経営者・フリーランスの妊娠・出産・育児の応援を

2月。
6年前と同じく、子どもたちの卒業・入学(&受験)があり、なかなか仕事時間が確保できずにいる今日この頃。でも何とか…当面の目標は4月のKAT-TUNライブ(当選しました!)

さて、今回は知人が何人か関わっているプロジェクトのご案内。

そう、これこれ!
これまで個人事業主の女性を支援してきたこと、そして自分自身がフリーランスで仕事をしながら子育てをしてきたので、この主張には心から賛同する。

私も次女を出産したときは、出産翌日から病院にPCを持ち込み、産後半月から外回りをしていた。
お客様への責任だったり、働かないと仕事が途絶えてしまうという恐怖と闘っていた。
なのに、保育園申請に当たっては、企業に勤めている人に比べてポイントが低くなってしまうという理不尽も経験した。
「自分で選んだ道でしょう」と言われればそれまでだが、これでは企業にしがみつきたくなるよなぁ、と思ったのも事実。

もっとも、働き方の多様化や、女性活躍推進の動きを勘案すれば、このような現状は変えるべきと、ずっと考えてきた。
社会保険料免除まで要求しては申し訳ないかな、と思っていたが(私の場合、夫の扶養に入っていた)、それが叶えば助かる人もいるだろう。

ついでに言わせていただくなら。
女性経営者が産後、仕事再開する際、融資を希望してもスムーズに進まないことがある。
前年もしくは前々年の売上が落ち込み、審査の時点で著しく不利になってしまうのだ。
確かに借入は返済能力があってこそできるものであり、その見通しをはっきりさせることが絶対条件であるが、それでも気の毒だなぁ、と思うことは少なくない。
いや、これは女性の出産だけでなく、介護や自身の病気も同じだけどね…やっぱり厳しいのかなぁ。

ともあれ、ご賛同いただける方、ぜひ署名を。

[PR]
# by miki_renge | 2018-02-13 18:41 | 女性と仕事

ウェブ出願

謹賀新年。
と言っても、全く正月感のなかった我が家。
今年は受験生がいますからねぇ。もう今週末はセンター試験。
ときどき「未熟児」で検索かけてこちらのブログにお越しくださる方がいらっしゃるようですが、18年前、600グラムで生まれた娘も、いっちょまえに大学受験生ですよ!現代医学に感謝。

さて、最近の大学受験、ほとんどウェブでの出願が一般的らしい。
我が家にも、この3連休、慎重にパソコンと向き合う娘が一名。
当初、ウェブ出願なんてラクチーン!と思っていたけれど、横から覗いてみると、やはり入力の手間はあるし、大学によって微妙にシステムは違うし、登録した後に調査書や写真その他もろもろを簡易書留で郵送しなければならないし、意外に面倒。
実は5日が大安だったので、「この日の朝に入力して、(私の仕事後の夕方に)郵便局に持ち込めば」と思っていたが、まさかのプリンタの不具合で(プリンタードライバーのインストールまでし直した)、日付が変わる前にはとても終わらず。
日頃、融資あっせん窓口で、「融資希望日が明確に決まっていないなら、大安の日を書きましょうよ!GOOD LUCK!」とお客様にお勧めしている、自称「六曜相談員」の私としたことが、大安を逃すとは…

せめてもの抵抗(?)ということで、郵送は市ヶ谷の郵便局から。
こんなとき「がつーん」の放送があって、私が「ハイフンメール」にお手紙を送ったとしたら、
田口「あはははは!気にしない、気にしない」
中丸「一度、統計でも取ってみるといいよね。たぶん全然関係ないんじゃないの?」
田口「でもさぁ、これで万が一、大安出願とそれ以外の出願で差がついちゃったらどうだろうね?」
中丸「KAT-TUNのコンサートも大安にやるしかないよな」
田口「そうなったらオレ、大安しか仕事しないよ!?」
中丸「何だよそれ、6日に1日しか働かないのかよ」
と盛り上がってくれただろうに(そこまで妄想)

ということで、受験生冬の陣、スタートです(←「戦国鍋TV」風に)
せめてBGMに「SHINING IN MY HEART~♪」を流しましょう。キラリトは応援歌ですから。

【全然関係ないおまけの告知】
私が理事をしている「一般社団法人 日本ダイバーシティ・マネジメント推進機構」で、「ダイバーシティ・コンサルタント養成講座」を開講しています。
誰もが働きやすくなる世の中になるように、そして企業として経営成果があげられるようにーこれを支援するコンサルタントの養成講座です。ご興味のある方はこちらへアクセスを。

[PR]
# by miki_renge | 2018-01-08 16:15 | 家族・育児

2017年もお世話になりました

9月末から放置していた本ブログ。こんなに放置したのは初めてではないだろうか。

そう、今年は初めての仕事が本当に多く、例年以上に忙しかったのだ。
こちらの記事 に書いていたお仕事もそうだし、直近の記事の創業塾もそうだった。
さらに、この9月から某女子大でキャリア形成に関する授業を週1回担当させていただくことになり、講義の準備はもちろんのこと、外部講師や大学担当部署の方との連絡、出欠管理、レポート採点等々で精一杯(現在進行形)
でも、新しいご縁をいただくたびに、自分の視野がグッと広がるような気がして、本当にありがたいと思った。

もちろん、忙しいと言いつつ、時間を作って「72時間ホンネテレビ」も半分以上観たし、
「中丸君の楽しい時間2」も観に行った。
唯一残念だったのは、この「中丸君の楽しい時間2」のチケットが取れたのが11月5日昼の回だったこと。
この日はホンネテレビの最終日だったし、しかも田口さんの青山祭(青山学院女子短大の学園祭)トークイベントに丸かぶりだった。どんだけ重なるんだ11月5日、聖くんの誕生日。
(振り返ってみると、ブログのネタはたくさんあったんだよね…)

というわけで、私は元気で働いています!
最近は、TwitterやFacebookにもあまり出没しておりませんが、とりあえず生存報告です。

おまけ。
中小企業のための育児復帰支援セミナーに登壇します。1月16日東京にて、2月5日大阪にて。詳細はこちら
従業員の育児休業や介護休業のスムーズな取得に向けて知っておきたいという方、大歓迎。
これとは別に、専門家の訪問支援を受けたいという方のお申込みもお待ちしております。

[PR]
# by miki_renge | 2017-12-31 15:32 | 仕事場にて

創業塾に登壇(予定)

前回の記事に続いて、またまた告知。
目黒区の「実践めぐろ創業塾」に登壇させていただく。

創業塾は全国各地で行われているが、この創業塾の特徴は、「兼業・副業での創業」にも対応しているということ。
働き方改革によって、副業推進への流れができつつある昨今、興味のある方もいるのではないかと思う。今回の受講対象は、原則として目黒区での創業希望者を想定しているが、この取り組みが全国に広がってほしい。 
※もちろん、ごく普通の創業にも対応。

自治体の経営相談員としても、創業者の相談に乗る機会はあるが、ときどき「ちょっと見通しが甘いかなぁ…」と感じる案件もある。そのようなときは指摘するようにしているが、もう少し早く経営の知識を身につけておけばストレスも減っただろうし、経営の楽しさや、やりがいが見えやすいだろうに、と思う。創業前に必要な知識をぜひ、仕入れてほしい。

この創業塾は、毎週1回、計6日間の開講で、10人以上の診断士が講師として関わるのだが、これまで何度も打合せをし、講座の統一感を図ってきた。
今まであまりご一緒したことのない方もいるけれど、「プロジェクトX」みたいで、打合せも楽しく刺激的だった。こんな診断士たちとご一緒できるなんて、私は恵まれている。
あと少し、万全の態勢で受講される皆さまをお迎えできますように。

[PR]
# by miki_renge | 2017-09-27 19:19 | 仕事場にて

「中小企業のための育休復帰支援セミナー」ご案内

子ども達の夏休みも終わり、いよいよ今年もあと3分の1。
もっとも夏休みって言っても、お弁当作りは日々あったので、何となく寝不足ではあった。
世の中を見渡せば、24時間テレビのおかめちゃん絶賛の嵐、うーさんドラマ初主演とか、INKTの解散とか、田口さん活動再開1周年とか、市ヶ谷同じTシャツ疑惑とか…そしてJ事務所を退社する元SMAP3人がどうなるのか、とか、話題は尽きない(どんな狭い世界だ?)

さて、そんな今日この頃ではありますが。

今月13日、福岡でセミナーに登壇することになりました。
「中小企業のための育休復帰支援セミナー」小さな企業だと、どんな理由であれ、現実的に休業を取るのは難しいという声はある。だけど、そんなことを言っていたら、中小企業の社員は子どもが産めなくなってしまう。あるいは、子どもが産みたければ退職せざるを得なくなってしまう。そんなことでは少子化は進むし、優秀な人材は集まらないし、長い目であれば誰もハッピーにならないはず。それならちょっと工夫して、ハッピーになる方法を考えようよ…というのが趣旨。

ジャニヲタ関係でも、「妊娠を申し出たら、やんわり退職を迫られた」とか、「いつまでたっても引継に応じてくれない」とか、「体調が悪いけど言い出しにくい」とか、いろんな話を聞く。彼女たちの悩みが解消されることを祈って。

なお、本セミナーは、「中小企業のための育児・介護支援プラン導入支援事業」の一環として行われるものであり、育児プランナーの訪問支援も随時受付中。
要件に合致すれば、「中小企業両立支援助成金・育休復帰支援プランコース」の申請も可能。妊婦さんや、配偶者が妊娠中の社員がいる企業様、ぜひご検討を。

…飛行機、2年ぶり。福岡、20年ぶり。どきどき。

[PR]
# by miki_renge | 2017-09-02 22:31 | 仕事場にて