夫婦の姓はじゃんけんで決める

大晦日、今宵も仕事をしています。
ええ、独立士業には休みなんてありませんとも。
でも、これはご縁のある社長さんも恐らく同じ。こんな日でも、こんな時間でも、メールは入ってくるのだ。
社長さん、どうか自分のことも労わってあげてください。

さて、数日前まで年末恒例のタスク、年賀状を書いていた。
毎年のことだが、前職の同僚や学生時代の友人に書くときは、必ず旧姓を入れるようにしている。
以前も書いたが、私の旧姓は大変珍しく、一方で今の姓および下の名前はごく平凡なので、「この人、誰?」ということになるらしい(実際に、「あなたは誰ですか?」と連絡がきたことが何回かある)

前職ではずっと旧姓を通称として使用していたが、いろいろとやりにくかった。
今お付き合いのある女性社長さんも、旧姓使用が何人かいる。結構面倒くさそうだ。

今月16日、夫婦別姓を認めない規定は合憲であるという判断が、最高裁で下された。
「家族の呼称を一つに定めることには合理性がある」というのが、その理由とされる。

家族の一体感がそんなに大事なら、夫婦の姓をどちらにするか、くじ引きかじゃんけんで決定すればいいと思う。婚姻届を出すときに、市区町村の職員さん立ち合いのもと、「せーの!」で決めればいいのだ。
周囲にこの話をすると、「それは2人で話し合えばいいのでは?」と言われるが、まともに話し合えていれば、95%以上のカップルが男性の姓を選ぶことはないだろう。
確率的に半々になるような制度にしない限り、男性に「姓を変えること」に対する問題意識なんて生まれっこない。

というわけで、ぶつぶつ言ったところで仕事に戻ります。皆様、良いお年を。
今年の仕事に関しては圧倒的に努力不足だった。法改正が多く情報を追うのに精一杯で、一歩先行く提案ができなかった。来年はもっともっと、頑張ります。
[PR]
# by miki_renge | 2015-12-31 01:04 | 女性と仕事

年の瀬の情報収集2015

年末、いつものことだが忙しい。
いや、理由は分かっている。年末年始休暇を挟むのでそもそも稼働日が少ない、一応家事責任があるということに加え、「懸案事項は年内に決着をつけたい」あるいは「年末に課題を洗い出し、年始からその解決に向け動きたい」というお客様が多いからである。それはそうだろう。
…だから本来、KAT-TUNの動向に一喜一憂している場合ではないのだ^^;;;

さて、お客様へのご提案と並行して、来年に向けての情報収集も、この時期に必要。
まず、昨日、経済産業省から「平成27年度経済産業省関連補正予算案等の概要」が発表された。
「小規模事業者持続化補助金」や「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」は、これまで通り活用できそう、かな。該当しそうなお客様には、事業計画を早めに作って準備するようにご案内しないと。

もう一つ、セーフティネット5号の指定業種も、要チェック。
ざっくり言えば、「業績が悪化していると思われる業種と認定されたら(いわゆる「5号認定」)、融資の際に有利に取り扱ってもらえるため、制度融資に関わる立場としては、四半期ごとに発表される指定業種が気になるのだ。
平成28年1月からは、これまで230業種だったのが、260業種になったので、ちょっと嬉しい。いや、喜ぶべきところではないのだが…
先週、信用保証制度の変更についての見直し案が中小企業庁から発表され、中小企業にとっては厳しくなりそうだ、指定業種も増えることはないだろうと思っていたところだった(平たく言うとこういうこと)。これからどうなるのか、引き続き情報収集は欠かせない。

ついでにKAT-TUNの動向についての情報収集も…(しつこい)
[PR]
# by miki_renge | 2015-12-19 12:48 | 仕事場にて

女性活躍とかストレスチェックとか

師走ですねぇ。
マイナンバーや女性活躍推進法、ストレスチェック対応など、いよいよ計画策定や運用のステップを迎え、実務に関するあれやこれやを仕入れているところ。何しろ、追いかけなきゃいけない情報が多すぎる。

女性の活躍に関しては、先週、白旗を掲げるような決定も。
政府が女性の登用に関する「2020年までに指導的地位に占める女性の割合を30%とする」という数値目標を下方修正した。12月3日開催の「男女共同参画会議計画策定専門調査会」の「第4次男女共同参画基本計画(案)」を確認したら、民間企業の課長級では15%、係長級では25%を目指すとのこと(現状はそれぞれ6.0%、12.7%=「平成25年度雇用均等基本調査」より)。

うーん、残念。
数値目標にはさまざまな意見があることは認識しているが、それでも意思決定の中枢に近い部分に、女性が入りこむことに意義があるはずなのに。
能力があれば性差なく昇進できるはず、下駄をはかせるなんて…という声には、そもそも現状において能力開発や経験の機会が均等に与えられているのか、と問いたい。

もう一つ、12月からのストレスチェックの義務化(労働者50人以上の事業所)。
これについては、「形式的なものになってしまうのでは…」という懸念も聞かれる。
プライバシーが守られなかったり、「うつ病予備軍」として不利益取扱いを受けるようなことは、本当に発生しないのか。
それを恐れるあまり、本当にストレスを抱えている人が事実を言えなくなるのではないか。
また、医師などの実施者は労務のプロではない。職場に問題があっても、本質的な解決策がそこにない限り、徒労に終わるのではないか、あるいは余計な労使トラブルを誘発してしまうのではないか。
さらに言えば、受診した人が安易に「うつ病」と診断され、さらに落ち込んだり、薬漬けにされることはないのか(←医療関係者でないので想像に過ぎないが)。

結局、この仕組みが実効性を保つには、昨日「シューイチ」で精神科医の名越さんが話していたように、「企業がいかに本気を示すか」にかかっているのだろう。支援者としては、この根っこの部分を大事にしないといけないね。

さて、今、中丸がストレスチェックを受けたら、大変な値が出そうだ…ハイフンさんも、推奨されている職業性ストレス簡易調査票(57項目)のBをやってみてください。
ホントに、年末のこの忙しい時期に何やってんの、バカタレKAT-TUN!(←「タメ旅」風に)

【追伸】
拙ブログでもたびたび紹介している「育休復帰支援プラン」、策定マニュアルの改訂版が出ました。産前休業前の女性、あるいは妻が妊娠中の男性がいる事業所さんは、ぜひご利用を。育休復帰プランナーが、無料でご説明にうかがいます。
[PR]
# by miki_renge | 2015-12-07 14:33 | 仕事場にて

いろいろ思いを巡らせている

誰がこんな記事を読んでくれるんだろうと思いつつ、お昼休みに更新。

べスアから2日、ふとした時間に、KAT-TUNのことを考えている。田口担ではないが、4人のKAT-TUNのことは大好きだったから。
発表直後はショックが大きかったけれど、2晩寝ると仕方なかったのかなぁとか、田口もたくさん悩んだよねと、いろいろな思いが巡る。

べスアの3人の憔悴しきった姿は痛々しかったが、田口を責める感情は全く沸いてこない。なぜ?という思いはあるけれど。
ジャニーズウェブでは脱退理由について「方向性の違い」が読み取れたけれど、10周年を迎えるにあたっての方向性の違いといったら、かつて脱退した2人に関することかなぁ…6人時代、5人時代をどう捉えるかを含めて。
中丸がかつてシューイチで言っていたけれど、抜けた2人の穴を埋めるのは、それはそれは大変なことだろう。特に田口は赤西や聖くんとも仲良かったし。
どう穴を埋めるか、ここで捉え方が違えばモチベーションは上がりっこない。田口は、もう笑顔でいられない、100%のパフォーマンスができないと思ったのかもしれない。ただ一人、初めから「KAT-TUN大好き」だった田口なら、譲れない何かがあったのかも。

職場でもあるよね。
6人の部署で、1人抜け、2人抜け、増員なし、このメンバーで過去を踏襲しながらも新しい色を出して…なんて、無理でしょ。仕事量は多少の調整は利くだろうけど、露出してナンボのこの業界、残ったメンバーは必要以上に頑張っちゃうよ。さらに抜けたメンバーの存在感がとてつもなく大きかったりしたら…心が折れることもある。
特にいじられキャラで、ムードメーカーだった田口、ファンに見えないところで苦しんでいたのかも…それを見せずにアイドルに徹していたのも、また田口のすごいところ。ただ、それで疲れちゃったのかな…それは責められないよね。

以上は新規ヲタの推測。こんなこと、当事者が公の場で話せないだろうし。
でも、脱退のみではなく事務所を退社するほどの「方向性の違い」って、これくらいしか思いつかないんだよね。俳優専属でやりたいなら、事務所は置いてくれると思うから。あとは昨日書いたように、人生の方向転換か(プライベートについては知らんが)

一方、グループが継続するなら、もう一度3人で立て直さないといけない。今の状況でそれができるのか。3人のメンタルが持つのか、とても心配している。特に日曜、よりによって田口の30歳の誕生日に、「シューイチ」生放送の中丸。
脱退、本当に決まったのは数日前だとか。だったらまだ今後のことなんて決まってないよね、決められるはずがない。

個人的には、たのきん、シブガキ隊、少年隊みたいなトリオもいいと思うんだけど(世代がバレる)、それは彼らが決めること。彼らの納得する、最善の選択ができますように。
[PR]
# by miki_renge | 2015-11-26 13:19 | ジャニーズ

「ウソウソ、カワウソ~」といってほしい

今夜の(いやもう昨夜か)日テレの「ベストアーティスト」を見て吹っ飛んだ。
田口、なぜそんな決断を…
べスアまで「日本の出番!」を呑気に見ていた我が家、数時間前に戻りたい。

もっとも、振り返ってみれば予兆がなかったわけではない。
今年5月のquarterコンの最後で田口が泣いたこと、中丸がそんな田口の肩を抱いたこと。
来年は10周年なのに、KISS×3以来新曲が出ないこと、期待していたカウコンもなく、春コンについても具体的な話が全く流れてこないこと。
タグチューンが終わってしまったこと。
もともと4人のなかで、一番危ういものを抱えていたのは田口だった、とは思う。

それでも、「タメ旅」や「少クラプレミアム」から、4人のKAT-TUNが順調に活動している様子がうかがえて、あぁ、このまま行くんだろうな、と思っていた。

3人は、いつ知ったんだろう。
ジャニーズウェブを見ると、だいぶ前から話し合いはしていたみたいだけど。
それでも、昨夜のがつーんも、田口の30歳の誕生日のことを話してたし、
中丸は「シューイチ」で、べスアについて「少しでも映れるように」と言っていたし、
今日発表するということは、突然決まったのかな…何となく、本当に突然だった気がする。あの3人の動揺っぷりを見ると。中ぺもかつマニュもいきなり更新が滞ったし。

まして、ヲタにとっては、特に4人のKAT-TUNでいよいよ沼に落ちた新規にとっては、衝撃以外の何物でもない。
さっき「予兆がなかったわけではない」と書いたけれど、赤西や聖くんのときほど明らかなものではなかった。むしろ、グループで唯一「ずっとKAT-TUNが好きだった」と公言していた田口が?なんで?と思うもの。
いつもニコニコ笑顔で、キレッキレのダンスで、間違いなくKAT-TUNに貢献していたから、余計に残念でたまらない。

まぁ、そうは言っても、契約を更新しない判断は当然認められるわけであり(労働基準法で禁じられている「人身拘束」になっちゃうものね。どんな契約か知らないけど)、彼にはジャニーズ事務所を退社する自由も権利もある。
冷静になって考えてみれば、ジャニーズの他のタレントだって事あるごとに「アイドルだけでは食べていけない」って言っているものね。この先、どんなビジョンがあるのか知る由もないけれど、「30歳で一区切り」というのは、世間一般でいえば違和感はなく(私も30歳で前々職を退職したんだっけ)アイドルとて例外はない。
特に、10代の多感な時期からこの仕事をやっていたのだから、方向転換したくなっても不思議はない。それはたとえファンであっても責められない。アイドルも生身の人間、自分の人生がある。
まして10周年という区切りの年を迎えるにあたって、グループ活動への影響を考えると、これ以上は残れない、と思ったのかもしれないよね。

ただ、残った3人の気持ちは察するに余りある。
2年前の10月、聖くんの脱退のときも、おかめちゃんはドラマの番宣で話すことになり、中丸はシューイチで話すことになり(どちらも生放送、偉かった)、今は上田は舞台中。
本当は「今日は会社休みます。」と言いたいところだけど、彼らを見ていると、そうは言ってはいけないと思う(実際、仕事は溜まっている…)

大人の修学旅行京都編で「まとめられていたら人数減ってない」と話した中丸の言葉を、田口はどう受け止めていたんだろうと想像すると切ない。
「お兄ちゃん」を落ち込ませてどうする~田口~!!
これから「タメ旅」をどういうテンションで見ていいか悩む。見るけど。3人になってもこの番組だけは続けてほしい、天の声さん是非!

おまけ。
今日のべスア、途中で消してしまったけれど、すばるが侍唄の「寄り道はしないで」の歌詞を「振り返りはしないよ」と歌ったらしい。錦戸ならともかく(苦笑)、すばるが歌詞を間違えるなんて滅多にないから、田口へのメッセージなのではと話題に上っていた。
田口はヨコやすばると仲良しだもんね。先週の「少プレ」でも思ったけど、田口、愛されてるなあ。大天使、永遠の末っ子キャラだものね…心から、嘘だと言ってほしい。

【11/25朝 追記】
生放送での事前報告がこんなにきついものだとは思わなかった。
事後報告も「ええっ、お別れも感謝も伝えられないの?」とやるせなさを感じたけれど(聖くんのときね)、あと4ヶ月の猶予は残酷でもある。
[PR]
# by miki_renge | 2015-11-25 01:15 | ジャニーズ