グロインペイン症候群

整形外科で、「グロインペイン症候群」と診断された。

実はここ数か月、右の股関節を動かすと痛みが走っていたので、気になっていた。特に自転車で「全力坂」に出てくるような急な上り坂を、体重20キロの次女を乗せて走るとき、筋肉?がピリッと音を立てるような感じがしていた。しかし、動かさない限りはどうということもないので、そのまま放置していた。いつもお世話になっている整形外科は混んでいるだろうし。

が、痛みが引く可能性は全く感じられなかったので、今週月曜日、ついに整形外科へ。
台風襲来中なので、きっと空いているだろうと^^

案の定、これまで見たこともないくらいガラガラの整形外科で、すぐにレントゲン室に通された。まずは骨に異常がないかのチェック。骨が変形している「変形性関節症」ではなかったので一安心。

「骨に異常がないなら、筋だよねぇ」と、ドクターがカルテに記した病名は「グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)」。
初めて聞く名前に戸惑ったが、ドクターによると、筋肉の柔軟性や協調性が低下することによって、痛みが出現している状態だという。激しい運動をやる成長期のお子さんに多いそうだが(特にサッカー選手)、大人でも珍しくないのだとか。
私の場合、2年連続、冬に足を骨折して、いろいろと歪みが出てきているのだろうとのこと。

毎日~1日おきにリハビリに通って、1か月くらいかかるだろうとの診断。
あぁ、また時間のやりくり(&お金のやりくり)をしなきゃ。
でも、ちゃんと治しておかないと、これから先の老後が不安だものね。

今日から6月。
5月は突発的な仕事が多く、睡眠時間の確保が難しかったけれど、もっともっと仕事の効率を上げていこう。そして体を労わっていこう。
[PR]
by miki_renge | 2011-06-01 06:27 | 仕事場にて

高校生と小学生の娘を育てながら働く主婦。中小企業診断士・社会保険労務士。静岡出身、東京在住。SMAPとKAT-TUNを応援中。


by miki_renge

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ご用の方はこちらから

検索

カテゴリ

仕事場にて
雇用・人事
年金・保険
情報・IT
女性と仕事
商品・サービス
資格・勉強
社会・経済一般
家族・育児
サッカー
ジャニーズ
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 08月
more...