ。

しかし、サイトを見て不安になることもある。
頭でっかちになりすぎないか、ということだ。

私が仕事でお知りあいになる企業の人事担当者は、だいたい、「面接ではコミュニケーション能力を第一に見る」とのこと。業界知識や企業に関する知識は二の次だと言う。
まぁ、私の知りあいだけかもしれないけれど・・・

社会人として重要なのは、やはり対人関係をいかに構築できるかということだと、私も思う。知識は就職してからでも習得できるのだ。面接では知識の多さを売るより、人間としてのありのままの自分の魅力を売りこんだほうが、きっと満足のいく就職活動ができるんろう。
もちろん、サイトの情報を否定する気はない。うまく利用すればいい。

それにしても・・・学生の就職情報サイトの利用率がどの程度なのかは分からないが、情報が溢れる時代の就職活動というのもしんどいだろうなぁ。
[PR]
# by miki_renge | 2004-03-19 18:20 | 雇用・人事

春闘

春闘、日産がベア相当額含め満額回答

一時金、6社で昨年実績上回る NTTグループ8社
今年の春闘。まずはちょっと元気の出そうな話だ。
春闘なんて言葉、もう死語になっていたかと思っていた。

マスコミでは「ベアを取れなければ」という論調で弱体化している労組を非難しているものもある。
労組内部でも「ベア要求のない春闘では団結できない」という声があるらしい。

しかし、まぁ何と言っても今の課題は雇用を守ることなのだろう。これは数年来変わっていないことのはずだ。
成果主義型賃金制度になり、労組が一致団結してのベア要求は既になじみにくくなっているという事情もあろう。

個人的には一時金重視でもいいんじゃないかと思うのだけど・・・こう思う時点で既に経営寄り?
[PR]
# by miki_renge | 2004-03-18 22:21 | 雇用・人事

力づくの営業?

私はパート先では経理の仕事をしているが、お隣には人事担当の方が座っている。
その方の電話はいつもひっきりなしに鳴っている。
相手は・・・大抵、派遣会社の営業さんだ。
「派遣社員要りませんか~」という営業である。
うちの会社は今のところ派遣さんは雇っていない。
事務所には50人くらいいるが、そのうちパートが5人、あとは皆正社員である。それでどうにか仕事は廻っている。客観的に見て、派遣さんにやってもらえるような仕事は質・量ともにない。よって人事担当の方はいつも「うちは必要ないんで」と断っている。

でも相手もしつこいらしい。
「パートの方を派遣にすれば、もっと生産性が上がりますよ」「正社員の方の人件費、重くないですか」「うちの派遣は優秀なスタッフをそろえていて、正社員の方以上のお仕事ができます」とお決まりの?トークで畳み掛けてくるらしい。
最近一番ひどかったのは、「派遣のよさを分かってくれるまで何回でも電話をかけ続けます!」と電話の向こうで叫んでいた営業さん。この絶叫?は隣に座っていた私の耳にも入ってきた。^^;

あと、偽名を使って人事担当に会おうとする営業さん。受付は取引先の名前を出されたら、アポイントなしでも大抵は通す。
これは卑怯なんじゃないか?

人材派遣業は全体で見れば成長分野。
だけどその分競争は激しい。
大変なのは分かるけど・・・こういう節操のない(ように見える)営業はどうかと思うぞ。
自分は熱意と根性で一生懸命やってるつもりかも知れないけど、これって人事担当には一番嫌われるんじゃないかな。

そうそう、現有のスタッフを否定するところから入るのも嫌だな・・・そりゃ、優秀な派遣さんももちろんいるだろうけどさ。
[PR]
# by miki_renge | 2004-03-16 23:37 | 仕事場にて

企業のサイト

現在、分析の仕事で企業のサイト検索を繰り返している。
企業のサイトっていうのはいろいろだ。
もちろん、情報がきっちりと整理されているサイトもたくさんある。
しかし一方で、「どこを見たらいいんだ?」と分からなくなるほどゴチャゴチャ情報だけを詰め込んであるサイトも少なくない。
あと困ってしまうのは、リンクをたどったはいいけれど、戻れなくなるような迷子サイト。

やたらトップページだけが重いサイトも困りもの。
今どき、ダイヤルアップで接続している人はいないのか? 

私は仕事の性質上、「企業の概要」から見ているのだが、売上高や社員数などのデータばかりで、企業理念が記されていない会社も目に付く。
せめて、トップの挨拶くらい掲載すればいいのに・・・余計なお世話?

ついでにもう一言。自商品のシェアを掲載しているサイト、それはそれでいいのだが、企業によってシェアのデータがバラバラの品目もある。
「あっちのサイトでは業界3位のはずなのに、なぜこっちはトップ?」
何だか、「合格者輩出No.1」を謳う予備校のような気がしてきたぞ。

まぁ、こんな仕事でもない限り、企業のサイトなんて隅から隅までじっくり見る機会はないだろうな。
[PR]
# by miki_renge | 2004-03-12 15:55 | 情報・IT