人気ブログランキング | 話題のタグを見る

中小企業診断士・社会保険労務士。静岡出身、東京在住。社会人と高校生の娘あり。SMAPとKAT-TUNを応援中。


by miki_renge
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
昨夜は「白線流し」の最終章「夢見る頃を過ぎても」の放送。
実は連続ドラマの頃から10年間、一話も見逃していないほどはまったドラマだった。
これで本当に終わってしまうのか。

このドラマのよさは、「夢」と厳しい「現実」を淡々と描いているところにあると思う。
酒井美紀演じる園子が、昨日、「夢を叶えたいと頑張っても、いざ夢が叶うと『日常』になってしまうんだよね」と言っていたのが、何となく悲しかった。でもその通りだという気もする。

あと、「仕事の厳しさ」という点でも、いろいろ考えさせられた。
たとえば、スペシャルの「二十歳の風」で、園子の家庭教師先の父親(サラリーマン、「どうするアイフル」の清水章吾さんが演じている)が、園子の父親(医者)に向かって、「あなたは父親として、娘に働く姿を見せてあげられる、いい父親なんでしょう。でも私はサラリーマンです。外では必死で働いていますが、自宅には疲れて帰ってきて、だらしない姿しか見せられないんです」と言っていた。
これも「現実」ではないだろうか。

また、好きな仕事に就けない渉(長瀬くん)、弱者を守りたいと思って弁護士になったものの、必ずしも弱者の味方になれない優介(カッシー)、家事育児・仕事の両立にいっぱいいっぱいになってしまうまどか(京野ことみちゃん)、フリーになったとたん仕事を切られる茅乃(遊井亮子ちゃん)など・・・

それでも、みんな幸せになって欲しいよね・・・。

それにしても、高校時代の自分が、今の自分を見たらどう思うだろうか。
幸せに見えるだろうか。
それとも、「こんな生き方は嫌だ」と思っているだろうか。
# by miki_renge | 2005-10-08 16:15 | ジャニーズ

添削のお仕事

現在、自宅で子供を看ながら、論文の添削指導をしている。
以前、教育研修の仕事をしていた私にとって、この添削指導は結構面白い。
(仕事の波があるのがちょっとつらいけど)

多くの論文を読んでいて感じること。
一生懸命書いている、その思いは伝わるのだが、言葉の選び方や文章構成で損をしているものが多い。
特に気になるのは、主語と述語がはっきりしないもの、句読点が少ないもの(一文がやたら長い)、改行がないもの(見た瞬間、字がびっしりで拒絶反応を起こしてしまう)。また、字を書くことが少なくなってきたからだろうか、誤字も気になる。
こういうのって、ほんのちょっと見直せば分かることじゃないのかな、と思うけれど・・・もったいないな。

そういえば、もうすぐ診断士の二次試験。
同じことが言えると思う。
読みやすく書いてある答案は、採点者の好感を得られるって、採点する立場になって改めて実感。
# by miki_renge | 2005-10-07 14:42 | 仕事場にて

食料安保の問題

Excite エキサイト : 米国産牛肉の輸入再開訴え 牛丼ファンが署名提出

いや、気持ちは分からないでもないですよ。安くておいしいものを食べられるならそれでいいっていう気持ちは。
でも、一番重要な「安全性」に「?」マークがついているうちはおっかないです。
今回は政府が米国の外圧に屈していない。どうかこれを貫いて欲しいと思う。

それにしても、こういう話が出るたびにやっぱり気になってしまうのは、日本の食料安保に対する危機意識のなさである。
「牛肉が食べたい」から「外国から輸入」でいいのか?
すべてのニュースの論調を追いかけているわけじゃないけど、こういう問題が発生したときに、どうして「国内和牛農家の育成」という視点でモノを言ってくれるコメンテーターがいないんだ? 
まぁ、今回は「安全性」が切り口になってるから微妙にずれてるのかも知れないけど。

農水省の食料自給率のページをのぞくと、これまたおっかない現実が掲載されているよ。
大豆の国内自給率なんて5%だよ。今だって遺伝子組み換え云々ってやってるけど、今に味噌汁だって飲めなくなる日がくるかも知れないよ。小麦だって13%、魚介類だって46%と半分以下だからねぇ。
経済制裁なんてやられた日にゃ、日本は滅びるよ、ホントに。
弱腰外交とかこれまでさんざん批判もあったけど、これはある意味仕方のなかったことでは?良し悪しは別として。

かつての経済成長のおかげで、第一次産業は廃れ、一方で経済力をつけた日本は欲しいものを買えるようになった。でも、それと引き換えに取り返しのつかない道を歩んでいるような気がする。

でも少子化→人口減社会になるならそれでもいいのか?
# by miki_renge | 2005-03-31 11:49 | 社会・経済一般
この3連休、夫と娘はなぜか私の実家に遊びに行っている。安静状態継続中の私はたった一人、マンションで相変わらずつわりと闘っている。はぁぁ~

でも昨夜は頑張って(?)「Mの悲劇」最終話を観た。

人間の恨みって怖い。恨みが生きるエネルギーになっている人もきっとたくさんいるだろう。
でも恨みからは結局何も生まれない、ということが伝わってきた。一歩踏み出す勇気を持たなければ。
もちろん、恨まれた側だってそれを放置していい加減な対応をしていいわけではない。
ごろーさんが、「起こってしまったことは仕方ない、それにどう対処するかが重要だ」というような趣旨のことを言っていたけれど、その通りなんだよね。
ごろーさんは初めの頃は、「自分の身は自分で守らないと」なんて偉そうに言ってたけど、人間、所詮一人では生きていけないんだから。

その意味で、海岸でごろーさんがハセキョーに、「僕はいつでも君の味方だから!」「君は一人じゃないから!」と叫ぶところは心に響きましたねホント。ごろーさんの涙も美しかった。
涙と言えば刑務所でのくらのすけさんの号泣。ごろーさん母の謝罪を受け、少しは救われたでしょうか。彼はこれまで、こうやって感情を出さず、一人で苦しんでいたのかも。

全体としてドロドロした内容でしたが、クライマックスに向けて誰かが死ぬわけでもなく(くらのすけさんが自殺しなくてよかった)、最終回では皆に希望が見えるような終わり方でホッとしましたな。
成宮くんの「やっと安藤さんを助けることができました」のセリフ。実は幼い頃からずっとハセキョーを見守ってきた?借金取り尾崎。吉岡美穂とも和解したし。
そしてごろーさんとハセキョーをくっつけるという安易な終わり方じゃないのもよかった。

さて、今夜は「スマスマ」。友近ママとチーママ青木さやか御来店@goro's bar。ごろーさんとどんな会話をするのだろう。おっとその前に「FNSがんばった大賞」で、カミカミのくさなぎくんの司会も観られるわ♪
# by miki_renge | 2005-03-21 11:57 | ジャニーズ
妊娠6ヶ月に入り、短時間ならテレビを見られるようになった。
ということで、今はまっているドラマは「Mの悲劇」(日曜夜9時TBS系)。
昨日の放送で、ついに黒幕が明らかになったけれど、でもまだいくつか残された謎が・・・あと2回で描ききれるのか? それにしても、往年のジェットコースタードラマ「もう誰も愛さない」を彷彿させるような素早い展開だな。トイレに立てん。

このドラマで一番心に残ったセリフは、
「足を踏んだ人間は覚えていなくても、踏まれた人間は覚えている」
自分が何気なくとった行動、ささいな一言が、相手を傷つけているということは意外と多いのだ。私も性格が悪いので、昔言われたショックな言葉というのは結構覚えていたりする。
でも、逆のことを考えてみると・・・ちょっと怖い。意識しないうちにたくさんの誰かを傷つけている可能性はある。

美沙(ハセキョー)の足を踏んだことを思い出した衛(ごろーさん)、来週は久保(くらのすけ君)の足を20年間踏み続けていたことを自覚するのでしょうか? 鈍感なごろーさんは忘れている?

しっかし、安全を守るはずの警備会社を舞台にして、「信用を失うことの怖さ」を描くこのドラマ、怖すぎ。人間の信用っていうのは、案外と脆いものかも知れない。そして、「自分の身は自分で守る」なんてことはできっこない、まさに幻想だとも思ってしまう。
日曜夜の家族団欒や、「明日から頑張って働こう!」という意欲とは全く対極をなすドラマだな(笑)。
# by miki_renge | 2005-03-07 10:57 | ジャニーズ