人気ブログランキング |

肋骨骨折

久々に自分のブログを覗いたら、テンプレートが桜になっていて驚いた。
どれだけ放置していたのか…(急いで模様替えした)

さて、3月の商工経営相談員卒業で、まぁそこそこ余裕ができるかな、むしろ食べていけなくなったらどうしよう、と心配になり、いろいろお仕事をお受けしていたら、4~5月が無茶苦茶な状態に。
6月初旬、その疲れが一気に来たのか、酷い咳が全く止まらなくなり、声も出なくなってしまった。この時期、セミナー講師もあったので、セミナー中にせき込んで話ができなくなったらどうしよう…と、日々せっせと耳鼻科に通ったのだった。

幸いにして6月最終週にはほぼ喉は元に戻ったのだが、今度は肋骨のあたりがズキズキと痛い。まさか骨折?と心配になり、今度は整形外科に駆け込んだら、そのまさかだった。

肋骨の疲労骨折。
恐るべし、咳。

ただ、整形のドクターに聞いたら、肋骨骨折は別に珍しいものではないという。
そして、意外に肋骨は脆いが、くっつくのも早いという。
今度は日々電気治療に通い、あとは湿布と、胸部ベルトのお世話になる(梅雨寒が続いて良かった)
2週間程度で痛みは引いた。骨が完全にくっつくのはあともう1週間程度かかるようだ。

今回の一件で思い知ったこと。
自営業こそWLBが大事である。
確かに4~5月は例年の倍を超える程度の仕事、そして売上も計上できた。が、その分は6月の体調不良と通院でチャラになった(泣)
とは言え、自営業は仕事の波が大きいのも事実。どのようにコントロールしていくか…駆け出しの新人のような悩みだな(苦笑)でもこの悩みはずっと続くんだろうな。

この教訓を踏まえ、7月はのんびりめのスケジュールで動いている。
セミナーもいくつか参加し、仕入れもした。そう、この仕入れが大事だよね。お仕事をお受けするとき、引き出しが多くないと、提案にも時間がかかるし、質は上がらないし…
そして秋からは、またまた大学の後期授業も始まる。今のうちに準備を進めておかねば。

それから休息も必要。Facebookで同業仲間を見ていると、バリバリ働いている人でも、しっかりリフレッシュして旅行に言ったり美味しいものを食べたり、定期的に趣味や体力づくりに励んでいたりするものね。
自分の余暇の貧困さよ…この数年、推しメン・推しGに本当にいろいろあって、今はそれどころじゃなんだけどね…オタクの道は修羅の道。

【宣伝】本年度も、「中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業」の中央育児プランナー、エリア介護プランナーを拝命しております。育児や介護と仕事の両立支援を図りたい企業様、ぜひ無料の訪問支援にお申込ください。セミナーも全国で開催していますよ~!!

# by miki_renge | 2019-07-19 11:53 | 仕事場にて

商工経営相談員を卒業した

Facebookにも報告したけれど、こちらにも。
昨日をもって、週に1回従事していた、某区の商工経営相談員を卒業した。

着任は10年前。リーマンショックの直後であり、連日予約はいっぱい。とんでもないところに来てしまった、と思った。
少し慣れてきたと思った2年目の早春、東日本大震災。こちらの自治体の企業様で直接的な被害を被ったケースはほとんどなかったが、まず飲食業、その後広告・イベント関係、さらにその後は建設業の方の来所が目立ったように記憶している。不安を吐露する企業様に、どう寄り添ったらいいのか、私自身も悩むばかりだった。
その後、消費税が8%にアップする直前には、駆け込み需要への対応。商店街の方が「8%ならまだ耐えられるかもしれないけれど、10%になった後、経営が続けられるか見通せない」とおっしゃっていたのを思い出す。

この10%にアップする前に退任するのは、ちょっと残念な気もしたが、働き方改革関連の業務がどんどん忙しくなってきたこともあり、10年で区切りをつけようと決心した。

この相談所では、融資あっせんを申し込む中小企業事業主の方や、その代理で来所される金融機関の職員さんのストレートな思いに触れることができた。これは中小企業診断士として、何よりありがたいことだった。
そして、こちらも必死になって勉強した。多忙をきわめる方が、わざわざこの相談所にいらしてくださる-そうであれば、せめて価値ある情報を提供しよう、それが叶わなくても、来たときよりも元気に、さっぱりした気持ちになってお帰りいただけなければ意味がないと思った。もちろん上手くツボに入らなくて失敗することもあったし、そのたびに落ち込んだけれど…

落ち込んでも、そのたびに何とか立て直して、何とか10年間続けられたのは、ご指導くださった先輩相談員や、ご一緒した相談員仲間、後方でサポート(尻拭い?)してくださった事務局職員の方々、さらにはご縁をつないでくれた診断士協会城南支部の諸先輩方のおかげ。感謝の言葉を何度重ねても足りないくらい。
相談員としての学びと試行錯誤を、より価値あるものにできるかどうかは、これからの自分次第。4月からまた次のチャレンジをしたい。それが巡り巡って、お世話になった方への恩返しになると信じて。

# by miki_renge | 2019-03-30 11:04 | 仕事場にて

謹賀新年2019

本年もよろしくお願いいたします。
年末年始は静岡の実家に帰っていたものの…
まずは夫が胃腸風邪→実家母が胃腸風邪(関連不明)→次女と私が胃腸風邪(関連あり?)→長女が胃腸風邪(絶対関連あり!)で大変だった。否、過去形ではないのだが…^^;;;

それでもこの10日ほど、ちょっと時間を作って何冊かの読書。
実家にあった本や、長女の本など。
これが意外に新鮮な発見ばかりで、面白い。
そういえば、これまでは、読書と言えば仕事関連の本ばかりだった。

長女は文学部。不要論が絶えず言われている学部である。それでも絶対に歴史の勉強がしたいと、ぶれることはなかった。
「目に見えて役に立つ勉強がしたい」と、商学部に進学した私とは価値観が違う。
実際に私の場合、大学の勉強がその後の仕事に直結し、今に至るわけだが、この歳になるとむしろ文学とか歴史とか宗教とか、人間の根源的な部分を問うような勉強の方が、若い頃にはむしろ大事だったのでは、と思えてくる。
診断士・社労士として経営者の方と対面していたり、大学講師として教壇に立つなら、なおさらのこと。
まぁ、隣の芝生が青いだけかもしれないけれど。

というわけで、今年の目標。意識して仕事以外の勉強もしてみようと思う。
(実は初めて、次女と一緒に、クリスマスに教会に行ったのだった。癒されたし考えさせられた。こういう時間、大事!)

と言いつつ、仕事の宣伝。
育児・介護セミナー、やっています。私も東京でいくつか&盛岡セミナーに登壇予定です。

# by miki_renge | 2019-01-07 13:39 | 仕事場にて

これからのキャリア

先日、また一つ歳を取った。
一つの区切りを迎えると、何か新たなチャレンジをしたくなる。
今年の場合は特に、長女が大学生、次女が中学生になり、子どもに少しだけ手が離れた感があること、
また来年3月に、長年関わってきた業務を引退することが決まっているため、
立ち止まって自分の方向性を考えたいという思いもある。

…と言っても、別に何か大それたことをするわけでもないけれど。

大学院に行って、もう一度、一から勉強し直したいなぁ、とか、
大学でキャリア教育に携わるようになり、キャリアコンサルタントの勉強をしたいなぁ、とか、
いやその前に、特定社労士の資格を取った方が良いのでは、とか、
あれこれ考え中。

一方で、「働き方改革」の流れに対応するために、この分野の勉強を深めることが先だろうとか、
自分の無教養は自覚しているため、たとえば次女の学校で行う(仕事とは全く関係のない)保護者の勉強会に毎回出ることを目標にしてみようか、とか…
でもその前に、やっぱり家のことも疎かにはできないし…(ただいまゴミ屋敷状態)

やりたいことは多々あるけれど、時間は有限(ついでに、お金も有限 笑)
これからどんなキャリアを切り開くべきか、じっくり考えてみよう。


# by miki_renge | 2018-11-17 07:37 | 仕事場にて

近況2018年9月

またこんなに間が空いてしまいましたね…

今日で9月も終わり。
9月は、第1週は福岡に行き岩手に行き、
第2週は育児・介護プランナーの研修があり、
第3週から某大学の講義と、某区主催の創業塾が始まり(どちらも週1回担当)
もちろん定期的な相談窓口勤務やお客様訪問、執筆等々があり…と、盛り沢山!!

それでも移動中に「一発屋芸人列伝」や「これは経費で落ちません!」を読み、
帰宅すれば「ゼロ 一攫千金ゲーム」を観て、
次女の中学の保護者会に行ったりもして、リフレッシュ。
残念だったのは、どうしてもやり繰りができず、元KAT-TUN田口くんのトークショーに行けなかったことかな。11月のバースティイベントには行けるかな…

さて、来月のお仕事の宣伝その他告知をいくつか。

 建前だけでない、やらされ感だけではない、どうしたら業績向上につながる働き方改革ができるのか、お伝えできれば。
  平成30年10月16日(火)午後1時~ 港区商工会館にて
  
  平成30年10月22日(月)午後1時30分~ 大津商工会議所様にて
      10月23日(火)午後1時30分~ 株式会社パソナ様大阪本社にて
 その他、全国で仲間が講演開催!また、両立施策を検討する無料支援の申込みも、随時受付中です。

「かわさき☆えるぼし」認証制度にご応募ください。
 川崎市では、中小企業の皆さんを対象に、「かわさき☆えるぼし」認証制度を本年度新設!(私はその制度作り・運用に、ちょっとだけ関わっております)
 認証によって、人材確保もしやすくなるし、そこで働く人も誇りを持てるようになる。大学生は認証の有無って意外にチェックしてますよ^^ ぜひご検討を。

# by miki_renge | 2018-09-30 14:53 | 仕事場にて