人気ブログランキング |

「失業理由からみた失業構造の変容」

内閣府発表のレポートより。
「失業理由からみた失業構造の変容」

それによると、
全年齢の失業者の仕事につけない理由をみると、「年齢があわない」と「希望する仕事がない」が多くを占めるが、前者は35歳以上、後者は15~34歳に多い。
若者を中心に、「条件にこだわらないが仕事がない」という理由よりも、「希望する仕事がない」という構造的な要因とみられる失業が高まっている。
正規雇用を希望する割合は低下していることから、雇用形態よりも、むしろ仕事の内容への「こだわり」から「希望する仕事がない」と答えた若者が増えているのではないか。
う~ん、まさに仕事のミスマッチ。何でもいいから仕事しろ、甘えるんじゃない、ということもできるが、やりたくない仕事に就いてすぐ退職、というのも何だかねぇ。

世の中、サービス経済化が言われて久しいけれど、どうしても接客の仕事はイヤ、なんて人はいるよね。

それにしても、35歳以上の仕事につけない理由、「年齢があわない」」がこれだけ多いっていうのは(減ってはいるけど)・・・確かにこの前、ハローワークに行って求人票を見たら、パートでも35歳以下の募集が圧倒的に多かった。もったいない話だよねぇ。どれだけの優秀な人材が埋もれているかと思うと。
by miki_renge | 2006-04-06 06:53 | 雇用・人事

中小企業診断士・社会保険労務士。静岡出身、東京在住。大学生と中学生の娘あり。SMAPとKAT-TUNを応援中。


by miki_renge

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ご用の方はこちらから

検索

カテゴリ

仕事場にて
雇用・人事
年金・保険
情報・IT
女性と仕事
商品・サービス
資格・勉強
社会・経済一般
家族・育児
サッカー
ジャニーズ
未分類

記事ランキング

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 07月
2019年 03月
2019年 01月
more...