「七つの会議」

GWも本日で終わり。
と言っても、10Ks以外はほぼ仕事だったけれど。
それでも、さすがにずっと仕事だけでは息が詰まると思い、以前から観たかった「七つの会議」のDVDを借りてきた。FBにも感想を書いたけれど、こちらではちょっと切り口を変えて。

「七つの会議」がNHKで放送されたのは2013年7~8月。原作は池井戸潤さんだが、私は原作は未読。
「半沢直樹」とほぼ同時期に放送されていたが、こちらは視聴率的にはさほど話題にならなかった記憶がある。でも、非常に見ごたえのあるドラマだった。

テーマは「隠蔽と内部告発」。
主人公の原島(ヒガシさん)は、地味な営業四課から花の一課の課長になる。一課の前任課長はエース的存在で業績を上げてきたが、部下からパワハラで訴えられて左遷
…というのは嘘。どうも会社の不正を知っていた前任課長を遠ざけるためだったようだ。

しかし、原島課長も、不正の事実(コストダウンのために強度不足のネジを使っていた)ことを知る。
このネジを使った商品(高速鉄道や航空機用のイス)を放置したら、重大事故につながりかねない。
しかしリコールされたら、中堅メーカーなんてひとたまりもない。どうする?
…これがだいたいのストーリー。

これはヤバいことになる…と気づいた原島課長と、カスタマーサポート室の佐野のやり取りが、前半の鍵の一つ。告発文を送った佐野に対し、原島は「会議で話し合うべきだ」と言う。しかし佐野は「会議で話し合うのは建前だけだ、本音は出ない」と突っぱねる。

そうだよねぇ、日本全国津々浦々、どこでもさまざまな種類の会議は行われている。
しかし本音で話せて、実のある会議がどれだけ行われているんだろう?
むしろ、終業後の「飲み屋で一杯」で交わされる本音の方が、何倍も組織決定に影響を与えているのでは、と考えてしまう。
何だろうね、会議って…形だけの合意形成、いわば儀式に、どれだけの人間の貴重な時間が奪われているんだろうね。
同じ方向を向かず、私利私欲で動くメンバーだけなら、やっても意味ないのに。
制約条件を変えず、無茶振りをするだけでは、人は動きたがらないのに。
客観的に見ていたら、「おっかない組織!」と思えるけれど、これだけ企業不祥事が頻発しているくらいだから、組織のなかに入ってしまえば、その感覚はなくなってしまうんだろうね。
それに、不正がバレて会社が潰れたら、多くの社員が路頭に迷い、下請にも迷惑をかけるというのは事実だものね。社会的に間違いでも、関係者への影響を考えたら、簡単には判断できないよね。

結局、内部告発により、当社の業務は営業一課を残し新会社に移管される。
これで良かったのだろうか…という余韻も残してドラマは終わる。
うーん、スカッとしなかったから、「半沢直樹」より視聴率は取れなかったのかも。
でも、こちらのドラマの方が、はるかに身近というか、自分が巻き込まれる恐れがあるシチュエーションだよね。

それにしても、原島課長の部下の佐伯浩光は大変なイケメンであった。そして一服の清涼剤であった。
メガネ男子大勝利。
誰が演じているかって?先にKAT-TUNを脱退した田口淳之介です。以後、お見知りおきを…(by絶賛田口ロス中のヲタ)
[PR]
# by miki_renge | 2016-05-08 23:57 | 雇用・人事

【ネタバレ】KAT-TUN in 東京ドーム2016

行ってきました。
充電期間前の東京ドーム、2日目。
昨年、quarterでもご一緒した、亀担のお友達と。

座席は3塁側の、ステージのほぼ真横。
障害物も多く、スクリーンも含めてかなり見づらい。
もともと東京ドームは音響もよろしくなく、歌はともかく、MCは聞き取りづらい箇所も。
でも、そんなことはどうでもいい。彼らと同じ空間にいたというだけで満足でしたよ。

ライブそのものは、3人が120%の力で歌って踊って…というのがものすごく伝わるものだった。
中丸さんなんて、キレッキレのダンスだったよ。
セトリも、KAT-TUNの代表曲がギュッと詰まったもので(10周年だからね。中丸さんは、「半分は皆さんが決めたものだから、評判が悪かったら皆さんのせいです」と言っていたけどね)歴史が分かるものだった。
その分、切なくなったけれど。歌割りも変わって、ダンスのフォーメーションも変わって、やっぱりカバーするのは大変なんだよね…とは思った。
当時の音源を収録した10ksを聴くと、ハモリ、掛け合い、ラップ、HBB…圧倒されるから。これがもう生で聴けないって…4人になってから沼に落ちた自分としては、「あ、ここの田口パート、●●に変わってる…」と発見するのが何とも言えなかった。
だいたい、「入口、出口、田口で~す!」の挨拶がないライブってどうなの!?おかしくないか?

でも、おかめちゃんが最後に、
亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一の6人の名前を挙げて、辞めていった3人にも感謝していると話してくれたのは、とても嬉しかった。結成当時からのコンセプトはこうして受け継がれていくのだろうなぁ、大事にしているんだなぁと感じた。
「赤西…」という名前が出てきたときは、何が起こるのかとドキッとしたよ。SMAPだって、長いこと森くんの名前を公に出すことはできなかったんだから(森担のトラウマ)

もっとも、公演パンフレットを読んだら、抜けたメンバーの思い出話がたくさん出ていてさらに驚いたんだけど。さすがだわKAT-TUN…

東京ドームが一番わいたのも、実は、おかめちゃんが「ウソウソカワウソ~」と言った瞬間だった気がする。
中丸さんも、「MCの立ち位置が4人仕様で…」と言い訳めいた(笑)ことを言っていたし。
次のライブがいつになるか分からないけれど、そのときはきっと3人のスタイルが確立されているんだろうね。
それはそれで寂しいけれど、6人、5人、4人時代の積み重ねがあってこそ。無駄なことは何一つない。次を楽しみにしています。

追伸)昨日のオーラスには、シューイチファミリーや、タメ旅天の声さん&田村Pも来ていたらしい。ありがたや。上田さんがグレジャニで、「天の声~頑張ってんぞ~」と叫んだらしい。
田口さんがタメ旅で、「3人のライブが成功しますように」と明治神宮にお願いしていたけれど、それが叶って本当に良かった。
[PR]
# by miki_renge | 2016-05-02 08:55 | ジャニーズ

SNSは可能性を広げる(ジャニーズ編)

大変ご無沙汰しております(←定型文)
例年、4月~GW明けは比較的仕事に余裕がある時期なのですが、今年は違う!
なぜなら!小学校でPTAの某部の部長をお引き受けしてしまったから。

顔合わせを合わせたメンバーは、乳幼児がいる方、転校してきたばかりの方など、「時間は割きにくいだろう」という方が多かった。
上の娘が高校生、しかもこの部は3回目という私、一方これまで次女の方ではまったく役を引き受けていないため、ポイント稼ぎをする必要もあり、お引き受けすることに(小学校PTAはノルマ制)。
…しかし、ちょっと(いやだいぶかな?)後悔中。
なまじフリーランスだから、自分の睡眠時間と仕事時間を削ればどうとでもできてしまうというのが怖い。

それでも、来週末のKAT-TUNライブに向け、頑張りますよ!
今の生きる希望はそれだけです…どんな人生だ?汗

さて、前記事に書いたように、田口が3月31日付けでジャニーズ事務所を退社してから。
私を含め多くのヲタは、この日の夜、感謝とやりきれなさで複雑な思いを抱いていたことと思う。「田口くん、次いつ会えるの?」と。

…翌日、彼はSNSに登場していた。その次の日も…
もっとも最近の週刊誌情報では熊本にいるという話もあり、かなり心配しているけれど。

以前は、脱退したジャニーズなんて、名前や話題にのぼることさえタブーになると思っていたから、とてもホッとしたし、希望が出てきた。
その要因の一つとして、ネットの発達があると思う。
あれだけの事務所だから、マスコミに「名前を出すな」と言えば、マスコミはそれに従うだろう。
しかし、今は仮にそうなっても、個人で情報発信する手段はいくらでもある。
事実、脱退した赤西くんも聖くんも、それでうまくやっている。

時代は変わったなぁ。しみじみ。
もちろん個人に実力がないとできないこと。また、再び世間からスポットライトが当たるとは限らない。でも「自分の好きなことを制約なくやりたい」という志向であれば、これも一つの選択だと思う。

それにしても…この機会に改めて10周年を振り返ってみると、6人時代のKAT-TUNってすごいグループだったと思う。6人の個性がキラッキラに光っていた。
何で6人時代にはまらなかったんだろう…たぶん次女の妊娠~出産でその時間がなかったんだよね。
だからと言って、3人になったKAT-TUNが物足りないわけではない(寂しいけど)。6人、5人、4人時代を経て今のパフォーマンスがあるのだから。

以上、「4U」と「遥か東の空へ」を聴きながら(こんな曲、今聴いちゃダメでしょ~!)
[PR]
# by miki_renge | 2016-04-21 11:09 | ジャニーズ

卒業…ジャニーズ編

振り返ればこの1ヶ月、全く更新できていなかった…忙しかったです、はい。

それでもジャニーズ界隈の、最低限の情報はカバーしていたはず。
心えぐられるものが多かったけれど^^;

今日で田口がKAT-TUNを脱退、事務所も退所する。
発表から4ヶ月前は、この猶予期間をどう捉えていいか分からなかったけれど、今は「こんな辞め方もあるんだ」と、不思議な気持ち。
だってジャニーズだよ?辞める人間にはとことん冷たいはずのジャニーズだよ?(←元森担の恨み節)

「タメ旅」ではタブーと思われた人数いじりを執拗に(笑)してもらったし、
「少プレ」では愛あるステージを演出してもらい、
最後の歌番組「Mステ」では、花束までいただいて、まるで卒業式のようだった。
ジャニーズが変わったのか、時代が変わったのか…
(でも、ジャニーズでもこういう選択肢ってあるべきだよね。AKB界隈がうらやましいよ)

退所の理由はついに具体的に語られることはなかったけれど、どんな理由であれいろいろ言われてしまうと推測がついたからなんだろうな。
そして最後まで通常運転を貫いた。
本当はものすごく悩んだであろうことは、Myojoの他メンバーの「1万字インタビュー」を読めばわかる。10周年というタイミングでの脱退、非難されるであろうことは本人もよーく分かっていたはず。
でも決して湿っぽさを出さず、ずっと笑顔で、ときには空気を全く読まず、アイドルを全うした。
そして周囲も、その思いを最大限に尊重した。

ジャニーズ史に残る脱退、あっぱれ!
これからも、どこかで活躍を見られますように。

でも…少プレとタメ旅が終わるのは寂しい。ペロ男だけ売り出せないものですかねぇ。
[PR]
# by miki_renge | 2016-03-31 09:15 | ジャニーズ

女性の活躍推進企業データベースとか助成金とか

ありがたいことに、相変わらず忙しく過ごしている。
今週も来週も外出続きだが、出かける前に見つけた、厚生労働省の報道発表。
「女性の活躍推進企業データベース」を開設しました
女性の活躍推進企業データベースはこちら

昨年11月に行われた女性活躍推進法の説明会で、2月リリースとうかがってから、気にはなっていた。
なるほど、これは分かりやすい。
特にこれから就職活動をする方には、ありがたい情報だろう。
企業の側も、こういう面でアピールしていかないと、これからの労働力不足の折、生き残れないと思う。

300人以下の中小企業に対しても、厚生労働省が女性活躍推進事業をスタートさせるという記事が、労働新聞社のサイトに載っていた。中小企業は取り組みの差が大きいが、中小企業こそ柔軟な働き方を準備すれば優秀な人材確保のきっかけにできるはず。これも引き続き情報収集。

もう一つ。
これはもう少し前に発表されていたが、28年度の両立支援等助成金の概要もメモメモ。
男性の育児参加、介護…テーマはどんどん広がっていく。働き方の二極化を少しでも解消するために。制約があっても働きたい人が、肩身狭くならず働けるように。
異論もあるだろうが、この施策に関しては、国は本気だ、と思う。

いろいろ動いている気がして楽しみ^^
私も、このなかで何に貢献できるか、何を勉強しなければいけないか、考え続けよう。

<追記>
同日、女性活躍推進法に基づく認定マーク「えるぼし」も公表されたようです→ソースはこちら

…でも春は来てほしくない、という思いは、昨年11月24日からずっと抱き続けておりますが。11月から、ホントいろいろあったなぁ(現在進行形だけど)
[PR]
# by miki_renge | 2016-02-29 10:42 | 雇用・人事