人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 5 )

中学の同窓会へ

恐らく今年最後のブログアップとなるでしょうか…

予想していたことだけど、下半期に入って、仕事が立て込んだ。
もともと後期に大学の授業を持っていることに加え、働き方改革対応(時間外労働上限規制対策とか同一労働同一賃金対応とか)が大きい。
とは言え、法律のマニアックな部分を探っていったり、その実務への落とし込み方がわかったりすると、ワクワクしてしまう。本当はもう少し、法律の条文一つひとつを丁寧に読み込んでみたいなぁ。

そんな日々ではあったが、11月、無理やりスケジュールを調整し、新幹線に乗って中学の同窓会に参加してきた。

学年の約半数が参加した同窓会。
高校を卒業して地元を離れた自分にとって、会うのは卒業以来という仲間の方が多かったけれど、全く違和感なく盛り上がれて、本当に楽しい時間だった。
私は当時は、「ちょっと勉強のできる風紀委員的ポジション」だったと自覚しているのだが、正論ばかり主張していたゆえ、私を煙たく感じていた人もいたと思う。
でも、「あのときは迷惑かけたなぁ」と声をかけてくれた同級生もいたし、当時は全く反りが合わないと感じていた同級生と、近況を語り合えたのは嬉しかった。
田舎の小さな中学で、ほとんどが幼稚園、小学校から一緒の仲間。顔も名前も皆わかる。だから、一人ひとりの良いところも本当はよく知っていたはずなんだよね。当時、私ももう少しそこに目を向ければよかったよ。

実はこの同窓会を企画してくれた一人が、同窓会から10日後に闘病の末亡くなったという悲しい出来事もあったのだけど…Oくん、ありがとね。おかげでみんなに再会できたよ。早世したほかの同級生(残念ながら数人いる)と、あちらの世界で楽しんでいてね。

この機会に同級生LINEにも入れてもらった。地元のメンバーの交流がうらやましくなったりもするのだけど、私は私で、東京で地に足つけて、ここでしかできないことを頑張ろう。

皆様、良いお年をお迎えください。

by miki_renge | 2019-12-28 18:57 | 未分類

謹賀新年

2年ぶりに実家で迎える、平和なお正月。

去年のお正月は、病院のベッドの上だった。重度のつわりで何も食べられず、胃液だけを吐く日々。栄養は点滴のみ。つらかった。
そのなかで唯一の救いは、看護師さんたちの優しい笑顔と献身的な看護。

今だって、お正月と言いつつ、働いている人が大勢いるはず。
誰かが働いて、その上に誰かの生活が成り立っている。
感謝の気持ちを忘れず、生きていきたい。

・・・でも、流通業は正月くらい休んでもいいと思うけどね。

今年もよろしくお願いいたします。
by miki_renge | 2006-01-01 18:40 | 未分類

同級生の死

昨夜、郷里にいる中学時代の友人から電話をもらった。
同級生の1人が亡くなったという。
まだ35歳。幼い子を2人残しての死。どんなにか無念だったろう。

詳細は分からないが、一年近く闘病生活を送ってきたという彼女。
私はその間、「妊娠は病気じゃない」と言われ続け、自分では辛い思いをしてきたつもりでいた。
けれど、本当に病気で苦しんでいた友人が確かに存在したのだ。
何と思い上がった自分本位の考えをしていたのだろう。情けないったらありゃしない。

彼女とは、それほど仲がよいわけではなかった。むしろ、性格的には合わないところの方が多かった。
でも、もうそんなことはどうでもいい。
死の淵で闘ってきた彼女、きっと、やっとラクになれたんだよね。天国で幸せになれるよね。
いずれ他の同級生もそっちへ行くだろうから、そのときはまた盛大に同窓会をやろうね。
・・・と、ドリフターズのようなことを思ってしまった。

追伸。同級生一人一人に電話をしてくれた友人にも感謝。久々なのに、こんな辛い連絡、したくなかっただろうね。ごめんね。

学生時代の同級生を失うのは、自分が認識している限りは初めてだ。
何か、変な気持ち。
by miki_renge | 2005-04-03 16:21 | 未分類

「もう誰も愛さない」

1991年4~6月期にフジテレビで放送された伝説のジェットコースタードラマ「もう誰も愛さない」、ついにDVD−BOX発売です♪
これまで挿入歌の著作権がどうの・・・で発売に至らなかったのですよね。ようやく!です。

当時大学生でしたが、めちゃくちゃはまりました。
今考えると突っ込みどころはあるのですが、でも、そんなことはどーでもいいくらいはまった。
何しろ、吉田栄作がめちゃくちゃカッコいい。それまでどちらかと言うと、落ち着いたプレイボーイ役の多かった彼が、「熱い男」と言われたのはこのドラマからなのではないかと思う(ご本人は、「僕はそんなに熱くないです」とこの間テレビでコメントしてましたが)。吼えまくってましたもんね。

山口智子のブレイク作としても注目。復讐の鬼と化してからの彼女は綺麗でしかも怖かった。
他にも、悪役・薬丸くん、山口智子の妹役で観月ありさちゃん、小心者役の辰巳琢郎さん、最後に栄作の父親ぶる伊武雅刀さん、おっと忘れちゃいけない諸悪の根源・田中美奈子さんなど、キャストは豪華。

木曜の夜は、よく下宿で他の下宿生と、「今後どんな展開になっても私は小百合(田中美奈子)を許さない」とか、「小百合の死期が近いのだから(彼女は末期ガン、現実には20歳そこそこで滅多にないだろうが)美幸(山口智子)ももう復讐はやめて」と議論したっけ。

今はどっちかって言うと、「癒しのドラマ」「泣けるドラマ」「人生を考えさせるドラマ」が流行りのように思う。まぁそれはそれでいいんだけど、この手のドラマも面白いぞぉ。一度見逃したらついていけないけど。
大きなテーマとしては・・・そうだな、「愛と憎しみは紙一重」ってことかしら。プラス、随所にちりばめられている親子愛。あと、「金は、所詮金でしかない」ということも。ラストの、千円札がひらひら飛んで来て、それを瀕死の栄作が微笑みながら捨てる、このシーンはゾクゾクしましたわ。金の亡者に成り下がった栄作の最後の救いのシーンともいいますか・・・

ということで、DVD購入するか、真面目に検討中。^^;
by miki_renge | 2004-07-15 00:32 | 未分類

始めてみました

Blogの研究をするべく、ここ数日、いろんなBlogで遊んで?みましたが、一応ここで始めてみようかと。どうぞよろしく。

内容は「お仕事」に関することが中心になる予定です。お仕事と言ってもいろいろ、自分の仕事のことから人事労務に関する環境まで、あるいは資格のことや女性が働くことについて・・・などなど。でも脱線も多々あるでしょう(笑)。
ちなみにタイトルの「働く人々」は・・・SMAPの曲のタイトルですね、はい。
by miki_renge | 2004-02-03 00:00 | 未分類

中小企業診断士・社会保険労務士。静岡出身、東京在住。大学生と中学生の娘あり。SMAPとKAT-TUNを応援中。


by miki_renge

更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ご用の方はこちらから

検索

カテゴリ

仕事場にて
雇用・人事
年金・保険
情報・IT
女性と仕事
商品・サービス
資格・勉強
社会・経済一般
家族・育児
サッカー
ジャニーズ
未分類

記事ランキング

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 07月
more...